ファスティング メニュー。 【集中3日間】ファスティングの方法・やり方|エステプロ・ラボ

【完全版】ファスティングダイエットの準備食から回復食までの成功メニュー

ファスティング メニュー

ファスティングの効果は? 臓器を休ませることで機能が回復し、体の中に蓄積されていた毒素の排出をスムーズにしてくれるのでデトックス効果抜群です。 また、宿便が取れ便通がスムーズになることで、肌荒れ、むくみ解消などの効果も期待できます。 味覚も敏感になるため、普段から濃い味付けを好んでいた人は食生活を見直すきっかけにもなるでしょう。 個人差はありますが、脳がすっきりして仕事がいつもよりはかどったという方もいます。 ファスティングのメリット• 臓器の機能回復• 大腸がきれいになる• 味覚の改善• 減量効果• 準備期間中は準備食で過ごし、ファスティング期間は水とドリンクのみです。 その後の回復期間中は、胃に優しい回復食で過ごします。 断食期間が1日の場合、準備期間と回復期間はそれぞれ1日。 期間が長くなると、その分準備期間と回復期間も長く設けることが大切です。 ファスティングの準備・回復期間の目安• 半日ファスティング(準備期間なし、回復期間なし)• 1日ファスティング(準備期間1日、回復期間1日)• 3日ファスティング(準備期間2日、回復期間2日)• 5日ファスティング(準備期間2日、回復期間3日)• 準備期間もなしに急に断食してしまうと、体調を崩したり効果がでにくくなってしまいます。 また、回復期間がファスティングを成功へ導く重要なポイントです。 回復期間は体が再び脂肪を蓄えようとするため、ファスティング前より脂肪分をため込みやすい状態になっています。 急に暴飲暴食してしまうと、断食で小さくなった胃に負担をかけるだけではなくリバウンドしてしまう可能性も。 ファスティングの効果を最大限引き出すには、準備期間と回復期間に正しい過ごし方をしたかがとても重要です。 準備期間・回復期間に食べてもOKなもの 積極的に摂りたい食品は、消化しやすい食物繊維です。 栄養補給のドリンク (酵素ドリンク、野菜ジュース、スムージーや青汁など)• 発酵食品• ノンカフェインコーヒー、ハーブティー• 豆、ゴマ、海藻、野菜、魚、しいたけ、いも、穀物 絶対に避けたいもの 準備期間、回復期間は消化の悪いものはなるべく避けるようにしましょう。 アルコール• カフェイン• 動物性タンパク質• ハムなどの加工食品• 乳製品 準備食とは? ファスティング準備食とは準備期間に食べる食事のことです。 この時期は、断食に向けて食事の量を徐々に減らしてきます。 高脂質、高タンパク、塩分の多いもの、消化に時間がかかる動物性タンパク質は食べないようにして、食事はなるべく柔らかいもの、消化しやすいものを心がけましょう。 ファスティング前夜の準備食は、固形物は控えお粥などの流動食のみにし20時までには食べ終わるようにすることが大切です。 この準備食を摂ることによって、徐々に体が少ないエネルギーに慣れ、断食時の空腹の反動を最小限に抑えることができます。 回復食とは? 回復食とはファスティング終了後から摂る食事です。 この時期の食事は、断食で小さくなった胃に負担をかけないように徐々に慣らしていく時期となります。 回復期間は食べ物への欲求が出始める頃なので、気持ちをセーブしながら暴飲暴食には絶対に走らないようにしましょう。 準備食・回復食にはこんな食材がおすすめ 断食前後の食事でおすすめなのが「まごわやさしい」食材です。 まごわやさしいとは、• まめ(豆類)• ごま(ナッツ類)• わかめ(海藻類)• やさい(野菜全般)• さかな(魚類全般)• しいたけ(きのこ類)• いも(芋類全般) の頭文字を取って覚えやすくしてもの。 準備食、回復食で悩んだらこの中の食品からチョイスして選ぶようにしましょう! ファスティング効果をより高めるために ファスティングに挑戦するなら、効率よくすすめたいものですね。 ここでは高効果が期待できる、ファスティング中におすすめのポイントや注意点などを解説していきます。 偏食傾向にある方は食生活の見直しを 「ケーキが好きでご飯代わり」「今日の夜はお菓子で空腹を満たした」といった偏食傾向に ある方は、血糖値が不安定な状態。 そんな状態でファスティングを始めると、体調を崩すおそれがあります。 「まごわやさしい」で食生活の見直しをしましょう。 ファスティング開始は生理が終わってから ファスティングを始めるのは、生理後がおすすめです。 個人差がありますが、生理中はイライラや痛みに悩ませたり精神状態が不安定になる方も。 また貧血のおそれもあり、体調も万全ではありません。 心身ともに敏感な時期は避けましょう。 温かいお茶や白湯を飲む ファスティング中は体が冷えやすくなります。 冷えは「万病の元」ともいわれ、体調を崩しかねません。 そんな時は、温かいお茶や白湯を飲んで体を暖めましょう。 お茶はノンカフェインで!ハーブティーがおすすめです。 軽い運動を取り入れよう 「体を暖める」という意味では、軽い運動を取り入れるのもいいですよ。 また摂取カロリーの減少による筋力低下のためにも、ウォーキングやストレッチなどがベスト。 ハードな運動は、体に負担がかかって逆効果です。 体を動かすことで、ファスティング中の気分転換にもつながります。

