米津玄師馬と鹿。 馬と鹿

【米津玄師/馬と鹿】歌詞の意味を徹底解釈!進む逆境の先には何が待っている!?

米津玄師馬と鹿

スポンサーリンク 歌詞の内容について 米津玄師の歌詞は、孤独や生きていくことの難しさを表現しているものが多いように感じます。 だからこそ生きることに悩む人々の、心に響く楽曲を提供することが出来ているのでしょう。 今回の『馬と鹿』についても、このような部分の歌詞があります。 そして、この曲の中では様々な視点から歌詞が書かれているところが、特に印象的と言えるでしょう。 自分目線であったり、友達目線、恋愛目線など。 曲の中に様々な角度から、人を見ている主人公が感じられます。 この中でも、人を信じたいそして愛していきたいという願いが強く伝わってくるのです。 ドラマに沿うような形でもあるので、ドラマを観ることにより更にこの曲の魅力を感じることができるかもしれません。 実際に米津玄師自身が、ドラマに沿うように曲を作ったと語っているのです。 こう考えると、自分の世界観だけに偏らず、ドラマの内容についても深く考えて作られた曲であることが、想定できるのではないでしょうか。 痛みを感じながら歩いてきた自分。 でもまだ熱い心が残っているのです。 そして、残ったものが、愛ではなければなんなのか。 このように心に問いかける自分がいるのでしょう。 たったひとつの存在、それが愛するべき対象なのでしょう。 なぜ馬と鹿なの? タイトルに対して、気になる人はとても多いはずです。 歌詞の中に踵や鼻先というものが出てくるところから、動物の馬と鹿に対しての思いを感じる人は多いでしょう。 馬と鹿の関係性。 これについてはミステリアスな部分があるかもしれません。 普通に考えると「馬鹿」なのですが、これだけを意味しているわけでは決してないはず。 馬と鹿のそれぞれの持つ魅力やどのような関係性があるかを、この曲を通して伝えたいと米津玄師は思っているのではないでしょうか。 どちらも本来は、神秘的な動物として表現されている可能性があるのです。 米津玄師の世界観に圧倒される! 毎回どのような曲を私たちに届けてくれるのか、その期待を良い意味で裏切るような米津玄師。 今回の曲についても、さすが米津玄師だと思わざるを得ないような素晴らしい仕上がりを感じます。 今後も、更に磨かれていく感性に対して、ついていきたいと思う人は増えていくことが想定されるでしょう。

