サブ ノーティカ ダイヤモンド。 バイオーム

サブノーティカ(Subnautica)攻略 ネプチューン作成と脱出

サブ ノーティカ ダイヤモンド

一面水で覆われた惑星を生き残る海中サバイバル Subnautica サブノーティカ 地球には存在しない海中生物や植物が色鮮やかで美しく癒やされたり光の届かない漆黒の深海などで恐ろしさを体験したりとサバイバルをしてて飽きない作品である。 Subnauticaには各海域における環境、生息地いわゆるバイオームがあり、その環境によって取得できる鉱物や生物、環境が異なっている。 かなり細かく分類されており、バイオームの中にはさらに洞窟や島があったりと探索のしがいがあるのだがサブノーティカにはゲーム内にマップがないため目的の場所を探し当てるの非常に骨である。 深度は0m~80m程度 ゲーム序盤は浅瀬サンゴ礁海域で生活を立て直す。 敵は少ない。 地図上では真中部分・色はグレーで上から一番目 ・銅鉱石 ・チタニウム ・鉛 ・石英 ・塩 ・アシッドマッシュルーム ・珊瑚片 ・テーブル珊瑚片 ・ケイブサルファー ・海藻の森 Kelp Forest サンゴ礁に隣接する、クリープヴァインが群生する海域。 深度は0m~160m程度。 ストーカーが生息しており、ストーカーの牙を手に入れるならここ、海藻で視界が見づらい。 地図上では真中部分に点在している、色は黄緑で上から2番目 ・チタニウム ・銅鉱石 ・銀鉱石 ・石英 ・塩 ・クリープヴァイン片 ・クリープヴァインの種 ・ストーカーの牙 ・グラッシー台地 Grassy Plateaus 赤い草原のような海藻が頒布する海域。 ジュリーシュルーム洞窟に入るのはここから 深度は70m~170m程度。 序盤の鉱物採集に最適 地図上では真中の外側・色は赤で上から3番目 ・チタニウム ・銀鉱石 ・鉛 ・金鉱石 ・石英 ・塩 ・アシッドマッシュルーム ・珊瑚片 ・海中列島 Underwater Islands 海に沈んだ浮島が散見される海域。 海底には溶岩地帯が広がっている。 深度が深いので乗り物必須。 地図上では北・色は茶色で上から4番目 ・チタニウム ・銅鉱石 ・金鉱石 ・石英 ・塩 ・ダイヤモンド ・キノコの森 Mushroom Forest 巨大なキノコが群生する海域。 乗り物作成に必須な貴重鉱石が手に入る。 深度は70m~250m程度。 素潜りでも探索可能 地図上では北東・北西に各一箇所、色は紺色で上から5番目 ・金鉱石 ・リチウム ・塩 ・珊瑚片 ・マリモ群生地 Koosh Zone 光るマリモのような植物が群生する海域。 深度は140m~480m程度。 地図上では北東に一箇所オーロラ号の前部、色は薄紫で上から6番目 ・金鉱石 ・リチウム ・塩 ・閃ウラン鉱 ・マリモ片 ・テーブル珊瑚片 ・オーロラ墜落地帯 Crash Zone 母船オーロラ号が墜落した海域。 物資の入ったコンテナが散乱しており、地図上の放射能マークはオーロラ号内のコアを 修理しない間は放射能汚染されている。 序盤リバァイアサンに会う最初のスポット。 トラウマに笑 深度は0m~300m程度。 