ユミル リンク 株式 会社。 ユミルリンク株式会社 エンジニア採用/求人

ユミルリンク株式会社の株式取得に関する基本合意締結のお知らせ

ユミル リンク 株式 会社

技術力と利便性を追求することを信条に、メール配信システムを中心としたクラウドサービス・ソフトウェアを提供している会社です。 インターネット mail、web、アプリ を活用した情報の「発信」「収集」「分析」等、法人のマーケティング・コミュニケーション活動を支援しています。 開発・提供・サポートを垂直統合型で展開しています。 配信処理性能・技術力を追求したメール配信パフォーマンスが最大の特徴で、月間メール配信数42億通の実績を誇ります。 確実にメッセージを届ける高速処理性能は長年の信頼のもと、企業と個人をつなぐマーケティング用途のみならず、災害等の有事の際のコミュニケーション支援にも活用されています。 マーケティング、コミュニケーション手段の多様化にあわせ、メッセージングプラットフォームの拡張や配信・分析・行動データ等を有効活用した新事業展開で新たなメッセージングチャネルも続々展開中です。 個々の意見を尊重する風土と技術力の追求や創意工夫するといった社風が根付いておりますので、日常の業務のなかでもエンジニアとしてのスキルが確実に高まる環境が整っています。 また、キャリアについても各事業の責任者を目指す道、特定分野のスペシャリストを目指す道など、エンジニア次第では多様なキャリアが開けます。 気になったことは、まずはアクションしてみる。 「こういうことがやりたい」と手を挙げられる。 成長意欲があり新しい技術や事業にも積極的に関わりたい方には、その環境があります。 全て自社開発をしており、メール配信・転送処理は実績値で時間700万通の高速配信(国内最高水準)が特徴です。 導入企業も1500社を超え、今後もメッセージチャネルの拡充をはじめとした、更に幅広い業界へ進出するべく新規サービスの開発を行ってまいります。 事業構成比 閲覧には無料登録/ログインしてください。 売上高 閲覧には無料登録/ログインしてください。 営業利益 閲覧には無料登録/ログインしてください。

次の

サイボウズ、連結子会社のユミルリンクをアイテック阪急阪神に譲渡

ユミル リンク 株式 会社

ユミルリンク株式会社 YMIRLINK Inc. 2月に、株式会社、の3社を中核とする企業グループの傘下となる。 自社製品である事業を主業としている。 概要 [編集 ] 同社eメールメッセージング製品「Cuenote」は用途に応じ3製品が提供され、いずれの製品も自社開発の MessageTransferAgent である。 並列化を行う事でメール配信・転送処理が高速化されている事が特徴である。 1 Cuenote FC 大規模一斉送信用メール配信ソフトウェア 2 Cuenote MR eメールソフトウェア 3 Cuenote SR-S リレーサーバー 国内企業の海外市場におけるメールマーケティングの需要拡大に応え、メール配信システム「Cuenote FC」ではやほか世界の約60言語で作成したメール文章に対応。 対策の認証技術「」の啓蒙および国内普及を目的として2010年11月に設立されたJapan Working Group に参加。 当団体が策定するリコメンデーションに基づき、2011年7月にメール配信システム「Cuenote FC」がに対応したと発表している。 同社では開発言語としてを用いる事が多く、開発「TripleTail」や、携帯対応日本語などをで公開するなど、技術情報の公開を行っている。 同社のeメールメッセージング製品「Cuenote」ではの他にとが用いられている。 入念なプロファイリングにより、Erlangでボトルネックとなる処理をC言語による実装に置き換えることで、大幅な高速化を実現している。 出典 [編集 ]• 2018年6月22日閲覧。 外部リンク [編集 ]• 所属団体 [編集 ]•

次の

株式会社ユミル

ユミル リンク 株式 会社

ユミルリンク株式会社とは、7月設立のに本社を置く開発会社である。 2月に、株式会社、の3社を中核とする企業グループの傘下となる。 自社製品である事業を主業としている。 ユミルリンク株式会社 YMIRLINK Inc. 並列化を行う事でメール配信・転送処理が高速化されている事が特徴である。 1 Cuenote FC 大規模一斉送信用メール配信ソフトウェア 2 Cuenote MR eメールソフトウェア 3 Cuenote SR-S リレーサーバー 国内企業の海外市場におけるメールマーケティングの需要拡大に応え、メール配信システム「Cuenote FC」ではやほか世界の約60言語で作成したメール文章に対応。 対策の認証技術「」の啓蒙および国内普及を目的として2010年11月に設立されたJapan Working Group に参加。 当団体が策定するリコメンデーションに基づき、2011年7月にメール配信システム「Cuenote FC」がに対応したと発表している。 同社では開発言語としてを用いる事が多く、開発「TripleTail」や、携帯対応日本語などをで公開するなど、技術情報の公開を行っている。 同社のeメールメッセージング製品「Cuenote」ではの他にとが用いられている。 入念なプロファイリングにより、Erlangでボトルネックとなる処理をC言語による実装に置き換えることで、大幅な高速化を実現している。

次の