アリアナ ダンブルドア。 アルバス・ダンブルドア

【家系図あり】ダンブルドア家とクリーデンスの正体について徹底考察!|デガログ

アリアナ ダンブルドア

の弟で、の兄。 からまでの間、に在籍していた。 アバーフォースが子どものころ、を襲撃した罪でに収監された父親が獄死し、母親と妹は事故で死亡した。 妹アリアナの死についてアバーフォースは兄のアルバスを責めふたりの関係は険悪となってしまった。 アバーフォースはに位置するのオーナーにしてバーテンダーであった。 時には最初のメンバーに加わった。 、アバーフォースは、、をから脱出させるためにを送り込んで3人のに遠方から協力した。 彼はまた、のちに3人がホグズミードに到着した際ホッグズ・ヘッドとホグワーツを繋ぐトンネルを使うことを許した。 にも参加してを生き延びた。 アバーフォースはを育てながらホグズミードで暮らし続けた。 コンテンツ [] 経歴 生い立ち 1884年~1891年 少年時代のアルバスとアバーフォース アバーフォースはとの次男であり兄に、妹にがいた。 一家はで暮らした。 『』が幼少期のアバーフォースお気に入りの物語だった。 アリアナが6歳の時、を使っているのを見たの少年たちが彼女を攻撃したことではショックを受けた。 この攻撃によりアリアナは情緒不安定となり魔力を制御することができなくなってしまった。 父親は復讐のために少年たちを攻撃して逮捕された。 によってアリアナが永遠にに閉じ込められることを恐れたパーシバルは決して犯行の動機を当局に明かすことはなかった。 パーシバルがに収監されるとケンドラはアリアナが病気で家にいなければならないという噂から逃れるため子どもたちを連れてに移り住んだ。 やがてアリアナはであるという噂が広がった。 アバーフォースはからまでに在籍した。 アルバスとは対照的に、アバーフォースは話し合いよりもむしろで問題を解決することを好んだ。 アルバスが非常に優れたであったことからアバーフォースには常に彼の影がついて回った。 悲劇 1891年~1899年 アリアナはアバーフォースには心を開き、アバーフォースが主に彼女の世話をしていた。 しかしながら、アリアナが魔術をコントロールできずに誤って母親を殺してしまったときアバーフォースはその場にいなかった。 母親の死によりアバーフォースは学校を辞めて妹の世話をしようと考えたがアルバスが許可しなかった。 アルバスは自分の大いなる計画を諦めなければならなかったことに苦々しさを感じつつも弟にはホグワーツでの教育を終えさせようとしていたのであった。 この時期のアバーフォースは「強情な」若者であったとされ、近所の住人にのふんを投げつけ意見を異にする者には決闘を仕掛けることで知られていた。 アバーフォースの兄アルバスとその友人 ゴドリックの谷に現れたはすぐにアルバスと親友になった。 グリンデルバルドとアルバスはを見つけてマグルをに隷属させるための革命を夢見始めた。 兄のこの野望と計画に気づいたアバーフォ-スは嫌悪感を感じ、アリアナが巻き込まれてしまうことを恐れた。 ホグワーツに戻らなければならなくなったアバーフォースはついにアルバスやゲラートに対峙した。 アバーフォースは計画が到底実現不可能であることをふたりに指摘し、アリアナを連れて革命の英雄になれるはずがないことを見落としていると怒りを伴って責めた。 のちにアルバスはこの言葉で「現実に引き戻された」と語っているが、このときはアバーフォースが叫んだ真実を聞きたいとは思っていなかった。 グリンデルバルドは激怒し、アーバフォースにを使った。 アルバスが弟を守ろうと立ち上がり3人の間でが巻き起こった。 3人が戦う中、アリアナはアバーフォースを助けようとしたが3人のうちの誰かが放った呪いが彼女を直撃し殺してしまった。 自分と母親が何年も大切に守ってきた妹の死に打ちのめされたアバーフォースはアルバスを責めた。 アリアナの葬儀においてはアルバスを鼻を骨折させ彼のせいだと叫ぶまでに至った。 アバーフォースは決して兄を許すことなく敵意は何年にも渡って残り続けた。 アルバスはそれからずっと後悔し続け、ににその事実を伝えられて初めて知ったアバーフォースはようやく許すことができたのであった。 