ハナノナ android インストール。 無料でフォトブックがもらえるAndroidアプリ「ノハナ」はプレゼントしたら喜ばれそう!

ゼンリーがリアルタイムで見れない! 数時間前のが表示される!詳細や対処法を徹底解説

ハナノナ android インストール

自分の場所・相手の場所が更新できないという不具合は主にAndroidで発生しています。 端末の設定や、アプリの設定次第では、リアルタイムな場所を知ることが可能になります。 Wi-Fiを有効にする ゼンリーでは、詳細な場所を知るために、Wi-Fiを有効にしておく必要があります。 アクティブなWi-Fiでなくても、Wi-Fiポイントから収集することができるので、正確な位置を知ることができます。 コントロールセンターを呼び出し、Wi-Fiを有効にしましょう。 また、Androidの場合は、 データセーバーに制限をつける機能があります。 この制限がかかることで、上手く位置情報を取得できないこともあるので、ゼンリーを使うときは制限を解除しておきましょう。 位置情報の取得設定を確認する ゼンリーは位置情報の取得設定をオンにしておかないと、リアルタイムな場所を知ることができません。 起動時にも確認されますが、リアルタイムな場所が表示されない時は、一度端末の設定を確認してみましょう。 設定より、端末の位置情報が許可されているか確認してみましょう。 使用中のみオンにすると、バックグラウンドでは実行されないので、常にオンがおすすめです。 ロケーションサービスを有効にし、精度を上げる Androidの場合は、ロケーションサービスが無効になっていることで、正確な場所が表示されません。 設定よりオプションを開き、場所を選びます。 設定がオンになっている事を確認し、次に「高精度オプション」をオンにしましょう。 相手の設定でわからないようになっている ゼンリーには 「ゴーストモード」というモードがあります。 ゴーストモードがオンになっていることで、現在地をあいまいにすることができたり、場所の更新をとめることができます。 リアルタイムな場所を教え合いたいのであれば、友人に設定を変えてもらいましょう。 設定はプロフィールの名前の下にある「お化けのマーク」より変更することができます。 通信環境を確認する ゼンリーは通信環境が不安定な事により、リアルタイムな場所が更新されないことがあります。 アップデートでも改善できない場合は、再インストールより改善することもあります。 ゼンリーIDをプロフィールより確認しておき、再インストールを実行してみましょう。 しばらく時間をおく 時間をおくことで、不具合が改善することもあります。 自身だけでなく、ゼンリーを使っているユーザーに不具合が発生している場合は、サーバーが原因の可能性が高いです。 無理なアクセスを繰り返すと、データがクラッシュする恐れもあるので、しばらく時間をおくようにしましょう。 運営に問い合わせる 自身だけが不具合が発生している場合は、運営に問い合わせを行いましょう。 ゼンリーへの問い合わせはアプリより行うことができます。 プロフィール画面より「歯車マーク」をタップします。 下部に進むと「お問い合わせ」があるので、タップしましょう。 内容を入力していくことで、質問が可能になるので、自身で発生している不具合を報告しましょう。

次の

[B! 人工知能] 【無料アプリ】散歩が楽しくなる!花の名前を教えてくれる「ハナノナ」が面白い! : えりゐのEveRy diaRy Powered by ライブドアブログ

ハナノナ android インストール

2020年05月08日 19時00分 無料でカメラを向けた花の名前を即座にAIが教えてくれるアプリ「ハナノナ」を使ってみた 花にカメラを向けると、AIが瞬間的に花の名前を教えてくれるiOSアプリ「 ハナノナ」が公開中です。 千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センターの研究プロジェクトで作られたもので、判定できる花の種類は770種類。 無料で利用できるとのことなので、実際に使ってみました。 まずは上記URLにアクセスして「入手」をタップ。 「インストール」をタップし…… アプリを開きます。 利用規約に同意したら「同意して始める」をタップ。 カメラの使用は必須なので、「"ハナノナ"がカメラへのアクセスを求めています」に「OK」をタップ。 すると、すぐにカメラが起動します。 さっそくツツジを見つけたのでカメラを向けてみると、ツツジ科の植物である「 」だったことが判明しました。 サツキはツツジと似ていますが、葉や花が微妙に違うとのこと。 「100%」「93%」など、花の種類をどれくらいの精度で判定しているかも示されています。 別の花にカメラを向けてみると、約90%の精度で だと示されました。 画面下にスライドがあり、デフォルトだと75%になっていますが…… これを10%にまで下げてみると、72%で「ロングヘッドコーンフラワー」、65%で「マンジュギク」など、より低い精度の内容も表示されるように。 AIが高い精度で花の名前を当てられないこともあるので、そんな時はスライダーを下げて、低い精度の選択肢から花の名前を推測するのもアリです。 さらに、画面下部のカメラアイコンを押してみると…… こんな感じでカメラが起動するので、シャッターボタンをタップ。 すると、花が「バラ属」であるとして、詳しい情報を得られるWikipediaのリンクが表示されました。 「Wikipedia」をタップすれば花の説明が記載されたWikipediaページをブラウザで開くことになりますが、今回は「決定」をタップ。 「シェア」ボタンから…… 写真の共有が可能です。 また「OK」をタップすると…… こんな感じで花の名前が入った写真を保存できます。 なお、名前抜きの写真を撮影&保存したい場合は「非表示」を選択すればOKです。 アプリで使う花を探して歩いていると、家の近所でも予想以上に多くの花が存在することに気付けます。 や…… と表示されたものは微妙に花弁の形などが異なる気がしますが……。 という聞いたことがないような花の名や…… など。 普段は「雑草」とだけ認識しているような花にも名前があると知ることができるのは面白いところ。 なお、チチコグサはWikipediaに「形は面白いが地味な植物」と説明されていました……。 「スカシタゴボウ」という、独特の名前の植物も。 また、花が咲いていなくても、葉っぱだけで植物名を推測することが可能なようです。 なお、Androidアプリはないのですが、撮影した花の写真をアップロードすると上記と同様に花の名前を教えてくれるブラウザ版ハナノナも存在します。 STAIR Lab. Flower Recognition Service - STAIR Lab.

