二重整形 3万。 二重整形・二重手術パーフェクトガイド

二重整形の見分け方と特徴|目を閉じた時に整形が分かる?

二重整形 3万

目が小さいこと、目が一重であることは、必ずしもコンプレックスでもなかったのです。 「もっと目が大きければよかった」と強く思ったことも特にありませんでした。 パッチリした目に憧れることは、時々ありましたが。 30歳手前にして瞼のたるみが気になる:眉下切開を検討する しかし、30歳手前にして目の腫れぼったさが気になっていました。 少し気を緩めると、不機嫌そうな顔になってしまいます。 20歳後半でも瞼は垂れてくるのです。 もっと若い頃はあまり気にしていなかったのですが、実際にyoutubeに投稿した自分の腫れぼったい瞼が気になってきていましたもともと小さい目が、ますます小さくなっていたのです。 そこで、美容整形のことを選択肢として考え始めました。 ただ、最初に考えたのは「眉下切開」です。 眉下切開とは、眉毛の下を切開して瞼のたるみを減らす整形を手術です。 youtubeでも、美容外科の先生が「眉下切開で目が大きくなる」とも言っていました。 もともと「一重まぶたを二重まぶたにすること」に対して抵抗があったので、はじめは眉下切開を考えました。 顔を大きくいじることなく、目だけ大きくする方法を選択したかたのです。 眉下切開から二重整形に考えを変える しかし、眉下切開で目が大きくなるのは本当に中年以降の方でした。 実際に症例を見ても、ほとんどが50ー60歳の方ばかりです。 また、実際に近所の美容外科の無料カウンセリングにも行きました。 「眉下切開で目を大きくしたい」というと、 「眉下切開するのほど瞼はないよ」と言われて、二重整形を勧められました。 そもそも、眉下切開は眉毛に大きな傷跡が残ってしまう手術です。 「バレずに目だけ大きくしたい」と思っていましたが、止めておくべきでした。 でも、youtubeには 「若い方が目を大きくするために眉下切開をするケースが増えている」というおっさん医者がいます。 胡散臭いおっさんなのですが、みなさんも気をつけてください。 (症状は人それぞれなのでなんとも言えませんが) というわけで、わたしに必要なのは眉下切開ではなく、二重整形だと知りました。 しかし、この時点では整形に前向きではなかったのです。 無理に一重を二重にする必要はない 最初に無料カウンセリングをした美容外科の先生(男性)は、 「一重でもいいと思います。 無理に、手術する必要ありません」と言ってくれました。 「男性は無理に二重にする必要ない」ということだったので、ぼくも考えを改めました。 整形には興味を覚えましたが、「まあ、この目でもいいかな」という感じだったのです。 そんなとき、ある方からメッセージをいただきました。 いつも、youtubeを見てくれていた方です。 メンズ整形 男が二重整形をしたいと思った理由:眉毛の角度と眉と目の距離 その方は、整形手術にとても詳しい方でした。 その時点では、二重整形に対して大きく興味はありませんでしたが、実際にお会いしてお話を聞くことができました。 そこで、わたしが長年悩んでいたことがすべて理解できたのです。 眉毛の角度・ハの字眉毛の原因 わたしは、子どもの頃からハの字眉毛です。 下がり眉なので、常に困った顔をしています。 あまり下がり眉について気にしてはいませんでしたが、youtubeをはじめて一番指摘されるのは眉毛でした。 「眉毛の角度急すぎない?」というコメントです。 たしかに下がり眉は先天的なものなので仕方ないことですが、わたしの眉毛は下がりすぎです。 そして、その原因は「一重まぶた」にありました。 一重まぶたで目が細いと、目を少しでも大きく見せようと、常に眉毛の方に力が入ってしまうのです。 これは、子供の頃からの癖でした。 腫れぼったい目をなんとか大きく見せようと、スッキリした印象に見せようとして、眉毛を釣り上げる癖が長年ありました。 その原因はすべて、一重のせいでした。 こちらの画像を見ても、額にシワがありますね。 これは、目を見開こうとする癖のせいです。 「細い眉毛がかっこいい」と思われるのは、日本の中学生までです。 真の男前は、ナチュラル眉毛が一番ですね。 男らしいイケメンの要素は眉毛と目の距離 ここで伝えておきたいのは、「男らしい顔」と「女らしい顔」です。 いわゆる男らしいイケメンな顔というのは、目と眉毛の距離が近いことです。 