俺だけレベルアップな件 ネタバレ。 「俺だけレベルアップな件」全話&最新話ネタバレまとめ!|漫画大陸

「俺だけレベルアップな件」 第96話 英語版を翻訳したネタバレ

俺だけレベルアップな件 ネタバレ

俺だけレベルアップな件【第19話】のあらすじ・ネタバレ・感想 「俺だけレベルアップな件」のネタバレをご紹介しますのでご注意ください。 俺だけレベルアップな件【第19話】のあらすじ それぞれ装備を整え、ダンジョンへ潜る準備万端です。 今回のゲート出現した中断してしまっている工事現場は、2ヶ月前に社長が会社の金900億を持ち逃げして海外へ逃亡したんだとか。 諸菱くんが教えてくれた。 他にも、リュックは重くないか?大丈夫か?年下だから敬語やめてとか色々話しかけてくる。 しまいには、口数少ないとか言い出す始末。 お前が喋りすぎなんだよ… 空気読めない、相手の顔色伺わない、まさにボンボン… 「ここです!」 今までとは比べ物にならないほど大きなゲートだ。 C級ゲートは初めてだけど、周りの経験者もざわつくほどの大きさみたいだ。 ハンター協会が2度調査してC級認定してるので間違いない…はず… さすがの諸菱くんも呆気にとられている。 ゲートのサイズは関係なく、着目点は中から流れてくる魔力波動の数値。 それを協会が先に測定してランク付けする。 B級以上は大型ギルド担当になってるし、C級以下はそれほど危なくないらしい。 右京「俺の後をついてきてください。 」 豪華フル装備の諸菱くんは気合い十分である! でも、普通はD級、E級は稼ぎが少ないから装備を揃えるのもやっとなはず…正直隣を歩きたくない… しかし、よくよく周りを見てみると、みなさん装備が充実してるご様子。 儲かってるみたいだな。 漆黒の闇が続いている洞窟のようなダンジョン。 魔法で照らしながら進んでいく。 周りにはモンスターの気配はないが、耳を澄ますと… 遠くの方からの足音… それも1つではない、大勢の足音。 光のない洞窟で暗闇が好きなモンスター。 知性のあるモンスターだと暗闇では生活出来ないはずだ。 だんだん足音が近づいてくる! 暗闇の中で群れをなして行動し光を見ると駆け寄ってくる生き物?そしてこの音は!? 俺だけレベルアップな件【第19話】のネタバレ 水篠「昆虫タイプのモンスターです!」 昆虫!? この穴の多い巣の形状からすると、蟻!? 足音が更に近づいてくる!すぐそこまで来ている! 周りを見渡すが何も居ない。 どこから来る!? !!! 上だ!! 上の穴から大群で押し寄せる! 目視でも数えきれない数だ! まずは魔法で撃ち落とし、タンクに注意を引かせる作戦でいく! 稲妻のような魔法でバリバリバリー! モンスターがボトボトと落ちてくる。 すかさずタンクが引きつけ、敵が集中したところで一網打尽で一斉攻撃を仕掛ける! C級ハンターの連携は流石としか言いようがない。 ヒーラー無しの理由は、この連携プレイがあるからこそなのだろう。 しかし、動きがやや粗い… 一方、諸菱くんは装備に頼ってなんとかなっている感じだ。 うまくやってるようだけど…なんかもどかしい… 苛立ちをモンスターへ八つ当たりする。 ひと通り殲滅し、魔法石回収をする。 右京「まだまだ序盤だ!ペース配分気をつけていこう。 魔法石は9等分だ!」 それにしても、水篠くんはなぜ昆虫やら上から攻めてくるやらわかったのか疑問に思っているみたいだ。 水篠「勘です。 」 右京「…勘が鋭いんですね。 まぁ、あまり勘が鋭いのも困りますけど。 」 なぜ困る? 倒した敵の中にはハンターではない攻撃を受けた痕跡のあるものもいた。 モンスター同士やボスから受けた傷なのか、はたまた他の… 右京の顔がまるで悪代官の顔に変化していく… 金のニオイがする…キナ臭いな。 水篠「諸菱くん、その装備を揃えるのは結構しただろ?」 諸菱「初めてのレイドだったので、父さんに買ってもらいました。 」 ここでも勘が働いてしまう。 よくない方向の勘だ… 俺だけレベルアップな件【第19話】の考察 荷物持ちの水篠が1番辛そう… 戦いでは期待されてないから荷物持ちで働けということだろう。 しかしレベルアップして筋力がアップしている水篠にとっては余裕な重さだ。 それにしても諸菱くんはよく喋る。 ボンボンはハンターなんて趣味です。 なんて想像してしまう。 裕福な家庭に対して卑屈になってしまうのは水篠くんの悪いとこの1つだろう。 ゲートは、見た目の大きさよりも魔力波動の数値が大事だという事が理屈では理解しているが少し不安がある。 それは絶対的に経験の少なさが原因である。 強さを表に出してないので格下の水篠くんを守ろうとしてくれる諸菱くん。 特に手を貸さなくてもモンスターを倒せていた。 けど、何か引っかかるところがいくつかある。 カネが絡んでそうな嫌な予感がする。 俺だけレベルアップな件【第19話】の感想 みんなそれぞれいい装備を揃えてきてるが、水篠くんはほぼ私服であるにも関わらず荷物持ちで防具すら無い。 強者ならではのオーラは出てない様子。 ボンボンキャラの諸菱くんに気に入られてしまい少しウザそうだ。 他のハンター達も装備は充実している。 裕福ではないと、そういうところに目がいってしまうのだろう…少しだけ切ない。 回復しなくても戦える俺たち!みたいなのは格好いいが、カネに目が眩んだ人々の集まりなんだろうか。 少し怪しさが漂う展開になっていきそう。 カネの恨みは怖いですからねー。 分け前で揉めなければ良いとのだが… \無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/.