次の

【集中3日間】ファスティングの方法・やり方|エステプロ・ラボ

ファスティング メニュー

ファスティングとは ファスティングとは、fastという英語単語からきている言葉で、日本語にすると 「断食」「絶食」という意味になります。 日本では、ダイエットの1つと思われていますが、元は古代インドの治療法であるアーユルヴェーダを起源としています。 アーユルヴェーダとは、インドのスリランカで生まれた伝統医療の1つで、 5000年以上の歴史を持ちます。 サンスクリット語で生命を意味する「アーユス」と学問を意味する「ヴェーダ」を組み合わせた造語です。 アーユルヴェーダは、病気を患ってから治療する西洋医学とは異なり、 健康を保つことを目的とした予防医学です。 ファスティングもその1つで、断食には身体が本来持つ 治癒力を高める効果があります。 実際、野生の動物は、体調が悪くなると食べ物を一切摂らなくなります。 その理由は、 一定期間食事を絶つことで身体の治癒力が高まり、体調が回復することを本能的に理解しているからです。 人間は1日3回の食事を摂る生活が、当たり前になっているため、野生の動物のような本能は失くしてしまっています。 しかし人間も同じ動物なので、同じことを行うと治癒力を高めることができます。 ファスティングによるダイエット効果は新陳代謝にあり ファスティングを行うことで身体の治癒力は高まりますが、なぜダイエット効果があるのか知らない人が多いでしょう。 ファスティングがダイエットに繋がる理由は、 内臓を休ませることにより、 新陳代謝が活発になるためです。 現代人は、1日3回食事を摂ることが普通ですが、常に胃腸に食べたものが残っている状態にあります。 そのため、内臓は常に消化活動に追われており、そんな生活を毎日送っていると内臓機能が徐々に低下していきます。 それにより、身体の循環や代謝が悪くなり、体内に老廃物や脂肪がどんどん溜め込まれて、 疲れやすく太りやすい身体になっていきます。 このような悪循環を断つためには、 ファスティングが最適です。 ファスティングを行うと、普段働き続けている内臓を休ませることができます。 それにより、普段は消化に使っているエネルギーを 細胞の修復や再生に利用できるため、新陳代謝が活発になります。 新陳代謝が活発になると、体内に蓄積された老廃物や脂肪を排出する効果が高まるため、 疲れにくく痩せやすい身体になっていきます。 ファスティングのやり方 ファスティングのやり方は、非常に簡単です。 実施期間も1日からできるため、気軽に始めることができます。 1日だけでも効果は得られますが、より高い効果を感じたい場合は、3日間行うことをおすすめします。 3日間であれば、週末を利用して行うことができるので、日常生活に負担がかかることもありません。 準備期間 ファスティングをする場合は、 始める3~4日前から準備を始めます。 食べる量は、通常どおりで問題ありませんが、 消化のよい和食中心の食事を心掛けましょう。 開始の前日は、なるべく早めに夕食を済ませるようにして、うどんやそばなどの軽めの食事を摂るようにしましょう。 ファスティング期間 ファスティング中の3日間は、 固形物を食べないようにしましょう。 摂取していいものは、酵素ドリンクや野菜ジュースなどの 飲み物と水のみです。 水はいつ飲んでも問題ありませんが、酵素ドリンクや野菜ジュースを飲むときは最低3時間空けて飲むようにしてください。 回復食は、ファスティングが終わった後、 内臓を普段の食事が摂れる状態に戻すための、大切な食事です。 ファスティング中は、食事を摂らないため内臓の動きがとても弱くなっています。 その状態で普段食べている食事を摂ってしまうと、身体に大きな負担がかかり、体調を崩す恐れがあります。 これを避けるためには、回復食が必要です。 回復食には、いくつか注意点がありますので、事前に確認しておきましょう。 回復期の食事は薄味にする ファスティング後は内臓機能だけではなく、 味覚も回復しているため、普段よりも味に敏感になっています。 そのため、普段と同じ味付けのものを食べると、とても濃く感じてしまうことがあります。 味にびっくりしないようにするためにも、ファスティング後は、 薄味のものを食べるようにしましょう。 回復期はお肉や卵は避ける お肉や卵は消化にとても時間がかかるため、回復期にそれらを食べてしまうと、内臓に大きな負担がかかります。 お肉や卵が恋しくなる気持ちは分かりますが、回復期が終わるまでは我慢しましょう。 炭水化物ばかり食べないようにする 回復食としてお粥を食べる人が多いですが、炭水化物ばかり食べ続けるのはやめましょう。 炭水化物は血糖値を上げるため、体内に脂肪が溜め込まれ太りやすくなります。 内臓への負担は少ないですが、太っては意味がありませんので、炭水化物と一緒に 野菜やフルーツもバランスよく摂るようにしましょう。 