おっさん ず ラブ 主題 歌 歌詞。 スキマスイッチ: SUKIMASWITCH / 「Revival」 Music Video (Full Ver.)

Official髭男dism I LOVE... 歌詞

おっさん ず ラブ 主題 歌 歌詞

大橋卓弥と常田真太郎のふたりからなる音楽ユニット、スキマスイッチ。 この曲は、2018年3月に発売されたスキマスイッチの7thアルバム『新空間アルゴリズム』の収録曲だったが、2018年4月~6月に放送された『おっさんずラブ』の影響で、スキマスイッチの楽曲の中でも特に人気が高い作品の一つとなった。 田中圭演じる春田創一(通称はるたん)と、吉田鋼太郎が演じる春田の上司・黒澤武蔵、そして林遣都が演じる春田の後輩でルームメイトの牧凌太の三角関係を描いた『おっさんずラブ』は、そのドラマタイトルが【2018ユーキャン新語・流行語大賞】のトップ10に入るほどの社会現象を呼び、2019年8月23日からは『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が全国公開される。 劇場版では、はるたん、黒澤、牧に加え、狸穴迅(沢村一樹)と山田ジャスティス(志尊淳)も加わり、五角関係に発展。 おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>の行方に注目が集まっている。 今回、ドラマに続き、「Revival」が映画でも主題歌に起用されたスキマスイッチに話を聞き、ふたりが感じる『おっさんずラブ』の人気や、「Revival」の在り方、そしてチャートや音楽の聴き方などを話してもらった。 おふたりは普段、チャートをご覧になりますか? 大橋卓弥:見ますよ。 ビルボードのチャートも気になります。 日本のチャートって、あまり細分化されてないというか、例えば僕らのようなJ-POPもそうですし、ロックやアイドル、アニメなど、全部一緒くたんじゃないですか。 そういうところが細分化されると、より色々な楽しみ方ができるんじゃないかなと思います。 チャートを気にするという点では、チャートによって僕らの音楽が変わるわけではないですが、他のアーティストさんもそうだと思うんですけど、音楽ってどれだけいい曲を作っても、それをリリースしている情報がなければ、無いに等しいになってしまうんですよね。 だから、そういう意味でチャートってすごく必要なものかなと思います。 曲がチャートの上にあれば聴かれる機会も多くなるでしょうし、そういう意味で、「今、こういう人たちがこういう音楽をやっているんだな」っていう情報を得るために見るようになりましたね。 学生時代は全然違って、今週の1位が誰なのかをただただ楽しみにしていました。 だけど今はチャートの見方が変わってきて、「米津(玄師)君、やっぱりまだ1位なんだ」とか、そういう情報を得るために見ているところはありますね。 常田さんはどうですか? 常田真太郎:やっぱり会社内でも、それこそ偉い方たちがビルボードチャートのことを言っていたりします。 Twitterのデータを取り入れた唯一の総合チャートですし、まだリリースされていないのにビルボードのチャートで上位に入っていることもあるので、それは他のチャートにはない面白さだと思います。 卓弥も言った通り、(チャートに入ることで)リリース前に情報を一つ入れ込めるというか。 「ビルボードチャートに入っている曲なんですけど、発売はこれからなんです」って言えるのは、過去にはなかったことですよね。 あるとすればラジオのチャートですかね。 僕らの学生時代みたいに、今の若者や学生たちが「この間のチャート見た?」ってまだ言ってくれるような音楽文化であればいいなと思います。 今って自分が聴いているものが一番いいっていう感覚が、良くも悪くもすごく重きを置かれている気がしていて、あんまり人に(曲を)勧めないらしいですね。 プレイリストを人に見せるのが恥ずかしいというか。 もっと言うと人に「スキマスイッチを聴いてる」って言うのが恥ずかしいと思う人もいるかもしれなくて……。 自分で言っておいて、もしそんな方がいたら、ちょっと悲しいんですけど(笑)。 二十歳前後の人たちと話をしていると、プレイリストを見せないって言っていました。 逆に僕らが学生の頃は、チャートの上位に入っている曲を聴いてないと遅れているっていう危機感がありました。 でも、そのおかげで新しい音楽も知れたし、「デビュー曲がいきなりチャート1位。 誰だ、あれ!」って、次の日、学校で話題になりました。 そういう音楽の話が、話のネタのトピックの一番上にある時代でまだあってほしいという希望がありますね。 