次の

俺だけレベルアップな件【最新80話】のネタバレ/感想|生命の聖水を求め再び悪魔の城へ!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

俺だけレベルアップな件 ネタバレ

俺だけレベルアップな件【第18話】のあらすじ・ネタバレ・感想 「俺だけレベルアップな件」のネタバレをご紹介しますのでご注意ください。 俺だけレベルアップな件【第18話】のあらすじ 病室の片隅で黙々と筋トレをしているヤツがいる。 腹筋、腕立て、次々とこなしていく。 ガラッ 看護師「失礼しまーす…キャッ!」 訪ねてきた看護師もまさか病室で筋トレをしてるとは思わなかっただろう。 キョドッてしまう。 鍛え上げられた裸の上半身を見て、頬を赤らめる看護師さん…筋肉フェチなのか… 素晴らしい肉体美をガン見して惚れ惚れしてしまう… 今日が退院日でラストチャンス! 看護師「あの、よかったら連絡先教えていただけませんか」 ダメ元でスマホを渡す。 鈍感な水篠くんは、退院後に検査結果を教えてくれる為の連絡先だと思っている… モテてる事に気がついてない! こりゃあ、彼女が出来るのはまだまだ先になりそうだ… 無事退院して、ある日の朝。 水篠宅は集合住宅のようだ。 妹の葵ちゃんが学校へ登校する時に、起きてきたのか水篠くん。 水篠「葵いってら〜」 お腹をポリポリ掻きながらお見送り。 割れた腹筋がチラリ… 葵「お兄ちゃん体鍛えてるの?何か背も高くなってない?それも筋トレの効果?」 確かに体格どころか背も伸びた気がする。 忘れ物を渡してあげるなど、兄らしい一面も持ち合わせているみたいだ。 ランニングは後でにしよう。 実感している事は、筋肉がついたこと。 いくら筋トレしたところで、数日で体型が変わる訳はない。 ステータスが体に影響を与えているのだろう。 少し筋力へ偏った数値になっているから、マッチョになったのかな。 筋力:48 体力:27 速度:27 知能:27 感覚:27 分配可能ポイント:12 このバランスのままだとボディービルダーになってしまい兼ねない! 残りのポイントはどう分配しよう? いくら強力なダメージを与える事が出来ても、命中しなきゃ意味がない。 その逆も然り… 筋力と速度は相性がいいから速度も上げる。 体力はあるに越したことはないし、感覚も役に立っている。 知能は魔法と関連がありそうだけど、必要なのか? 筋力:50 体力:27 速度:35 知能:27 感覚:29 今回の分配はこのような感じで。 プルルルッ プルルルッスマホに連絡が入る。 水篠「はい、水篠です。 」 電話相手「やーっと出た!何度かけても出ないし掛け直しても来ないし!」 大家さんからの家賃の催促電話だった。 入院していたことを説明して、すぐ振り込むと伝える。 覚醒後の覚醒… 自身に起きているレベルアップが再覚醒の現象なのだとしたら、上級ハンターになれる日もそう遠くはない。 家賃くらい一瞬で稼げるようになるはずだ。 ハンターはモンスターを倒し収入を得る。 経験を積めば積むほど、ランクが高ければ高いほど、モンスターから出てくる魔法石の価値は上がる。 ランクの高いモンスターを倒すにはそれだけ難易度の高いゲートへ行かなければならないのだが、出現度の高いDやE級ゲートですら低級ハンターの数が多く競争率が高い。 