ホッグズ・ヘッドのバーテン 1889年以降~? アバーフォースはある時点で村にあるのバーテンダーになった。 がホグワーツに戻っての職を希望したときとなっていたアルバスは、リドルの良からぬ仲間がホッグズ・ヘッドで待っていると知り合いのバーテンダーから聞いたと明かした。 その後、が勃発するとアバーフォースはヴォルデモート卿やの対立陣営につき、アルバスが結成したに加わった。 第一次魔法戦争 ごろ、は一生ホッグズ・ヘッドに出入禁止となった。 のちには彼が酒場から追い出したその人物のことをよく記憶していると語った。 、ホグワーツ魔法魔術学校の教授のポストをめぐってアルバスがホッグズ・ヘッドでと面接した。 死喰い人であったがトレローニーのとヴォルデモート卿に関するを盗み聞きしていた。 アバーフォースがスネイプの盗み聞きに気づいて追い出したため彼が予言の全容を知ることはなかった。 戦争の間 戦争の間、ホッグズ・ヘッドでバーテンダーを務めるアバーフォース ごろ、アバーフォースは「ヤギに」を使用して「ちょっとした問題」を引き起こしたことでに起訴され新聞で大々的に報じられた。 アルバスによればアバーフォースはゴシップに屈することもなく身を隠すこともしなかったという。 しかしアルバスは弟が字を読めるかどうか定かではないためこれが勇気による者かどうかもわからないと話した。 第二次魔法戦争 ホッグズ・ヘッドに集まった 、と大勢の生徒たちがホッグズ・ヘッドを訪れハリーがを教えることについて話し合った。 が生徒のグループ活動を禁止していたため、これは完全な校則違反の防衛グループであった。 アバーフォースは、を頼もうと考えた者もいたが、生徒の一団にを振る舞った。 不死鳥の騎士団の情報提供者としてもこの場にいた。 、アバーフォースはの外でマンダンガスに出会った。 マンダンガスはから盗んできたと思われる品を売りつけた。 その中にはのがあった。 このときの会話をが見ていた。 ハリーはアバーフォースがいなくなったらマンダンガスを捕まえようとしていた。 、ホグワーツでが勃発し、アルバスに頼まれたセブルス・スネイプの手によってアルバス・ダンブルドアが死亡した(当時スネイプと死亡したダンブルドア以外ふたりの合意について誰も知らなかった)。 大勢の人々がアルバスの葬儀に出席した。 アバーフォースに加えホグワーツの生徒たち、教授たち、昔からの友人たち、ホグズミードの住人たち、不死鳥の騎士団メンバー、魔法省役人たちなどである。 アルバスの死によりアバーフォースは天涯孤独となった。 翌年、アルバス・ダンブルドアが死亡して死喰い人に対して無防備となったホグワーツはの手に堕ちた。 スネイプが校長となりふたりの死喰い人とが副校長に就任した。 カロー兄妹は生徒を殴ることを楽しみ残酷で嗜虐的であった。 兄妹は逆らう生徒を痛めつけるために魔術を使った。 アバーフォースのパブはホグワーツからへの隠し通路に使われ、彼は生徒たちに食料と水を提供した。 鏡のかけらに映るアバーフォースの目 アバーフォースは両面鏡のかけらを手に入れ、もう一対の鏡を通して兄がしてきたようにハリーを見守った。 ハリーはこの事情を知らなかったが時折鏡を見てはアルバスの目が映っているのではないかと考えた。 に囚われたハリーが鏡に向かって絶望的に助けを求めるとアバーフォースは救出のためにを送り込んだ。 このでが死亡したと知るとアバーフォースは悲しんだ。 死喰い人が支配するでヴォルデモートの次のを探すことに決めたハリー、、はホグズミード村にしたが到着した瞬間にを発動させてしまい死喰い人に察知された。 3人がに隠れると死喰い人たちはを使ってハリーを探した。 恐怖を感じ取った吸魂鬼が急接近するとハリーはで応戦した。 そのとき近くのドアが開きアバーフォースがを招き入れた。 アバーフォースはを外に出したせいで呪文が発動したと死喰い人に説明し、彼らが見たのはハリーのの守護霊ではなく彼のであると納得させた。 の直前、アバーフォースと話す ハリーはこの老人がアルバスの弟アバーフォース・ダンブルドアであると気づいた。 