エルニーニョ の 由来。 エルニーニョとは

エルニーニョの名前の由来

エルニーニョ の 由来

エルニーニョ現象、ラニーニャ現象とは? エルニーニョ現象とは、 南米ペルー沖の海域は冷水海域ですが、数年に一度赤道方面から暖かい海水が流れ込むことがあり、 海面水温が平年より高い状態が1年程度続く現象をいいます。 ラニーニャ現象とは、エルニーニョ現象の逆で、東太平洋赤道付近の 海面水温が平年より低い状態が長期間続く現象をいいます。 エルニーニョ現象、 ラニーニャ現象ともに日本から遠く離れた地域での現象ですが、これらの現象が日本や東南アジアの気象に影響を及ぼします。 エルニーニョは男の子を意味しますが、単に普通の男の子ではなく、幼子イエス・キリストを指しています。 もともとは、ペルー北部の漁民がクリスマス頃に現れる小規模な暖流のことをエルニーニョと呼んでいました。 この言葉がペルー沖で数年に一度起こる海水温の高くなる現象に使われるようになりました。 海水温の低くなる現象なので、海水温の高くなる現象であるエルニーニョの対をなすという事でアンチエルニーニョとされていましたが、エルニーニョはイエス・キリストを意味しており語感が悪いため、お男の子の対である女の子が提唱され、定着していきました。 エルニーニョ現象、ラニーニャ現象の日本への影響 エルニーニョ現象が起こると日本付近では、夏季に太平洋高気圧が北に張り出しにくく、気温が低く、日照時間が少なくなる傾向にあります。 【冷夏】西日本の日本海側では降水量が多くなる傾向があります。 冬季では西高東低の冬型の気圧配置が弱まり、気温が高くなる傾向にあります。 【暖冬】 ラニーニャ現象が起こると日本付近では、夏季に太平洋高気圧が北に張り出しやすくなり、気温が高くなる傾向にあります。 【暑夏】 冬季では西高東低の冬型の気圧配置が強まり、気温が低くなる傾向にあります。 【寒冬】 日本への影響まとめ エルニーニョ現象・・・ 【冷夏】【暖冬】 ラニーニャ現象・・・ 【暑夏】【寒冬】•

次の

気象庁

エルニーニョ の 由来

逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれ、それぞれ数年おきに発生します。 ひとたびエルニーニョ現象やラニーニャ現象が発生すると、日本を含め世界中で異常な天候が起こると考えられています。 図1 1997年11月の月平均海面水温平年偏差(左)及び、1988年12月の月平均海面水温平年偏差(右) 図1は典型的なエルニーニョ現象及びラニーニャ現象が発生している時の太平洋における海面水温の平年偏差の分布を示しています(平年値は1981〜2010年の30年間の平均;赤が平年より高く、青が平年より低く、色が濃いほど平年偏差が大きいことを表します)。 日付変更線(経度180度)の東から南米沿岸にかけての赤道沿いで、赤あるいは青の色が濃く、海面水温の平年偏差が大きくなっています。 西部のインドネシア近海では海面下数百メートルまでの表層に暖かい海水が蓄積し、東部の南米沖では、この東風と地球の自転の効果によって深いところから冷たい海水が海面近くに湧き上っています。 このため、海面水温は太平洋赤道域の西部で高く、東部で低くなっています。 海面水温の高い太平洋西部では、海面からの蒸発が盛んで、大気中に大量の水蒸気が供給され、上空で積乱雲が盛んに発生します。 エルニーニョ現象時の状態 エルニーニョ現象が発生している時には、東風が平常時よりも弱くなり、西部に溜まっていた暖かい海水が東方へ広がるとともに、東部では冷たい水の湧き上りが弱まっています(図2中)。 このため、太平洋赤道域の中部から東部では、海面水温が平常時よりも高くなっています。 エルニーニョ現象発生時は、積乱雲が盛んに発生する海域が平常時より東へ移ります。 ラニーニャ現象時の状態 ラニーニャ現象が発生している時には、東風が平常時よりも強くなり、西部に暖かい海水がより厚く蓄積する一方、東部では冷たい水の湧き上がりが平常時より強くなります(図2下)。 このため、太平洋赤道域の中部から東部では、海面水温が平常時よりも低くなっています。 ラニーニャ現象発生時は、インドネシア近海の海上では積乱雲がいっそう盛んに発生します。 図3 ダーウィンと世界各地の 年平均海面気圧偏差の相関係数 係数が正の値のところはダーウィンの気圧が通常より高いときにその場所の気圧も通常より高い傾向にあり、係数が負の値のところはダーウィンの気圧が通常より高いとき、逆に通常より低い傾向にある。 数字の大きさがその傾向の程度を示す。 黒四角および十字の記号は、その地点の気圧がの算出に用いられるダーウィンとタヒチの位置を示す。

