アサリ の 保存 方法。 あさりの保存方法と保存期間!鮮度を保つ最もベストな保存方法とは?

生きてるアサリの保存方法

アサリ の 保存 方法

あさりは日本人にとってはとても身近な海産物の1つでしたが、最近はやや庶民的なものとは言いがたくなってしまった海産物であり、その保存方法や美味しく食べられる保存期間などを知らない人が増えつつあります。 例えばあさりの最も基本的処理である砂抜きの正しい方法、砂抜き後の正しい保存方法をご存知でしょうか? あるいは手に入れた翌日までに食べきれない場合、ただ冷蔵庫に入れただけではいけないことや、冷凍すると起きる問題点をご存知でしょうか? 30年前ぐらいでしたら大概の家で料理をする方はこうしたことを当たり前のように知っていたかも知れませんが、今はこれらは常識とは言えない知識となっています。 しかしあさりは鮮度で大きく味や臭いに差が出るため、潮干狩りやスーパーなどで手に入れた後の扱いがとても重要な食べ物であり、保存方法や砂抜きの方法1つで美味しいあさりも不味くしてしまうことはザラにあります。 そこで今回はそんなあさりを美味しく食べるためについての「常温・冷蔵庫・冷凍庫のどの保存方法が良いのか?」や「砂抜きや砂抜き後の保存方法について」などについてをご紹介する 『あさりの保存方法と保存期間!鮮度を保つ最もベストな保存方法とは?』と言う記事を書かせていただきました。 少々長めの記事になりますが、その分色々なことまでしっかりと解説させていただきますので是非御覧下さい。 Topics• あさりの砂抜きについて まずこちらではあさりを調理する時には絶対に必要となる砂抜きについてをご紹介します。 砂抜きの必要性を知らない方はいないと思いますが、必要だと知っているのとちゃんとできるのはまた別のことであり、潮干狩りで取ってきたり採れたての新鮮な物を買ったり貰った時、 砂抜きを失敗しあさりが嫌いになる人は結構います。 あさりは二枚貝の中でも殻ごと調理することが殆どであり、砂の浅瀬にもぐり込むものであるためにかなりの量の砂が入っていることが多く、ここが失敗するといくらうまく保存しても美味しくなくなってしまうからです。 そこでまず最も基本的な砂抜きの正しいやり方とそれをしないとどうなるのかについてをご紹介します。 まず砂抜きの方法ですが、箇条書きにしますと手順は以下の通り。 死んだあさりを取り除く• 重ならないように入れ物に並べる• 塩水を入れる• 密閉しないように蓋をする• 4~8時間適温で放置• ザルに開け、流水で洗う これらの手順には1つずつのポイントがありましてそれぞれ以下のことを気にしてください。 あさりを砂抜き前は洗わない まず最初のポイントとしてよほど泥まみれでない限りあさりは砂抜き前には洗わないことをおすすめします。 それと言うのもあさりは 水道水で洗ってしまうと温度が冷たく殻を強く閉じてしまったり、カルキなどの成分で死んでしまいやすくなるからです。 洗うにしてもかけ流しながら表面を磨くように洗う必要があるため、常温の潤沢な海水が用意してあると言うのでなければ砂抜き前は洗わないほうが返って良いです。 死んだあさりを取り除く あさりは死ぬと直ぐに腐り、物凄く臭くなります。 なのでこれをしないと 周りのあさりにも臭いが移りますし、水が汚れて他の元気な貝も死んでしまう2次災害を起こします。 その為 「口が開いている・簡単に開いてしまうあさり」は必ず取り除くようにしましょう。 重ならないように入れ物に並べる 入れ物は何でも構いませんが出来れば重ならないようにすることが望ましいです。 そうしないと 上のあさりが吐き出した砂を下のあさりが呼吸する時に中に取り込んでしまうため、砂抜きがきちんとしきれないことがあるからです。 もっと贅沢を言うならばザルの中にあさりを入れ、あさりが入れ物の床から浮いた状態で入れられるのがベストです。 塩水を入れる 基本的に 砂抜きをさせるためにはあさりが生きている状態でなければなりませんから海水または海水に近い塩水にあさり全体を浸けておかなければなりません。 