次の

米津玄師/馬と鹿 [CD+DVD]<初回生産限定盤(映像盤)>

米津玄師馬と鹿

上は第1話の予告動画ですが、「馬と鹿」はこのドラマの為に作られた楽曲であるため、ドラマの理解は楽曲考察に欠かせることができません。 そのため、まずはあらすじを簡単に説明していきます。 大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、意向に沿わない異動を受けてしまいます。 その先に待ち受けていたのは、 ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーへの任命でした。 現在、成績不振な「アストロズ」を再建するという重荷。 出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まるというわけです。 今回、「ノーサイドゲーム」の主題歌となった「馬と鹿」について、米津玄師本人は TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。 「馬と鹿」という曲です。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。 どうかよろしくお願いします。 これを見て頂けると分かるのですが 逆境の中をひとつひとつ進んでいく様 が 「馬と鹿」では描かれているのです。 具体的な内容はどのようになっているのでしょうか? さっそく楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「馬と鹿」とは 「馬と鹿」という二つの動物が、タイトル名になっていますが、これらは 「馬鹿 バカ 」という言葉を構成する要素になります。 「馬鹿」は、誰もが共通して浮かぶ語で 愚かなこと。 社会の常識に欠けていること。 という意味を持つ言葉。 時には蔑みの念を込めて、時には冗談交じりで私たちの日常で多く使われている言葉です。 ここで更にタイトル解釈を深読みすると なぜ「馬鹿」ではなく「馬と鹿」なのか。 という問題にぶつかります。 率直な「馬鹿」より、見栄えが良いから。 という可能性もあり得るとは思いますが、深い意味を持つ言葉を量産する米津さんのことです。 隠されたメッセージがあるのでは!?と疑ってしまいます。 そのためまずは、 両者の動物が象徴するもの を調査してみました。 まず「馬」に着目にしたところ、 馬は高貴で縁起がいいこと。 を象徴していることが明確になりました。 なぜなら、機械が発達する前は、移動手段として用いられており、たいへん貴重で高価なものだったからです。 だから馬は 「富や権力の象徴」とも言われていました。 次に「鹿」です。 これは文化によって異なりますが ハーモニー、幸福、平和、長寿 といった意味を持つそうです。 どの文化でもプラスイメージの動物でした これらを包括すると 「馬と鹿」は かなりポジティブなイメージ を象徴していることが分かります。 公開された歌詞からは「泥臭さ」のようなものを感じましたが、その中に隠された光や希望があり、だからこそ「馬鹿」ではなく 「馬と鹿」というタイトルになっているのかも知れません。 少なくとも、だた蔑むための意ではないのでしょう。 さらに、楽曲を深追いしていきます。 MVの詳細 スポンサーリンク 歌詞 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 「生き足りない.. 」と強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ 張り裂けるぐらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 疲れたその目で何を言う 傷あと 隠して歩いた そのくせ 影をばらまいた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛みしめた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 はやる胸に尋ねることは 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬように 微笑むことが うまくできなかった ひとつ ただひとつでいい 守れるだけで それで良かったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも 奪えない魂 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えば まだ続く 行こう 花も咲かないうちに これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに 花の名前を 「君じゃなきゃ駄目だ」と 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない 作詞作曲:米津玄師 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 「生き足りない.. 」と強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの 作詞作曲:米津玄師 ここでは、米津さんが抱く楽曲の意図。 逆境の中をひとつひとつ進んでいく様 が、まさに描かれています。 本来「春」という季節は、出会いや恋を連想させる期待感に溢れた季節であり、キラキラしたものの象徴であるともいえます。 しかし、 歪んで傷だらけの春という言葉を使うことで、逆境の中にあることを演出しているのです。 そして、 麻酔を打たないというのは 感覚を鈍らせないということ。 つまりは、 自分の気持ちに素直に向き合う ことを表現するために使われており、 歌詞の前半部分は たくさんのものを失くして傷だらけになったけど、これくらいで絶望するわけにはいかない。 いっさいのプライドを捨て、自分の心に問いただしてみると「生きたい」と強く訴えていた。 と解釈できます。 とにかく、前進しようとしているのです。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ 張り裂けるぐらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 作詞作曲:米津玄師 ここから先の歌詞は、 「愛」「鼻先が触れる」など、ラブソングのような語法で綴られていきますが、米津さんの制作意図を見る限り、単なる恋愛ソングと受け取るのは間違っていると思います。 おさらいですが、本楽曲「馬と鹿」は、 ラグビーチーム「アストロズ」を再建する という目的を持つ「ノーサイドゲーム」の主題歌として書き下ろされています。 それを踏まえると、ここの部分は チームを想う心 が描かれているのだと思います。 花に一つ一つ名前があり、それぞれの花言葉があるように、チームメンバー1人1人にも名前があって、各々の特徴があります。 呼べよ花の名前を 張り裂けるぐらいに という歌詞は、 チームを応援する君嶋の姿を映しているのではないでしょうか。 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えば まだ続く 行こう 花も咲かないうちに 作詞作曲:米津玄師 歪んで傷だらけの春 と対比するくらい、心が張り裂けそうになっていた主人公でしたが、同じ境遇 似た傷 を持つ仲間のお陰で、 花の咲いていない春という逆境の中でも、進む意思を灯すことが出来たのです。 「春」や「花」という言葉で 「希望」や 「期待感」と、それをひっくり返されたときの 「絶望感」を演出しているのです。 さすが米津さんと言わんばかりのテクニカルな歌詞ですよね。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに 花の名前を 「君じゃなきゃ駄目だ」と 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない 作詞作曲:米津玄師 上記のサビと同じですが最後は くだらない世界を肯定する ように締められます。 今回紹介した「馬と鹿」は、流して聴くと、ラブソングのようにも受け取ることが出来ますし、意図を踏まえて聴くと、がむしゃらに這い上がろうとする姿を連想することができます。 1曲で複数の解釈ができるのも、意味深な言葉が散りばめられる米津玄師の楽曲の醍醐味ですよね。 「馬と鹿」は「ノーサイドゲーム」の為に書き下ろされた楽曲!• 逆境の中を進んでいく様が描かれている!• サビがキャッチーで心に響く! 今回の作品もグッときますね~ 米津玄師の作品は毎度毎度、楽曲の顔が変わってくるから本当に飽きがこない。 同じアーティストなのに、それを感じさせない多角的なアプローチがすごい。 ファンを惹きつけてくれますね。 今回も素敵な楽曲をありがとうございます。 時間がある方はこちらの人気記事をどうぞ。