不死鳥の騎士団が敗北しすでにヴォルデモートが戦争を制し、戦い続ける者は自分を騙しているだけだと信じていたアバーフォースは翌日の朝に村を脱出するよう勧めた。 アルバス・ダンブルドアの任務を完遂する必要があると言うハリーはこれを断った。 アバーフォースは兄に従うハリーを叱りつけ兄の真実を知っているかと尋ねた。 すでにダンブルドアの真意を疑い始めていたハリーは答えることができなかった。 促され、アバーフォースはついに少年時代の真実について口を開いた。 ダンブルドアの過去を聞いた後でも、ハリーはアバーフォースの助けがあろうとなかろうとアルバスの任務をやり遂げる意志を曲げなかった。 説得が無駄だと気づいたアバーフォースがの肖像画に語りかけると彼女は暗いトンネルの中に消えていった。 アリアナはもうひとりの人物、を連れてすぐに戻ってきた。 ネビルは3人を連れて必要の部屋に戻り不死鳥の騎士団にハリーの帰還を伝えた。 が始まる直前、アリアナの肖像画の後ろにあるトンネルにより、ホッグズ・ヘッドは外出する生徒と内部に忍び込む騎士団員のメイン中継基地となった。 アバーフォースは戦いに参加した。 彼は何千人もの非難した生徒がパブでひしめき合っていることについてハリーに文句を言うためにホグワーツに現れ、親世代の死喰い人に対してを何人か人質に「すべきだったと話した。 ハリーはそれでもヴォルデモートを止めることはできない上にアルバスなら絶対にしないと言って却下した。 アバーフォースは後者の理由に冷笑し城を守るためにその場を去った。 戦闘中、アバーフォースは複数の死喰い人と戦うを勇気づけた。 にを見たかと聞かたアバーフォースはと決闘しているのを見たと答えた。 戦いが再開されると彼はに向かう途中でをさせた。 戦争の後 の後やと話すアバーフォース アバーフォースはこの最後の戦いを生き延びた。 戦闘終了後、アバーフォースは大広間にてやらと大広間で談笑した。 彼はその後もとの生活に戻った。 それはつまり「ホッグズ・ヘッドでヤギを育てる」ということである。 舞台裏• 『』のに少しだけ登場するアバーフォースを演じたのはである。 『』の2作品ではが演じた。 登場作品• 初言及• 初登場• 言及のみ• おそらく登場• コンセプト・アートワークに登場•

次の

アバーフォース・ダンブルドア(アルバスの弟、守護霊ヤギ、強さ他) | ポッターポータル PotterPortal

アリアナ ダンブルドア

2018年11月23日 金 より公開が始まった、 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。 ジョニー・デップ扮するグリンデルバルドやジュード・ロウ演じるダンブルドアなどが参加した本作は、前作を上回る面白さで、多くの人々を魔法ワールドに誘っています。 まるでグリンデルバルドによって、一同がパリに引き寄せられたようなストーリーであった『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でしたが、今作で最も謎が残ったのは、やはり クリーデンスの正体ですね。 物語の最後の最後で、グリンデルバルドが クリーデンスの正体は「アウレリウス・ダンブルドア」であると明らかにしました。 そこで今回は、クリーデンスの正体は本当にアウレリウス・ダンブルドアであるのかという点について考察していきます。 最初は、グレイブスに扮したグリンデルバルドに魔法使いの一族だが魔法を使うことができない 「スクイブ」だと思われていましたが、実際は非常に強力な魔力を宿しています。 そのため、 オブスキュラスを宿しながらも10歳以上生きることができ、かつオブスキュラスの力を操ることができるようになりました。 ニューヨークを半壊させた後、魔法省の闇祓いたちの攻撃によって亡くなったと思われていましたが、実際は生き残っていて、実の母親を探し求めてパリに渡ります。 そこで、グリンデルバルドによって、本名が「アウレリウス・ダンブルドア」であるということが明かされました。 ダンブルドア一家 では次に、今回の考察の鍵となるダンブルドア一家についてみていきましょう。 