回復期の食事メニューと簡単なレシピ では、実際はどんな食事プランを立てればいいのでしょうか? 回復期の食事メニューをまとめました。 プランの立て方が分からない人は、参考にしてください。 その食事メニューに登場する 料理のレシピも合わせてお教えします。 回復期3日間の食事メニュー 回復期間は、 ファスティングした日数と同じ日数行うことが基本です。 この記事では、3日間のファスティングのやり方をお教えしているので、回復食のメニューも3日間分作っています。 1日目• 朝食:野菜ジュースとバナナ• 昼食:うどんやそば• 夕食:煮物やお浸しなど和食の食事 ファスティング後の 1日目は、内臓の動きがとても弱くなっているため、固形物はあまり摂らないようにしましょう。 朝は、具のないお味噌汁や野菜ジュースなどを摂り、昼と夜は、お粥や野菜スープがおすすめです。 2日目からは、少しずつ固形物を食べて身体に慣らしていきます。 海藻や野菜などから始めるのがベストでしょう。 野菜でも固いものは、消化が悪く、内臓に負担がかかるため、 柔らかくしてから食べるようにしましょう。 3日目になると、内臓も通常に近い状態まで回復してきているので、 普段に近い食事を摂っても大丈夫です。 しかし、まだ完全な状態ではないので、 お肉や卵は避けてください。 朝昼は消化の良い軽めの食事を摂り、夕食は煮物などの主菜を1品と野菜のお浸しなどの副菜を1品、お味噌汁、ごはんといった 消化のいい和食中心の食事を摂るといいでしょう。 回復食プランで登場したメニューの簡単レシピ 回復期の食事メニューで登場した 「お粥」「野菜スープ」「煮物」「野菜のお浸し」の簡単レシピを紹介します。 どれも簡単にできるので、普段あまり料理をしない人でも楽勝です。 お粥 お粥は、5分粥と7分粥の2種類がメニューに出てきます。 作り方は同じですが、材料の配分が異なりますので、注意しましょう。 5分粥は、 ごはん1:水2. 5、 7分粥は、 ごはん1:水1. 25の割合で作ります。 最初に、ごはんと水を一緒に鍋にいれ、強火にかけます。 沸騰した後は、弱火にしてじっくり20分煮込むと出来上がりです。 玉ねぎスープ 野菜スープにはいろいろ種類がありますが、簡単に作れる玉ねぎスープの作り方をお教えします。 始めに、玉ねぎ1個を薄くスライスします。 次に鍋にサラダ油、玉ねぎを入れて中火で炒めます。 玉ねぎが茶色になったら、 水1200cc、コンソメキューブ3個を入れて、強火で煮込みましょう。 沸騰したら弱火にして、灰汁を取りながら15分煮込めば完成です。 厚揚げの煮物 回復期にぴったりの厚揚げを使った煮物のレシピを紹介します。 厚揚げをがんもに変えたり、小松菜などの野菜を一緒に煮込んだりしても美味しくいただけます。 慣れてきたら自分好みにアレンジしてください。 最初に、厚揚げ2枚を お湯で油抜きします。 その後、鍋に だし汁200mlと醤油、みりん、砂糖を各大さじ1ずつ入れて沸騰させます。 その中に、厚揚げを入れ、中火で10分煮込むと出来上がりです。 ほうれん草のお浸し お浸しのレシピは簡単です。 1度覚えたら、色んな野菜で応用できます。 ほうれん草を使って作り方をお教えします。 始めに、 白だし50ccと水150ccをボールに入れ混ぜておきます。 次にほうれん草を茹で、水にさらし絞った後、食べやすいサイズに切りましょう。 白だしと水を合わせたボールに、ほうれん草を入れて、冷蔵庫で冷やします。 食べる前にいりごまをふれば完成です。 回復食はコンビニで揃えることができる 食事メニューとそのレシピを紹介しましたが、仕事が忙しく自宅で食事を摂れないことも多いでしょう。 そんなときは、 コンビニを利用しましょう。 最近のコンビニは、さまざまな食品を販売しているため、食事プランで登場するほとんどの食品を購入することができます。 自炊するのが難しい場合は、コンビニを活用するのがおすすめです。 ファスティングを行うことで、日頃動きっぱなしの内臓を休ませることができます。 それにより、内臓が本来の働きを取り戻すため、 新陳代謝が活発になり、疲れにくく痩せやすい身体になります。 ファスティングすると内臓の働きがとても弱くなっているため、ファスティング後すぐに普段通りの食事を摂ると、内臓に大きな負担をかけます。 それを避けるためには 回復期を設け、徐々に内臓の動きを回復する必要があります。 回復期は、消化の悪いお肉や卵は避け、野菜やフルーツを中心に食べましょう。 回復期にはよく回復食としてお粥を食べますが、食べ過ぎると太る可能性があるので、 バランスを考えて食べるようにすることが大切です。 回復期の食事プランが立てられないという人は、回復食のメニューとそのレシピを紹介したので、これを参考にチャレンジしてみてください。 また、忙しくて自炊する暇がない人は、 コンビニを利用すると手間が省けるので、何でも自分でやろうとせず、無理のない範囲で行うようにしましょう。

