公認会計士 転職。 エリート公認会計士が実践する華麗な転職法【デキる会計士はここが違う】

~公認会計士の転職~監査法人から転職したい会計士が活躍できる転職先は?

公認会計士 転職

公認会計士の求人情報や転職に関する情報提供を行っています。 昨今転職を検討される会計士の方は増加傾向にあり、会計業界以外へと転職するケースも多いのですが、出戻り転職される方も増えておりますので、しっかり情報収集していただけましたら幸いです。 公認会計士の求人と傾向について ここ数年IPOが活況だったこともあり、上場準備企業の求人が増加傾向でした。 ベンチャーへの転職に興味を持つ会計士も多かったことから、転職者数は年々増えています。 IPOの他、M&Aも非常に需要が大きいため、こうした案件においても会計士を求める声は多いので、比較的高い年収でこうしたポジションへと転職される方も多かったです。 ただし、ベンチャー企業への転職という視点では思ったような仕事内容ではなかったといったケースやスキル不足も目立つためしっかりキャリア・スキルを磨き転職先を選定していくと良いでしょう。 会計士の転職状況について 従来は監査法人に勤務するのが一般的でしたが、昨今公認会計士のキャリアフィールドは広がっており、会計士の転職先も様々です。 思いがけない場で活躍する会計士の方も増えています。 転職市況としては、事業会社やコンサルティング会社を志望する会計士が増加傾向にあり、売り手市場ということもあるのか多少スキル不足であっても転職を実現させている方が多い印象です。 そのため、転職するには良い状況と言えるでしょう。 一方で、事業会社へ転職した会計士が監査法人へと再び転職されるケースもここ数年はよく見られました。 よく情報収集せずに転職した結果、思っていたのと違ったということでまた監査法人へと転職される会計士も一定数います。 売り手市場で転職しやすい状況であることに間違いありませんし、転職に失敗してしまっても出戻りや別の企業への転職が比較的容易なので、それほど問題にはなりませんが、転職するにも労力がかかりますので、可能な範囲でしっかり情報収集の上、転職されるのが良いでしょう。 転職エージェントを活用すれば転職に失敗しにくいと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、転職エージェントだけに頼った転職活動も危険です。 ご自身でもしっかり転職先を見極めるポイントを理解し、転職活動にあたるようにしましょう。 具体的に転職をお考えの会計士の方は公認会計士向けの転職エージェントサービスも行っておりますので、お気軽にご相談ください。 これまでIPO準備会社向けに採用支援を行っていた関係で様々な繋がりがあることから会計業界のみならず、ベンチャー企業のCFOやIPOに興味のあるといった方の転職支援やM&A、PE、各種ファンド等に興味のある方の転職支援にも強みがあります。 公認会計士の転職先やキャリアパスについて 公認会計士の転職先は様々ですが、中心となるのは、財務・会計系のコンサルティング会社(会計事務所系列のコンサルティング会社等)、事業会社の経理、ベンチャー企業のCFO候補等のポジションです。 20代~30代前半までの公認会計士の方であれば、転職すること自体に問題はありませんが、転職失敗ケースは増加傾向にあります。 失敗を完全に防ぐことは不可能ですが、公認会計士の場合、監査法人という特殊な環境で働いている方が多いということと、学生の頃に就職活動をしていないので、働く目線での企業情報の収集が疎かになるケースも多く、企業の雰囲気や習慣に合わせることが出来ず、退職される方もいらっしゃいます。 転職してうまくいっている例や活躍している例ばかりでなく、うまくいかない事例にも着目してみると良いでしょう。 公認会計士の転職やキャリアパス等に関して、実際に監査法人に勤務し、転職エージェントや起業経験のある方に解説してもらった記事もありますので是非ご参考ください。 転職事例から会計士の転職を考える 悩みや相談をもとにどのようなところへ転職をしたのかといった転職事例を参考にして会計士の転職先やキャリアパスについても紹介しています。 他の方の転職事例も参考になるかと思いますので、キャリアに悩む方はご参考ください。 年収を気にする公認会計士の方は意外と多い。 転職後に後悔する人も 特に初めて転職される方に多いのですが、当初は年収はそれほど気にしない、と言う方が多いのですが、いざ現実的に転職するかどうか判断しなければならない場面に直面すると迷い始めてしまう方も多いです。 監査法人から事業会社への転職をお考えのケースでは、年収が大きくダウンする可能性が高いことはご存知のことと思います。 ご年齢や役職にもよりますが、事業会社の経理部門等への転職となると、年収500万円~800万円程度で提示されることも多く、監査法人勤務時代から150万円~200万円程度落ちるのは覚悟する必要があります。 転職をしてしまう前に、やっぱり収入を落としたくないということで、転職先を再考される方もいらっしゃいますが、中には転職後に後悔してしまう方もいらっしゃいます。 特に独身の男性の方で、結婚等を後に控えており、後々多くのお金がかかってくることが予想されるケースでは、短期目線での年収ダウンのみならず、転職後どのように給与が変わってくるのか、あるいは転職後の福利厚生はどうなっているのか、よくよく考えてから転職するのが良いでしょう。 結婚して、子供が産まれて、といった段階で、思いのほか給与が伸びず、ちょっと後悔した、という話も聞きます。 キャリアのみならずライフの部分も少し考えてみましょう。 ただ、違う視点で転職と年収を見てみると、一時的に年収ダウンしても、転職後のご経験によって、年収を大きく上げていくこともできますし、ステータス的にも上げていくことは可能です。 どのようなキャリアを描いているのか、あるいはどのような生活を目指しているのか、そのあたりも含めてしっかり転職相談していきましょう。 転職するべきかしないべきか そもそも転職すべきかどうか迷っているという公認会計士の方も多くいらっしゃいます。 お話を伺っていて、とりあえず転職して外で働いて見たい、という方も多いのですが、監査法人から出てしまった際のリスクは多少理解しておいた方が良いとは思うものの、個人的な考えとしては、とりあえず転職して、とりあえず外の世界を見てみる、というのも大いにありだと思います。 行動し、経験することで初めて得られる価値観・世界観というものも多くあります。 なんとなく転職して後悔した、という方がいらっしゃるのも事実ですが、なんとなく転職してがむしゃらにやってたら面白いことに出会えた、という方がいるのも事実です。 多くの方のキャリア事例を見たり、話を聞いたり、相談したりすることも大事ですが、自分の中にある漠然とした想い見たいなものを信じて、なんとなく行動してみる、というのもありかなとは思います。 キャリアアップだけが全てではない 公認会計士としてキャリアアップ・スキルアップを目指す人も多いのですが、近年は、会計士の資格を活かしてマッタリ働きたいという方も多くいらっしゃいます。 そのようなケースで、事業会社への転職をご検討される方もいらっしゃいますが、監査法人より事業会社の方が激務というケースも往々にしてあります。 監査法人は繁忙期こそ確かにかなり忙しいのですが、職位や年次によってはむしろそれほど忙しくないということも多いため、自身の希望が叶えられるようしっかり情報収集の上転職先を選定していくとよいでしょう。