次の

ゼンリーがリアルタイムで見れない! 数時間前のが表示される!詳細や対処法を徹底解説

ハナノナ android インストール

ノハナを使ってみた それではノハナを使ってみることにしましょう。 まずは普通にGoogle Playからアプリをインストールしてください。 大まかな作業イメージとしては、• 新規登録• スマホに保存されている写真をnohanaサーバにアップロード• アップロードした写真の中からフォトブックにする写真を選択• フォトブックを注文する という流れになります。 「新規登録」をタップ。 先ほど入力した電話番号宛に、SMSで4桁の認証コードが届きます。 その認証コードを入力して「登録完了」をタップしましょう。 これで登録完了です。 スマホに保存されている写真をnohanaサーバにアップロード 次に、nohanaサーバに写真をアップロードしましょう。 「アップロード」をタップ。 サムネイル一覧が表示されます。 アップロードしたい写真を複数選んで、右上の「完了」をタップすることでアップロードできます。 なお、1回につき最大4枚までしかアップロードできません。 この手順を繰り返してたくさんの写真をアップロードします。 ここで写真にコメントなどを入力します。 ここで書いたコメントがフォトブックにも表示されます(後で変更することも可能です)。 コメント入力が終わったら「アップロード」をタップして写真をアップロードしましょう。 これは少々時間がかかります。 アップロードしたはずなのに見えない!ってときは、上から下にスワイプして引っ張り更新してみましょう。 大抵の場合、これで見えるはずです。 ちなみに、右上の人型アイコンは「家族を招待するボタン」です。 家族を招待することで、フォトブックを共同編集できるようになるみたいです。 私は試していないのでここでは割愛します。 アップロードした写真の中からフォトブックにする写真を選択 次に、フォトブックを作成します。 先ほどアップロードした写真の一覧から、フォトブックにしたい写真をタップして選択します。 選択した写真は左上に番号が表示されます。 この順番に写真が並んでフォトブックが作成されます。 20枚まで選択可能です。 表紙を設定することも可能です。 設定しなければ、自動的に1ページ目の写真が表紙になります。 全て選択し終えたら「完了」をタップします。 コメントをつけたい・直したい場合は写真をタップすると編集画面になります。 別の写真を選択したい・順番を直したい場合は「写真を選択」をタップします。 これでよければ右上の「完了」をタップします。 これでフォトブックが完成しました! フォトブックを注文する いよいよ最後の手順です。 完成したフォトブックを注文します。 フォトブック形式で表示されます(100%そのままではありませんが、ほぼ同じです)。 左右スワイプでめくって見れます。 修正したければ「フォトブックを編集」を、問題ないので注文したければ「フォトブックを注文」をタップします。 個数を入力します。 1冊までは無料(送料は必要)、2冊目以上は料金が発生します。 お届け期間は繁忙期と閑散期で異なってくると思われます。 私は最も時間がかかると思われる月末に申し込みました。 内容を確認して「次へ」をタップ。 支払いはクレジットカードのみです。 クレジットカードがない場合、ノハナは利用できません。 注文内容に問題なければ「この内容で注文」をタップ。 あとはフォトブックが届くまでしばらく待ちましょう。 ノハナが届いたのでさっそく開封の儀 注文してから2週間ちょっとでフォトブックが届きました。 開封の儀というほどでもないですが、さっそく開封します。 よく見ると「ネットプリントジャパン株式会社」と書かれていますね。 なるほど、印刷・製本はここでやってるわけですか。 私も時々お世話になってますよ、ネットプリントジャパンには。 シンプルな梱包ですが、緩衝材(プチプチ)の中に入ってました。 透明フィルムに入ったフォトブックと、パンフレット?が入ってました。 気になる仕上がりは? 質感はペラペラの紙より全然しっかりしています。 印刷品質は超キレイ!ってほどではありませんが、写真の内容は十分わかるレベルで私は全く文句ありません。 にじみやかすれなどもありませんでした。 これで無料ならかなり満足ですね! 自分用というよりはプレゼントすると喜ばれそう 私はどちらかとペーパーレス化したいほうなので、ぶっちゃけこういうフォトブックってどうなん?って思っていました。 でも、自分用じゃなくて他人にプレゼントする用途とかにいいんじゃないかと思います。 例えば、遠く離れた両親に孫の近況をフォトブックにして毎月送ってあげるとか、結婚式で撮影した写真を記念に送ってあげるとか。 そういう「デジタルデータだと素っ気なく感じる」ようなときに、フォトブックという形あるものを送ってあげると喜ばれるのではないかなーと思いました。 まとめ• ノハナはスマホから無料でフォトブックが作れるアプリ• 無料なら十分満足できる品質• 誰かにプレゼントすると喜ばれそう このレベルのものが送料だけでもらえる時代なんだからすごいですねー。

次の