ご 連絡 遅く なり 申し訳 ありません 英語。 「連絡が遅れたことお詫び申し上げます」 英語で|この単語の英語・英訳は?-実用・現代用語和英辞典

ビジネス中国語の質問です。

ご 連絡 遅く なり 申し訳 ありません 英語

「急な」で思いつく英語urgentとかsuddenなどにとらわれて「急な連絡」を英語にしようとすると、真意が伝わりません。 urgentを使えば「緊急の」連絡になりますし、suddenを使えば「突然の」連絡、「いきなりの」連絡となり、いったい何事かと相手を驚かせてしまいます。 時間的な余裕がとれず、相手のスケジュールの都合を十分に配慮できないまま連絡するときに使う「急な連絡」は、英語ではshort noticeと表現します。 ここのshortとは言うまでもなく「時間の短い」「短時間の」ですからshort noticeとは「時間の短い通知」、つまり「開催の日時まで時間が短い通知」という意味です。 カジュアルな感じで「急な連絡ごめん」なら Sorry for the short notice. Sorry for giving you short notice. 少し改まった感じで言うなら I apologize for the short notice. となります。 実際にこれらが使われている例を紹介します。 On behalf of my band and production team, I apologize for the short notice, and hope fans will understand. ファンの皆様のご理解をいただけること願っています。 これらは、急に連絡をするときの枕詞として使われたり、連絡の最後のことばとして使われたりします。 また、ミーティングや催し物の急な連絡にもかかわらず、集まってくれた人たち、足を運んでくれた人たちへの感謝の気持ちを述べるときにも使います。 会合や催し物の現場で使います。 実例をあげます。 Thank you for coming tonight on such short notice! Good evening, everybody, and thank you for joining us at such a late hour and on short notice. Briefing On NATO Operations in Libya, Special Briefing, U. このような夜遅くに、急な連絡でお集まりいただきありがとうございます。 これらからもわかるように「急な連絡で」はon short noticeで、前置詞のonを使います。 前置詞のatを使ってat short noticeも同じ意味で使われます。 イディオムとして覚えておくのがいいでしょう。 ところで、文法の話になってしまいますが、such short noticeやon short noticeでは冠詞がついていません。 急な連絡を詫びるときは、Sorry for the short noticeと定冠詞のtheがついているものと、いないものがあります。 なぜなのでしょうか? 不定冠詞のaは付けないのだろうかという疑問もあるかもしれません。 それは、名詞のnoticeは意味によって冠詞のaが付くものと、付かないもの、つまりcountable 数えられる ものとuncountable 数えられない があるからです。 「連絡」とか「通知」という意味で使う場合はuncountableで不定冠詞のaはつけないのがルールです。 Macmillan Dictionaryにはこのように記述されています。 notice 2 [uncountable] information or a warning about something that is going to happen [不加算] 今から起ころうとする何かについての情報や警告 ちなみに「掲示文」「貼紙」「告知」という意味で使うnoticeはcountableです。 Macmillan Dictionaryの定義を引用しておきます。 notice 1 [countable] a sign put in a public place that announces something or warns people about something [可算] 何かを発表したり、何かについて人々に警告するために公共の場に置かれる掲示 実は、ネットなどをみれば不定冠詞のaを含んだsuch a short noticeとかon a short noticeは氾濫はしています。 が、しかし文法的には誤りです。 定冠詞のtheをつけるかどうかですが、特定の「連絡」を強く意識している場合にはtheをつけて表現します。 だから状況によってはtheをつけずに表現することもあります。 とはいえ、フツーの人々の日々の暮らしのなかでは冠詞の有無などはさほど気にかけてはいないようです。 日々の会話で冠詞について文法的な正確さを欠いていたとしても、コミュニケーションに大きな齟齬が生じることもないでしょう。 その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 (www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の

返事が遅くなり誠に申し訳ございませんって英語でなんて言うの?