次の

ファスティングの準備食とは?おすすめメニューも紹介!

ファスティング メニュー

回復期間 1日ファスティングの回復食のメニューや注意点など紹介します。 1日断食を終えたら胃腸にやさしいメニューから始める 断食の中でも重要なのは回復食です。 回復食とは、ファスティング終了後に通常の食事に戻すまでの食事メニューのことです。 1日だけの断食でも、前日から30時間以上も内臓を休めていることになります。 そのため回復食では、胃腸にやさしいメニューから少しづつ通常の食事に戻していきましょう。 最初は重湯や味噌汁の上澄み、具がない野菜スープなどから始め、少しづつ固形物を増やしていきます。 食材としては、 豆類、ごま、海藻、野菜、キノコ類、イモ類がおすすめです。 避けたいのは肉や魚、乳製品、卵や刺激物など。 特にいきなり油分たっぷりの物を食べるとリバウンドしてしまい、せっかくのファスティングの効果がなくなってしまいます。 1日のファスティングであれば 回復食の期間は1日で大丈夫ですが、胃腸の回復には個人差があります。 体調を見ながら少しずつ普通食に戻していきましょう。 濃い味、刺激物は避ける。 肉、魚、卵、乳製品は避ける。 タバコ・コーヒー・紅茶・甘味・刺激物などは、この期間もNG! 1日ファスティング後の回復食におすすめメニュー 「Aさん/30代の回復食」 朝:重湯と梅干、昼:重湯と梅干、夜:野菜の煮物と味噌汁 「Iさん/20代の回復食」 朝:玄米のおかゆ、昼:玄米のおかゆ、夜:カボチャのおかゆ 「Yさん/40代の回復食」 朝:薄味の野菜スープ、昼:酵素ジュース、夜:湯豆腐 「Sさん/20代の回復食」 朝:春雨スープ、昼:豆乳のおかゆ、夜:おかゆと蒸し野菜のサラダ 「Kさん/30代の回復食」 朝:おかゆと豆腐の煮物、味噌汁、昼:おじや、夜:サツマイモのおかゆと味噌汁、野菜の煮物.

次の