地図上では南東全域、色は黄土色で上から7番目 ・チタニウム ・銅鉱石 ・石英 ・塩 ・浮島 Floater Islands ジャングルのように草木が豊富な浮島。 ここで得た植物を拠点で育てられる。 廃墟 Abandoned Seabases が存在しておりここでも多目的室ルームを取得可能。 場所は中腹に1つ、2つある山の山頂に1つずつの計3ヶ所 地図上では南西、色は緑色で上から8番目 ・リチウム ・塩 ・深海サンゴ礁海域 Grand Reef 浮島を囲む海域。 光る球体状の物体が散在 多少明るいので探索はしやすい。 深度は180m~450m程度。 地図上では南、色は水色で上から9番目 ・金鉱石 ・石英 ・ダイヤモンド ・ルビー ・閑散としたサンゴ礁海域 Sparse Reef 砂地が多い海域、一部海藻、サンゴ礁が見られる 深度は40m~310m程度。 地図上では南製、色は濃い緑色で上から10番目 ・チタニウム ・銅鉱石 ・リチウム ・石英 ・塩 ・ブラッドケルプ群生地 Blood Kelp Zone 血のような色のオイルを溜め込んだ海藻が群生する海域。 シーモスやサイクロプスなどのアップグレードに必須なブラッドオイルや塩酸 などを作成できるアイテムがある。 深度は430m~675m程度。 深いので乗り物必須。 地図上では西手前、色は濃い紫で上から11番目 ・チタニウム ・銀鉱石 ・石英 ・ダイヤモンド ・ルビー ・塩 ・閃ウラン鉱 ・ブラッドオイル ・ディープシュルーム ・砂丘地帯 Dunes 海藻がほぼ存在しない砂地の海域。 サンドシャークなどが多く生息、たまにリバァイアサンに会うので注意。 深度は65m~400m程度。 鉱物は幅広く取得できる。 地図上では西から北にかけて、色は黄土色で上から12番目 ・チタニウム ・銅鉱石 ・銀鉱石 ・金鉱石 ・石英 ・塩 ・リチウム ・山岳地帯 Mountains 海面へ突き出る山々が連なる海域。 危険敵対生物が多いので注意。 山岳地帯には孤島があり、エイリアン施設がある。 深度は0m~500m程度。 地図上では北手前、色は濃い紺色で上から14番目 ・金鉱石 ・石英 ・ダイヤモンド ・塩 ・リチウム ・マグネタイト ・山岳地帯の孤島 Mountain Island 山岳地帯の海上にある孤島。 地図上では西、色は薄い水色で上から17番目 ・ルビー ・金鉱石 ・水銀鉱石 ・石英 各地のバイオームに存在する洞窟の場所 ・ジェリーシュルーム洞窟 Jelly Shroom Cave グラッシー台地 Grassy Pluteus から入れる広大な地下洞窟。 巨大なジェリーシュルーム Jelly Shroom があちこちに生えている他、廃墟 Abandoned Seabase が存在する。 深度は180m~300m程度。 ・金鉱石 ・リチウム ・ダイヤモンド ・磁鉄鉱 ・不活性溶岩洞窟 Inactive Lava Zone 今なお熱い溶岩が湧き出す広大な洞窟。 活性溶岩洞窟へと繋がる。 深度は450m~1200m 1100m以降に溶岩城 Lava Castle と呼ばれる開けた地域が存在。 城中腹あたりに先住者の基地への入口 緑発光してる がある。 ・硫黄 ・ダイヤモンド ・藍晶 まとめ.