目と眉毛の距離が近いと、彫りが深く見えてかっこよく見えます。 目の大きさや形ももちろん大事ですが、目と眉毛の距離が顔面偏差値にもたらす影響は絶大です。 特に、男性は狭いほどかっこいいとされます。 (逆に、距離があると女性らしい顔になります) わたしは、写真で見ても分かる通り、目と眉毛の距離が広いです。 それは、先程も言いましたが「眉毛を釣り上げる癖」のせいです。 そのせいか、「かわいい」と言われることはありましたが、いわゆる「男前」や「イケメン」と言われることはありませんでした。 それは、やはり眉毛の影響も大きいと思います。 つまり、一重まぶたで腫れぼったいせいで• 眉毛の角度が下がりすぎている• 目と眉毛の距離が広い と、ただ「目が小さく見える」ということ以外にも影響をもたらしていました。 ここらへんの問題をすべて解決すること、それが二重整形だったのです。 ナチュラルな二重(奥二重)にしてみたい しかし、それでもわたしは二重整形に対して抵抗がありました。 急な思い付きで、できるものではありません。 また、一重の男性が二重にしたからといってイケメンになるわけでもありません。 顔で大事なのは、バランスです。 そこで、先程の方に相談してみたところ「あなたは一重のままでいい。 でも、二重にしたいならナチュラルな奥二重にしてください」と言っていただきました。 奥二重であれば、「整形しました感」もそこまでありません。 また、わたしはパッチリ二重よりも、男らしい顔が好きだったので奥二重に興味を持ちました。 そこで見せていただいが画像が、 近藤真彦(マッチ)の昔の写真でした。 整形する前日(ビフォー) こんな感じで、顔が薄く女っぽい印象がありますね。 眉毛も平行にするために細くしてあります。 では、整形をしてから一ヶ月後のアフター写真です。 髪の毛は少しセットしていますが、そんなにキメキメな写真ではありません。 マッチングアプリでも使わないような日常写真です。 奥二重にしたことで、眉毛を伸ばすことができています。 眉毛を上げる癖が必要なくなったからです。 奥二重に整形したところで、薄い顔が濃い顔になるわけではありません。 でも、印象は大きく変わるのがわかると思います。 腫れぼったい目元もスッキリしたし、眉毛の角度・眉毛と目の距離も近くなったように思えます。 そして、一番気になるのは女性からの評価ですよね。 髪の毛を整え始めたこともあると思いますが、かなり好評です。 「目が好き」と言われることも増えました。 奥二重なので、大きな派手な変化ではありません。 しかし、眉毛と目の問題を一発で解決してくれました。 手術した直後はいろんな感情がありましたが、一ヶ月経った今は何の後悔もありません。 まじで、奥二重に整形してよかったです。 男は、ナチュラル二重が一番だと思います。 二重手術の手術方法:埋没法と切開法 術後のダウンタイムについて というわけで、自分の二重手術に大満足なわたしですが、二重手術には2種類あります。 埋没法• 切開法 です。 切開法で二重手術をするメリット・デメリット まずは、切開法での二重手術の話をします。 切開法のメリットは、永久的に二重にすることができる、ことです。 後述する埋没法とは違って、糸が取れて再手術する心配はありません。 切開法のデメリットとして、• 再手術ができない• 値段が高い• ダウンタイムが長い ことがあります。 失敗しても再手術するのが難しいことです。 絶対的に信頼できる医師のもとで手術するならいいですが、初めての整形で切開法は思い切りが良すぎると思います。 また、切開法は値段も高いです。 最低でも、30万円~となっています。 でも、永久的にキレイな目が手に入るなら、高くてもいいですよね。 あと、切開法で手術をするとダウンタイムが長い、と言われています。 わたしは埋没法で手術をしましたが、ほとんどダウンタイムは気になりませんでした。 それに対して、切開法だと一ヶ月ほど目の付近が腫れるとも言われています。 「会社の人に見られて恥ずかしい」ことであれば、切開法は難しいですね。 正直、切開法を選択する場合は、思い切りの良さが必要です。 すでに、埋没法で何回か手術している方であればオススメできますが、初めては埋没法がいいかと。 あと、先生によって切開法が得意なのか、埋没法が得意なのかなどもあります。 担当の先生が、何が得意なのかを調べておきましょう。 