電子コミックサイト 比較。 【2020年】おすすめの電子書籍サイト比較

【最安値】いちばん価格が安い電子コミックサイトは?徹底比較!

電子コミックサイト 比較

「電子コミックサイトなび」はスマホやタブレット、パソコンで漫画を読めるサイトをどこよりも詳しく解説、比較したサイトです。 「どのサイトがいいのかわからない!」「どんな違いがあるのかわからない!」という方の電子コミックサイト選びの参考になればと思います。 実は私、電子コミックで大失敗しました 今では電子コミックサイトについては誰よりも詳しい自信がありますが、 実は私、電子コミックで大失敗したことがあります。 当時の私は 「電子コミックサイトなんて、どのサイトも大差ないやろ。 テレビCMで見たことあるし、このサイトでいいや」と適当なサイトに登録しました。 しかし、登録したサイトは漫画の数が少なかったので、そのサイトで配信されていない漫画を読むために他のサイトにも登録したんです。 それも2つも。 しばらくは、その3つのサイトを使っていたのですが 「あれ?あの漫画の最新刊ってどっちのサイトで買ったっけ?」と、徐々に買った漫画の管理ができなくなってきました。 今後はひとつのサイトに絞ろうと思い、他の2つのサイトの月額コースを解約することにしました。 が!なんと、 解約したサイトで買った漫画がすべて読めなくなってしまいました。 電子コミックサイトによっては月額コースを解約すると買った漫画がすべて読めなくなってしまうのです。 これは本当に大失敗でした。 最初から配信されている漫画の数が多いサイトに登録していれば、次に登録したサイトは月額コースを解約すると買った漫画を読めなくなると知っていれば、こんな大失敗はしなかったのに…! しっかり調べて今では大満足! それから、どのサイトが漫画の数が多いのか、月額コースを解約しても買った漫画は読めるのかなど、電子コミックサイトについて徹底的に調べました! そして、 理想のサイトと出会うことができ、今では電子コミックライフを満喫しています。 ネットのサービスを使うときは、しっかり調べるのが大切なんだな~と身にしみました。 このサイトでは私が調べた電子コミックサイトのすべてを公開しています。 私のような大失敗をおかさないように、少しでも参考になれば幸いです。 電子コミックサイトおすすめランキング 「コミックシーモア」がおすすめの理由• 他のサイトと比べて漫画の数が非常に多い• 「月額コース登録タイプ」「買い切りタイプ」どちらにも対応• 月額コースを解約しても買った漫画を読める• 新規無料会員登録で「半額クーポン」を貰える• 初回購入作品の中から1冊分のポイントを貰える• 2,000円以上の月額コースのボーナスポイントが全サイト中最多• ほとんどの漫画は閲覧期限なし• 買った漫画をスマホにダウンロードして保存できる• 運営元がしっかりしている安全な老舗サイトで安心• 漫画だけではなくラノベや小説、雑誌も読める• 期間限定で1巻~無料で読めるキャンペーン まず、漫画の数がとても多く、月額コースを解約しても買った漫画を読めるので、私のような大失敗をすることはありません。 さらに 「半額クーポン」と「1冊分のポイント還元」という破格のキャンペーン! 実質、漫画1. 5冊分得してますからね!これ以上のキャンペーンをやってるサイトは他にありません。 運営会社もNTT系列なので安心・安全!今後のメインにするのに文句ありません! もちろん「絶対にコミックシーモアを使うべきだ!」とは言いません。 ただ、後悔しない選択のひとつなので、迷ったときの候補に入れてみてください。