次の

楽天ブックス: 馬と鹿

米津玄師馬と鹿

「 馬と鹿」 の 初出アルバム『』 でしょましょ リリース (配信) 2019年(CD) 規格 時間 11:19 米津玄師 米津玄師 坂東祐大• ダブル・プラチナ(CD,)• ミリオン( 1,有料音楽配信認定、日本レコード協会) チャート最高順位• Billboard JAPAN• 週間1位()• 週間1位(、8週連続、通算11週)• 週間1位(、11週連続)• 2019年度年間5位()• 2019年度年間2位()• 2位(シングル週間)• 登場回数40回• 11位(2019年度シングル)• 2位(合算シングル)• 1位(デジタル、8週連続、通算11週)• 2位(2019年度デジタルシングル) シングル 年表 () 馬と鹿 () 目次• 背景 [ ] 米津は2013年に本人名義でからメジャーデビューし、を経由し、本作のリリースをもっての在籍となった。 シングルリリースは「」より約10ヶ月ぶりである。 楽曲は大泉洋主演TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として制作された。 テレビドラマへの楽曲提供は前々作「」以来となったが、楽曲提供に関する情報は、ドラマの放送が開始した直後まで意図的に伏せられていた。 ドラマの第1話のエンディングで初めて楽曲がオンエアされたことで視聴者に対して情報が解禁され、SNSで知ったファンの間で大きな話題となった。 は上映会が開催され、解禁となった。 上映会2日目の朝にYouTubeで公開された。 「ノーサイド・ゲーム」は大泉洋演じる君嶋隼人が社内の権力者への反駁をきっかけに左遷され、社内ラグビー部・アストロズのとして奮闘する様が描かれており、米津は「主人公が逆境の中を進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探った末にこの曲ができた」とコメントしている。 フィジカルは「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」の3形態でリリースされた。 プロモーション・リリース [ ] 本作は、TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌としてドラマの初回放送内で初めて解禁された。 同枠では池井戸潤の小説を原作とする5作「(2013年版)」「」「(2015年版、2018年版)」「」が制作されたが、いずれも主題歌は存在しなかったため、「ノーサイド・ゲーム」で初めて主題歌が使用される事となった。 楽曲解禁後、に楽曲のCDシングルリリースが告知された。 ミュージックビデオ [ ] 本作のミュージックビデオは、「」「」のミュージックビデオ、米津が出演した完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」のコマーシャルの映像を手がけたが監督を務めている。 ダンサーの振り付けは「LOSER」「Flamingo」のミュージックビデオや米津のワンマンライブの演出などに携わってきたが担っている。 映像は某所の屋上、のカネホン採石場、同地域内の採石場跡地の地下空間OHYA UNDERGROUNDにて撮影された。 映像は米津が屋上にて、肩を組んだ数十人のダンサーを背景に歌う様から始まる。 楽曲の展開に合わせて撮影箇所は採石場跡などへ移動する。 百人に近い規模まで増加したダンサーの中で、体中を引っ張られながら歌う米津や、天井から吊るされ燃える松明などが印象的である。 公開まで [ ] 本作のミュージックビデオは、2019年9月2日にYouTubeの米津の公式チャンネルへアップロードされた。 また、同日には表参道ヒルズにて開催された「鏡の上映会」では鏡の乱反射や来場者の姿を演出として利用する特殊な環境でミュージックビデオが上映された。 YouTubeへ公開されたミュージックビデオは9月9日時点で1000万回再生を記録した。 には10作品目となる1億回再生を突破した。 ビジュアル・アートワーク [ ] ジャケットワーク [ ] 本作のジャケットワークは米津が自ら手がけている。 米津はミュージシャンと平行してイラストレーターとしても活動しており、これまで自身のジャケットワークの多くを手がけてきた。 自らジャケットの絵を書き下ろしたのは「」以来で、漫画家のが制作した「」以来2作ぶりである。 本作のジャケットは、白色の背景に、曲名にちなんだ鹿角を生やした馬が精微なタッチで描かている。 