埋没法で二重手術をするメリット・デメリット 次に、埋没法での手術です。 一般的に、埋没法での二重手術は「プチ整形」にも入りますね。 埋没法のメリットは、• 切開法より値段が安い• 失敗したとしても、再手術ができる• ダウンタイムが短い ことです。 埋没法で二重手術をすると、値段は基本的に安いです。 でも、埋没法の術式もピンきりです。 3万ー30万くらいのものまであります。 ぼくも最初はケチろうと思いました。 でも、すぐに糸が取れるのも嫌だったし、安心したかったので高額のものを選びました。 カウンセリングで正直に予算を打ち明けましょう。 また、埋没法で失敗(自分の好きな形にならなかった)としても、再手術が可能です。 でも、失敗なんてしたくないですよね。 なので、腕のいい先生を選びましょう。 ダウンタイムも短いです。 数日経った後は、もうわかりませんでした。 一週間、一ヶ月とさらに馴染んできますが、目の腫れは初めからなかったです。 これも執刀医の腕が良かったのでしょうか。 埋没法のデメリットは、ズバリ「糸が取れる可能性がある」ということです。 糸で固定するような整形なので、糸が外れてしまう可能性があります。 ただ、術式によっては外れにくいですし、これも先生の腕も関係しているのではないか、と思います。 基本的に、美容外科では糸が取れた場合に無料で再手術可能であることが多いです。 わたしもそうでした。 術前に、プランについてしっかりと問い合わせておきましょう。 こちらは、二重手術してから一週間経ったほどダウンタイムの経過を追ったものです。 参考までに、どうぞ。 二重手術の医師選び:湘南美容外科の金(キム)先生を選んだ理由 というわけでは、一番気になるのは整形の先生選びですね。 どの先生に選んでもらうかは、まじで大事だと思います。 友人の紹介などあればいいのですが、わたしは何のツテもありませんでした。 そこで先程の方に教えてもらったのが、湘南美容外科の 金先生(女医)です。 その方が金先生に整形手術してもらったわけでもありませんが、テレビで見ていて「この人は、うまいな~」と感心したそうです。 それこそ、わたしがした奥二重ナチュラル二重整形も、昔の技術ではできなかったそうです。 昔は、「自然な奥二重にして!」といっても、「無理だよ」と言われたみたいです。 わたしも正直、どの先生がいいかなんてわかりません。 また、インスタやyoutubeを見て、どの先生がいいかを調べる気力もありませんでした。 ただ、金先生はyoutubeをやっているのですが、「ナチュラルな目が好き」であることは知っていました。 なので、ぼくの好みにあっているとはわかっていました。 美容整形の先生によって「好きな目」があります。 派手な目が好きなのか、ナチュラルな目が好きなのか。 ナチュラルな二重にしたいなら、金先生一択です。 二重整形に興味があるなら、とりあえずへと無料カウンセリングに行ってみてください。 腕のいい先生が一番です。 大手美容外科の評判?湘南美容外科について わたしは、正直に言って湘南美容外科で整形なんてしたくありませんでした。 それは、大手だからです。 大手美容外科は、広告費も多いです。 また、患者にも丁寧ではないイメージもありますよね。 実際に、受付の姉ちゃんには無愛想なのも多かったです。 また、大手美容外科ほど色々とオプションを付けてくることも多いと思います。 要するに、商売がうまいのです。 もちろん、わたしはすべての勧誘をお断りしました。 そんな大手嫌いのわたしが湘南美容外科を選んだ理由はたった一つ。 金医師の評判です。 やはり、二重手術で金先生ほど上手な人は日本ではそういないようです。 二重整形をするなら、絶対に医者です。 クリニックの名前でもなく、値段のやすさでもなく、医者の腕を優先してください。 ふつうの手術と違って、医師の経験とセンスが結果に大きく出ます。 これから二重にしたい方、特に「ナチュラルでキレイな二重」にしたい方は、を超絶オススメします。 (というより、他の医師を知りません。 ) 韓国の美容整形には、めちゃくちゃ上手な先生も多いそうですね。 でも、韓国に行ってまで整形しようとは思わなかったので、湘南美容外科新宿本院で整形しました。 二重整形の料金プラン:クイックコスメティークダブルの評判は? わたしが選んだのは、クイックコスメティークダブルという一番高い料金プランのものでした。 施術方法として一番しっかりしているそうです。 (一番高いから、当たり前ですが笑)通常料金は30万円です。 ここでオススメしたいのは、モニターです。 モニターだと、クイックコスメティークダブルは、5万円も安くなります。 25万円でした。 他の術式を試していないので、「これがいい!」と大声では言いませんが、埋没法であるような糸玉も残りませんし、すごく自然な二重になっています。 やっぱりモニター料金で5万円安くなったのが大きかったですね。 25万の価値は全然ありました。 モニターもインスタで上げているそうですが、わたしはチェックすらしてません。 (多分、金医師のインスタにぼくがいるはずです。 ) あと、金先生は埋没法のスペシャリストです。 切開法になると他の先生が担当になるので、注意して下さい。 金先生は、その人に合う目が見えるそうです。 わたしもお任せして、結果として最高な仕上がりでした。 と、長々と述べましたが、やはり腕のいい先生に手術してもらうのが一番ですね。 新米もベテランも値段は同じなので、金医師に頼みましょう。 とりあえずは、から、新宿本院で金先生の無料カウンセリングを受けてみましょう。 補足 医師も人間です。 疲れているときに手術すると、パフォーマンスは落ちます。 なので、平日の早い時間に予約を取りましょう。 土日や遅い時間帯では疲れている可能性があります。 わたしも一番早い時間帯を選びました。 予約の際に、「この日、初の手術ですか?」と聞くのもアリです。 ナチュラル奥二重整形の評判!家族や友達にバレる? さて、最後に実際に二重整形をしたあとの評判についてです。 家族や友人にバレることを気にする方も多いでしょう。 まだ一ヶ月と少しくらいしか経っていませんが、わたしが感じたこと・経験したことを話します。 家族や友だちにバレる? まず、家族・友達・恋人にバレるかどうか気にする方が多いと思います。 不思議なもので、奥二重にしても友人にはあまりバレないものなのです。 みんな、そこまで顔を見てない、ということですね。 家族には整形することを伝えていたので、バレるもクソもありませんでした。 母親からの評判は上々です。 唯一何も言わないでバレたのは、長く付き合っていた元カノですね。 もう、何年来もの関係なのですが久しぶりに会ったときに 「なんで、アイラインしてるの?」と言われました。 すごく自分の顔を見てきた人でさえも、整形したとはバレませんでした。 もちろん、あとで整形したとは伝えましたが。 奥二重にするようなナチュラルな整形であれば、大きくバレることも整形顔になることもないでしょう。 ただ、聞かれても素直に答えられうようにはしたいですね。 わたしも、整形したことの対してなんにも悪気を感じていません。 自分からわざわざ言う必要もありませんが、人から聞かれることもないですね。 メガネをかけていれば、それこそ誰にもバレないのではないでしょうか。 「整形してイケメンになって美女と結婚して、整形したことを墓場まで持っていく」みたいな人もいるようですが、「整形したよ!俺イケメンでしょ?何が悪い?やんのかコラ?」くらいのメンタルの方が気楽です。 奥二重に整形してみた評判は? 最後の最後となりますが、整形してめちゃくちゃ評判がいいです! わたしは、奥二重のナチュラル二重にしたこともありますが、いわゆる「整形顔」でもなく自然に元の形を生かしたまま顔が良くなりました。 そして、冒頭でも述べましたが、目を整形したことのよって眉毛の形もよくなりました。 整えてはいますが、自然なままで伸ばしています。 大人の男性になると、しっかりと生やした眉毛の方がかっこいいしモテます。 最近になって「眉毛の形好き」と言われることもありました。 男性が気になることとして、女性にモテるかどうかですよね。 ちなみに、女性からのウケはめちゃくちゃいいです。 髪型やファッションもいじってますが、めっちゃモテます。 また、普段からメイクしている女性は、整形に対してそこまで嫌味も持っていません。 逆に、 「美意識高くていいじゃん!」と好評です。 まあ、イジりすぎると批判されるでしょうが。 女性にもモテて、自分の容姿に自信もついて、いいことしかありません。 まじで、ナチュラル二重整形は、最高の投資だったと思っています。 人生、楽しんだもの勝ちです。 興味があるなら、の無料カウンセリングを受けてみましょう。 腫れぼったい一重まぶたの人は、マジでオススメです。

次の

【二重整形の見分け方】あの子って天然?整形?