次の

電子書籍サイト比較!漫画を読むおすすめストア9選!【2020年】

電子コミックサイト 比較

漫画読み放題サービスとは? 漫画読み放題サービスとは、毎月一定の金額を払えば電子コミックが読み放題になるサービスのことです。 スマホやパソコンやタブレットの画面上で漫画が読めます。 漫画読み放題サービスといっても、すべての漫画が読めるわけではなく、読み放題に設定されている漫画だけ読めます。 とはいえ、面白い作品も多数含まれているので、漫画を読むのが好きな人ならとっても楽しめますよ。 漫画読み放題サービスのメリット・デメリット 漫画読み放題サービスには、以下のメリットとデメリットがあります。 漫画読み放題サービスのメリット5つ 漫画読み放題サービスのメリットは以下の5つです。 漫画読み放題サービスのメリット5つ• 「読めば読むほど漫画が本棚に溜まって困るけど、漫画喫茶に行くのは面倒」という経験をした人もいるでしょう。 その点、漫画読み放題サービスなら場所を取らず自宅でも移動中の電車の中でも、漫画を読めます。 また、料金も1ケ月間で1,000円以下なので、漫画を数冊読むだけで元が取れます。 既に絶版になっている珍しい作品も読めるのが大きなメリットです。 漫画読み放題サービスのデメリット3つ 漫画読み放題サービスのデメリットは、以下の3つです。 漫画読み放題サービスのデメリット3つ• それに対して、漫画の読み放題サービスは、人気の作品や新しい作品はあまり取り扱っていません。 レアな作品が読める反面、「人気の作品を読みたい」と思って、漫画読み放題を登録しても取り扱っていない場合が多いです。 また、漫画喫茶に比べて、新しい漫画が追加されるペースが遅いので、人によっては「読みたい漫画がない」と感じやすいです。 ただ、最初に読める漫画の数が多いので、最初の数カ月間は漫画不足には悩みません。 漫画読み放題サービスがオススメの人、オススメできない人 読み放題サービスがオススメできる人、できない人は以下の通りです。 オススメの人 読み放題サービスがオススメの人は以下のタイプの人です。 読み放題サービスがオススメの人• 漫画を大量に読みたい人• メジャーどころの漫画を読みつくした人• 漫画を新規開拓したい人• 古い漫画やレアな漫画が好きな人 「全くタイトルを知らないような漫画でも読める」という人にとっては、色々な作品が読めるので、相性がいいです。 読み放題サービスがオススメできない人 それに対して、読み放題サービスがオススメできない人は以下のタイプの人です。 オススメできない人• 知名度の高い漫画が好きな人• 最新の漫画を読みたい人 『ドラゴンボール』『ドラえもん』『ONE PIECE』などの人気の漫画はサービスの対象外なので、人気の漫画を読みたいという人にとってはオススメできません。 人気の漫画を読みたいのであれば、自分で買ったり、漫画喫茶に行ったり、レンタルを利用しましょう。 幸いほとんどの漫画読み放題サービスには、無料期間が用意されているので、まずは無料で試せます。 サービスによって、読める漫画の種類が違うので、複数のサービスを試してみて良いでしょう。 中には『北斗の拳』や『海猿』などの知名度が高い人気漫画が読めるサービスもありますよ。 動画も見放題!最新の漫画も読める「U-NEXT」 株式会社U-NEXTが提供しているサービスです。 動画見放題サービスの「U-NEXT」の会員が利用できます。 時期によっては『封神演義』『弱虫ペダル』などの人気漫画も読み放題になる珍しいサービスです。 さらに、『週刊女性』『日経トレンディ』などの70種類以上の雑誌も読み放題。 動画も14万本以上が見放題という凄まじいサービスです。 1契約でアカウントを4つまで作れるので、家族4人で使えば、1人あたり500円以下で利用できます。 いろいろなサービスを使ってきましたが、個人的に最もオススメのサービスです。 U-NEXTの月額料金は1,990円ですが、動画や漫画の購入に使えるポイントが毎月1,200ポイントもらえるため実質は790円です。 ポイントを使えば、好きな漫画の最新巻や最新の動画作品を1,200円分購入できます。 さらに今なら無料登録しただけで、漫画や動画の購入に使えるポイントが600円分をゲットできますよ。 株式会社U-NEXT• 開始:2014年4月• 料金:1,990円• 冊数:不明• 無料期間:31日間 ソフトバンクの「ブック放題」 ブック放題は、ソフトバンク系列の株式会社ビューンが提供している月額500円の雑誌・漫画の読み放題サービスです。 ソフトバンクユーザーじゃなくても利用可能。 漫画は3万冊以上が読み放題で、『カイジ』や『海猿』や『ブラックジャックによろしく』などドラマ化された作品が読めるのが嬉しいです。 さらに、350誌以上の雑誌も読み放題なので、雑誌読み放題サービスを別途契約しなくてもいいので、お得です。 月額料金が500円と安く、雑誌やコミック1冊分の値段なので、価格・安さ重視の人にオススメです。 ソフトバンク株式会社・株式会社ビューン• 開始:2015年6月• 料金:500円• 冊数:マンガ30,000冊、雑誌350冊• 180ページ以上読みたい場合は、読めるページを追加で買うか有料会員になる必要があります。 有料会員になると広告が表示されなくなり、R18のプレミアム作品も閲覧可能になります。 使ってみた感想としては、無料版は20ページぐらい読むごとにいきなり広告が表示されるので、「せっかく良いところだったのに」と結構なストレスを感じました。 有料会員の場合は、広告が表示されないので、漫画に集中できます。 運営:株式会社TORICO• 開始:2015年4月• 料金:480円• 冊数:28,000冊• 無料期間:なし 有名なビジネス書が読み放題「Kindle Unlimited」 Kindle Unlimitedは、Amazonが提供している電子書籍の読み放題サービスです。 料金は月額980円。 専用アプリのKindleで漫画を楽しめます。 読み放題の電子書籍数はなんと計200万冊以上。 これには洋書も含まれているので、日本語で読める和書は数十万冊以上、漫画は5万冊以上が読み放題。 電子書籍でお馴染みのKindleのアプリで読めるので、Kindleのアプリを使っている人にはオススメです。 『夢をかなえるゾウ』や『誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール』などのベストセラーのビジネス書も読み放題なので、ビジネスマンの人には最もオススメしたいサービスです。 運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社• 開始:2005年5月• 無料期間:7日間 月額定額の漫画読み放題サービスは好みが分かれる 月額漫画読み放題サービスで取り扱っている漫画は、古い漫画や知名度の低い漫画が中心です。 そのため、漫画喫茶と同じ感覚で、読み放題だと思っていると「有名な作品がない」と感じるでしょう。 ただ、「隠れた名作を自分のペースで読みたい」「いろいろな漫画を読みたい」という人には良いサービスだと思います。 ほぼ全てのサービスに無料のお試し期間があるので、興味がある人は試してみると良いでしょう。 なんとなく過ごしていた電車の中の時間や生活のすき間時間がお楽しみの時間に変わりますよ。 個人的には、ポイントを使って、最新の漫画が購入できる「U-NEXT」が最もオススメです。 続いて、500円で雑誌と漫画が読み放題になる「ブック放題」、ビジネス書が読み放題の「Kindle Unlimited」もお得なサービスです。 「無料でマンガを読みたい!」という人には3000作品が無料で読める「まんが王国」がオススメです。 電子コミック・漫画読み放題サービス一覧•