『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのアルバス・ダンブルドアをはじめとするダンブルドア一家は、魔法界ではそこそこ名の知れた名門一家です。 家族構成は以下のようになっています。 父:パーシバル・ダンブルドア• 母:ケンドラ・ダンブルドア• 長男:アルバス・ダンブルドア• 次男:アバーフォース・ダンブルドア• 長女 妹 :アリアナ・ダンブルドア 母親のケンドラはマグル出身なので、アルバスたち3兄弟は半純血ということになります。 ダンブルドア一家はなかなか大変な経験をしてきました。 アルバスとアバーフォースの妹のアリアナが6歳の時、マグルの少年たちに襲われたのを契機に、魔法を制御することができなくなってしまいます。 さらに、怒った父パーシバルはマグルの少年たちに報復をしたため、アズカバン送りになってしまいました。 加えて、アルバスがホグワーツを卒業してすぐに、アリアナの発作によって母ケンドラも亡くなります。 最終的には、ゴドリックの谷を訪れたグリンデルバルドとアルバス、アバーフォースの間で争いがおこり、その際にアリアナが発作を起こしてしまい、そこに呪いがあたったことで亡くなってしまいました。 なので、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の段階で生きているダンブルドア一家の人間は、アルバスとアバーフォースのみになります。 スポンサーリンク 「アウレリウス・ダンブルドア」の考察 ではここから、クリーデンスの正体が「アウレリウス・ダンブルドア」であるということについて考察していきます。 まず、クリーデンスについてわかっていることは、以下の3点です。 オブスキュラスを宿しているが、本人の魔力が強すぎるために生き延びている• 母親が魔女であった• ダンブルドア一家の象徴である「不死鳥」を呼び出せた 特に注目すべきなのは、 「母親が魔女」と「不死鳥を呼び出した」という点でしょう。 もし本当に、クリーデンスがダンブルドアの血を引いており、母親が魔女だとしたら、 母親がダンブルドア家の人間ということになりますね。 ということは、アルバスの母ケンドラはマグル出身なので、母親候補からは外れます。 となると、ダンブルドア家の女性はアリアナしかいなくなりますが、アリアナは14歳で亡くなりました。 ということは、クリーデンスがアウレリウス・ダンブルドアだと仮定した場合、以下のことが考えられます。 アズカバン送りになったパーシバルが、アズカバン内で出会った魔女との間にできた子供がクリーデンス• ダンブルドア、もしくはアバーフォースが魔女と結婚し、その間にできた子供がクリーデンス• 父パーシバルに姉、もしくは妹がおり、その姉か妹が結婚してできた子供がクリーデンス 一番可能性として高いのは、 父パーシバルに姉か妹がいたという考察でしょうか。 そうすると、クリーデンスがアウレリウス・ダンブルドアだとしてもおかしくありませんし、不死鳥を呼び出せたのも納得です。 スポンサーリンク とはいえ、もう一つ考えなければならないことがありますね。 それは、 クリーデンスがアウレリウス・ダンブルドアだというのはまったくのウソだということ。 グリンデルバルドの弁舌が非常に優れているのは、クイニーですら信奉者になってしまったことから明らかです。 そして、グリンデルバルドはクリーデンスのことを、ダンブルドアを倒すための武器だと考えています。 なので、適当なことを言ってクリーデンスを上手く使おうとすることなど、容易に考えられます。 ですがどうしても、「不死鳥を呼び出せた」という事実が引っかかります。 もし、アルバスとグリンデルバルドが結んだ「血の契約」によってグリンデルバルドも不死鳥を呼び出せるようになったのだとしたら、話は別ですが。 なので現状、私としてはクリーデンスがアウレリウス・ダンブルドアだというのは、不死鳥を呼び出せたという事実が大きいため、本当であると思っています。 一つ言えることは、続きが早く見たいということですね。 昨日映画見た人さん コメント、および貴重な意見をありがとうございます。 確かにそのようなことを言っていたので、私も最初は腹違いの兄弟かなと思いました。 