それゆえE級ハンターはギルドに入れてもらえないだけでなく、レイドへ参加するのも一苦労なのだ。 つまり収入はランクに左右され最弱兵器は一生最弱兵器のままだ。 ハンターランクを再審査してもらうべきなのか? 後からランクが上がる事なんて、いいネタになるから注目されて収入は確実に増えそうだ。 しかし、その事をよく思わない輩も現れるだろう。 出る杭は打たれるということだ。 再覚醒の事は当分内密にしておこう。 とりあえず、今は稼ぐために攻撃隊に入らないと… スマホで募集を探してると、目ぼしい案件を発見した。 俺だけレベルアップな件【第18話】のネタバレ 次のクエストの現場は工事途中の現場だ。 右京「ど〜も〜、右京隼人です。 水篠さんはE級ですって?」 ハンター「この人知ってる、超有名人じゃん。 あだ名は確か…史上最弱兵器だっけか?」 世間では相変わらず1番下に見られている。 今回のC級ゲートに参加出来るのは、人数合わせで呼ばれたからである。 レイド報酬は貰えないが、別途報酬の20万が貰える契約だ。 周りを見渡してみると、C級ハンター5人、D級以下が4人。 C級ゲートには最低10人が必要で、その半数以上がC級ハンターでなければならないという規則がある。 なので、今回のような人数合わせ募集があるのだ。 諸菱「どうやら僕たち仲間のようですね。 諸菱 賢太21歳のD級です。 」 諸菱の装備が…超派手派手! 見るからにボンボン丸出しだ。 人数合わせのE級ハンターの仕事は主に荷物運び。 荷物の中に救急箱もある。 水篠「まさかヒーラー無しで行くんですか?」 個人の攻撃隊はヒーラーを呼ぶのが難しく、いつも居ないらしい… タンクとダメージディーラーだけの攻撃隊は偏りすぎてバランスが悪い。 契約書にはダンジョン内の事故は自己責任でと書いている。 ヒーラー無しというのが引っかかるが… 隊員達は盛り上がって、早くダンジョンへ潜りたい様子だ。 ボンボン諸菱くんには、E級なら守ってあげますとか言われる始末… このパーティーは大丈夫だろうか… 俺だけレベルアップな件【第18話】の考察 それにしても急にマッチョになったなと思ったら、まさかのステータスが体に影響を及ぼすシステムだとは面白い発想ですね。 相性を考え、バランス良くポイントを振り分けないとイメージと違う自分になってしまう可能性もあるという事。 調子に乗らないのが身の為である。 強くなれば稼げるという訳ではなさそうなハンター協会。 事あるごとにランクに当てはめて考える方法が主流となっている。 稼ぐようになるには少し複雑な理由がありそうだ。 手っ取り早く稼ぐには人数合わせ募集に応募すること。 俺だけレベルアップな件【第18話】の感想 水篠くんモテ始めてきたのねー。 残念ながら本人は気づいてないけど…鈍感すぎるだろ! 何かの伏線な気もするけど…家賃も滞納してしまい、稼ぎたい! その為に強くなったと言っても過言ではない。 稼ぐ事で家族を守ることが出来るからだ。 しかし、世の中そう単純ではない。 強いから稼げるとは限らないのだ。 段階を踏んで1つずつ乗り越えて変えていこうという雰囲気が出ているので、これからも応援したくなりますね。 \無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/.

