香典返し いくらから。 香典返しのマナー、相場、品物、お礼状などのまとめ[引き物ドットコム]

お葬式の香典返しのタイミングと一般的な返礼金額っていくら? | お葬式の先生

香典返し いくらから

香典返しの金額は、とても悩むところですよね。 あまりにしょぼいものだと、「ケチった?」と思われますし、豪華すぎると受け取る側に恐縮されてしまいますし… もちろん 地方によって相場は変動すると思いますが、大体いくらくらいのものをお贈りすると良いのでしょう? 様々な立場の方に対してお贈りする場合とその金額について、見てみましょう! <香典返しの金額 参列者への場合> 香典返しのお香典金額(神道では「御玉串料」、キリスト教では「御花料」)は、 どの宗教でも3分の1〜半額程度が一般的だそうです。 5000円までのお香典を頂いた方には3000円、1万円までのお香典を頂いた方には5000円という感じです。 ただ、 『関東の半返し、関西の三分返し』という言葉がありますように、地域によって妥当な金額が異なりますので、地元の年輩の方に聞いてみるのも良いでしょう。 また、 故人が一家の大黒柱として働いておられた方だった場合、お返しの金額は少し差し控え、3分の1を目安にする場合もあるそうです。 大黒柱を失い、これから経済的にも困るであろう遺族に対する、配慮を感じさせる風習ですね。 <香典返しの金額 特別に親しかった方への場合> 親族や故人と特別親しかった方の場合、故人や遺族に対する気持ちから、特に高額なお香典を頂くことがあるようです。 この場合、お香典返しの金額に悩むところではありますが、 必ずしも半返しに拘ることはなく、通常のお香典レベルで問題ないようです。 これは、あまり立派なお返しをしてしまうと、逆にその方に気を遣わせてしまうことになってしまうからです。 しかし、この場合、 お気持ちとして有難く頂いた代わりに、郵送ではなく、直接お宅に御挨拶に伺うなど、丁寧な御礼は必須です。 気持ちには気持ちで返すことが重要なのですね。 <香典返しの金額 身内・親族への場合> 身内や親族へのお香典返しの金額は、3分の1〜4分の1が多いそうです。 身内や親族の場合は、お香典の金額も高額になりがちですが、それは親族としての気持ちの現れですので、有難く頂きましょう。 <香典返しの金額 供花・お供えを頂いた場合> 供花やお供えの籠盛の金額は1万円〜2万円くらいだそうです。 供花やお供えと共にお香典も頂く場合が多いですので、この場合は 全てお香典の金額に合算して考えます。 ただ、この場合は高額になりがちですが、あまり金額が高価すぎるお香典返しは、却ってお相手に気を遣わせてしまいます。 上記にある「特別親しかった方への場合」同様、直接御挨拶をしつつ、丁寧に感謝を伝えるほうが良いでしょう。 <香典返しの金額 番外編・法要の場合は?> 年忌法要で親族をお招きする場合、お供えを頂くこともありますし、遠路はるばる参列される方もおられるので、粗品を用意します。 法要が終わった後で手渡しすることが多く、お菓子などがよく粗品として贈られるそうです。 この 金額は2000円〜3000円程度が相場のようです。 また、家族だけで法要を行う際は、もちろん必要ありません。 ゆっくりと故人を偲びつつ、ご冥福を祈りましょう。

次の

香典返しはいくらから?