次の

公認会計士の代表的な転職先/キャリアと年収について現役会計士が解説します

公認会計士 転職

年齢は、経験を表す参考指標に過ぎない。 年齢よって求められるもの 公認会計士の転職において、年齢は重要視されません。 しかし、全く無関係化というわけでもありません。 年齢によって、転職先の会社から求められる知識や経験が異なるからです。 20代で転職する場合は、プロフェッショナルとしての経験は決して多くありません。 そのことは転職先の会社もわかっています。 したがって、求められるものは、特別な経験よりも、その個人のポテンシャル、具体的にはコミュニケーション能力であったり、地頭の良さだったりします。 またハードに働くための体力も必要です。 特別な知識や経験は採用してから身につけてもらえばいいので、20代の公認会計士には、優れたポテンシャルや体力が求められます。 30代で転職する場合は、プロフェッショナルとして1つや2つの大きな山場を経験していることが求められます。 30代の公認会計士は、プロジェクトリーダーなど重要な役割を担ってもらう人材として採用されることが多いです。 そのためには、会計の知識や監査の経験があるだけでは足りません。 自分の強みとなる特別な専門知識・経験を身につけておくことが必要です。 40代で転職する場合は、CFOといった役員クラスや経理部長といった役職で採用されることが多いです。 会社のトップに近いポジションになるための転職になりますので、会社の社長に負けないだけの知識や経験が求められます。 転職する年齢によって求められる知識や経験が異なる。 公認会計士に合格したときの年齢 公認会計士のキャリアは、試験に合格した時からスタートになります。 この時の年齢が公認会計士としての1年目です。 したがって、20代で合格した人も30代で合格した人も、同時にスタートすることになりますので、若いときに合格すればするほど、年齢が若いうちに様々な経験を積むことができます。 また、試験に合格して最初に就職する監査法人では、3年目から4年目でもチームリーダーといったポジションを任される場合があります。 30代でリーダーの経験があることは普通ですが、20代でリーダーの経験があるということは、転職の場では大きな強みになります。 転職先の会社も、若くして合格した公認会計士は、年齢以上の経験があると見ています。 それは、概して公認会計士には年齢以上の経験を求めてくるということにもつながります。 公認会計士として転職する場合には、年齢以上の経験が求められているということを意識しておくことが重要です。

次の

公認会計士の転職情報

公認会計士 転職

休暇の特徴• 年間休日120日以上• 完全週休2日制• 土日祝休み• 5日以上の連続休暇制度あり• 2週間以上の連続休暇制度あり 勤務時間の特徴• 17時までに退社可• 月平均残業時間20時間以内• 業務時間7時間以内• フレックス勤務OK• 定時退社• 時短勤務OK 賃金の特徴• ストックオプションあり• 固定給25万円以上• 固定給35万円以上• 退職金あり• 通勤交通費全額支給• インセンティブあり• 歩合給あり 勤務地の特徴• 転勤なし• 在宅勤務OK 福利厚生の特徴• 社宅・家賃補助制度あり• 育児支援・託児所あり• 資格取得支援・手当てあり• 社員食堂・食事補助あり• 研修制度充実 働き方の特徴• 育児・介護休業取得実績あり• 服装自由• 副業OK• 自動車通勤OK• ノルマなし• 直行直帰あり 企業の特徴• 設立30年以上• 上場企業・株式公開企業• 上場企業のグループ会社• 2年連続売上10%以上UP!• 外資系企業 募集の特徴• 管理職・マネジメント経験歓迎• 第二新卒歓迎• 社会人経験10年以上歓迎• フリーターから正社員を目指す• ブランクOK• 学歴不問• 職種未経験歓迎• 業界未経験歓迎• 社会人未経験歓迎• 管理職・マネジャー採用 選考の特徴• 面接1回• 急募!内定まで2週間• 採用予定数10名以上• 応募者全員と面接• 社内見学あり 従業員の特徴• 離職率5%以下• 平均年齢20代• 中途入社50%以上• 女性が活躍中• 女性管理職登用あり• 女性従業員4割以上• 子育てママ活躍中 語学の特徴• 英語・中国語など語学を活かす.

次の