次の

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話54話のネタバレと感想!あらすじまとめ

俺だけレベルアップな件 ネタバレ

毎週金曜日に最新話が公開されます。 前回のあらすじは、エルフのボス・バルカから、人間でないのに人間の味方をするのだと聞かれる旬。 旬からは、どこから来て何故人間を殺すのかと聞き返すと、答えようとしたバルカにノイズが入り、時間が巻き戻ったかのように同じコメントを繰り返す。 旬の後ろの人間をよこせば、旬には手出ししないでやるとバルカに言われるが、旬は断り、アイスエルフと旬の影の軍団との戦闘が始まった。 バルカは旬よりも強く、イグリットと一緒になってかかっても倒せそうになかった。 そこで旬は、もう一人強力な影が必要だと、失神している上原を見る。 旬は上原まで剣を蹴飛ばし、自分を襲うように仕向ける。 目覚めた上原は、旬の予想通りに、バルカと対峙する旬を背後から襲った。 背後に召喚したイグリットで上原を刺し殺す旬。 そして旬は、起きろ、と命じるのだった。 詳しくはにてまとめてあります 登場キャラクター一覧は 目次• 漫画「俺だけレベルアップな件」最新話54話のネタバレ 召喚したイグリットの厚い影に覆われる旬。 隠れても無駄だと、バルカが斬り込み、イグリットがそれを受ける。 二人が戦う間、旬は上原の死体に手を当て、起きろ、と命じた。 雄叫びとともに、影となった上原が起き上がる。 影になったことで少し身体が大きくなったようだ。 名前を決めるようメッセージが出るので、旬は彼をアイアンと名付ける。 するとバルカが、どこを見ているのか、まさかコイツ一人で私を倒せると思ったわけではないだろうと言い、イグリットを倒す。 旬は、そんなわけ無いだろと言うと、アイアンにスキル・挑発の雄叫びを発動させた。 挑発状態になったバルカが、面白いじゃないかと興奮し、アイアンに襲いかかる。 バルカの攻撃を盾で受け止めるアイアンだが、動作が遅いので、後ろにまわられてしまう。 今に見てるといいと言って、イグリット、そして旬も参戦する。 その様子を遠くで見ていたりんは、今宮に、ハンターの戦闘はいつもああなのかと聞く。 そうであれば私はハンターになれるわけがないと答える今宮。 目の前で起きる、あまりに激しく見たこともない戦闘に、もはや夢でも見ているのではないかと一同呆然とする。 イグリットの鋭い突きを、すんでのところで躱すバルカ。 だが背後にいた旬に斬りつけられ、武器・カサカの毒牙の麻痺と出血にかかる。 このような状況でも急所を避けるのかと、旬は改めてバルカの強さを知る。 麻痺と出血効果は、バルカの抵抗力が高いためすぐキャンセルされたが、粘り強い野郎だとバルカは忌々しげにいう。 旬は、お前も大したことないようだ、周りを見てみろ、自慢の兵士はせいぜいこの程度だったかと言い、バルカ以外のアイスエルフを全滅させたことを告げる。 バルカは、お前を殺せばお前の兵士も全て消えるだろうと言い、旬に突進する。 旬はそんなバルカに向かって、短剣を投げる。 武器を捨てるなど愚かだとニヤけるバルカ。 だが、旬はスキル・支配者の手を使い、飛ぶ短剣を後押しし、加速させた。 