チャートから新しい音楽の情報を得るとおっしゃられましたが、新しい音楽を知りたいとき、チャート以外のどういうところから情報を得られていますか? 大橋:今はインターネットで簡単に試聴できますよね。 どんなジャンルかも、下手したらボーカルが男性なのか女性なのかも分からないようなときもあって、本当にジャケットを気に入って買っていましたけど、今は試しにどんな音楽なのか聴けますし、買う場所によって「これを聴いている人はこれも聴いてます」って出てきますよね。 あと、月額制の聴き放題もあるので、色々なところから情報を得られますが、一番多いのは、お店や街で流れている音楽とか、ラジオから聞こえてくる音楽ですね。 気になったら携帯ですぐ検索できるので。 検索していいなって思って、まだ買っていないCDがたくさんあるんですが、あの機能は本当によく使いますね。 僕、聞こえていない音がないというか、なんかそういう耳になっちゃったんでしょうね。 ご飯を食べに行っても、どんな音楽が流れているのか、お店に入った瞬間に考えますし、「これ、誰だろう?」って食事中でも友達と話している間でも考えています。 そのへんのアンテナというか、そういうのが好きなんだと思います。 常田:僕はYouTubeとAmazonと、あとは「これを買った人はこれも買っています」というようなところからですね。 YouTubeもどんどん潜っていけるので、自分の好みとは関係なく、オススメされた音楽をクリックして聴いています。 それで若手バンドの音楽を聴いたり、あとビルボードのチャンネル登録もしているので、そこから新しい音楽を聴いたりしていますね。 あと、Shazamもそうですけど、ラジオもまだまだ、というか、むしろ最近のほうが勢いあるんじゃないかって感じています。 もちろん僕らも出演する立場ではありますが、たまにラジオをつけて、情報を得ることもあります。 ネットと実際に流れているものではジャンルが違う気がするので、使い分けています。 新人アーティストは圧倒的にラジオが多くて、僕らがラジオに出演するとき、ちょっと早くラジオ局に行って待機するんですが、曲がかかっていると「これ、誰だろう?」って話もするし、ディレクターに尋ねることもありますね。 主題歌のことを言われるのも嬉しかったんですけど、特に「カメオ出演してたね!」ってめちゃくちゃ言われました。 カメオ出演より主題歌について触れてもらったほうが嬉しいんですけどね(笑)。 常田:普通に外でご飯を食べているときも、隣の席の人が「昨日、観たよ!」って話している会話が聞こえて。 僕らは曲を使ってもらっている側なのですが、去年の夏前に、どんどん盛り上がっているのを感じました。 ちょうど僕ら、ツアー中だったんですけど、この曲を演奏すると、4月のときはアルバムの収録曲として捉えてもらっていたのが、徐々に『おっさんずラブ』の主題歌に変わっていく瞬間を観ることができたので、すごく面白いツアーの一幕になりました。 同じ時計をしているところとか……。 大橋:圭君がリアルにこだわっているんだと思います。 あのミュージックビデオでは『おっさんずラブ』の聖地巡礼をしていて、僕らも撮影しながら、「ここ、あのシーンのところだ」って楽しめました。 常田:実際に聖地巡礼されている方がいたもんね。 大橋:そう、撮影している僕らには気づかず……(笑)。 常田:むしろ、「邪魔だな」って思われたくらいで。 大橋:僕らもそのカットを狙って撮影しているので、聖地巡礼に来ているファンには、一番邪魔な場所に僕らがいてしまってね(笑)。 ミュージックビデオが完成してから、ビデオの感想もたくさん届いたのではないでしょうか? 大橋:最後に圭君がBARスキマスイッチに来てくれるんですが、BARスキマスイッチっていうのは、僕らがカメオ出演したときに圭君がポロっと言ったアドリブなんです。 BARスキマスイッチっていうセリフは恐らくドラマではなかったと思うんですが、圭君のアドリブ一言で、あそこまで広がっていったのは、圭君もすごいですけど、監督たちの遊び心もすごいですね。 常田:もともと僕らセリフがなかったもんね。 それに、ものの数日でBARの場所を突き止めたファンの方々の力も驚きです。 2~3日後にBARに行かれた方がいるみたいで、この情報も『おっさんずラブ』にすごくハマっていた友人から聞きました。 『おっさんずラブ』の聖地なのか、「Revival」の聖地なのか、もうワケが分からなくなってしまいました。 スキマスイッチの曲として作った曲が、『おっさんずラブ』のファンの皆さんが盛り上げてくれて。 「Revival」の歌詞で妄想されているようなので、その部分も作ったときの感覚とは違うところでどんどん昇華されていって、みなさんのモノになっているのが感じられます。 