一番手っ取り早く確実なのは潮干狩りついでにその場の海水もペットボトルなどに入れて持ち帰ってくることですが、これを忘れた場合や海水が余りにも汚い場合は、水1リットルに対し約30グラム(大さじ2ぐらい)の割合で塩を溶かした塩水で代用してください。 再度繰り返しになりますが、砂抜きで最も効果が出やすいのはあさりが住んでいた環境を再現することなので、ベストなのは掘った場所の海水です。 密閉しないように蓋をする 当たり前ですが あさりは生き物なので呼吸が出来ないと死んでしまうので砂抜きする時に密閉してはいけません。 ですが砂の中にもぐりこむ生き物であるため、ある程度暗い場所の方が活発に呼吸し砂を吐きますから、出来るだけ光を遮る蓋はあったほうが良いです。 その為くしゃくしゃにした新聞紙などをあさりを入れた入れ物の上にかぶせるのがおすすめ。 これを知らずに 密閉すればあさりは死んでしまいとても臭くなり当然砂も吐きませんし、明るい所だと砂をあまり吐いてくれません。 4~8時間適温で放置 この適温と言うのがポイントで冷蔵庫や日光が当たる場所などで 寒過ぎたり暑過ぎたりするとあさりは余り砂を吐きませんし、死んでしまうこともあります。 贅沢を言うのであれば温度変化もしない方が良いため発泡スチロールなどに入れるのがおすすめですが、そこまでしないでも潮干狩りのシーズンである時期ならば直射日光の当たらない風通しの良い場所においておけば大丈夫です。 ザルに開け、流水で洗う 吐いた砂がヌメリと共に貝殻にけっこう付いていますから調理直前にはザルに入れて流水で洗ってください。 この後は延命させる必要もありませんから結構適当にガチャガチャやっても大丈夫。 正し 水を溜めてその中で洗ったりしてしまうとまだ生きている貝が洗った汚れや砂を呼吸で吸い込むため、必ず流水で洗い落とすようにしてください。 これが砂抜きの基本です。 この砂抜きをした後のあさりは詳しくは後ほど『あさりの主な保存方法のコツと保存期間』の所でご紹介しますが、大体食べられると言う意味では最大3日、美味しく食べられると言う意味では丸1日保存することが可能です。 またこの 砂抜きと言う行為はすればあさりの寿命を縮めるものであり、半日以上放置すればあさりが死に始めると言うことも知っておいて欲しいです。 大体丸1日放置すればほぼ確実に全滅しますので、長持ちさせたい際はギリギリまで砂抜きをしない選択もありです。 スーパーで買ってきたものもきちんと砂抜きされていないものや死んでしまったあさりが混じっていることもありますので、そうしたあさりの調理前にはこの方法もありですが、折角の鮮度の良いあさりにはこの方法はおすすめしません。 【スポンサーリンク】 あさりの保存方法のコツと保存期間 こちらではあさりの砂抜きした後、常温・冷蔵庫・冷凍庫それぞれで保存した時の大体の保存期間とそれぞれの環境での保存するコツをご紹介します。 まずそれぞれの保存期間についてを先にまとめますと以下の通り。 常温だと最短で半日、最長で1日• 冷蔵庫だと最短で1日、最長で3日• 冷凍庫で最大1ヶ月 御覧のようにあさりは冷凍した場合を除いて長持ちしません。 また詳しくは後ほどご紹介しますが、冷凍する際のデメリットもありますし、冷凍しても食べられる期間が1ヶ月と言うだけの話であり、美味しく食べるなら最高でも10日が限度です。 そうした特徴も踏まえ、詳しいそれぞれの保存方法についてのコツを御説明します。 常温保存する場合 あさりの常温保存は砂抜きした後には絶対におすすめ出来ません。 それと言うのも生き物と言うのは下手に活発な状態よりも仮死状態の方が生命活動が止まりきらないからであり、砂抜きして瀕死の状態になったあさりならば冷蔵庫で保存したほうがまだ長生きするからです。 その為砂抜き後は常温保存しないようにしてください。 冷蔵庫で保存する場合 砂抜き後のあさりはせめて冷蔵庫で保存することをおすすめします。 とは言え冷蔵庫では冷たすぎてこれもまたあさりが早死にする原因となりますので、 正確には野菜室で保存するのがおすすめです。 保存方法でおすすめなのは以下の通り。 