アートワーク [ ] 楽曲のリリースに先駆けて公開された米津のアートワークは2種類存在し、いずれも写真家の小浪次郎が手がけている。 アートワークは2つの異なる光の中てられる石群が左右に分かれその間に米津が佇むという内容。 ラグビーワールドカップとの関連 [ ] 本作のリリース、本作を主題歌に据えたテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」が放送された2019年には、が初めて日本国内で開催された。 本作はラグビーを題材とするドラマと、この大会の関連から、ラグビーの試合のライブビューイングを実施すると連携した企画を展開した。 ハードロックカフェのライブビューイング対象店では、ワールドカップ期間中、本作のミュージックビデオが上映された。 さらに、ラグビーから着想を得たオリジナルメニューを注文した客に対して「馬と鹿コースター」がプレゼントされた。 評価・チャート [ ] 批評家の反応 [ ] の小池宏和は本作の詩的かつ神秘的な歌詞に着目し、「ノーサイド・ゲーム」の物語が展開するに連れて、歌詞に込められた真意が暴かれていく様子を好意的に捉えている。 同じく蜂須賀ちなみは度重なる転調、複雑なコードやメロディの展開など、少々難解な要素の多い楽曲を大衆的なポップソングへ昇華したと米津の手腕を肯定的に評価している。 チャート成績 [ ] 本作は2019年8月12日に各音楽配信サービスにて配信が開始され、、、他、27に及ぶサイトにてデイリーランキング首位を獲得した。 発表のデイリーデジタルシングルランキングでは64834件のダウンロード数を記録し、1位を記録した。 楽曲は8月26日付けの週間チャートへ初登場し、164798ダウンロードを記録、デジタルシングルチャートで1位、合算シングルチャートで2位へチャートインした。 このデジタルシングルチャートにおいて本作は「LOSER」「Lemon」「Flamingo」「海の幽霊」に次ぎ通算5作目の1位を獲得した楽曲となり、米津はアーティスト別の通算1位獲得数で単独1位となった。 またダウンロード件数はチャート史上歴代3位、2019年単独1位の数値を記録した。 Billboard JAPANでは8月26日付けのチャートで初登場し、で2位、Download Songsで1位にチャートインした。 また、付けの週間シングルランキングでは、初週41. 2万枚を売り上げ初登場2位、Billboard JAPAN Hot 100にはソロアーティスト史上最高ポイントで1位を獲得した。 収録曲 [ ] CD 全作詞・作曲: 、全編曲: 米津玄師。 編曲協力:坂東祐大( 1、 2)。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「馬と鹿」 TBS系テレビドラマ『』主題歌 4:29 2. 「」 劇場アニメ『』主題歌 3:57 3. 「でしょましょ」 2:53• Twitter 2019年7月7日. 2019年7月15日閲覧。 音楽ナタリー natasha. 2019年7月12日. 2019年7月15日閲覧。 エキサイトニュース M-ON! MUSIC. 2019年7月15日. 2019年7月15日閲覧。 リアルサウンド realsound. 2019年9月2日. 2019年9月8日閲覧。 rockinon. 2019年7月26日. 2019年8月25日閲覧。 Reissue Records KENSHI YONEZU. 2019年10月2日. 2019年10月14日閲覧。 音楽ナタリー natalie. 2019年10月2日. 2019年10月14日閲覧。 rocnkin'on holdings. 2019-9-. 2019年9月11日閲覧。 rocnkin'on holdings. 2019-9-. 2019年9月11日閲覧。 nor. 2019年8月12日. 2019年8月13日閲覧。 ORICON NEWS oricon. 2019年8月12日. 2019年8月12日閲覧。 ORICON NEWS oricon. 2019年8月26日. 2019年8月21日閲覧。 ORICON NEWS oricon. 2019年8月26日. 2019年8月21日閲覧。 Qetic. 2019年8月20日. 2019年8月21日閲覧。 Billboard JAPAN Hanshin Contents Link Corporation. 2019年8月26日. 2019年8月21日閲覧。 外部リンク [ ]• ソニーミュージックによる紹介ページ•

次の