香典返し いくらから

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• まず、 1万円の香典に対し香典返しは必要なのかどうかについて解説していきます。 香典返しの金額相場もご紹介します。 香典返しは贈るべき 香典を頂いたら香典返しを贈って感謝の気持ちを表すのがマナーです。 香典には相互扶助の意味合いがあり、地域の繋がりが深かった昔は、不幸があった時にお互いの家で助け合ってきました。 したがって香典返しという形をとらなくても「困ったときはお互いさま」の精神が必然的に成立していたのです。 現代社会ではその精神が形式化し、香典を頂いたらその都度お礼をするという流れが定着しています。 故人とゆかりのあった方が、故人を悼んで香典を包んでくれたのです。 地域に特別な風習がない限りは、 必ず香典返しを贈ってお礼を伝えましょう。 以下の記事で香典返しを辞退する場合の理由や対応について解説をしていますのでこちらも併せてご覧ください。 香典返しの品物は、「不祝儀を残さないように」という意味から、使えばなくなる消えものが選ばれます。 食べればなくなる食料品や、毎日使う日用品などは香典返しの定番の品です。 最近は香典返しにカタログギフトを贈ることも増えました。 1万円の香典に対するおすすめの香典返しをご紹介します。 食料品 お茶やお菓子のような食料品は、広い年代の方が楽しめるという点から人気です。 お茶といえば以前は緑茶が定番でしたが、今はコーヒーや紅茶など種類が増えて相手の好みに合わせられるようになっています。 お菓子でしたら、おかきや饅頭のような和菓子、クッキーやゼリーといった洋菓子など、たくさんある中から選ぶことができます。 5000円程度のお返しなら、下に紹介するアソートセットのように、お茶とお菓子が詰め合わせになったものもおすすめです。 香典返しは贈る方法にもマナーがあります。 ここでは、 香典返しの一般的なマナーについて解説します。 のし・表書き 香典返しの品物にはのしをかけます。 弔事に使われるのしには慶事に用いるの熨斗(のし)の印がつきません。 水引は黒白の結びきりのものが多いですが、慶弔両方に使えるあわじ結びもありますし、西日本の地域では黄白の水引を使うこともあります。 表書きは「志」とするのが一般的です。 西日本では四十九日の忌明けに贈る香典返しを「満中陰志」とするところもあります。 神式やキリスト教式では「偲び草」などの表書きが使われることがあります。 名前の部分は故人の苗字である「〇〇」か「〇〇家」、もしくは喪主のフルネームを書きます。 以下の記事では香典返しの熨斗や表書きについて詳しく解説していますので、こちらも合わせてお読みください。 贈る時期 香典返しは 四十九日の法要を終えてから1カ月以内に贈るのが一般的とされています。 四十九日までに香典返しを手配しておいて、法要を終えたら贈るという方も多いでしょう。 葬儀に参列していただいた日にお返しの品物をお渡しする、当日返し(即日返し)という方法をとることもあります。 この場合は一律2000~3000円相当のものを香典返しに贈ることが多いため、香典の金額が5000円までの方へは当日に半返しができます。 香典の金額が1万円以上の方へは、半返しに届かなかった金額分の品物を、忌明け後に改めて贈ります。 以下の記事では、香典返しの適切な時期ついて詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 香典返しは3分の1から半額程度の半返しをするのがマナーであり、1万円の香典を頂いた場合は、基本的に5000円くらいの品物をお返しする。 1万円の香典に対するお返しの品には、お茶やお菓子が個包装で詰め合わせになったセット、上質なタオルのセット、5000円程度のカタログギフトがおすすめである。 香典返しには弔事用のしを掛け、「志」など宗教や地域に合わせた表書きと名前を書き入れる。 香典返しは四十九日の法要を終えてから、遅くとも1カ月以内に贈るのが一般的であるが、葬儀に参列していただいた日にお返しをする当日返し(即日返し)という方法もある。 香典返しを郵送する場合は、参列や香典に対するお礼などを述べた挨拶状を添える。 香典返しの品物選びにお悩みの方の参考になれば幸いです。 「終活ねっと」では、他にも香典返しに関する記事を多数掲載しております。 ぜひ合わせてお読みください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

【葬儀】香典返しの金額の相場や品物を渡すタイミングを解説!

香典返し いくらから

香典返しの金額の相場は地域によって異なる? 半返しの由来は? 香典返しの金額は、いただいた香典の半分程度を返す「半返し(半分返し)」が一般的といわれています。 一説によると、昔は葬儀を終えるといただいた香典の半分程度が残ったため、その分をお世話になった方にお返ししたり、菩提寺に寄進したりしたのが半返しの由来とされています。 東京は半返しで、大阪は3分の1返しが相場? 昔は葬儀や通夜の参列者は近隣の人たちのみで執り行われ、関東では半返し、関西では3分の1返しが一般的とされていた時期もあったようです。 しかし、今では全国各地から参列者が訪れ、また半返しの考え方が全国的に広まっていることから、単純に東と西とで分けて決めることは難しいようです。 基本的には半返しと考えておけば、問題ないでしょう。 例えば、1万円の香典をいただいた場合、5000円くらいの香典返しをお贈りすれば、半返しをしたことになります。 ただ、弔事のルールがゆるやかになってきたとはいえ、地域や親族内のしきたりを大事にしている方も少なくありません。 いくらを目安にお返しをすればいいのかよくわからない場合は、事前に地元の家族や親戚などに確認しておくのが無難です。 「3分の1返し」でよいケースとは? 一家の主が亡くなった場合 香典返しは半返しが一般的ではありますが、3分の1でもよいというケースもあります。 例えば、 一家の働き手が亡くなったり、子どもが未成年だったりする場合は、「香典返しに使うより今後の生活に使ってください」という配慮から、香典返しは3分の1返しもしくは香典返しをしなくてよいとされています。 香典返しの品物をお渡ししない場合も、お礼状・挨拶状をお送りするなどして、お礼の気持ちを伝えるとより丁寧です。 親族・身内から多額の香典をもらった場合 親族や身内から5万円や10万円といった多額の香典をいただくことがあります。 これには 「葬儀の足しに」という意味合いが込められていますので、必ずしも半返しにこだわらなくてもよいとされています。 四十九日法要後に3分の1から4分の1程度の香典返しの品をお贈りするとよいでしょう。 しかしながら高額な香典返しの場合は、品物が限られていたり、好みと違う品物をお贈りすると迷惑になることもあります。 そこで、近年では 多彩な品物の中から好きなものを選べるカタログギフトがよく選ばれています。 カタログギフトであれば、お返しの額が明確に分からない点もメリットといえるでしょう。 当日返しは2000円~3000円程度が目安 最近は、葬儀の日にお返しする「当日返し」で香典のお返しをするケースも増えてきています。 香典返しの金額は原則として香典の額に応じて異なりますが、当日返しの場合は香典の金額がわかりません。 そのため、香典の相場と照らし合わせて一律の品物をお渡しすることになります。 香典額は、故人が肉親の以外の場合は5000円や1万円が相場とされていますので、当日返しは2000円~3000円程度の品物を選ぶケースが多くみられます。 しかし、1万円の香典をいただいた場合は当日分だけでは足りませんので、 四十九日法要のあとに改めて2500円くらいの品物を贈り、合わせて5000円くらいになるようにお返しをするのが一般的です。

次の