二重整形 3万

二重整形の見分け方1: 「蒙古ひだ」と二重のライン 日本人に比べて、欧米人がいわゆる「彫りが深い」顔に見えるのは、目の作りが異なるのがひとつの理由。 日本人の8割は、欧米人に少ない 「蒙古ひだ」があります。 この蒙古ひだと二重のラインが、二重整形の見分け方のポイントになります。 蒙古ひだとは、目頭の部分を覆っている上まぶたのひだのこと。 蒙古ひだがある目は上まぶたが重くなるので、自然な状態では目頭からくっきりとした二重ラインができません。 そのため、蒙古ひだがあるかどうかと 二重ラインがどこから始まっているかが二重整形の見分け方のポイントになります。 蒙古ひだがあるにも関わらず、目頭からくっきり二重ラインが入っている場合、整形で二重を作っている可能性が高いかもしれません。 二重整形の見分け方2:目を閉じてもくっきり二重が残る 目を閉じたときのまぶたの様子も二重整形の見分け方のポイント。 生まれつき二重の人は、どれほどはっきりとした二重でも、目を閉じているときは二重のしわが消えて平らなまぶたになります。 しかし、 まぶたの中で糸をとめる「埋没法」で作っている二重や、切開して縫合する「切開法」の二重は、目を閉じてもはっきりと二重ラインが残ってしまうようです。 目を閉じているときだけでなく、泣いたり寝不足で目が腫れていたりする場合でも同じこと。 また、生まれつきの二重は、まぶたが腫れると自然と二重ラインが薄くなりますが、 整形による二重はどのような状況でもはっきり二重ラインが残ってしまう傾向があります。 二重整形の見分け方3: 笑ったときの目もとの表情 「切開法」や「埋没法」で整形していると、 まぶたの筋肉を動かしにくくなってしまう場合があります。 笑ったときなど表情が大きく変わったときに、まぶたの筋肉がきちんと動かせているかどうかも二重整形の見分け方のポイントです。 目もとだけ表情が固くなっている人は、二重整形の可能性があるかも。 どこを整形しているかはっきりとはわからないけれど、なんとなく表情に違和感を感じる、という人がいれば、それはもしかしたら二重整形によるものかもしれません。 二重整形の見分け方は意外と簡単かもしれない 「蒙古ひだ」があるのに目頭から二重ラインがくっきりできていたり、目をつぶったときや泣いたときに二重ラインが残っていたり、笑ったときの表情が固かったりするのが二重整形の見分け方のポイントです。 二重整形はプチ整形と呼ばれるぐらい、手軽な料金と普段のスキマ時間で受けられる手術。 だからこそ、意外と身近な人や、憧れの芸能人のパッチリ二重も美容整形で作っているものかもしれません。 しかし、二重整形をしている人のなかには、まわりにあまり知られたくないという人もいるので「二重整形をしている……?」と思っても自分のなかに留めておいた方が良いかもしれません。 二重埋没法の費用目安 クリニック 費用 目安 13,611円 18,140円 60,000円 115,000円 130,000円.