ですが、私が一番引っかかっているのは、『ファンタビ』1作目から言われている「クリーデンスの母親が魔女」という前提です。 その場合、ダンブルドアの母親がマグル、すなわち魔女ではないので、父パーシバルに別の女性がいたということになります。 それはちょっと悲しいので、考察の対象外にしました。 ただ、クリーデンスの正体について語ったのがグリンデルバルドなので、嘘っぱちの可能性も大いにあり得ますけどね。 とりあえず言えることは、続きが気になるので、早く観たいということです。 ひとつひっかかったのは、1でベアボーン母が、 あの女は魔女だった、この世の物じゃないわ と言っていましたがそれは、小間使いのちみっこのエルフのおばちゃんのことかなと。 そうなると母が魔法使いという線はご想像通り薄くなりますね。 アリアナちゃんの亡くなった直後にケンドラさんが亡くなるのがひっかかりました。 多分船で亡くなったのではないかと。 子供がいなくなりボートで到着したら即様、子の行方を探すのが母です。 劇中のおかあさんから魔法使い一家の香りがしなかったのですし、どことなくダンブルドア一家の血の香りがクリーデンスからしなかったんですよね、、 不死鳥に変身させただけかもしれないですし、年取ってからボルにクリーデンスの話もしないし、、あれだけ熱を入れて育てたのならボルの先生になってもいいくらいなのに一切ない。 クリーデンス謎深まりますね。 引用元: お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用元: このサイトについて.

次の

ハリー・ポッターシリーズの登場人物一覧

アリアナ ダンブルドア

コメントにて「クリーデンスは年齢からダンブルドアの弟ではないのでは?」というご意見をいただきましたが、 ダンブルドアの弟で、不死鳥の騎士団の創設メンバーかつホッグス・ヘッドのアバーフォースとは別人です。 彼は1884年生まれなので、1926年時点で42歳。 一方のクリーデンスはまだ20歳前後(1905年前生まれ)なので、年齢的にかなり違います。 アルバス・ダンブルドア校長は1881年生まれでファンタビでは当時45歳ですね。 ということは、 20歳以上年齢が離れていることになります。 これまでダンブルドアには下に二人の弟と妹がおり、このアバーフォース・ダンブルドアと、彼らの妹であるアリアナ・ダンブルドアという3人兄弟姉妹だとされていました。 しかし、ファンタビ2で明かされたのが、 グリンデルバルトによる衝撃の告白。 「君(クリーデンス)には実の兄がいる。 そしてその兄が君の命を奪おうとしている。 そして、その一族は危機に瀕した場合に不死鳥が現れるという・・・・」 「 君の本当の名前はアウレリウス・ダンブルドアだ」 その言葉通りに、不死鳥が現れ、さらに杖を渡され解放されたクリーデンスの魔力は遥か彼方の岩山を破壊する力を見せました。 また、本来10歳で命を落としてしまうオブスキュラスの宿主でありながら、 18歳まで生きていたという魔力の膨大さや、オブスキュラスを完全に制御してしまう才能も含めて、彼がダンブルドア一族であることは(おそらくファンタビ設定として)かなり真実だと思っています。 では、クリーデンスとは一体何者なのか?弟とはどういうことなのか?について考察します。 2クリーデンスとは?ダンブルドアの弟である真意を考察。 これまでクリーデンスはニューヨークで「魔法」に反対していたメアリーの養子として描かれていましたが、ファンタビ2で実はイギリスからニューヨーク行きの船の中で、 リタによっていたずらに取り換えられた別の家族の赤ん坊であった、と判明。 関係ない家族の赤ん坊と弟のコーバスを入れ替え、結果的にコーバスの命を奪ってしまったリタはそのことで心に闇を抱えていました。 そのため、 そのニューヨーク行きの船に乗っていた別の家族こそ、クリーデンスの本当の家族であり、母親だった可能性があります。 クリーデンスは氏名不詳の魔女のもとに生まれ、幼い頃に母を亡くしてメアリー・ルー・ベアボーンに引き取られた経緯があります。 つまり、この氏名不詳の母親がカギ。 