新聞紙やキッチンペーパーであさりを包む• 表面を霧吹きなどで湿らせボールなどに入れる• ラップなどをかけずそのまま冷蔵庫で保存• 半日に一回包んでいる新聞紙やキッチンペーパーを交換 塩水に浸けて保存する方法もあるのですが、こちらの場合は他に冷蔵庫に一緒に入れているものやあさりが途中で死んだりして水があさりにとって好ましくない状態になると一気に長持ちしなくなる所があり、ややおすすめレベルが落ちます。 とは言えこれでも 長持ちして3日ですし、密閉できない関係上臭い移りする危険性があるので出来れば直ぐに食べるか、そうでなければ次でご紹介する冷凍保存をおすすめします。 冷凍で保存する場合 あさりを安心して手に入れた2日以降食べたいならば冷凍保存するしかありません。 正し 冷凍する場合あさりの旨味が流れ出てしまいますので基本的に汁物以外だと味が大幅に落ちますし、長期保存すると食感が妙にぐにゃぐにゃになることがあり、調理方法が限定されるデメリットもあります。 それでも構わないと言う方は以下の方法で冷凍してみることをおすすめします。 砂抜き後キッチンペーパーなどで水気を取る• 金属製の入れ物にあさりが重ならないように並べる• 冷凍庫へ入れ3時間程放置• 凍ったらあさりをジップロックに入れる• しっかりと空気を抜いて冷凍庫で保存 如何に素早く冷凍できるかがポイント。 もし 金属製のトレーがなければアルミホイルで包んで器に載せて冷凍すれば多少はマシです。 またこうして冷凍したあさりは解凍して使うことは出来ないですし、調理する時も必ず一気に高温で調理しきってください。 それと言うのも当然冷凍したあさりは死んでしまうため、じっくり火を通しても殻が開きにくく、中にある水分とともに旨味が外に出てしまうからです。 その為酒蒸しや汁 物を作るなら沸騰させた状態で冷凍したあさりを入れるようにしてください。 バター炒めや焼きあさりにするならば最初に強い直火などで貝を開けてからでなら調理することも可能ですが、どうしても肝心の身の味も食感も香りも相当劣化するのでおすすめできません。 そしてもうお分かりかもしれませんが、 殻から出した身だけを調理するあさりご飯などには冷凍したあさりは当然殆ど使えません。 つまり あさりは冷凍した段階で殆ど「出汁の素」状態になるのだと思っていただけたら良いです。 以上が基本的な保存方法ごとの保存期間とそのコツです。 あさりは砂抜きしなければ長持ちする物なのか? 最初に砂抜きの所で少し触れましたが、砂抜きはあさりにかなりの負担を強いるのでした後は長持ちしません。 では砂抜きしなければ長持ちさせることはできるのかと言うと、実はその通りです。 感覚としてはお店の生簀に入って泳がされている魚と同じで、生きてさえいれば当然鮮度は落ちませんから長持ちすると言うわけですね。 しかし生かしておくのがあさりは非常に難しく、それこそ水槽で飼うように環境を整える必要があり、海水もかなりの頻度で交換する必要があるので海の近くでないとうまく出来ませんので、基本的に生かした状態で長持ちさせるのは無理だと思ってください。 【スポンサーリンク】 スーパーで買ってくるあさりの特例 スーパーで手に入買うあさりと言うのはいくつかの異なる状態で販売されており、潮干狩りなどで採ってきたあさりとは長持ちさせる保存方法が変わる物がいくつかありますので最後にそれをご紹介します。 まず 冷凍品。 これは特に気にすることなく買ってきたら冷凍庫で保存すればいいだけです。 正し死んでいるあさりであるため 再冷凍は絶対に出来ません。 解凍しての調理も不可能で、 必ず冷凍の状態で火を通さねばならないことにも注意してください。 続いて 水に浸っていなく、直接パックしてあるあさり。 このあさりは実はほぼ死んでいる状態で、ギリギリ生きていると言うちょっと特殊な状態です。 その為環境変化であっさりと死にダメになってしまいますので、今の環境を出来るだけ変えることなく保存することがとても大事。 最後に 剥き身のあさり。 これに関しては 例え火が入っていようと当日中に必ず食べてください。 あさりは内臓に当たる部分がかなりすぐダメになるので調理後も傷みやすく、余程保存料を使ってあるか、佃煮にでもなっていなければ持ちません。 そうでないあさりに関しては既にご紹介した通りの保存方法で保存可能ですので、そちらを参考にしてください。