次の

【二重整形】埋没法1日目の経過報告!内出血を起こしてしまった

二重整形 3万

ドクター紹介 id美容クリニック 福澤見菜子医師 福澤医師は、慶應義塾大学卒業後、同大学病院・総合病院での勤務を経て、2008年に東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科に入局。 その後、大塚美容整形外科千葉院院長を経て、2013年には湘南美容クリニックに入局。 2017年には同医院の松戸院院長を。 2019年には赤坂見附院院長を務めていた経歴を持ちます。 症例数も多く、2018年には湘南美容外科の「常勤医師顧客満足度全国1位」の実績を持つなど、実力・人気共にある美容外科医になります。 福澤見菜子医師の経歴• 2006年 慶應義塾大学医学部卒業• 2008年 東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局• 2012年 大塚美容形成外科 千葉院院長 就任• 2017年 湘南美容クリニック 松戸院院長 就任• 2019年 湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任 id美容クリニックで セブンロック埋没法を受ける時の流れ 1. 予約 WEB、電話、LINEを使って予約することができます。 受付 スタッフに名前と生年月日を伝え、待合室で待機になります。 問診表の作成 初来院の場合、病歴や体調、アレルギーなど、施術を受けるための問診表を作成します。 カウンセリング 医師とのカウンセリングになります。 カウンセリング後、今度はカウンセラーが 具体的な施術と料金プランの説明を行います。 会計 支払いは現金とカードでの支払いが可能です。 施術 カウンセリングをもとに、医師が直接施術を行います。 治療前後の違いが分かるよう、治療の際に写真撮影があります。 アフターケア 施術内容によっては、複数回の通院が必要になることもあります。 id美容クリニックの基本情報 ドクター紹介 真崎医院 真﨑 信行 医師 1983年、金沢医科大学医学部を卒業後、順天堂大学附属病院麻酔科へ入局。 その後、大手美容クリニックでの勤務を経てから、1989年に久次米秋人先生と共同で共立美容外科・歯科を開設し、2007年までには全国に15院を展開するまでに成長しています。 同年、よりクオリティーの高い医療を提供するため、東京の代官山に真崎医院を開設。 10年以上にわたり、患者と向き合っています。 真崎ドクターは、美容外科医歴25年以上の経験と実績を持つ名医で、その技術力の高さには定評があります。 共立美容外科時代には、訪れる著名人のほとんどを担当していたことでも有名です。 また、医療機器の開発にも携わり、脂肪吸引時に使用する傷跡保護器具、マサキスキンプロテクターを発明。 世界で特許を取得しています。 真﨑医師の経歴• 1983年 金沢医科大学医学部卒業• 1989年 共立美容外科・歯科を久次米秋人先生とともに開設• 2007年 東京・代官山に「真崎医院」を開設 埋没式挙筋短縮法の 特徴! 埋没式挙筋短縮法は、院長の真崎ドクターが2004年に公表したオリジナルの手術法。 切らない眼瞼下垂手術とも呼ばれています。 これまで、眼瞼下垂手術と言えば、切開法が主流となっていました。 この施術法は、確実性が高いものの、ダウンタイムが長く、万が一、気に入らない仕上がりになったとしても修正するのが困難なのがデメリットでした。 真崎院長の埋没式挙筋短縮法は、切開法と違いメスを入れることがないので、ダウンタイムがほとんどなく、施術後に痛みや腫れが続くということはほとんどありません。 また、施術時間も片目につき約10分ほどで済むので、両目あわせても30分もあれば十分です。 また、施術後、5日ほど生活してみて、自分の希望するイメージでなかった場合は、元に戻して返金してもらうことが可能。 術後は修正することができなかった切開法の短所を解消した方法と言えます。 この他、持続性が高いのも魅力。 中には術後4年たっても変わらない状態を維持できているというケースがあるほどです。 ドクター紹介 水の森美容外科 末永 裕信 医師 2009年、長崎大学医学部を卒業後、一宮西病院や大手美容外科での勤務を経て、2014年からこちらのクリニックで勤務をスタートしています。 翌2015年には、銀座院の開設に尽力し、そのまま院長に就任。 数多くの患者の診療にあたっています。 末永ドクターのモットーは、「患者様が期待されている以上の結果を出して感動を与えること」。 医療業界の発展するスピードは目覚ましく、それに対応して、患者の美容医療に対する期待も年々、高くなっています。 そういった期待の高まりに自分の技術で応え続けたいと努力することが、患者から信頼される人格の形成につながると考えているのです。 