しかし、ここで謎となるのは、ダンブルドアの実の兄弟(グリンデルバルトの言うことには)だとしたら、 ダンブルドアすらもその存在を知らず、さらに母親も若くして亡くなっていますので、少しおかしなことになります。 ただ、可能性として考えられるのが、アズカバンに収容されていたダンブルドアの父親の存在。 もしかしたら、 クリーデンスことアルレウス・ダンブルドアとは、アルバス・ダンブルドアの腹違いの兄妹ではないか?という可能性があるのです。 以下、その可能性についてダンブルドア一族について見ながら考察してみたいと思います。 スポンサーリンク 3ダンブルドア一族とクリーデンスの関係!アウレリウス・ダンブルドアの父親と母親は? 最初に、クリーデンスの正体として考えられる「 アルレリウス・ダンブルドア」の弟説には、3通りあることを考慮する必要があります。 1グリンデルバルドがクリーデンスのオブスキュラスを手に入れるために 「嘘」と「不死鳥の演出」を行い、実際は名も知らぬただの子供だった。 2 本当にアルバス・ダンブルドアの実の兄弟。 3 アルバス・ダンブルドアの兄弟だが、腹違いの子、または親族。 個人的には、1の可能性は、 ファンタビ2の映画の最後に衝撃の真実として発表した以上、かなり低いと思っています。 実際に、不死鳥が現れ、オブスキュラスを完全に掌握し、魔力も膨大という演出上、ダンブルドア一族である、という可能性はかなり高いです。 一方、2と3は可能性として、3がかなり高いと思っています。 そして、クリーデンスが実際にダンブルドア一族として、考えられるのが、 1実はダンブルドア(アルバス)も4人目の兄弟を知っていた。 2ダンブルドアが知らないところでなんらかの事情で養子に出された。 3ダンブルドアが知らないところで、父親が他の女性との間に子供をもうけていた。 4ダンブルドアの兄弟ではなく、親族。 の4通りです。 これらについて考察します。 1アルバス・ダンブルドアの本当の兄弟であり、かつその存在をダンブルドアは知っていた? これは、クリーデンスの年齢とアルバスの年齢が明らかに離れすぎており、アルバス自身が 「クリーデンスとリタは双子の姉弟なんだ」 と作中で話していた通り、完全にありえないと分かります。 少なくともアルバスは弟としては見てはいません。 このことから、 4兄弟である可能性はほぼ0です。 重要なのは、 アルバス・ダンブルドアの両親パーシバル・ダンブルドアとケンドラ・ダンブルドア。 彼らの関係を見ることで真実が見えてきます。 2パーシバルとケンドラ・ダンブルドアとは?アルレリウスとの関係。 アルバスは1881年にパーシバルとケンドラの長男として生まれました。 しかし、アルバスが幼い頃に、妹のアリアナ・ダンブルドアがマグルの少年たちに魔法を使っているところを見られ、「異物」として認識した少年達によって大けがを負う、という事件が発生。 それによって、アリアナは以後魔力と精神が不安定となり、 父親のパーシバルは攻撃した少年達を同じ目に合わせ、アズカバン送りとなってしまいます。。。 その後、パーシバルはアズカバンで命を落とします。 一方、母のケンドラはアルバス達3人を連れて、ゴドリックの谷へと引っ越します。 そこからしばらくは平和が続き、アルバスはホグワーツを首席で卒業しました。 しかし、ここで悲劇が起きます。 1899年、アルバスが卒業旅行に出かける前日にアリアナの魔力が暴走。 母のケンドラが死亡してしまったのです・・・。 以後、アルバスは3人兄弟妹の家長として、生きていくことになります。 アルバス・ダンブルドアの両親は アルバスがまだ幼い頃に、父親がアズカバン送りとなり、 さらに 母親のケンドラが1899年に命を落としたということ。 クリーデンスことアルレリウス・ダンブルドアが、もし彼らの子供だとしたら、少なくとも母親のケンドラが命を落とす1899年前に生まれて、現在28歳ということになります。 一方・・・ファンタビ1では、 クリーデンスは1926年時点でティーンネージャーという設定でしたので、おそらく18歳か19歳(1905年前生まれ)。 さらにリタが当時「赤ん坊として取り違えた」、という真実から見ても、これは正しいです。 ( クリーデンスは10代であることは確定) それなら、 ケンドラの息子の可能性は0。 