韓国 アンテナ 反応。 韓国あんてな

韓国の反応 総合アンテナ

韓国 アンテナ 反応

外交筋によると、日本は韓国が中国と北朝鮮の問題についてG7メンバーと足並みを揃えていないとして、トランプ大統領が韓国を7カ国の首脳会談に加える考えに反対することを米国に伝えました。 5月30日にトランプ氏がオーストラリア、インド、ロシア、韓国を今年の首脳会談に招待し、彼が議長を務めるという考えを打ち出した直後に、このメッセージは日本の高官によって伝えられました。 関係筋によると、米国政府はトランプ氏がこの問題について最終決定を下すと当局に語りました。 日本が韓国の参加に反対を表明したことは、トランプの申し出を歓迎した韓国を動揺させる可能性が高いです。 それは、歴史と他の問題に関する論争のある日本と韓国の関係をさらに悪化させる可能性があります。 日本にとって、韓国が含まれるということは、G7の唯一のアジアメンバーとしての地位を失うことを意味します。 これは、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、米国、そして欧州連合を結びつけます。 トランプ氏は、現在のメンバーは世界の状況を適切に表しておらず、「非常に時代遅れ」であると考えているため、G7を拡大したいと提案しています。 関係筋によると、日本政府は、韓国の参加への反対を公に表明することを控え、G7拡大提案はトランプ氏の「考え」に過ぎないと考えています。 日本のスポークスマンである菅氏は6月1日の記者会見で、G7は世界的な課題に取り組む上での調整のための「重要な枠組み」であると述べた。 菅氏は、トランプ大統領のG7拡大計画について、米国政府に日本への情報提供があったかどうか尋ねたところ、「詳細は控えさせていただくが、日米は緊密に連絡を取り合っている。 」と語りました。 関係者は、日本が韓国がG7会合のアウトリーチセッションに参加することに反対しないだろうと述べました。 韓国やロシアをG7に入れる必要はない。 韓国とロシアがG7に関与する必要はない。 彼らの経済ははるかに小さく、北朝鮮と積極的に関わっているからだ。 トランプがこの考えを撤回することを願ってる。 G12ならわかるけど、G7には適さない。 ロシアは11位だが、その世界的な行動のせいでどのグループからも排除されるべきだ。 グローバルな課題に取り組むためには、他国をG7に含め現在のグローバルな状況を反映することだ。 日本は、オーストラリアや韓国とは対照的に、貧弱なインフラストラクチャとパンデミックへの対応の遅れを示した。 日本とその国民は、この小さな国の考え方で、かつて2番目に大きな経済であったとは信じがたい。 本当に残念だ。 実際他のすべての経済国は、今後10年間で中国とのすべての貿易を縮小することに原則的に同意する必要がある。 悲しいけど、彼の在職は世界的にも国内的にもアメリカに何のメリットもない。 オーストラリアとカナダかもしれないが、クリミアがウクライナに戻るまで、 プーチンが政権を握っているロシアは再びG7に参加する資格はない。 第二次世界大戦後も同様の状況があり、結果は冷戦だった。 何も実行せず、裏から操作しようとする。 韓国は、参加を求められる前に、経済をトップ7に入るように構築する必要がある。 G7が送別会を開くというアイデアは素晴らしい。 「G7は西側諸国の民主主義のために作られた」が、日本は西側ではない。 今、初期の独裁政権の状態を定義するすべての重要な項目を踏襲している。 だから、俺にとってはファシスト中国だ。