これまでに年間平均で脂肪吸引200例、目元治療1700例、鼻整形500例、プチ整形1200例、エイジングケア800例とオールラウンドで活躍しているのもポイントです。 二重切開法の 特徴! 二重まぶた治療の切開法と聞くと、埋没法に比べて施術の効果は高いものの、ダウンタイムが長いため、仕事をしている人や学校に通っている人は、長期間の休みがなければ受けにくい施術だと思う人が多いかも知れません。 ですが、水の森美容外科には末永ドクターをはじめ腕の良いドクターが多数、在籍しているため、他院の切開法に比べて術後の腫れを抑えることができます。 二重まぶたの切開法を受ける場合のクリニック選びで重要なのは、執刀する医師が目の解剖を熟知しているかどうかということ。 中には、傷跡を目立たないようにするために、小手先の技術で対応しているドクターがいます。 しかし、そんなことをしなくても、目の解剖を熟知しておけば、適切な内部処置をすることができ、永続的に取れない二重を実現することが可能です。 水の森美容外科には、目の解剖を熟知してしたドクターが念入りなカウンセリングと熟練のシミュレーション技術で施術を行うため、腫れにくく、傷跡の目立たない二重まぶたをデザインすることができます。 水の森美容外科で 切開法を受ける時の流れ 1. 予約、問い合わせ メールまたは電話で無料カウンセリングの予約を行います。 2.受付 まず受付カウンセラーが相談内容をヒアリングします。 3.医師とのカウンセリング 個室のカウンセリングルームで医師とカウンセリングを行います。 4.カウンセラーが再度ヒアリング 受付カウンセラーが医師とのカウンセリングに疑問や不安が無いかを再度ヒアリングします。 4-1.カウンセリングのみの場合 注意事項・見積もりや申し込みに必要な書類をカウンセラーから受け取って終了 4-2.同日手術の場合 受付カウンセラーから手術の注意事項や手術費用、術後の経過などの説明を受け、内容に納得出来たら手術へ案内。 4-3.後日手術の場合 手術日の希望がある場合はその場で予約 予定が分からない場合は後日電話または来院にて予約が可能 5.手術 医師と、希望のデザインや施術方法を再度確認後施術開始 水の森美容外科の基本情報 みずほクリニックの 特徴! 年中無休で19時まで診察を行っているこちらのクリニック。 JR池袋駅西口から直結しているという抜群の立地で、通院するにはこれ以上ない条件が揃っているクリニックの1つです。 診療科目は幅広く、アンチエイジングから美肌のレーザー治療、二重、鼻整形や豊胸、脂肪吸引など美容外科手術まで様々。 20年以上のキャリアを持つ経験豊富な熟練ドクターが、カウンセリングから診療、アフターフォローまでしっかりと対応してくれます。 診察では、1人のドクターが術前のカウンセリングから施術、アフターフォローまでを一貫して行う、ワンドクター制を採用しているため、患者の要望に細かく応えることが可能。 周りのスタッフは複数のスタッフが配置されているので、認識のずれが生じる心配もありません。 また、名ばかりで資格を持たないスタッフをカウンセラーとして、カウンセリングを行うことはないので安心です。 ドクター紹介 みずほクリニック 小松 磨史 医師 1994年、札幌医科大学を卒業後、同大学の形成外科に入局。 その後、同大学の大学院で学びながら医学博士を取得しました。 大学院を出てからは、アメリカへと渡り、フロリダ州にある国立のがんセンターで勤務。 帰国後は、砂川市内にある病院で医長として活躍したほか、大手美容クリニックでも約10年ほど修行を積み、2014年、みずほクリニックを開院しています。 美容外科だけでなく、形成外科医としての経験をミックスさせて相乗効果を発揮し、質の高い美容医療を提供するのが小松ドクターのモットーです。 患者のコンプレックスを克服し、自信に満ちた毎日を送れるようにサポートしてくれます。 小松医師の経歴• 1994年 札幌医科大学卒業(第41期)• 1994年 札幌医科大学・形成外科入局• 1998年 札幌医科大学・大学院卒業 医学博士取得• 1998年 米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)• 2000年 札幌医科大学・形成外科 助教• 2002年 北海道砂川市立病院・形成外科 医長• 2005年 大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)• 2014年 みずほクリニック開院(院長) マイクロ切開法の 特徴! マイクロ切開法とは、他のクリニックでは、部分切開法と呼ばれる治療法に似ているのが特徴です。 まぶたの中央の皮膚を5mmから1cmほど切開し、創縁の筋肉を皮下の瞼板に固定。 さらに、中央固定部の両外側を糸で皮膚を瞼板に固定することで、ラインの耐久性をアップさせることができます。 