次の

エルニーニョ/ラニーニャ現象とは?名前の由来と寒波襲来の冬となる可能性など

エルニーニョ の 由来

「 エルニーニョ」はこの項目へされています。 「エルニーニョ」というニックネームで知られているプロゴルファーについては「」を、選手については「」をご覧ください。 大気に着目した場合には「 南方振動」、海洋に着目した場合には「 エルニーニョ現象」(もしくは、単に「エルニーニョ」)と呼ぶことができる。 エルニーニョ現象と南方振動は当初は別々に議論されていたが、研究が進むにつれて両者が強く関係していることが明らかになり、「エルニーニョ・南方振動(ENSO)」という言葉が生まれた。 ENSOは、大気と海洋が密接に連動した現象(大気海洋相互作用)の代表であるとともに、それが世界的な天候変化に波及するの代表でもある。 現在学術的には、この一連の変動現象を「エルニーニョ・南方振動(ENSO)」とし、その振れ幅の両端にあたるのが、太平洋赤道域東部の海水温が上昇する「 エルニーニョ現象」、およびその正反対で太平洋赤道域東部の海水温が低下する「 ラニーニャ現象」、とする考え方が一般的である。 この画像では、白、赤の領域は、蓄熱の異常なパターンを示している。 この海域では通常は寒流の影響で海水温が低いものの、クリスマスの時季では暖流の南下の影響で海水温が上昇している。 1950年代以降になると、数年に一度、この海水温の上昇現象が3月以降も継続し、かつ太平洋の広範囲に影響を及ぼすことが判明した。 では通常(東風)が吹いており、これにより上で暖められた海水が太平洋西部に寄せられるが、代わって太平洋東部には冷たい海水が湧き上がり、これをという。 エルニーニョが発生するとこの暖かい海水を押し流す貿易風が弱まり、暖かい海水が東太平洋に戻るようになり、海水温度が上がる。 時に大幅な上昇を示すこともあり、 - にかけて発生した最大規模のエルニーニョでは、エルニーニョ監視海域において最大で3. エルニーニョに伴う海水温の変化はまずその海域の大気の温度に影響を及ぼし、それが気圧変化となって現れ大気の流れを変えて、天候を変えてという具合にして世界中に波及する。 大気と海洋が密接に関連して発生する現象を 大気・海洋相互作用 、ある地点の気圧や温度などが遠隔地間で協調しながら変化する現象を という。 具体的には海水温の「西低東高」が気温の「西低東高」、さらには気圧の「西高東低」を引き起こすことでと呼ばれる従来の赤道付近の大気の循環を変化させてしまう。 これがの伝播、や(Js)の流路変化などによってドミノ式に低緯度・中緯度・高緯度へと波及し特有のの変動を起こす。 気圧の変化は湿・乾・暖・寒さまざまな性質を持った各地の大気の流れを変化させ、通常とは異なる大気の流れによってが起こる。 中緯度の日本においても夏はが長引き、冬はのが安定せず暖冬となる傾向がある。 エルニーニョ現象の過程 [ ]• 何らかの原因(波動伝播、西風バーストなど)で、太平洋を流れる赤道海流が弱まる。 海流が弱まったせいで暖水が西太平洋へ集まるスピードが弱まり、西太平洋で暖水域が広がり中部太平洋にまで暖水が広がる。 海水温上昇により中部太平洋の気圧が下がり、西風バーストの強化・東進が促される。 暖水が東太平洋にまで広がり東部赤道域の海面水温が低下し、それに対応して東太平洋の気圧が下がる。 西太平洋に向かう貿易風が弱まるなどして気圧の変化が世界中に波及し、異常気象を発生させる。 何らかの原因(赤道波の伝播、暖水の南北移動など)で太平洋を流れる赤道海流が強まり、海水温が平常の状態に戻る。 平常状態となった気圧変化が世界中に波及し、異常気象も収まる。 