お盆 なす きゅうり 宗派。 お盆のナスの牛ときゅうりの馬 意味、精霊馬の作り方

お盆になすときゅうりの精霊場を飾る地域は?作り方から処分の仕方まで

お盆 なす きゅうり 宗派

お盆は仏教における盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)を略した言葉とされており、太陰暦(旧暦)では、7月15日(または8月15日)に行われる夏の御霊祭です。 現在では、お盆の期間は13日から16日までのところが多いようです。 仏教では、お釈迦様のお弟子様である目連様の母親が餓鬼道に落ちた時、お釈迦様の教えに従って多くの高僧たちに供養し、母を救ったことからはじめられたもので、仏様や先祖の恩に感謝し、お墓参りや迎え火などをする行事なのです。 また、お盆の歴史は古く、日本行われたのは、朝廷の時代で推古天皇(606年)十四年七月十五日斎会を設けたのが初めてとされ、斎明天皇(657年)三年七月十五日飛鳥寺で盂蘭盆会が催されたとあります。 その後、お盆行事は武家・貴族・僧侶・など宮廷の上層階級で主に催され、一般庶民に広まったのは江戸時代のようです。 江戸時代に入ると庶民の間にも仏壇やお盆行事が普及し、又、ローソクが大量生産によって安価に入手できるようになってから提灯がお盆にも広く用いられるようになりました。 冒頭にありますが、お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。 これはインドの言葉の1つ、サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したものです。 お盆のはじまりについては、「盂蘭盆経」の中の親孝行の大切さを説いた教えが昔から知られています。 それは、 お釈迦様の弟子の中で、神通力一番とされている目連尊者が、ある時、神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。 そこで、どうしたら母親を救えるのか、お釈迦様に相談しにいきました。 するとお釈迦様は、「お前が多くの人に施しをすれば母親は救われる」と言われました。 そこで、目連尊者はお釈迦様の教えにしたがい、夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。 すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられました。 とう言うお話です。 それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったのです。 日本では、推古天皇の14年(606)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられいます。 各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に祖先の霊が帰ってくると考えられています。 日本のお盆は、祖先の霊と一緒に過ごす大切な期間なのです。 盆踊り.

次の

お盆のお迎えはなすときゅうり?送り火の仕方と浄土真宗の場合は?