次の

Subnautica(サブノーティカ)のおすすめの拠点・住居・建物の一覧と素材一覧表!!多目的ルームやムーンプールなど

サブ ノーティカ ダイヤモンド

サブノーティカをプレイしてもう1週間が経とうとしているわけですが、ある程度楽しんだ私が購入を検討されている方へ向けてオススメの遊び方を紹介します。 また、すでにプレイされている方も是非見ていただけたらと思います。 まずはフリーダムモードで遊ぼう サバイバルモードは魅力的なモードではあるのですが、ただでさえ呼吸という縛りがあるのにそれに加え空腹と、のどの渇きまで加わったら結構大変です。 どれくらい大変かといいますとクソゲー認定して投げ出したくなる人が出るレベルです。 社会人の方や若干のタイムイズマネー的な価値観を持ち合わせている方なんかがそうですね。 少し大げさですが大げさじゃないといいますか、ノーヒントだときつかったです・・・・・・進め方はわからないわ夜がムカつくわ死ぬわで散々でした(笑)サブノーティカの攻略サイトがあるようなので最初からそちらを参考にするというのも手ですが、是非ノーヒントでやってみてください。 まず挫折しないためにもフリーダムモードで遊んでからそのほかのモードを選択することをオススメします。 私のようにがっつりフリーダムモードで遊んで満足してしまうのもオススメです。 ネタバレ この先はネタバレが含まれますので進め方に苦労していない方や、 ヒントはいらないという方や、閲覧したくない方は戻るボタンをお願いいたします。 私がオススメする序盤の進め方はとにかく倉庫を作ってアイテム(鉱石など)をぶち込むということです。 筒型の通路?を建設して小型ロッカー4個、容量のあるロッカーを2個置けば完成です。 出づらいですし入るときに歩きながら入るという気持ちで入らないと引っかかりますがthe物置って感じで個人的には気に入っています。 最初から、立派な居住区を作ろう!乗り物を作ろう!みたいに一喜一憂するとマジ辛いんで、もうこれでもかってくらいに鉱石をガンガン集めましょう。 それもそれでしんどいんですがとにかくアイテムを集めないと仕方ないので何かを作ったり探検したりするゲームではなく(もちろんそういうゲームなのですが)アイテムを収集するゲームという認識でプレイした方が割り切れる気がします。 そこの割り切りができると本当に楽しいゲームです。 記事で紹介するためだけに古代遺跡に居住区を建設しました(笑)映えるっていいますか風流ですよね。 ここを拠点にするかどうかは今後のストーリー展開次第なのですが、この島を乗っとる勢いでガチガチに建設していきたい気持ちはあります。 展望室からの風景。 窓をつけてロッカーを配置しました。 かなり気に入っているのですがわかる人いますかね。 プレイした人ならわかるこの微妙なスペースにプランターを配置。 ちなみにこのスペース(陸地)から居住区へ出入りできるようになっています。