次の

あさりの保存方法と保存期間!鮮度を保つ最もベストな保存方法とは?

アサリ の 保存 方法

スポンサーリンク アサリの正しい砂抜き方法は? アサリは鮮度が命ですから、潮干狩りや買い物で 手に入れたら、できるだけ早く下処理をして、 手早く調理や保存をすることが大切です。 まずは、砂抜きの正しい方法を覚えましょう。 普通の容器の底にアサリをベタ置きにしてしまうと、 一度吐き出して底に溜まった砂をもう一度吸いこんで しまうため、いつまで経っても砂が抜けません。 網の2重底なら、吐いた砂が網の下に落ちるので、 再度吸い込んでしまうことを予防できます。 例えば、上記の網付きのバットや、 食器水切り用のプラスチック容器と網容器のセットなど、 そういった物が適しています。 貝殻の外側をキレイにするイメージでOKです。 ポイントは必ず 流水で洗うこと。 容器に溜めた水で洗ってはいけません。 2.死んだ貝を選別して取り除く ガチャガチャと貝を洗いながら、 同時に、死んだアサリの選別もしてしまいましょう。 死んでしまっている貝と一緒に砂抜きをしてしまうと、 水が汚れて他の元気な貝も死んでしまいますからね。 死んだ貝の簡単な見分け方は2つです。 ・口が開いている 又は 開いてしまうもの ・他の貝と違う音がするもの 流水で洗うと元気なアサリはガッチリ口を閉じますが、 開いているのは可哀そうですが死んでいます。 また、ガチャガチャした時に他と違う音がするものは、 死んでいたり中身が砂であったりする可能性が高いです。 こういった貝があった場合は、取り除いてください。 3.容器の中に洗った貝を並べる。 アサリを並べる時のポイントは、 できるだけ貝が重ならないようにすることです。 重ねると上の貝が吐いた砂を下の貝が吸い込んでしまい、 しっかりと砂抜きができません。 また、あまり密集度が高いと酸欠で弱ってしまうので、 量が多くてどうしても密集してしまう場合などは、 複数の容器に分けて行ってください。 4.海水又は塩水を入れる。 潮干狩り会場から海水を持って帰ってきた場合は海水を、 持って帰っていない場合はご家庭で塩水を作って、 貝を並べた容器内に注いでください。 ポイントは3つです。 水の量も重要で、入れ過ぎてしまうと呼吸が出来ずに アサリが死んでしまいますので注意してください。 貝の頭が少し出るくらいの量が適量です。 塩水を作る場合の塩分濃度の目安は海水と同程度の3%。 1リットルの水道水に対し30g(約大さじ2)の割合で 塩を加え、溶け残らないようによく溶かします。 水道水よりもミネラルウォーターやアルカリイオン水の方が 良さげに感じますが、これらではほとんど砂を吐きません。 必ず水道水で行って下さい。 塩も何でもOKです。 一番よく砂を吐くのは、元々住んでいた場所の海水です。 今後もし潮干狩りに行く時には、空のペットボトルを持参して 海水を持ち帰るようにしましょう。 5.新聞紙などでフタをする。 アサリは普段砂に潜っているため、暗いところを好みます。 なので、暗くすると活性があがって砂もよく吐き出します。 というか、明るいとほぼ吐きません。 ですので、フタをして暗くしてあげましょう。 ポイントは、新聞紙などを使い、 密閉しないようにすること。 ラップなどで密閉してしまうと酸欠で死んでしまいます。 また、このフタをすることで、暗くするだけでなく 吐いた砂水で周囲が水浸しになるのも防ぐことができます。 6.しばらく放置する。 ポイントは2つです。 ・放置場所の気温 ・放置する時間 放置場所は、よく冷蔵庫に入れるという人がいますが、 冷蔵庫では水温が下がり過ぎてあまり砂を吐きません。 冷蔵庫や炎天下などの寒過ぎ・暑過ぎはNGなんです。 放置中の水温変化がなるべく少なくなるように、 冷暗所や風呂場、室内などで行うようにしてください。 放置時間については、海水と塩水とで違います。 海水であれば3時間程度で充分砂が抜けます。 水道水から作った塩水であれば5~8時間程度です。 やみくもに長くやれば良く砂が抜けるものではなく、 むしろ長過ぎると水が汚れて貝が弱ってしまいますので、 上記の時間を目安に水から出してあげてください。 7.水から出し、ザルに入れて流水で洗う。 吐いた砂がヌメリと共に貝殻にけっこう付いています。 ザルに入れて流水でガチャガチャ洗ってそれらの汚れを 洗い流してください。 最初と同様に、この時も 流水で洗うのがポイントです。 溜めた水ではやらないでくださいね。 以上でアサリの砂抜きの手順は完了です。 これで口の中でジャリッとすることはもうありません。 ・・・でも、ちょっと待ってください。 アサリを美味しく食べるためには、もう一つ大切なことが あるんです。 それは 「塩抜き」です。 やり方は次章で紹介します。 スポンサーリンク アサリの砂抜き後には塩抜きも忘れずに! 〇「塩抜き」ってナニ?? そもそも塩抜きって何なのかご存知ですか? 砂抜きに関しては一般的にもよく知られていますが、 塩抜きは聞いたことがないという方が多いです。 「塩抜き」とは、文字通り塩を抜く処理のことです。 砂抜き後のアサリの体内には海水や塩水が残っていて、 そのまま調理するととても塩辛いんです。 塩を抜くといっても特に難しいことをするわけではなく、 砂抜きと同様に、アサリに吐き出させるだけです。 作業的にはいたって簡単ですし、 砂抜きが終わったら、そのまま続けてできますので、 忘れずに行って下さいね。 まず砂抜きをした容器内の海水・塩水を捨て、 水がない状態にして、砂抜きと同様に貝を並べます。 次に、先ほど砂抜きで使った新聞紙でフタをして、 そのまま室温で 1時間程度放置してください。 最後にもう一度流水でガチャガチャ洗えば、 塩抜きは完了です。 たったこれだけですので、 コツやポイントといったことは特にないですし、 特別注意することも何もありません。 その方法はというと、 塩抜き後、 水からあげた状態でさらに2~3時間程度 室温で放置する・・・たったこれだけです! なぜ放置するだけでアサリが美味しくなるのか? ちょっと聞いただけでは信じられないかもしれませんが、 そこにはちゃんと理由があるんです。 それは、水からあげた状態で放置すると、 アサリが酸欠状態になって強いストレスを受けることになり、 体内でコハク酸という旨味成分が増加するからなんです。 ちょっと可哀そうですが、いずれにしろ食べるわけですし、 必要なのは時間だけですから、ぜひ試してみて下さい。 ビックリするほど美味しくなりますよ。 アサリの砂抜き後の保存方法は? アサリは痛みやすく、死んでしまうと臭いを発しますので、 保存方法もキッチリ覚えておきましょう。 ビチャビチャに濡らす必要はなく、霧吹きやスプレーを使って 湿らせる程度がベストです。 その濡らした新聞紙などでアサリを包み、 タッパーなどの容器に入れて冷蔵庫に入れます。 この時、密閉すると窒息して死んでしまうので、 容器にフタやラップはしないようにします。 もし冷蔵庫に野菜室があれば、そちらがベターです。 冷蔵温度が若干高めなので、海水との温度差が少ないため、 アサリの保存に適しています。 たまに様子を見て、乾きそうになったら水分を足してください。 活きがいいアサリであれば、 3日程度は美味しく食べられます。 死んだアサリは死んですぐなら食べられますが、 臭いを発しているものは食べられませんので注意が必要です。 どんなに新鮮なものでも、やはり冷蔵庫では3日が限度です。 それ以上保存したい場合は 冷凍保存しましょう。 ただし、冷凍保存は、解凍方法も含めてコツが必要です。 説明が長くなるので、コチラの記事をご参照ください。 特に重要なのは、 アサリを弱らせないようになるべく早く処理すること そして温度管理に気をつかうことです。