お盆 なす きゅうり 宗派

お盆のなすときゅうりにまつわる話 お盆になすときゅうりに割り箸や爪楊枝を刺して、馬や牛と見立てた飾りがあります。 様々な説がありますが、このお盆のなすときゅうりには具体的にどういった意味が込められているのかや、飾り方について今回は解説いたします。 お盆のナスときゅうりの置く向きや飾り方は様々 お盆のなすときゅうりを飾る伝統は、地域やご家庭によっても様々あります。 今回は、なるべく様々な飾り方についてご紹介しますが、あなたの家で行っていた方法が違っても問題はありませんので、ご心配なさらないでください。 お盆にナスときゅうりを飾らない地域や宗派も また、そもそもお盆になすときゅうりを飾ることがない地域や、仏教の宗派もあります。 お盆という行事の捉え方が違う宗派についてなど豆知識的な話も含め解説していきます。 お盆になすときゅうりをなぜお供えするのか お盆になすときゅうりを飾る意味は、一般的に、 お盆の時期に帰ってこられるご先祖様を迎える、お送りする乗り物にしていただくためとされます。 お盆飾りとしてのなすときゅうりはそれぞれ、牛と馬を意味するのですが、牛と馬という動物にしているのも意味があります。 ご先祖様の霊 精霊 の乗り物としての馬と牛で、それぞれ名前が付けられていますが、馬と牛という2匹の動物にしている意味は次のような願いが込められているのです。 お盆のきゅうりと馬の意味 お盆のきゅうり 馬 の飾りは、 ご先祖様の霊を家にお迎えする乗り物を表現しています。 馬は足が速い動物ですので、ご先祖様の霊を一刻も早くお家にお迎えするという意味を込めて、きゅうりで精霊馬を作っているのです。 お盆のなすと牛の意味 一方、お盆のなす 牛 の飾り物は、 ご先祖様の霊をあの世までお送りする乗り物を表現しています。 牛は足が遅い動物ですので、ご先祖様の霊が、少しでも長く私たちと一緒に居られるようにという意味を込めて、牛で精霊牛を作っています。 ここまでは一般的に知られるお盆のなすときゅうりが意味するところでしたが、地域によっては、全く逆に捉えるところもあるそうです。 お盆のなす 牛 は、ご先祖様にゆったりとした道中で家まで帰ってきていただきたいという意味を込めて、 逆にきゅうり 馬 はご先祖様に急いで帰ってもらうためと考える場合、 また、お盆のなすは、お送りするための牛を意味するが、込められた意味はゆっくりと帰っていただくためではなく、たくさんのお供え物をお土産として持って帰ってもらう際の荷物をたくさん運べる牛を意味するなどと言われます。 また、地域よっては精霊船という船でこの世とあの世を行き来する乗り物を表現するということが行われたり、本当に地域によって様々に違っています。 お盆のある夏の時期に、旬を迎え簡単に手に入ったことからなすときゅうりを使ったと言われますが、お盆のなすときゅうりを飾るようになった由来ははっきりしていないとされます。 それゆえ、地域によって様々な解釈や飾り方が生まれたのでしょう。 お盆飾りのなすときゅうり作り方 お盆のなす・きゅうりの飾りものはとても簡単に作れます。 準備するものは、• きゅうり そりあがっていると綺麗な馬に見えます• 割り箸 もしくは爪楊枝やマッチ これだけです。 割り箸や爪楊枝が精霊馬の足になるのですが、それぞれ野菜に刺すだけです。 割り箸で作る際は、2膳用意して、6:4ほどの割合で2膳とも切り、長い方をきゅうりに、短い方をなすに刺すと馬と牛に見えます。 また地域によっては、なすときゅうりのお盆飾りにそうめんで手綱をつけるところもあります。 乗り物なのだから手綱をつけるという考え方です。 お盆のなすときゅうりは厳格なルールがあるわけではないので、最近では刻んで独特なデザインを作成する人もいます。 この一般的な飾りをさらに進化させ、なすときゅうりだけで芸術作品のようなものを作る方々もいらっしゃいます。 一部すごいものを引用させていただきました。 初盆です。 今からコレで爺サマ迎えに行きます笑 まぁ歩みが遅い牛の代わりにハーレーダビッドソン作っちゃったのはご愛嬌 — Captain's Salt CaptainsSalt1 作った。 キュウリのザクも考えたけど、厳しそうなのでやめた。 お盆のなすときゅうりの飾り方 一例 お盆のなすときゅうりの飾り方は、その込められた意味と同じように地域によって大きく変わってきます。 ここでご紹介するのはあくまで一般的とされる一例であり、地域やお家の伝統を守っていただければと思います。 お盆飾りのなすときゅうりの置く場所 お盆のなすときゅうりは、お仏壇の前に作る盆棚 精霊棚 に飾ります。 