ヘア アイロン コテ。 【ショートヘア×ヘアアイロン】使いやすくて人気はどれ?BEST5!

ドンキのヘアアイロンが超優秀!ストレート・コテのおすすめ13選!

ヘア アイロン コテ

コテとヘアアイロンの違いについて解説します カールヘアにイメージチェンジしたい時、ヘアアイロンを使いませんか? 筆者は毛先を巻く時にヘアアイロンを使っていますが、美容院に行くと「コテ」と呼ばれていることに気付き、コテとヘアアイロンの違いがよく分かっていませんでした。 何か違いはあるのでしょうか? 今回の記事では、 コテとアイロンの違いについて解説したいと思います。 また、 コテとアイロンの機能をもったおすすめヘアアイロンについてもご紹介します。 コテとアイロンとはどう違う? アイロンは英語、コテは日本語 ヘアアイロンとは、英語(hair iron)が由来で、熱の力によって髪型を変えるために使う器具のことです。 コテとは、日本語が由来で、髪の毛にウェーブをかけるための鋏はさみ状の道具で、熱して用いるもののことです。 つまり、言葉の由来は異なりますが、どちらも熱の力で髪の毛を変化させるスタイリング用品で、 カール用ヘアアイロンとコテは基本的に同じものになります。 ドライヤーやホットカーラーとは違い、髪に直接熱を加えるため、短時間で髪にしっかり型を付けられる点が特徴です。 アイロンはカールとストレート、コテはカール専用 ヘアアイロンには、 ストレート用のヘアアイロンとカール用のヘアアイロンの2種類あります。 クセを伸ばしたり、ストレートヘアを楽しみたい時はストレート用のヘアアイロンを使います。 アイロンのプレート部分が平らになっていて、髪を挟んで熱の力でまっすぐに伸ばします。 髪をカールさせたり、ウエーブにしたい時はカール用のヘアアイロンまたは コテ(カール専用のヘアアイロン)を使います。 アイロンのプレート部分は丸い形状をしていて、直径の太さに様々な種類があり、カールの大きさも直径の太さで変わります。 【違いはあまり気にしなくていい】"コテ"と"アイロン"両方の機能をもったものがほとんど コテとアイロンの2wayタイプが登場 ストレート用のヘアアイロンと、カール専用のアイロンまたはコテの2種類を揃えるとなると、お金がかかって大変そう…。 おまけに2台そろえたら収納場所も取るから大変…。 そんなお悩みがある人に朗報です! 実は、現在発売されているアイロンには、 ストレートとカールの両方ができる2wayタイプが数多く登場しています。 アイロンのプレートに髪を挟んでまっすぐに伸ばすとストレートヘアに、ねじりながら挟むことでカールヘアが作れるといった、簡単で便利なヘアアイロンが主軸の商品となっています。 また、髪のダメージ機能を備えたものが多く、髪質やスタイリングに合わせて対応できる商品が多いのは嬉しいですよね。 家電量販店や通販サイトなどで探されるのをおすすめします。 【両方の違いを活かせる!】コテとアイロンの機能をもったおすすめヘアアイロン 商品紹介の前に コテとアイロンの両方の機能をもったヘアアイロンですが、検索ワード「 ストレート カール両用」または「 アイロン 2way」で選びました。 価格を抑えた商品を中心に、 最新式であること、 髪のダメージを抑える機能が搭載された商品であること、 参考になるレビューが多い商品を選定しています。 また、フローティングセラミックプレートからマイナスイオンを放出するため、髪との摩擦が少なく、キューティクルのダメージを抑え、髪内部の水分を保湿したままスタイリングができます。 「 スチームだからストレートの伸びがよい」「温度調節も簡単ですぐに使えた」といったレビューが寄せられています。 ストレートとゆるふわカールの両方のスタイリングができる優れものです。 30分経過すると自動で電源が切れるため消し忘れがなくて安全です。 「 すぐに温まるので忙しい時に便利」「 軽くて持ち運びしやすい」「初心者でも使いやすい」といったレビューが寄せられています。 プレート面からマイナスイオンを放出するため、髪の潤いをキープしながらセットできます。 「 ボブやショートスタイルでも使いやすい」「収納ポーチとヘアクリップ2個が付いて コスパがよい」といったレビューが寄せられています。 画像をクリックするとAmazonに移動します.

次の

ヘアアイロン(コテ)の寿命は何年?買い替え時期も徹底紹介!