この曲の使われ方が、とても愛のある使われ方で、歌詞の内容を彷彿させるようなカメラワークもありました。 最終話では、リバイバル(蘇る)する部分で上手く使ってくださって、「行って来いよ」と手を離れて大事にされている感じがしました。 大橋:アルバムの10曲の中のひとつのピースとして、バンドとしての楽曲作りを僕らもやってみようと思い、制作しました。 スキマスイッチの音楽って結構、音数が多くて、ダビングを繰り返しているので、ライブで再現するのが難しい曲が多いんです。 バンドメンバーがそれぞれの楽器を演奏していて、そのメンバーがいれば再現できるようなバンドサウンドを作ろうと思ったんです。 あと、皆さんが「これは冬の曲だ」とか「夏の曲だ」と勝手にイメージしてくれることはあっても、こちらから季節を限定することが少ないんです。 そういう意味でも、ちょっと新しい挑戦っていうところから始まった曲でもありますね。 常田:ライブでそういう曲が欲しかったっていうのもあります。 あくまでアルバムの中の1曲なので、ライブの中でも上手く色んな場所で歌えるような、使い勝手のいい曲をイメージして作った曲だったのですが、今ではそれが逆に(この曲が演奏されるのを)待ってもらっている曲に変わってきて、使い方を考えないといけないというか……(笑)。 嬉しい悲鳴ですけど。 イントロが流れたときに、「あ、あの曲だ」と思ってもらえるような場所を見つけなければいけないと思っています。 5月の音楽フェスでも歌ったんですけど、フェスでも歌える曲になってきたなと感じました。 当初思っていたよりも、どんどん広がっていったのは『おっさんずラブ』のおかげです。 昔はアルバムの曲として書かれたものが何かとコラボレーションして、シングルカットされることが多かったと思うんです。 僕らが学生の頃に聴いていたアーティストの曲がシングルだと思っていたら、実はアルバムの曲だったことがありました。 この曲もアルバムの1曲から一人歩きして大きくなっていって、もはや僕らの中でも『おっさんずラブ』の曲っていう感じです。 でも新曲をお願いされていたら、困っていたでしょうね。 ドラマが始まったときはツアー中で、バンドメンバーやスタッフと一緒にツアーバスのテレビでドラマを観ていたんですけど、僕らの中でもこのイメージ(「Revival」=『おっさんずラブ』)なので、これを超える曲を書くのは相当難しいです。 (新曲をお願いされていたら)「別の人にお願いしてください」って言っていたかもしれないです(笑)。 自分たちが書いた曲を超えるのってすごく難しいんですよ。 曲を書くごとに、自分の首を絞めているっていつも思うくらい。 リスナーと僕らが思うことに少し違いがあるかもしれないんですが、全く別のベクトルで書くのであればいいんですけど、ジャンルによってカードを置く位置は決まってくるんですよね。 ラブソングだとか、バラードとか、僕らにはあまりないですけど応援ソングとか。 「奏(かなで)」は2枚目のシングルだったんですが、いまだにバラードと言えば、この曲と言っていただけるのは嬉しいことなんですが、「この曲を超えないと」と思っています。 ずっと「奏(かなで)」にしがみつくのではなく、この曲を超える曲を書きたいという欲求が出てくるのですが、すごく難しくて……。 自分たちの活動だけでもなかなか難しいのに、流行語にもなった『おっさんずラブ』のイメージが付いた「Revival」より優等生を生み出すのは、なかなか難しいですよね。 ゴテゴテするような、「作らされた」っていう曲が出来ていた気がします。 作ってみないと分からないですけど、絶対身の苦しみを味わっていたでしょうね。 むしろ新曲じゃなく、バージョンを変えることなく同じ曲を使いたいと言われたときは嬉しかったです。 あまりそういうことってないんですよ。 本当に大事にしてもらっていると感じましたし、おそらくファンの皆さんのことも考えられているのかもしれないですね。 まだ僕らも映画を観ていないので映画の中でどういう風に流してもらえるのか分かりませんが、とっても楽しみです。 TUBEさんもいますけど、サザンの曲を聴くと海に行きたくなりますよね。 学生時代はみんなが聴いている、ヒットチャートの上位にあるような曲を聴いていました。 サザンは昔からずっとトップに君臨していましたが、僕らの頃はミスチル(Mr. Children)とかスピッツ、マッキー(槇原敬之)が大体上位にいましたね。 その中で、サザンは季節感や海を描き続けて、さっきのカードじゃないですけど、そのカードを置く場所は埋まっているはずなのに、どんどん超えていくので、やっぱり桑田(佳祐)さんやサザンのすごいところだと思いますね。 