しめすへん 鍋。 「禍」(しめすへん(ネ)に「過」の右側)の読み方と意味 「新型コロナ禍」などで使用

しめすへん(ネ)に鍋の右側の漢字なんて読むんや

しめすへん 鍋

「禍」訓読みする単語• 禍神 まがかみ• 禍言 まがごと• 禍事 まがごと• 禍 禍しい まがまが-しい• 禍い わざわい 音読みする場合と、訓読みする場合があるわけですが、「 禍」が後ろに入っている単語は、すべて「カ」と読みます。 そのため、恐らく「コロナ禍」も下つきになるので「コロナカ」が正しい読み方と言えそうです。 コロナ禍の読み方は「わざわい説」も 先程申し上げた通り、「コロナ禍」は「コロナカ」が正しい読み方と推測されます。 しかし、ヤフーの検索窓に「コロナ」に続けて、「わ」と入れると、キーワード入力補助で「コロナ禍」がサジェストされます。 そうすると「ころなか」ではなく、「ころなわざわい」という説もありそうです。 一体どれが正しいのでしょうか… もしかすると、両方正しいのかもしれません。 読み方の最終的な回答が難しいところではありますが、いったいこの「コロナ禍」というのは、どんな意味があるのでしょうか。 かっこいいもんね、「禍」って。 使いたいもんね。 厨二病患者なら間違えないのにね。 ? — 72mitti 723hack.

次の

コロナ禍って何て読んでどんな意味?コロナ渦間違いでコロナ鍋でもない!

しめすへん 鍋

「コロナ 渦」はなんて読む?の読み方や意味は? 「コロナ 渦」の読み方に迷ってしまう…そんな声も結構多く上がっています。 『 渦中(かちゅう)』という言葉が日常的に飛び交ういい例だと思います。 『コロナ 渦』の読み方や意味 調査した結果から、 『コロナ 渦』の読み方や意味について考えてみましょう! m3. 日付的には私の確認した中で最も早くタイトルもしくは本文内に「コロナ 禍」を使ったネットニュースですね。 Twitter ツイッター上で「コロナ 禍」を最も早く使ったツイートです。 結局ばらまかれたけど症状は大したことないみたいになるんじゃないかなー? あと、感染源がヘビという話もあるけど、ヘビって発熱しないよね? ピット器官! —. nicovideo. オリンピック開催可否に関する内容ですね。 w yahoo検索を使って、本文およびタイトルにそれぞれが含まれる件数という前提で比べてみますね! 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトル&本文に使われている記事数比較 細かいことは抜きにして、検索結果数を紹介します。 ちなみに、期間は2020年4月6日以前です。 コロナ 禍 = 約3600万件 コロナ 渦 = 約 290万件 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトルのみに使われている記事数比較 コロナ 禍 = 24000件 コロナ 渦 = 783件 比較結果 明らかに「 禍」の方が「 渦」よりも多いですね! タイトル&本文 では 約12. 4倍 の差 タイトルのみ では 約30倍 の差 「 禍=わざわい」という意味合いを表現として用いる方が状況にマッチしているんでしょうね。

次の

コロナ禍の読み方は?鍋(なべ)、渦(うずにしめすへん)?と読めない人が続出!意味と使い方、影響を調べました!

しめすへん 鍋

「コロナ 渦」はなんて読む?の読み方や意味は? 「コロナ 渦」の読み方に迷ってしまう…そんな声も結構多く上がっています。 『 渦中(かちゅう)』という言葉が日常的に飛び交ういい例だと思います。 『コロナ 渦』の読み方や意味 調査した結果から、 『コロナ 渦』の読み方や意味について考えてみましょう! m3. 日付的には私の確認した中で最も早くタイトルもしくは本文内に「コロナ 禍」を使ったネットニュースですね。 Twitter ツイッター上で「コロナ 禍」を最も早く使ったツイートです。 結局ばらまかれたけど症状は大したことないみたいになるんじゃないかなー? あと、感染源がヘビという話もあるけど、ヘビって発熱しないよね? ピット器官! —. nicovideo. オリンピック開催可否に関する内容ですね。 w yahoo検索を使って、本文およびタイトルにそれぞれが含まれる件数という前提で比べてみますね! 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトル&本文に使われている記事数比較 細かいことは抜きにして、検索結果数を紹介します。 ちなみに、期間は2020年4月6日以前です。 コロナ 禍 = 約3600万件 コロナ 渦 = 約 290万件 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトルのみに使われている記事数比較 コロナ 禍 = 24000件 コロナ 渦 = 783件 比較結果 明らかに「 禍」の方が「 渦」よりも多いですね! タイトル&本文 では 約12. 4倍 の差 タイトルのみ では 約30倍 の差 「 禍=わざわい」という意味合いを表現として用いる方が状況にマッチしているんでしょうね。

次の