ヘア アイロン コテ

ヘアアイロン(コテ)の寿命について ヘアアイロン(コテ)は女性にとって、化粧品と同じくらい大事なアイテムだと思います。 ヘアアイロンを使って、毎日かわいいヘアアレンジができると、その日一日良い気分にもなれます。 最近では、女性だけではなく、男子も使用する機会が増えてきました。 私のように、ロングヘアーの方は、毎朝ヘアアイロンで髪の毛をきれいにしないと、落ち着かないこともあるのではないでしょうか。 ヘアアイロン(コテ)はほかの家電用品と比べたらそんなに高いものではありません。 千円位から一万円で、様々なメーカーから販売されています。 種類がすごく豊富で、もちろん聞いたことないメーカもあります。 保証がきちんと付いてるかどうかは、購入するとき心がけるポイントのひとつです。 なぜかと言うと、安くても、ヘアアイロン(コテ)は電気用品ですので、故障や年数で寿命を迎えるときが必ず来るからです。 そこで、この記事ではそんなヘアアイロン(コテ)の買い替えや寿命の原因を紹介していきます。 ヘアアイロン(コテ)の寿命は平均何年? 使う頻度や使い方、ヘアアイロンのプレートの素材によりますので、ヘアアイロン(コテ)の平均寿命は何年とは一言では言い切れません。 毎日使っているか、それとも予定のある日だけ髪型をアレンジするか、乾いてる髪の毛で使うか、水やワックス付けた状態で使うか、様々な要因でヘアアイロン(コテ)の寿命は変わっていきます。 もちろん、浴室や洗面所みたいな湿気多いところより、もちろん乾燥の環境で使うことのほうがヘアアイロンの寿命が延びます。 ですが、一般的な条件の上、乾燥している環境で毎日使用した場合は、 平均寿命の目安は3年から5年です。 一番影響となるポイントは プレートの素材です。 ヘアアイロンのプレートは、様々な加工と塗装が施されているので、使用している内にプレート表面が剥がれてきてしまう事があります。 塗装部分の剥げは剥げたところだけ高い温度になり、温度のバランスが崩れてしまいます。 温度の調整は元には戻せなくて、髪の毛を傷付けてしまったりするので、その場合ヘアアイロン(コテ)の寿命ですね。 もちろん、解決策がないことはないです。 一度買った商品なので、できればもっと寿命が長くなったほうがありがたいですよね。 わたしがヘアアイロンの寿命になってしまう原因を調べてみましたので、解決策も含めて紹介していきたいと思います。 しかし、激安の電化製品はなにかの理由があるでしょう。 例えば、長持ちしない素材でプレートの表面をコーティングして、寿命の短いものになってしまう。 例えば、温度調節が不完全で、温度のバランスがなかなか見つけられなく、調整ができない。 品質の良くないヘアアイロン(コテ)の購入は、寿命を早く迎えてしまう原因のひとつになります。 使う方の習慣によっては、強くコードを引っ張ることも不注意の内に結構起きているのではないでしょうか。 ヘアアイロンにとってはかなりのダメージになり、寿命の原因に繋がります。 浴室のすぐ近くの洗面所で使ったり、濡れている手で使ったり、さらにひどくて結露が起こってしまう環境で使ったりなど、全てが寿命になる原因です。 電化製品にとって、水分は天敵で、常識的な湿度環境で使うのが良いでしょう。 コードがねじれたり、引っ張られたりすることで、断線して使えなくなってしまうことが多いんです。 断線問題が起きたら、温度が上がらなくなったり、急に動かなくなったり、場合によって、髪の毛に傷を付けることもあります。 電化製品の電源コードが寿命になったとき、もし気づかずに使用を続けた場合、発火の可能性があります。 危険な状態ですから、 もし温度の異変が起きた場合、早めに買い替えをしたほうが良いでしょう。 いま市販でよくあるチタニウムアイロンやテフロンアイロンやセラミックスアイロン。 これは金属の上の、 プレート表面のコーティングの素材です。 加工のコーティングですから、ある程度を使用したら、中の金属部分がむき出しの状態となり、剥がれてくるのは致し方ないことです。 プレートが剥がれてきた状態でヘアアイロンを髪に当てると、非常に髪を傷つけてしまう事になるため、買い替えを進めたほうが良いと思います。 わたしは結構温度にこだわっていて、一日のヘアスタイルによって、温度を調整します。 そのため、よくボタンをいじるため、ボタン部分がいつも一番はやい寿命を迎えてしまいました。 ワックスやスタイリング剤を使った後の手でボタンをいじると、ボタンにも損傷を与えて、ヘアアイロンの寿命の原因になり、買い替え時期を早めることになります。 360度回転するコードはなるべくヘアアイロンに負担のかからないように、それと電源コードが絡まれにくい機能があるため故障しにくくなり、ヘアアイロン全体を長持ちさせます。 有名な耐久性がある素材はテフロン、セラミック、チタニウムの三つです。 また、それぞれのいいところがあります。 テフロンは強くて、 一番長持ちさせる素材です。 セラミックは 一番熱を均等に伝えるという特長があって、髪の毛に優しい素材です。 チタニウムも 丈夫な素材で、長持ちします。 この三つのコーティング素材を選んだら、ヘアアイロンの寿命が延びるでしょう。 まとめ ヘアアイロン(コテ)も電化製品で消耗品であり、平均が5年間の寿命ですが、使用者や素材によって、5年以上使っても何も問題がおこらない場合もあります。 この記事で紹介したいくつのポイントをチェックし、ヘアアイロンの寿命を縮めることを防止しましょう。