次の

subnautica(サブノーティカ)の乗り物の性能を上げる【アップグレードモジュール】一覧!!シーモスやブラウンスーツなど

サブ ノーティカ ダイヤモンド

脱出ポッド17 乗員記録• シーモスの残骸 ポッド内部に乗員記録、ポッド周辺にシーモスの残骸が落ちています。 シーモスは序盤から中盤にかけて使い勝手が良い乗り物で、ストーリーの進行に必要な機械でもあるので、忘れずスキャンしておきましょう。 ちなみに脱出ポッド17の西方向約200mの地点に沈没船があります。 この周辺でシーモスの設計図が完成するはずです。 外装部には穴も開いており、ここから入れば「デガシ号乗員名簿:マルグリット・メイダ」等が入手可能です。 内部は暗いので、ライトの携行をおすすめします。 シーモスの作成 脱出ポッド17と近くの沈没船のポイントにて、シーモスの残骸が規定数スキャン出来たと思います。 これで作ろうと思ったらシーモスが作れる状態です。 シーモスを作成するには、序盤では結構面倒な手順になると思います。 …が、使い勝手は抜群に良いので、作れるなら作るのがおすすめです。 携帯型乗物建造ベイ:チタニウムインゴット、潤滑油、パワーセル• アップグレードすれば充電が不要になったり、潜れる深さがより深くなったりします。 100m~200mの深さでも、序盤のうちの小さな酸素ボンベだと、ゆっくり探索できなくて面倒に感じる瞬間があるのでは? シーモスがあれば「息を吸うためにシーモスへ」という使い方も可能なので、探索効率は格段にアップするでしょう。 脱出ポッド6の発信源~ 脱出ポッド6の攻略 脱出ポッド17をクリアしてから一定時間経過後、脱出ポッド6の信号を受信します。 今までの通信と大きく異なるのは、 信号源の座標が不明で写真から場所を推測する必要があるという点です。 スタート拠点から考えるとオーロラ号に近付く位置にあるので、放射能ダメージを避けるためにも放射線防護スーツと放射能防護ヘルメットの装備は必須となります。 ヒントは 脱出ポッド4から西北西に約400mという情報です。 ただし多くの人は「脱出ポッド4の場所が分からない」という状況だと思うので、スタート拠点から東北東方向に約530m~550mほど進めばOKです。 ちなみに脱出ポッド4に関しては、しばらくストーリーを進めていれば通信機に連絡が入り、画像データを見ながら探しに行くことになります。 ここで先に探しに行っても良し、通信連絡が来てから行っても良しです。 合成植木鉢 現物• 上品な植木鉢 現物• 沈没船周りに残骸多数 内部には拠点内で植物栽培が可能になる植木鉢と、シーモスやスキャナルーム等の残骸が多数手に入ります。 脱出ポッド6に向かった際は、ここの沈没船も一緒に探索しておきましょう。 地中に生えているタイガープラントに近付くと、何かトゲのような物を発射して攻撃してくるので、タイガープラント付近のアイテムを拾う場合は注意してください。 サンビーム号からの通信 2回目 サンビーム号から2度目の通信が入りますが、ここでは特にミッション等はありません。 脱出ポッド19の発信源 脱出ポッド19の通信信号を受信したらすぐに向かいたいところですが、場所がスタート拠点から南西方向に1km以上進むうえに、深さが300mの位置にあります。 水面で息継ぎをするのは非効率すぎますし、息継ぎ用のパイプを作るのも面倒なので、近くに息継ぎ目的の拠点を作るか、シーモスに乗って向かうのがおすすめです。 あとは途中の沈没船で使用するレーザーカッター、脱出ポッドで余裕を持って探索するのに便利なリブリーザーも作っておくと便利ですよ。 【レーザーカッター必須】• 司令の椅子 現物• 軽量大容量酸素ボンベ 設計図• バッテリー充電器の残骸• 携帯型乗物建造ベイの残骸• レーザーカッターの残骸• 改造ステーションの残骸• 消毒した水 一直線に向かう途中の450m地点には沈没船もあるので、あわせて探索しておくといいでしょう。 周りにはシーモスの残骸、スキャナールームの残骸などがあり、 レーザーカッターで塞がれたドアを焼き切って内部に侵入すれば多くのアイテムが入手できます。 初期状態のシーモスは深度200mまでしか潜れないので、190m前後あたりにシーモスを停めておいて、ここからは泳いで向かうといいでしょう。 脱出ポッドの外側に音声記録と設計図、内部に乗員記録があります。 特に超大容量酸素ボンベは非常に使い勝手の良いアイテムなので、忘れずに拾っておいてください。 隔壁扉 現物• 消毒した水• バート・トーガルの記録 3 - 深海への回帰• 展望室 現物• 屋内用プランター 現物• デガシ号の音声記録 1 - 居住地• スポットライト 現物• ステイシスライフルの残骸• 多目的ルーム 現物• ウォールプランター 現物• ポール・トーガルの記録 1 - 座礁• デガシ号の音声記録 2 - 嵐だ!