ケンドラと一緒にいたアルバス達がアウレリウスを知っていた可能性も消えます。 ということは、 唯一ありえるのが、アズカバンに収容されていた父親「パーシバル・ダンブルドア」の息子ということです。 3アウレリウスはパーシバルの息子なのか? アズカバンに収容されていたパーシバル・ダンブルドア。 史実では、その後に監獄で命を落とした・・・とされています。 しかし、実際いつ命を落としたのかは不明でした。 もし、 パーシバルが監獄から別人に入れ替わって脱獄していたとしたら? あるいは、アズカバンにて何等かの事情で子供を設けたとしたら? アウレリウスは確かにアルバスダンブルドアの腹違いの兄弟ということになります。 アズカバンの中で子供を作る、というのはほぼありえないと思いますので、考えられるのが脱獄したということ。 これは、個人的にですが、一番ありえそうな気がしています。 というのも、 クリーデンスがアルバスの弟アウレリウスである、と知っていたのがグリンデルバルドであるから。 そして、グリンデルバルドは闇の魔法使いにして、仲間もアズカバンに収容されていた可能性が高いから。 それゆえに、 アズカバンから仲間を救出する際に、一緒にマグルの子供たちに攻撃したパーシバルを連れて逃げ出し、以後、パーシバルがグリンデルバルドと行動を一緒にしていた可能性がありえる・・・と考えています。 特に、グリンデルバルドはアルバスの能力を高く評価していましたから、その父親(しかもマグルを攻撃してアズカバンの罪人)であれば、見逃すはずがありません。 そして、 実際にアズカバンに収容されていたのは、ファンタビ2で見せたように全くの別人であり、命を落としたのも別人であった、という可能性を考えてしまいます。 アズカバンにダンブルドアの父親が収容されていたことは、もちろんグリンデルバルドは知っていたと思われます。 というのも、グリンデルバルドとアルバスはともにゴドリックでしばらく時を過ごし、アルバスとは親密な関係であり、アルバスが力を欲した理由もそこにあったから。 一方、もちろん父親がアズカバンにいたままという可能性も高いです。 ということは、アウレリウスはダンブルドアの実の兄弟ではなく、 グリンデルバルドの方便、または親族という可能性もあります。 そして、 ファンタビの作中でパーシバルを名乗る人物がいたことにも注目。 4パーシバル・ダンブルドアは実はグレイブスだった? それが、 ファンタビ1で登場したパーシバル・グレイブス。 グリンデルバルドが変装していたアメリカ魔法省の魔法保安局長官です! これはただの偶然でしょうか・・・? 年齢的には パーシバル・グレイブスは長官という肩書からも結構上であったことが分かります。 しかし、アルバスがすでにこの時点で40歳以上だったとしたら、少なくとも父親のパーシバルは60代以上です。 また、 グリンデルバルドが本人になり替わって変装していたこと、当のパーシバル自身は行方不明であり、グリンデルバルドがクリーデンスの正体を知っていたことにも、どことなく繋がります。 ありえなくはなさそうです。 ただ、アズカバン送りになっていたはずのパーシバルが、本名を名乗って長官をやっている可能性はほぼなく、パーシバル・グレイブスとの関係は深読みしすぎな気もしています。 個人的にはクリーデンスが物語的にまったくダンブルドアに関係なく、弟というのは「グリンデルバルドの嘘」だったり、親族であるよりも、その方が面白そうだなと思います 笑。 1で、最初パーシバルはクリーデンスに子供を探させてましたよね。 周りの闇祓いよりもいち早くオブスキュラの事に気づいたパーシバルは、路地のような場所にクリーデンスを呼び出して、子供を見つけて来いと言っていました。 見つけたら魔法を教えてやる、と。 そして後半、クリーデンスの養母がころされたとき、家にいた女の子がその子だと思って近づいたところ、背後にいたクリーデンスが犯人だったので驚いていたと思います。 そこで疑問なんですが、パーシバルはいつからグリンデンバルドだったんでしょうか? もし初めからグリンデンバルドだったのなら、ダンブルドア一族とクリーデンスの関係を知ったのは逮捕後〜パリへ探しにいく前までになると思います。 (クリーデンスがパリにいる時にたまたまヨーロッパに移管されるっていうのも運が良すぎるので、もしかしたらグリンデンバルドの差し金や何かの心情操作による結果かもしれません。 ) また、もし昔からダンブルドア一族との関係を知っていたのなら、パーシバルは最初はただの闇祓いで、1のどこかで乗っ取られたということになると思います。 もし良かったら、お考えを聞きたいです。 私としては、グリンデルバルドは1の最初から変わっていた、と考えています。 実際、クリーデンスがオブスキュラスの宿主と知るまでは妹を宿主として探していましたから、クリーデンスが宿主と知った後で彼の過去を調べたら、実は…という見解かなと。 そうなると上の考察で あくまで一つの推測ですが 、ダンブルドアの父に聞き出したり、調べたのはその後になるかもしれません。 ただ、パーシバルダンブルドアから、我が子にはオブスキュラスがいる、とあらかじめ聞いていたグリンデルバルドが、だからこそニューヨークで1の最初から探し求めていた、という考察もできそうです。 クリーデンスがアルバスの弟という話、さまざまな考察ができますよね。 グリンデルバルドの達者な言葉で嘘を言っていた可能性はありますし、アルバスもまた、言葉遊びを巧みにハリー達を導く未来があります。 アルバスは本当にクリーデンスを弟だと知らなかったのかはかなりの疑問です。 「リタの双子の姉弟かもしれない」という言葉もアルバスの言葉遊びによる嘘だとしたら?可能性はありそうじゃないですか? それに、彼は自分の過去を話そうとしないということがハリーポッター本編でアバーフォースに言われています。 つまり、クリーデンスが弟だと知っていたが、何かしら事情があり話すことができない。 さらに過去アルバス、アバーフォース、グリンデルバルドの三つ巴の戦いや、「血の誓い」によって現状アルバスがグリンデルバルドと戦うことができないため、クリーデンスがグリンデルバルドの仲間にならないようにその前にニュートに1番に見つけ出してもらい「保護してほしい」と伝えていたら? この辺りがどうも気にしてしまう部分ですね。 アルバスがクリーデンスが弟だと知っていた可能性は結構否定できない部分はあるかもしれません。 私の意見はこうです。 ・クリーデンスがダンブルドア一族というのはグリンデルバルトの嘘。 ・クリーデンスはレストレンジ家。 一つ目ですが、ダンブルドア一族としてしまうとハリーポッターの世界の話と矛盾します。 さらに、アルバスダンブルドアの死後、リータスキータが発行した本にはダンブルドアの闇が描かれていましたが、もし本当にクリーデンスが兄弟であればそれを書かないと言うのはおかしいでしょう。 あんなにスキャンダルを書いておいて弟の話を書かないのは考えにくいので、本当に兄弟は3人だった。 と言うのが考えです。 グリンデルバルトがダンブルドアを排除するための嘘でしょう。 二つ目ですが、レストレンジ家はハリーたちの世代にもいますよね、ベラトリックスの旦那さんがレストレンジですよね。 ということはレストレンジが代々そこまで受け継がれてきたはずです。 リタはグリンデルバルトにころされてしまいましたので、受け継げるのはコーヴァスだけとなります。 コーヴァスレストレンジはリタが入れ替えてしまいましたが、それがリタの記憶違い、弟を一瞬でも疎ましいと思ったことへの罪悪感や、すぐに弟が孤児院に入れられ、離れ離れになったことから記憶の改竄が行われたとしたらどうでしょうか。 まあそうなるとリタが入れ替えたと思った人の親子が誰だったのか、わからないままというのも不自然ではありますが… しかし、ニュートが家系図が罠だと言っていたので、少なくともコーヴァスが生きている可能性はかなり高いと思われます。 あと、1でグリンデルバルト が入れ替わった人は最初から入れ替わっていて、さらにころされていたと聞きましたよ。 PS5やPCの情報で役立つものも共有できたらなと思います。 基本的に管理人の好みをメインに自由に投稿してます。 自由にコメントできますので、皆様の考察やご意見お待ちしております。 152• 254• 236• 1 スポンサーリンク.

次の