夏の思い出として残っているのは、中学生の頃、お金もないのに、まだ付き合ってもいない男ふたりと女ふたりで、電車に乗って水族館にWデートに行ったことですね。 常田:甘酸っぱい思い出もありますけど、部活の思い出もあります。 その背景には音楽もありました。 キャンプファイヤーでB'zの「LADY NAVIGATION」を歌いました(笑)。 誘えなかったあの子とか、色々思い浮かべますよ。 やっぱ学生時代を思い出します。 まだいっぱいあると思った夏休みが、お盆を過ぎると「ヤバイ」ってなる感覚。 今の子たちは、8月25日くらいから新学期が始まるところもあるようで、一週間早まっているのがかわいそうで。 僕らの頃は42日間でしたから。 僕はいかに宿題を早くやるかが一つのテーマで、それも思い出しますね。 小学校の頃、誰かに言うわけでもないですが、夏休み初日、終業式が終わったタイミングで「俺、もう宿題、終わったぜ」って言いたいがために、そんなことしていました(笑)。 鋼太郎さんがお弁当を作ってくるのは、男としてはちょっと……(笑)。 でも観ているうちにどんどんハマっていって、その後の展開が気になってしょうがなかったです。 それに10年以上前に「飲みに来ないか」のミュージックビデオに圭君が出てくれたんですが、その頃の圭君はまだ二十歳くらいだったんですけど、ドラマで共演したときは、もうその頃の圭君ではなくて、はるたんだったんです。 それくらいどっぷり『おっさんずラブ』にハマっていて。 この作品が人気になっている理由が何となく分かってきて、女性は自分に置き換えたり、理想の恋愛像に重ねたりしているのかと思いますし、圭君含めキャストの皆さんや監督に遊び心があって、ちゃんと感動するシーンもあるんですけど、笑いもあって、すごくエンターテインメントな作品ですよね。 そんな中、いいシーンで僕たちの曲が流れると「キター!」ってなります(笑)! 先ほどシンタくん(常田の愛称)も言いましたが、愛情を感じますし、僕らも「観た?」っていう会話をするくらい、本当に楽しみにしていました。 常田:アニメ好き、マンガ好きの僕からすると、王道のラブストーリーというか(笑)。 僕は姉がいて、もちろん読んでいましたし、マンガもありましたから、アブノーマルなものに関して抵抗はありませんでした。 『戦場のメリークリスマス』といった名作にもよくあるシチュエーションとして描かれてきましたが、ここまで明るく描かれているのはなかったかなって思うので少しびっくりしました。 ここまで明るくメジャーに描かれているのは新しかったですね。 先に台本を読んだときも「スゴイな、ここまで行くのか」って思って、最終話のラストシーンには「うわぁ、行ったな~」って(笑)。 コミカルで90年代のトレンディドラマ風に仕上がっているのもとっても新しく感じました。 これまであったシチュエーションが少しずつ組み合わさると新しいものに生まれ変わるのはセンセーショナルでしたし、そこが皆さんにウケていると思います。 これまで声高らかに言えなかった趣味趣向の方々も堂々と好きだと言える世界になってきたのかなと感じます。 ドラマの最終回でこれ以上あるのかというところまで行って、それが映画でどういう風に展開していくのか楽しみにしてもらいたいですし、劇場で観てもらいたいですね。 僕らはどこで曲が使われているのか知らず、劇場で観ないとその臨場感は味わえないと思っているので、そこは僕らも期待しつつ、劇場に行きたいと思っています。 (台本を読んだ限り)ちゃんと『おっさんずラブ』のファンが楽しめるストーリーになっていると思います。 台本を読んであらすじは分かっているんですが、圭君と遣都君と鋼太郎さんのあの演技を含めて『おっさんずラブ』なわけで、演者がどういう風に演じているかで変わってくると思うので、そこはファンも期待するところなんじゃないでしょうか。 ドラマで、鋼太郎さん、音が割れてましたもんね(笑)。 あれ、「マイクを割る」なんて台本には書かれてないはずですよ(笑)。 『おっさんずラブ』の魅力ってそういうところだと思うんです。 常田:まずメインキャストが5人に増えていて、この五角関係に何が起こるのか気になります。 ドラマでは途中から三角から四角に増えていきましたが、この映画版では最初から5人と提示されているので、台本に書かれた5人の関係が演技でどうやって描かれていくのか気になりますし、その5人がどう納まるのかもきっと見どころだと思います。 この五角関係が天空不動産内で展開されるのも面白いですよね。 天空不動産の人達ってみんな面白いんで、そこも見どころだと思います。