まぶたの目頭から目尻までを切開する全切開法に比べると、少ない腫れで抑えることができ、3点法二重整形術をさらに中央の小切開を加え強化し、はずれにくくしているといも言えるため、二重埋没法と切開法のそれぞれのメリットを兼ね備えた二重整形術となります。 また、ダウンタイムが短いのも見逃せないポイントです。 さらに、皮膚を切開した場所からまぶたが厚くなる原因となる余分な脂肪を引き出して取り除くことができるので、よりすっきりとした目元を演出することもできます。 ドクター紹介 もとび美容外科クリニック 西尾 謙三郎 医師 2002年、札幌医科大学医学部医学科を卒業。 2003年、都立墨東病院へ移り救命救急センターや麻酔科、皮膚科で勤務しました。 2005年からは、有名美容クリニックへ入局し、医長やや技術指導医といった責任のあるポジションを歴任。 また、埼玉医科大学の形成外科・美容外科で非常勤医師としても活躍しました。 2014年、もとび美容外科クリニックの院長に就任しています。 元々は、総合診療医を目指していた西尾ドクター。 医師になった当初は、3年間、様々な科を回りながら修行をしたそうです。 その中で、1つの診療科を極めたいと思うようになり、興味があった形成外科の道を進むことに決めました。 得意な施術は、目や鼻、小顔など、細かな調整が必要になるお顔のプチ整形や手術だそうです。 西尾医師の経歴• 2002年 札幌医科大学医学部医学科 卒業東京医科歯科大学• 2003年 都立墨東病院(救命救急センター、麻酔科、皮膚科)• 2005年 東京女子医科大学形成外科 研修• 2005~2014年 有名美容外科医長・技術指導医など歴任美容外科クリニック院長埼玉医科大学形成外科・美容外科 非常勤医師• 2014年〜もとび美容外科クリニック院長 もとびアイプラチナムの 特徴! メスを使用しない二重術でありながら、戻りにくく、腫れにくい、さらにバレにくいと、全て兼ね備えた理想的な二重術がもとびアイプラチナムです。 通常の点止めで行う施術の場合、点で縛った組織に力が集中するため、組織が伸びてしまったりちぎれてしまうことで、二重の連結がなくなって元に戻りやすくなってしまいます。 ところが、もとびアイプラチナムは点で縛るのではなく、1本の糸を使ってそれぞれの点を縛るため、まぶた全体で力を分散して逃がすことが可能。 組織が伸びにくく、連結が戻りにくくなるため、二重が長持ちしやすくなります。 また使用する糸は柔軟性のあるものを使い、一筆書きの要領で結ぶため、ひとつの結び目の締め具合を調整して糸全体を最適な力加減で結ぶことができます。 さらに、結び目をまぶたの裏側に隠すことができるのも、もとびアイプラチナムの特徴。 通常の埋没法だと、結び目部分は糸の厚みが増しやすく、ポコッとした段差ができてしまうことがありますが、もとびアイプラチナムは、深い位置に結び目を埋没することができるので安心です。 もとび美容外科クリニック新宿院の基本情報 誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。 自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。 憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。 とはいえ、全くリスクがないわけではありません。 このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。 二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。 二重整形・二重手術 パーフェクトガイド 編集部 二重整形の施術について 費用相場 埋没法の場合5万円~15万円程度、切開法の場合は20万円~40万円程度と、施術方法によって開きがあります。 自由診療ですのでクリニックによっても金額設定が異なります。 必ず事前に問い合わせてみることをお勧めします。 治療時間 埋没法の場合10分~30分程度、切開法の場合は1時間程度が一般的です。 通院期間 埋没法の場合は施術後の通院は必要ないと言われることが一般的。 切開法の場合は5~7日後に抜糸のために1度、1ヵ月後に経過観察のためにもう一度と、計3回の通院をすることが多いようです。 副作用・リスク 術後の腫れや内出血、仕上がりの左右差などの可能性があります。 また回復にかかる時間は1週間程度~1ヵ月程度と、個人差が発生します。 元々の目の形、なりたい理想の二重の形、その他症状などにより個人差があるものですので、必ず事前に十分なカウンセリングを行いましょう。 二重整形・二重手術 パーフェクトガイド 編集部 無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited. ) 当サイトは、2019年6月時点の情報をもとに作成しています。 最新の情報は、各公式ページをご確認ください。

次の