次の

2020年版!初心者さんでも使いやすい「ヘアアイロン&コテ」10選

ヘア アイロン コテ

コテとヘアアイロンの違いについて解説します カールヘアにイメージチェンジしたい時、ヘアアイロンを使いませんか? 筆者は毛先を巻く時にヘアアイロンを使っていますが、美容院に行くと「コテ」と呼ばれていることに気付き、コテとヘアアイロンの違いがよく分かっていませんでした。 何か違いはあるのでしょうか? 今回の記事では、 コテとアイロンの違いについて解説したいと思います。 また、 コテとアイロンの機能をもったおすすめヘアアイロンについてもご紹介します。 コテとアイロンとはどう違う? アイロンは英語、コテは日本語 ヘアアイロンとは、英語(hair iron)が由来で、熱の力によって髪型を変えるために使う器具のことです。 コテとは、日本語が由来で、髪の毛にウェーブをかけるための鋏はさみ状の道具で、熱して用いるもののことです。 つまり、言葉の由来は異なりますが、どちらも熱の力で髪の毛を変化させるスタイリング用品で、 カール用ヘアアイロンとコテは基本的に同じものになります。 ドライヤーやホットカーラーとは違い、髪に直接熱を加えるため、短時間で髪にしっかり型を付けられる点が特徴です。 アイロンはカールとストレート、コテはカール専用 ヘアアイロンには、 ストレート用のヘアアイロンとカール用のヘアアイロンの2種類あります。 クセを伸ばしたり、ストレートヘアを楽しみたい時はストレート用のヘアアイロンを使います。 アイロンのプレート部分が平らになっていて、髪を挟んで熱の力でまっすぐに伸ばします。 髪をカールさせたり、ウエーブにしたい時はカール用のヘアアイロンまたは コテ(カール専用のヘアアイロン)を使います。 アイロンのプレート部分は丸い形状をしていて、直径の太さに様々な種類があり、カールの大きさも直径の太さで変わります。 【違いはあまり気にしなくていい】"コテ"と"アイロン"両方の機能をもったものがほとんど コテとアイロンの2wayタイプが登場 ストレート用のヘアアイロンと、カール専用のアイロンまたはコテの2種類を揃えるとなると、お金がかかって大変そう…。 おまけに2台そろえたら収納場所も取るから大変…。 そんなお悩みがある人に朗報です! 実は、現在発売されているアイロンには、 ストレートとカールの両方ができる2wayタイプが数多く登場しています。 アイロンのプレートに髪を挟んでまっすぐに伸ばすとストレートヘアに、ねじりながら挟むことでカールヘアが作れるといった、簡単で便利なヘアアイロンが主軸の商品となっています。 また、髪のダメージ機能を備えたものが多く、髪質やスタイリングに合わせて対応できる商品が多いのは嬉しいですよね。 家電量販店や通販サイトなどで探されるのをおすすめします。 【両方の違いを活かせる!】コテとアイロンの機能をもったおすすめヘアアイロン 商品紹介の前に コテとアイロンの両方の機能をもったヘアアイロンですが、検索ワード「 ストレート カール両用」または「 アイロン 2way」で選びました。 価格を抑えた商品を中心に、 最新式であること、 髪のダメージを抑える機能が搭載された商品であること、 参考になるレビューが多い商品を選定しています。 また、フローティングセラミックプレートからマイナスイオンを放出するため、髪との摩擦が少なく、キューティクルのダメージを抑え、髪内部の水分を保湿したままスタイリングができます。 「 スチームだからストレートの伸びがよい」「温度調節も簡単ですぐに使えた」といったレビューが寄せられています。 ストレートとゆるふわカールの両方のスタイリングができる優れものです。 30分経過すると自動で電源が切れるため消し忘れがなくて安全です。 「 すぐに温まるので忙しい時に便利」「 軽くて持ち運びしやすい」「初心者でも使いやすい」といったレビューが寄せられています。 プレート面からマイナスイオンを放出するため、髪の潤いをキープしながらセットできます。 「 ボブやショートスタイルでも使いやすい」「収納ポーチとヘアクリップ2個が付いて コスパがよい」といったレビューが寄せられています。 画像をクリックするとAmazonに移動します.

次の