ご 連絡 遅く なり 申し訳 ありません 英語

メールの返事は、何事よりも優先させ、すぐに返すのが当たり前の風潮になってきている。 困ったものだと思っている人も少なくないはずだ。 仕事に追われていると、不要不急のメールの返事は後回しになりがちだ。 それで、次から次にくるメールの山にうずもれたままになってしまい、気が付けば受信日から結構、日にちがたっていたりする。 そのたびに、 「連絡が遅れ、申し訳ございません」とか「ご連絡が遅くなってしまったことお詫び申し上げます」などという言葉でメールを書きだすことになる。 連絡が遅れたことを詫びるきまった英語の言い回しがいくつかある。 よく使われているのが Sorry for the delayed response. 「返事の遅れ」は delayed response がアメリカではごくごく普通の言い方。 日本語では「ご返事が遅れて」とはっきりというのがはばかれるから、「連絡が遅れて」と言うが、英語ではそんなことは気にせずストレートに response 返答 を用いる。 これはカジュアルな言い方であるし、改まったメールでも使われている。 すこし、襟を正していうなら、 ちゃんと主語をつける。 会社の業務の一環としてのメールなら、 We are sorry for the delayed response. と Weで始める。 もうすこし丁寧に誤る場合は、 sorry を apologize に変える。 We apologize for the delayed response. とする。 問い合わせや質問への返答が遅れた場合には、 responseの代わりに answerがよく用いられ We apologize for the delayed answer. という。 その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 ( www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の

「急な連絡で申し訳ありません」を英語で言う|この単語の英語・英訳は?-実用・現代用語和英辞典

ご 連絡 遅く なり 申し訳 ありません 英語

メールの返信が遅くなってしまったことに対して、謝罪したい、非常に申し訳なく思っている、という気持ちをこめた、メール冒頭で使えるような表現を集めてみました。 上記後藤さんが述べられているように、"sincere"を加えることにより、より「心から」「深く」といったニュアンスが入ります。 少し注意が必要なのは、理由があってよっぽど遅れた場合(出張に出ていた、など。 その場合は相手への説明のために理由を書く方が良い場合もあります)などを除き、遅れた言い訳や挨拶はいいから、早く本題に入って!と考える人もそれなりにいる、ということです。 ですので、挨拶は丁寧でありながらもシンプルなものである(1文程度におさめる、など)ことが大切だとも言えます。 Each of these three options explains that you are sorry and that you are apologizing for the situation. In order from the top to the bottom, they get more professional as you go down. Depending on the case and depending on the person you are emailing, you can use one of these three. The first is to generally say sorry and this would be best used for a coworker or a manager you know in person. The second would be a person you are working with on a business deal or someone you do not know but still need to make sure to impress. The third is the most formal and is meant to be used for the highest level of person you are responding too. Each of these explains that you are sorry for replying late to an email. Each works but keep in mind the context and the person you are emailing back. This matters a great deal when responding to business emails. 上記3例どれを使っても、この状況についてあなたが申し訳なく思っていて、謝っていることが伝わります。 上から順に、よりプロフェッショナルな言い方になります。 状況やメールを送る相手によって、この三つを使い分けることができます。 一つ目の例は漠然と謝罪する言い方で、同僚や面識のあるマネージャーに使えます。 二つ目は、商売上の取引をしている相手や面識はないけど丁寧に扱わなければならない人などに使えます。 三つ目は一番フォーマルで、最も地位の高い人に使えます。 これら3例とも、メールの返信が遅れて申し訳なく思っていることを表します。 どれも使えますが、状況や返信する相手を頭に入れておいてください。 これはビジネスメールに返信するときに非常に重要です。 "I'm sorry" is the usual, standard apology for most English speakers. However, it is also correct to ask someone to excuse you for an offense, such as a late reply. Furthermore, telling someone that you didn't "get back to them" is the same as saying that you had not replied until now. Personally, I would use any of these three sentences as a way to apologize. "I Apologize for the late reply" This is a more formal and polite way of expressing that you are sorry for not messaging them sooner. To 'Apologize' is to express that you are sorry. If something is 'late' this is often used to refer to something being not on time. "Sorry for the delay" This is more of a casual and widely used phrase for this context. "I'm sorry for not getting back to you sooner" is a good way of telling someone you are aware that you most likely should have replied sooner. You could then follow this up by stating "Please accept my apologies for replying late", this is a polite way of telling this person that it was not meant maliciously.

次の