前田ごうどん。 はなまるうどん

はなまるうどん

前田ごうどん

中古本のためキズや汚れ、色あせ書き込み等の経年劣化が残る場合がありますが、通読には問題のない商品となります。 ご注文後再度検品しコンディション説明に不備がある場合は、必ずご連絡させていただき、ご回答を待っての発送となりますのでご了承ください。 また、店舗併売商品のため、ご注文のタイミングによっては在庫切れとなりキャンセルしていただくことがありますが予めご了承ください。 商品は当店女性スタッフが1点1点丁寧に検品しております。 シュリンク包装の上、配送予定日以内に迅速丁寧な発送を心掛けております。 よろしくお願いいたします。 「はなまるうどん」激安商売術 著者は、うどんのFC(フランチャイズチェーン)「はなまる」の創業社長である。 2000年に香川県で創業以来、本場のうどんを安価で味わえる店として話題を呼び、瞬く間に出店数を増やしていった。 前田英仁社長の現在の目標は、「史上最短の1000店舗達成」だと言う。 一見型破りに映る価格設定やメニューのバリエーションなどの裏に、実は「安くて美味いうどんを、気軽に食べたい!」という消費者心理の緻密な分析があったことが明かされる。 「『でも』の日常」と著者が名づける市場の捉え方はユニークだ。 街を行く人たちの「お腹がすいたね。 マック(マクドナルド)でも行く? 吉野家でも行く? それとも、はなまるでも行く?」という何気ない会話が成功のカギだと言う。 この「でも」により月に5~6回、気がつけば1年に70回くらい来店することになるのだと語る。 時流に乗り、成功をつかんだ著者ならではの発想やヒントを披露している。 All rights reserved. ) -- 日経BP企画 出版社からのコメント 「プロより素人」「天才より凡人」に徹する!! うどんの本場高松に1号店をオープン後、全国展開4年で急成長。 小・中・高校時代は常に「落ちこぼれ」。 実業家に憧れ19歳で便利屋、25歳で化粧品会社を興すが苦戦の日々を強いられる。 「閃き」を武器にアパレル業へ移行し、ようやく成功を収めるが、安住をよしとせず異業種に挑戦。 2000年、素人発想を逆手にとった「はなまるうどん」1号店をオープン。 瞬く間に四国・県外へ勢力を伸ばす。 目指すは史上最短の1000店舗達成。 常識にとらわれない経営スタイルで、今もっとも熱い、若きビジネスヒーローである 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 初の讃岐うどん全国チェーン店を成功させた、前社長の自伝である。 執筆当時の株式会社はなまるの経営環境は、前途洋々で、史上最短で1000店舗を作り上げることを目指すと熱く語っていたが、その後の現実は、2005年の東京マザーズへの上場中止 前田社長の職歴に問題アリと言われている 、うどんブームの終焉に伴う2006年からの牛丼チェーン「吉野家」との資本提携・小会社化、その後の社長交代となり270店舗程度で足踏みしている状況である。 読後感は、「胡散臭い」匂いがただよっている感があった。 具体的には、著者が披露する子供時代の家庭環境や勉学状況について、前半では悲惨なものと言い、後半ではそれでも何か役に立ったと言い、それはそれでそのとおりかもしれないが、自分を装うどこか信用できない感じであった。 経営者としては、もはや終わった人ということかも知れない。 この本は、誰よりも早くフランチャイズ飲食店を1,000店舗達成しようとしている本であり、その食材が讃岐うどんであるという本です。 讃岐うどんを心底愛し、讃岐うどんを全国に広めたいという気持ちでスタートしたのですが、途中からは讃岐うどんで自分の夢(株式上場)をすることにすりかわっているのが、少し気に掛かります。。。 讃岐うどんは、地場の数百年の文化の上に成り立っているものであるので、その食文化をわざわざ低価格で全国で食べられるというところにまで持っていかなくても良いように感じました。 無理して価格を下げると、そのしわ寄せが味や従業員の給料に跳ね返ってきますので、安くする必要はないのかもしれませんね。 それと全国展開についても、讃岐でしか食べられないから讃岐うどんであるのだから、あまりどこでも食べられるようにすることもないのかもしれません。 お客さんを気にするよりも、うどんのことだけに一生懸命になってさえいれば、讃岐うどんファンは、はなまるを見捨てないと思います。 ビジネスノウハウというものは架空であって、実はどこにもなく、ビジネスを求めない(利益・売上げ・拡大を求めない)心の中に、ビジネスはある(利益・売上げ・拡大はある)のだと思います。 先んじて拡大するのではなくて、お願いされて拡大した方が良いし、それまでは修行の時間なのだと思います。 これからも頑張ってください! 「フランチャイズ」「起業」という言葉に興味を持ち、 手に取りました。 著者は、うどん屋をチェーン展開している 「はなまるうどん」の創設者。 近くのコンビニにでも行く感覚で、日常的に、 頻度高く足を運べる店を目指し、本場・高松で創業、 その後、岡山や石川へと進出し、2年後には東京へ。 現在250を超える店舗数を誇る、 うどんチェーン店の礎を築いた人です。 本の構成は、「著者の人生」「はなまるうどんの軌跡」 「フランチャイズビジネスの展開」「人生観」 「実際にフランチャイズをやっている人の紹介」 など、多岐に渡っています。 特に印象に残っている点が「人生観」です。 以下に、印象に残ったフレーズをまずは掲載します。 【私の座右の銘は、「鳴かねばまたよしホトトギス」。 どの分野でも「ああいいな」と思えるのは自由な人。 世間を意識せず自分の価値観で生ききっている人である。 「鳴いたらいいけど、鳴かんかったら鳴かんかったで、 それはええやん」ということだ】 著者は「幸せ」と感じられる日々を送られるのは、 自己を基点に生きてるから、と常々述べています。 以前は、自分を客観的に評価していたために、 競争ばかりが頭をよぎり、ストレスに支配された 日々を送っていたとのこと。 それが、会計士の西條先生との出会いから、 「応援」されることを知り、 「今の自分のままでいいんだ」と思えたようです。 実業家に憧れ、19歳の時に便利屋、25歳で化粧品会社を興す。 その後、アパレル業を営み、年商4億円と軌道に載せたところで、 1998年に、女性の来客が少ないことと、 ほとんどが家業という小さな規模で展開してる「うどん」 に興味を持つ。 その後、2年かけて200店を食べ歩きながら、老若男女を問わず、 あらゆる層の人に受け入れられる店作りを試案する。 2000年「はなまるうどん」を開店。 02年に東京へ進出して以降、250店舗を出す。 勢いのままに東証マザーズに上場を申請するも、 社長の前歴隠し(豊田商事の元社員)が問題になって 上場延期になっていた。 店名の「はなまる」は、スーパーマーケットで「はなまる市」 を目にしたことで、その響きの良さに惹かれ、その名にしたという。 「はなまるうどん」の社長が書いた本です。 著者は本の中で、自分のことを「無能」と称しています。 いかに浅はかで「無能」な人間であっても、商売はできるということを、これからもこの身で実証しつづけたい。 失礼だが、決して最初から「有能」な方では無かったのでしょう。 そして、うどん通でもないし、うどん職人でもない。 ただただ、お客さんの目線で何が良いのか、何が喜ばれるのかを追求していった感じ。 無謀とも思える願望や目標、希望に向かって努力する。 その願望が、必要な人やものと巡り会わせる。 それは偶然ではなく必然だと。 強い願望を持ち続けるには、自分を客観的に評価しないこと。 そうしないと、「私はできない。 あっぱりだめだ」と行った気持ちが心を占領しはじめ、潜在的なパワーを発揮できなくなるのだそうだ。 この人の人生。 しびれますね。 もともと普通だった人(失礼ですが)が、知恵を絞り考え抜いて全国展開を成し遂げたという、考え方や行動のヒントが満載なサクセス・ストーリーの本だと思います。