地域によっては、迎え盆という、ご先祖様が返ってくる日に玄関先にお迎えのきゅうり 精霊馬 を出しておくという風習があったりするそうです。 ちなみに迎え盆はでも8月でも各月13日です。 もし15日盆でない場合は、迎え盆もずれます。 お盆のなすときゅうりの向き 方角等 お盆のなすときゅうりを盆棚に飾ることを前提に話をつづけますと、盆棚の飾る場所は特に決まってはいません。 ただし、なす 牛 ときゅうり 馬 の頭の向きはでそれぞれ次のようになっています。 地域によって違うお盆のなすときゅうりの飾り方 他にも、地域によって、• 迎え盆 お迎えする動物を玄関の方向に頭を向ける• 送り盆 お送りする動物の頭を玄関に向ける という、入り口出口を意識した置き方、• 迎え盆 ご先祖様が東から来ると考えきゅうりを西向きに• 送り盆 その反対になすは東向きに という方角を意識した置き方もあります。 西日本ではお盆になすときゅうりを飾らないとか、関東は飾るとか様々な説がありますが、関西でも飾る地域もありますし、一概に地域でまとめられないようです。 お盆のなすときゅうりはいつ飾るか お盆のなすときゅうりをいつ飾るかも地域によって変わります。 一般的には、8月13日から8月16日です。 お盆が7月の地域は7月の同じ時期 今回は一般的とされる、ご先祖様の霊が返ってくる日 迎え盆 までになすときゅうりを準備しておくことを前提に解説しましたが、地域によって迎え盆にはきゅうりだけ、送り盆になすを飾る場合や、送り盆になすときゅうりの両方を飾るなどの伝統もあるようです。 迎え盆と送り盆の伝統は、地域によって大きく変わりますが、それらについてはこちらで詳しく解説しています。 また、沖縄など旧暦に合わせてお盆 旧盆 を行う場所もあります。 詳しくはこちらで解説しています。 お盆の期間についてはこちらでも解説しています。 お盆のなすびときゅうりの処分法 お盆の間飾ったなすときゅうりを処分する方法は、大きく4つあります。 精霊流しで川や海に流す• 土に還す• 焼く 自宅でもお寺等でも• 塩でお清めし半紙で包み、燃えるごみとして処分する 最も伝統的な処分法は「 精霊流し」です。 精霊流しは現代では自治体、寺院などが行ってくださるものです。 昔は各家庭で川や海に行って、他のお盆飾りと共になすときゅうりを流していたそうですが、最近ではできないようになった場所も多く、代わりに家庭から出るお盆飾りをまとめて流してくださる団体があります。 なすときゅうりは生ものですので、家に庭がある場合埋めて土に還すという方法もあります。 また別の処理法はと似ていますが、先祖の霊が使われたものと考え、ただ捨てるのではなく、焼くや塩でのお清めによって処分するという方法もあります。 また、精霊流しではなくても寺院で、お焚き上げという方法などで処分をして下さるところもあります。 お盆になすときゅうりを飾らない宗派 浄土真宗という日本で最も信徒が多いとされる宗派では、お盆のなすときゅうりを飾らないと言います。 浄土真宗 親鸞 の教えに「お盆に亡くなったご先祖様などの霊が帰ってくることはない」というものがあります。 それゆえ、お迎えやお送りする茄子も胡瓜もそもそも飾ることはないと考えるそうです。 浄土真宗の家でも飾るところもあると思います ちなみに、お盆に亡くなったご先祖様などの霊が帰ってくることはないというのは、浄土真宗に限られた教えではありません。 そもそもの仏教の教えでは死んだ人が仏となって、霊となって、という考えはないのです。 先祖の霊と言った考えは、仏教に由来するのではなく、日本に古来の信仰に由来します。 少し複雑になるのですが、お盆という行事は今では仏教的行事となっていますが、日本の信仰がルーツにあって、それが仏教の要素を含めたものとなったのです。 お盆の由来について説明すると長くなりますので、詳しくは別の記事にてご紹介いたします。 お盆のなすときゅうりを使ったもう一つの飾り「水の子」 お盆になすときゅうりを使った飾りは精霊馬・精霊牛が有名ですが、なすときゅうりをさいの目切りし 立方体に刻む 、蓮の葉か里芋の葉の上に盛り付けた料理をお供えします。 このは水の子と言い、精霊牛や精霊馬とは別の意味を持ちます。 水の子は、お盆の由来となった仏教行事の「 うらぼんえ 」で、餓鬼道に堕ちた衆生を供養するという意味を持ったものです。 寺院ではお盆の時期に施餓鬼会という法要をしていますが、水の子はこの施餓鬼会の考えに由来するお供え物です。 料理を含むお盆のお供えについてはこちらで詳しく解説しています。