次の

『おっさんずラブ』の主題歌はスキマスイッチの『Revival』!込められた意味は?

おっさん ず ラブ 主題 歌 歌詞

スポンサードリンク 2019年11月2日スタート、毎週土曜23:15~放送のおっさんずラブ2-in the sky-(イン ザ スカイ)の主題歌を4人組バンドのsumikaが歌うことが決定しました。 「おっさんずラブ2-in the sky-」は、2018年に連続ドラマが放送、2019年に劇場版が公開された「おっさんずラブ」の新作です。 ドラマの 舞台は航空会社となり、「田中圭さん、吉田鋼太郎さん、新キャストの千葉雄大さん、戸次重幸さんらによる新たな物語が描かれます。 タイトルは「願い」とありますが、一体どんな楽曲なのでしょうか。 今回は「sumika「願い」歌詞の意味を解釈!(おっさんずラブ2-in the sky-主題歌)」と題してまとてみました! パッと読める目次• 今回おっさんずラブ-in the sky-の主題歌となった「願い」は、片岡健太(Vo, G)が作詞を行い、黒田隼之介(G, Cho)が作曲を手がけているそうです。 作詞をした片岡健太さんは「願い」についてこのようにインタビューに答えています。 作品に対する愛情でsumikaが負けているようでは、この作品の主題歌をやる資格はないと思い、 頂いた脚本を何度も読み、キャストの方々の顔を思い浮かべながら、最後の最後まで考え抜いて完成したのが「願い」という曲です。 スポンサードリンク sumika「願い」歌詞の意味を解釈! 作詞:片岡健太(Vo, G) 作曲:黒田隼之介(G, Cho) 力強いメロディと切ない歌詞だという「願い」ですが、どんな学曲になっているのか気になりますよね。 すでに曲を試聴したという田中圭さんは主題歌「願い」についてこのようにコメントしています。 切ない歌詞なのにメロディが力強く、 すごく心に残る良い曲でした! 僕らも曲に負けないくらいのドラマにしなければと、やる気が出ました! 新しいおっさんずラブにすごくぴったりな曲だと思います。 sumika節といいますか、聴いていて本当に心地良いです。 スタッフからの人気も高く、みんな喜んでいたので、ただただ感謝です。 スポンサードリンク 【おっさんずラブ-in the sky-】の主題歌はsumika!「願い」のMV動画 おっさんずラブ-in the sky-の主題歌「願い」ですが、まだ公式のMVが発表になっていません。 ドラマが始まる前には「願い」のMVも公開となるのではないでしょうか。 今回sumikaがおっさんずラブ-in the sky-の主題歌に抜擢されたのには、近年のsumikの活躍が関係していました。 実はおっさんずラブ-in the sky-のドラマスタッフがsumikaの楽曲に注目しており、sumikaもおっさんずラブの大ファンだったことから主題歌のオファーをしたという経緯があったようです。