次の

漫画・コミックのレンタルサービスを比較したけど、もう買えないかも【宅配・電子】

電子コミックサイト 比較

どのサービスもスマホやタブレットで閲覧できる他、アプリを使えばダウンロードもできます。 また、ポイントやクーポン、無料で読める漫画などお得に購入することもできます。 しかし「漫画の配信数が多い」「有名なサービスの方が安心」など、はじめて電子書籍を購入する方は不安もあると思います。 各サービスの特徴を事前に確認しておきましょう。 【おすすめベスト11】電子書籍サイト比較 サービス内容、価格、ポイント、無料漫画といった要素を総合的に判断し、おすすめの電子書籍サイトをまとめました。 1位ebookjapan セールや無料漫画が豊富!Yahoo! プレミアム会員ならもっとお得 ヤフーと連携してサービスを提供している電子書籍サイト。 2000年創業の老舗で60万冊を超える電子書籍を販売しています。 また無料で読める漫画は2,000冊以上、Tポイントが貯まる・使える、Yahoo! プレミアム会員はポイントが貯まりやすいなど、お得に購入できる仕組みが魅力です。 スマホやタブレット、パソコンを使って読むことができます。 本屋まで足を運ばなくても、自宅や旅行先、電車の移動中でも読めて便利。 探したい本も電子書籍サイトで検索すれば、簡単に見つけられます。 電子書籍は「データ」なので、在庫切れの心配もありません。 また、紙の本であれば、本を買えば買うほど部屋のスペースを圧迫してしまいますが、電子書籍なら何百冊買ってもスマホの中におさまります。 重たい本を持ち歩かなくてもいいメリットがあります。 ダウンロードできる 電子書籍を読むときは、端末にダウンロードしておくのがおすすめ。 アプリを使ってスマホにダウンロードしておくと、WiFiなどのインターネット環境がない場所でも本を読めます。 紙の本よりも安い すべてではありませんが、電子書籍は紙の本よりも価格が安いことが多いです。 通常購入でも、数十円は安いのでまとめ買いするときのコストもおさえられます。 無料で読める漫画もある 1巻無料や全巻無料など、無料で読める漫画が配信されています。 随時更新されるので、暇つぶしで楽しむこともできます。 また、本の一部分を試し読みできる電子書籍サイトもあり、立ち読みを気にせず購入前に検討することも容易です。 本を読みやすくするサービス 電子書籍は、以下のようにインターネットならではの本の読み方ができます。 ・ページをブックマーク ・マーカーを引く ・コメントを書く ・テキスト検索 ・フォントサイズ調整 また、たくさん電子書籍を購入しても、マイ本棚を作ることで目当ての本を探しやすくできます。 デメリットや注意したいこと すべての紙の本が電子書籍化されているわけではない 販売されているすべての本、漫画、雑誌が電子書籍化されているわけではありません。 紙の本でしか購入できない本や漫画もあります。 また、電子書籍サイトによっても販売されている電子書籍が異なります。 複数のサービスを使い分けたくないなら、取扱い数が多い電子書籍サイトを選ぶのがおすすめです。 インターネット環境が必要 電子書籍はインターネット環境がないと購入できません。 光回線やWiFi、スマホでのデータ通信などインターネット環境が必要です。 なお、電子書籍をダウンロードする際は、多くの容量がかかる場合があります。 光回線やWiFiなど、通信速度が早く、データの容量制限がないインターネット環境で利用する方がいいです。 まとめ や、は販売数が多く目当ての本が見つかりやすいです。 は、毎月もらえるポイントで、本を購入できるメリットがあります。 また、動画(映画やドラマ)も視聴できるのでコスパがいいです。 その他のサービスでも、キャンペーンや無料漫画が豊富にあるので、試し読みで使い勝手を試してみましょう。 電子書籍について、詳しく知りたい方は、以下ページもご覧ください。

次の