次の

あさりの砂抜きと塩抜きと保存方法 潮干狩りあとの処理方法

アサリ の 保存 方法

塩水につけて温度に注意 まず長く新鮮さを保ちながら保存するには適正な濃度の塩水を作ることが大事です。 生きているアサリに海水と同じ濃度の塩水を入れてあげることによってアサリの鮮度を維持することができます。 海水に近い塩分濃度は3パーセントです。 また、温度にも注意が必要です。 アサリに適した温度は10~15度なので、外で常温で保存すると特に夏場は危険です。 冷蔵庫の中でも比較的温度が高い野菜室にアサリを入れることで鮮度が落ちにくくなります。 アサリが呼吸できることが大切 塩水の濃度や温度のほかにも、あさりが呼吸ができるようにしてあげることが大切です。 アサリも生きているので呼吸が出来なければ死んでしまいます。 暗いところに保存する際にラップやアルミホイルをかぶせるときにふわっとかける程度にしましょう。 ふわっと優しくかけて空気の通り道を作ることでアサリが呼吸できるので新鮮さを保ちながら保存することができます。 いかがでしたでしょうか。 アサリも生きているので保存方法には十分に注意しなければいけないことが分かります。 上記の点に注意しながら新鮮なアサリを食べましょう。 <スポンサーリンク>.

次の