次の

Official髭男dism I LOVE... 歌詞

おっさん ず ラブ 主題 歌 歌詞

この曲がドラマに起用されたことにメンバーの大橋卓弥さんは「こういう意欲的なドラマの主題歌に『Revival』を選んでいただいて、うれしかった。 面白い化学反応が起こったらいいなと、ワクワクしました」とコメント。 また、同じくメンバーの常田真太郎さんは「このドラマの主題歌になることで『Revival』の歌詞を、違った捉え方をする人も出てくるはず、 曲の振り幅につながる相乗効果が楽しみです」と期待するコメントを述べてくれていました。 ちなみに田中圭さんは、以前にもスキマスイッチさんと共演をしたことがあるようで、 また一緒に仕事ができることに感動されていたみたいでs。 スポンサーリンク スポンサーリンク 『Revival』の意味は?ドラマに込められた想いは? 「おっさんずラブ」スキマスイッチがカメオ出演で田中圭&林遣都と初共演で『飲みに来ないか』 — ザテレビジョン thetvjp 『Revival』とは「復活」や「再生」を意味する言葉です。 そして『おっさんずラブ』での『Revival』の意味とは、 「いつまでも続いてほしい愛」を意味しているのではないでしょうか。 『おっさんずラブ』は昨今では珍しいおっさん同士のラブストーリー。 「忘れたくても忘れることのできない」 「愛する人に純粋に会いたい」 そんな胸がキュッと締め付けられる恋模様が描かれており、 歌詞にもそのゆれる想いが綴られています。 男性同士の恋愛だけでなく、恋愛経験のある人ならどんな人にも届く内容になっているのではないでしょうか。 スポンサーリンク スポンサーリンク おっさんずラブ、主題歌『Revival』の歌詞は? 本日ですよ!よる23:15~!!!! この夏、あなたも燃えるような恋(禁断の?)をしてみてはいかがでしょうか。 さん bogotan11 がシェアした投稿 — 2018年 5月月6日午後5時32分PDT 元気を分けてくれるようなものから胸が締め付けられるようなラブソングまで、今まで数々のヒットソングを生み出してきたスキマスイッチさん。 中でも2004年2ndシングルの『奏』は、発売1か月前から全国のラジオ局や有線のチャートにランクインするほどの代表作ですね。 また、『おっさんずラブ』で主演をつとめる田中圭さんもMVに出演している『飲みに来ないか』も恋の駆け引きを描くような歌詞で人気のある楽曲です。 その他にもスキマスイッチさんには素敵な楽曲がたくさんあります。 ぜひこの機会に聴いてみてください。 スポンサーリンク.

次の