次の

手打ちうどん 前場製麺所

前田ごうどん

おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

眞栄田郷敦(まえだごうどん)の身長や体重は?年齢や事務所もWiki風に調査! | ホットワードブログ

前田ごうどん

綾歌町といえばここ数年で大きく変化した町。 全国からお客さんが訪れていた「レオマワールド」が閉園し、3年後に「Newレオマワールド」としてオープン。 その翌年には丸亀市と合併…。 何かとニュースの多い綾歌町中心部にある、かがわ独特・製麺所タイプのうどん店が「前場製麺所」です。 ある日の店内。 近所のおばちゃんが「玉5つちょうだい」と声をかけたかと思うと、テーブルではどう見ても観光客、と思われる親子連れが記念撮影…。 それを横目で眺めつつ、うどんをかき込む地元のおっちゃんたち。 こんな光景も今では当たり前になりました。 基本のかけうどんにちくわ天と揚げをトッピングするのが今の一番人気。 特に揚げは讃岐独特の甘〜い味付けで、だしをたっぷり含んだ懐かしい味がします。 「一球入魂ならぬ、一杯入魂で、日々本腰を入れてうどんを作っりょります」とは、野球好きの店主の前場裕将さん。 もちろん絶品と評されるだしは、最後の1滴まで飲み干すのが前場流です。

次の