次の

韓国あんてな

韓国 アンテナ 反応

外交筋によると、日本は韓国が中国と北朝鮮の問題についてG7メンバーと足並みを揃えていないとして、トランプ大統領が韓国を7カ国の首脳会談に加える考えに反対することを米国に伝えました。 5月30日にトランプ氏がオーストラリア、インド、ロシア、韓国を今年の首脳会談に招待し、彼が議長を務めるという考えを打ち出した直後に、このメッセージは日本の高官によって伝えられました。 関係筋によると、米国政府はトランプ氏がこの問題について最終決定を下すと当局に語りました。 日本が韓国の参加に反対を表明したことは、トランプの申し出を歓迎した韓国を動揺させる可能性が高いです。 それは、歴史と他の問題に関する論争のある日本と韓国の関係をさらに悪化させる可能性があります。 日本にとって、韓国が含まれるということは、G7の唯一のアジアメンバーとしての地位を失うことを意味します。 これは、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、米国、そして欧州連合を結びつけます。 トランプ氏は、現在のメンバーは世界の状況を適切に表しておらず、「非常に時代遅れ」であると考えているため、G7を拡大したいと提案しています。 関係筋によると、日本政府は、韓国の参加への反対を公に表明することを控え、G7拡大提案はトランプ氏の「考え」に過ぎないと考えています。 日本のスポークスマンである菅氏は6月1日の記者会見で、G7は世界的な課題に取り組む上での調整のための「重要な枠組み」であると述べた。 菅氏は、トランプ大統領のG7拡大計画について、米国政府に日本への情報提供があったかどうか尋ねたところ、「詳細は控えさせていただくが、日米は緊密に連絡を取り合っている。 」と語りました。 関係者は、日本が韓国がG7会合のアウトリーチセッションに参加することに反対しないだろうと述べました。 韓国やロシアをG7に入れる必要はない。 韓国とロシアがG7に関与する必要はない。 彼らの経済ははるかに小さく、北朝鮮と積極的に関わっているからだ。 トランプがこの考えを撤回することを願ってる。 G12ならわかるけど、G7には適さない。 ロシアは11位だが、その世界的な行動のせいでどのグループからも排除されるべきだ。 グローバルな課題に取り組むためには、他国をG7に含め現在のグローバルな状況を反映することだ。 日本は、オーストラリアや韓国とは対照的に、貧弱なインフラストラクチャとパンデミックへの対応の遅れを示した。 日本とその国民は、この小さな国の考え方で、かつて2番目に大きな経済であったとは信じがたい。 本当に残念だ。 実際他のすべての経済国は、今後10年間で中国とのすべての貿易を縮小することに原則的に同意する必要がある。 悲しいけど、彼の在職は世界的にも国内的にもアメリカに何のメリットもない。 オーストラリアとカナダかもしれないが、クリミアがウクライナに戻るまで、 プーチンが政権を握っているロシアは再びG7に参加する資格はない。 第二次世界大戦後も同様の状況があり、結果は冷戦だった。 何も実行せず、裏から操作しようとする。 韓国は、参加を求められる前に、経済をトップ7に入るように構築する必要がある。 G7が送別会を開くというアイデアは素晴らしい。 「G7は西側諸国の民主主義のために作られた」が、日本は西側ではない。 今、初期の独裁政権の状態を定義するすべての重要な項目を踏襲している。 だから、俺にとってはファシスト中国だ。

次の

韓国あんてな

韓国 アンテナ 反応

ドナルドトランプ米大統領は土曜日、韓国を9月のグループサミットに招待する予定であると述べた。 韓国は、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国で構成されるG7のメンバーではない。 「G7が世界で起こっていることを適切に表しているとは思わない」と彼はエア・フォース・ワンの記者団に語った。 「G7は非常に古い国のグループです。 」 トランプ氏はまた、ロシア、オーストラリア、インドを招待する計画もあると語った。 以前、6月にキャンプデイビッドでサミットを開催することを提案したトランプ氏は、会議は9月まで延期されると語った。 ホワイトハウスのスポークスパーソン、アリッサ・ファラー氏は、会談で中国の将来にどう対処するかについて話し合うために伝統的な米国の同盟国が集まると述べた。 yna. イタリアは韓国よりも1000万人人口が多いのに。 今韓国は強力な民主主義国家で、技術的に成長する軍事力に裏打ちされた高度な技術に基づく先進経済国。 イタリアもカナダも、これらの分野で韓国に匹敵できない。 韓国は、カナダやイタリアよりもG7にふさわしい国。 韓国ウォンは、ユーロ、CAD、USDと比較して大幅に切り下げられている。 現在のところ、経済規模が主に米ドルで測定される場合、韓国がイタリアやカナダを追い抜く可能性は皆無。 韓国ウォンが非米ドル通貨であるなら、今年の原油価格下落後に1米ドルあたり70セント前後で推移しているカナダドルを見ろ。 両通貨とも韓国だけでなく米ドルに対して下落している。 イタリアはEUの通貨ってだけ。 それがなければ、イタリアの経済は観光への依存度が高すぎて壊滅してるだろう。 ドルは世界経済におけるその役割、利便性、歴史的な理由により使用されてる。 ただし、任意の主要通貨を使用できる。 いずれにせよ、為替レートに関するこのすべての議論は、GDPの測定方法とは関係ない。 それに韓国は北朝鮮リスクという障害を抱えてる。 米国が自分に有利な票を増やしたくて参加させた。 ヨーロッパだってもうダメだろ。 2000年以降、湾岸戦争以降、他国にとっての重要度は下がってる。 バルカン諸国にさえ対処することができないんだから。 最後にヨーロッパの国々チェックした時な。 1995年のユーゴスラビアについてどう説明するんだ。 あいつらは米軍を必要とすべきじゃなかった。 トランプ大統領が文字通り韓国政府の忠誠心をテストしているように感じる。 「西側諸国か中国か?」 どう機能するかを見るのは興味深いが、この招待を受け入れない理由はない。 中国がこれのために韓国に対して経済制裁を課して報復するなら、あいつらをやっつければいい。 今年は知らんが。 インドも呼んでる。 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の