いきなり飛んでくる速度が変わった短剣を、あわてて防ぐバルカ。 そしてその一瞬の隙に、後ろからアイアンに羽交い締めにされる。 魔法兵らが動けないバルカに、巨大な魔法攻撃を当てる。 ボロボロになったがまだ生きているバルカは、アイアンを粉砕し、よくもやってくれたな、全員殺してやると絶叫する。 だが、その脇腹から血が吹き出す。 隠密状態の旬が、バルカを刺したのだ。 終わりみたいだと言う旬の腕を、バルカは掴む。 ふざけるなと、掴んだ旬を攻撃しようとするバルカ。 そこを既に復活したアイアンに叩き潰される。 言ったはずだ、決着はついた、と旬は潰れたバルカを前にして言う。 システムが、ダンジョンのボスを倒したことを告げる。 レベルがいくつか上がり、やっと終わったとほっとする旬。 だが、いきなり激しい打撃音がする。 なんとアイアンがバルカの死体をまだ叩いていたのだ。 影になっても、元々の単細胞な性格は変わらないようだ。 旬はアイアンを注意し、先が思いやられるとため息をついて離れた。 アイアンはきょとんとして、隣にいたイグリットと目を合わせる。 しかしイグリットもため息をつき、その場を離れる。 アイアンは、今度は後ろにいた影の歩兵の方を向くと、ウオーと雄叫びを上げる。 一緒になって盛り上がってくれる歩兵達。 旬は、今宮達のところまで行き、戻りましょうと声をかける。 空中に帰るためのゲートが現れ、皆歓喜した。 そして旬は、バルカの死体を見る。 次はバルカの影を抽出するのだ。 漫画「俺だけレベルアップな件」最新話54話の感想 ついにバルカを倒しましたね。 格上の相手でしたが、見事な連携プレーでバルカを追い詰めました。 スキル・支配者の手も、あのような使い方があるとは驚きです。 短剣の飛ぶ速度に、よくあそこまで手が加えられるなとか、バルカの口がまわるなとは思いましたが、常人では理解できない速さの次元の中でやりとりしているのでしょうね。 何はともあれ、旬と影の軍団の連携は本当にお見事でした。 畳み掛けるように追い詰めていき、トドメは旬ではなく、上原=アイアンだったのも良かったです。 戦闘中は意思疎通がきちんと取れていたようですが、バルカを倒し旬の緊張が解けると、アイアンが暴走。 アドレナリンが出っぱなしで止まらないのか、死体蹴りのようなことをします。 それを、旬だけでなくイグリットも呆れるのが面白いですね。 影の軍団はただの操り人形でなく、かなりそれぞれの意志がハッキリしているようです。 そう思うと、旬に跪いたイグリットの忠誠心は、スキルによる強制でなく、イグリット本人の意志だとわかり、本当にカッコいいなと思いました。 さて、ついにバルカを倒し外に出る旬達。 約束通り、りんも無事でした。 果たして旬は、最強のバルカを駒にできるのでしょうか。 バルカの影が手に入ったら、S級ハンターも目じゃありません。 次回がまた楽しみですね。 まとめ ・旬は上原の影を抽出し、アイアンと名前の影の戦士にする ・旬、イグリット、アイアンをメインに連携プレーを行い、バルカを追い詰める ・ついにバルカを倒し、出口のゲートが開いた。 残るはバルカの影の抽出だけ。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の