• バッテリー• デガシ号の音声記録 4 - 興味深い発見• パープルタブレット• 屋外用プランター 現物• 果物や植物が多数 脱出ポッド19の近くの水面に浮上すると、近くに浮島 陸地 があります。 陸地には攻撃してくる蟹のような生物がいるので注意してください ナイフで撃退可能ですが、念のために回復アイテムの用意を推奨します。 マークされた位置に進むと、集合地点音声が落ちているので拾っておきましょう。 陸地ではマーブルメロンなどの有用な植物が入手できる他、丘の上の建造物内のデータなどを集めることで実績・トロフィーが取得できるので、あわせて集めておくことをおすすめします。 建造物は合計3つです。 丘の上に2つと中腹に1つあります。 なお浮島には、マーブルメロン以外にも空腹に助かる植物が多数生えているので、種を持ち帰ることで空腹対策がしやすくなるはずです。 特におすすめはこちらのランタンフルーツです。 種を植えれば木が生えて、そこから複数の果実が取れる植物なので、拠点に植えるのに最適と言えます。 また、上記画像のランタンフルーツがある所 丘の上の建造物内 で展望室と屋内用プランターの現物をスキャンすることもできるので、忘れずにスキャンしておきましょう。 脱出ポッド12の遭難信号 時間経過で脱出ポッド12からの遭難信号を受信します。 こちらも脱出ポッド19と同様、深度250mという深い場所にあるので、シーモスで向かうのが無難です。 スタート拠点から向かう場合、途中にムーンプールの残骸やサイクロプスのパーツの残骸が落ちているので、忘れずにスキャンしておきましょう。 脱出ポッド4 乗組員記録• クリーチャーデコイ 設計図• 応急処置キット 脱出ポッド4は、スタート拠点から東方向に約400m進んだ海上に浮かんでいるので、比較的簡単に見つけられます。 オーロラ号側の方向になるので放射能対策は忘れず、そして行き方を間違うと最強の敵生物と遭遇する危険性があるので注意しましょう。 こいつはオーロラ号に近付くと出現しますが、多分逃げるしかないです。 PC版ならMOD使って何とか出来たりするのかな…。 シーモスに乗って水面付近を進んだり、見つけた瞬間に逃げれば追ってきたりはしないので、注意を払いながら進むことをおすすめします。 サンビーム号の到着 度々通信連絡をしてきていたサンビーム号が、遂にこの星に来るという連絡が入ります。 同時にカウントダウンが始まりますが、スタート拠点から南南西の方向に約1300m行った所がサンビーム号の到着予定地点です。 最初は何の情報も無かったのに、気付いたらマークが出ていたので、少し待つとマーク表示が出現するのかも…。 いずれにしても以前に集合地点音声を拾った浮島のポイントなので、そこに行けばOKです というか 行かなくても問題ないような気もするけど。 カウントダウン終了後、サンビーム号が来るイベントに発展します。 攻略時のアドバイス ダイヤモンド、リチウムの在処 ダイヤモンドやリチウムはスタート拠点から少し離れた場所まで行かないと見つけるのが難しいですが、貢岩を砕くことで発見可能です。 海面から浅い所で発見したい場合は、脱出ポッド6から西方向に200mほど進むとツリーマッシュルーム地帯があり、その付近の岩壁に引っ付いています。 浮島に行ったらすぐに家庭菜園 浮島では植物とプランターの設計図が入手できるので、それを拠点に持ち帰って家庭菜園をするのがおすすめです。 メロンなどの 果物を栽培しておけば、いちいち魚を捕まえて調理しなくても、食事と水分補給が同時に可能となります。 ちなみにマーブルメロンはナイフで切れば種が4つ手に入るので、 「3つ拾って1個を切り、種を4つ植える」というルーティンでずっと栽培し続けられます。 大型プランターを設置するにはそれなりのスペースが必要ですが、これも浮島でスキャンできる多目的ルームを建築すればOK。 多目的ルームはチタニウムだけで作れますし、通路を複数繋げて拠点を作るよりも便利な拠点が作れます。 ムーンプール建設のすすめ ムーンプールがあればシーモス等の乗物をアップグレードできるようになるので、積極的に作った方がいいです。 パワーセルの充電器も序盤に作るのは難しいので、ムーンプールで充電すれば動力にも困らないでしょう。 ムーンプールを増築する場合、水圧に負けないように耐久性を上げることと電力源も増設することをおすすめします。 素材の塊から素材を入手する方法 海を回遊していると、上記画像のような素材の塊を発見することがあります。 これは序盤にどうこうできるものではありません。 いずれ人型ロボットのような乗り物が作れるようになるので、そいつをパワーアップしてドリルを装備することで砕けるようになります。 その他の攻略情報 【次の攻略情報】 【前の攻略情報】.

次の