次の

お盆のなすときゅうりの精霊馬!宗派や地域での違い、意味を知ろう!

お盆 なす きゅうり 宗派

Contents• お盆になすときゅうりの牛馬を飾るのはなぜ? 仏教ではお盆に先祖や亡くなった人が帰ってくると考えられており、 なすやきゅうりで作るのは、なすが精霊牛、きゅうりが精霊馬と呼ばれ、 どちらも先祖たちの霊である精霊を乗せて、家まで連れてきてくれる乗り物です。 この二つは、夏野菜でお盆の時期に手に入れやすいということから使われていますが、 馬は早く家に戻ってきて欲しいという祈りが、 牛はゆっくり帰ってください、という祈りと共に、 たくさんのお土産を乗せるためとも考えられています。 お盆のなすときゅうりの牛馬はいつ飾る? お盆のなすときゅうりの牛馬は、お盆の迎え火と送り火をする時に 精霊棚に飾ります。 お盆とは一般的には7月15日頃に、祖先の霊を祀る行事です。 お盆の期間は13日から16日の4日間で、 盆の入りと呼ばれる13日に祖先の霊を家に招きいれるために お墓の掃除やお盆提灯を飾るなどして準備します。 この日に迎え火といっておがらを焙烙の上に置いて燃やし、目印にします。 14日と15日には法要や供養を行い、16日の送り盆、盆明けに送り火といって 迎え火と同じようにおがらを燃やして、霊を送り出すのです。 ただし関西などでは月遅れで8月15日頃に、お盆の行事をします。 また送り火ではなく、精霊流しや灯籠流しを行う地域もあります。 馬はご先祖に早く帰ってきて欲しいので、迎え火に合わせ、 牛はゆっくりお帰りください、ということから送り火に合わせて飾ります。 また馬に乗って牛に荷物を引かせることから一緒に飾ることもあります。 さらに逆の考え方として、気をつけてゆっくり帰ってもらうためにお迎えは牛にし、 家でゆっくりしてもらって急いで戻るために帰りは馬としている地域もあります。 飾り方については、事前に確認しておくといいでしょう。 スポンサーリンク お盆のなすときゅうりの牛馬の向きや飾り方には決まりがあるの? お盆のなすときゅうりで作る精霊牛と精霊馬には、向きや飾り方に決まりがあります。 盆棚や精霊棚という、お盆の飾りを置く台を用意します。 この台を仏壇の前に置き、真こもを使ったござを上に敷いて、 位牌と灯明、盆花、水、果物などのお供えと、精霊馬と精霊牛を飾ります。 さらに台の前、もしくは仏壇の前に盆提灯を飾ります。 お盆にはご先祖様にお供えしますが、多くの食べ物をお供えします。 一般的には夏の定番であるそうめんや季節の野菜や果物が中心です。 また亡くなった方の好きだった花や食べ物を飾っても良いとされています。 地域や宗派、また家によって飾るものは変わります。 精霊棚がない場合や、スペースがない場合もありますので、 その場合は盆花とお供え物、精霊馬と精霊牛だけでも飾るようにしましょう。 お供え物もお盆の期間中は毎日品物を変えるのが一般的です。 迎える日と送る日は、団子を、お盆中はおはぎやそうめんなどをお供えしますが、 地域によって品物が変わりますので、確認しておくといいでしょう。 精霊馬はお迎えするため仏壇の方に頭を向けます。 逆に送り出す精霊牛は、仏壇にお尻を向けて飾ります。 この飾り方も地域や宗派で違いがありますので、確認しておきましょう。 また精霊棚の右側の手前に、牛と馬、またどちらか片方を置きます。 精霊棚がない場合には、お皿の上に置くこともあります。 さらに向きについても、仏壇に向かってというのではなく、 ご先祖様は東から来られるので、きゅうりの馬は西向き、なすの牛は東向きと いった考え方、玄関の向きに合わせるという考え方もあります。 なお浄土真宗ではお盆に先祖の霊が帰って来るという考えはなく、 先祖の霊に感謝の気持ちを伝える行事であるため、法要などは行いますが お盆の飾りなどをすることはなく、するとしても盆提灯を飾るだけとなっています。 精霊馬や精霊牛を飾ることもありません。 関連記事: スポンサーリンク お盆のなすときゅうりの牛馬の作り方は? なすときゅうりで作る牛馬ですが、作り方は簡単です。 材料としては、 ・ なす ・ きゅうり ・ 割り箸、もしくは爪楊枝 さらに割り箸や爪楊枝をカットするために、はさみがあればすぐ作れます。 なすやきゅうりの選び方ですが、 なすはあまり丸くなく、できればお尻の部分がしっかりとしたもの、 きゅうりは細いものよりも少し太く、曲がったものの方が見栄えが良くなります。 割り箸は一膳用意して、半分に折って使います。 爪楊枝の場合は8本用意しておくと安定しますのでおすすめです。 全体のバランスを見ながら、割り箸や爪楊枝をなすやきゅうりに刺すだけで すぐ出来上がります。 なすもきゅうりも、へた側が頭になります。 割り箸は細い方を前側、太い方を後ろ側の足にして突き刺すと、バランスが良くなります。 爪楊枝の場合も割り箸の場合も、後ろ足を作ったらいちど床に置いて、 バランスを見ながら前足を作ると上手くいきますよ。 なすやきゅうりをそのまま使うのは味気ないので、 切り込みなどを入れてアレンジする方法もありますが、 夏場でもあり、切り口から早く痛むこともありますので、やり過ぎには注意しましょう。 お盆のなすときゅうりの牛馬を処分する時の方法は? なすときゅうりで作った精霊牛と精霊馬には、処分の仕方も決まりがあります。 昔は先祖のために働いてくれた精霊牛と精霊馬に感謝し、 お供え物と共に土に埋めたり、また燃やしたり、川や海に流したりする風習がありました。 ただし最近では住宅事情から、土に埋めることが難しいこともありますし、 川や海へものを流すことが禁じられている地域がほとんどです。 そういったことから、現代では、• 塩で牛や馬を清める• 半紙に包んで処分する 方法が一般的とされています。 地域によって生ゴミや燃えるゴミなどとして、区別して処分します。 ただし仏壇に飾ったものを他のゴミと一緒に捨てるのは忍びない、 といった気持ちがある場合には、お寺に持っていって供養してもらう方法もあります。 ただしお供え物と同じように、 なすやきゅうりの牛や馬を料理などに使うなどして食べることはやめましょう。 ご先祖様のために飾ってあるものですし、 何日も放置していますので衛生的にもよくありません。 きちんと感謝の気持ちを込めて処分しましょう。

次の