ラニーニャはスペイン語で「女の子」の意味である。 東太平洋赤道域は平年でも、同じ赤道域の西太平洋や大西洋などに比べて海水温は低い。 ラニーニャの時は、東太平洋赤道域で冷たい海水のが強くなって水温が低下するとともに、(水温躍層)の浅い冷水海域が赤道に沿って西に拡大し、東西の温度差がさらに大きくなる。 エルニーニョと同様に、世界中に波及して異常気象の原因となる。 その性質上、エルニーニョ時と正反対の異常気象になる場合がある。 例えば、エルニーニョで大雨となるアマゾンではラニーニャの時は少雨・干ばつとなる。 これは発生域である太平洋赤道域では顕著だが、そのほかの地域では当てはまらない場合も多い。 エルニーニョが終息した反動で発生するケースもある。 エルニーニョとラニーニャは表と裏の関係はあるものの、いくつかの違いがある。 それは、• 力学的なメカニズムにより、ラニーニャによる海水温の低下はエルニーニョによる海水温の上昇ほど強くならない。 エルニーニョの次の年にはラニーニャが現れることが多いのに対し、ラニーニャは長期に渡って(2-3年)持続することが多い。 総論 [ ] エルニーニョ現象とラニーニャ現象はお互いにコインの表と裏のような密接な関係にあり、切り離して考えることはできない現象である。 この海域の海水温や気圧の変動に関する研究が進むにつれ、エルニーニョやラニーニャは海洋と大気のによって起こることが明らかにされた。 相互作用とは、太平洋の赤道付近の大気や海洋にはエルニーニョ・南方振動(ENSO)と呼ばれる一種の連動があるとする考え方で、エルニーニョやラニーニャは常に変動を繰り返しているこのシステムの中で起こる現象とされる。 エルニーニョ・ラニーニャそれぞれの発生例を見ると、近年はそれぞれ約4年ごとに発生し、一度発生すると1年から1年半持続している。 エルニーニョとラニーニャは交互に発生することが多い。 ただし間隔を置いて発生したり、続けて2度以上発生したりすることもある。 交互に発生するメカニズムとして、後半以降に遅延振動子理論(delayed-action oscillator theory)などの仮説がいくつか提案され観測データ解析などによって検証が行われている。 エルニーニョ・ラニーニャ現象の世界共通の定義はなく、各気象機関などが定めた複数の定義が存在する。 その中でも、日本の気象庁と米国海洋大気局の定義が各国の研究者で学術的に広く使われている。 ちなみにエルニーニョやラニーニャが発生していない平常時の状態を「何も無い」という意味のスペイン語、ラナーダ(La Nada)と表現することもある。 ただし、これはスペイン語圏においてもほとんど使われておらず、日本でも耳にすることは多くない。 エルニーニョ・ラニーニャは、数週間から数か月先の天候を予測する長期予報において大きな撹乱原因となる。 猛暑の予想にもかかわらず一転して冷夏となるといった大きな予想の外れを生む原因であるため、この予測は予報精度の向上に不可欠であるとされる。 発生の根本的な原因 [ ] 海水温や気圧の異常を引き起こす根本的な原因を突き止めようと研究が行われているが、根本的な原因は未だに詳しく解明されていない。 しかし、一部分については解明されてきている。 まずエルニーニョの場合、海水温の異常が発生する数か月前に東から西に流れる赤道海流(と)が弱まったり反転したりする現象が観測されている。 これは、何らかの原因によって海流に変化が起きたことによるものと考えられている。 また反転の後、西太平洋の低緯度地方(フィリピン付近など)で急激に西風が強まる現象()が観測されたことがあるがこれは赤道海流の変化によって海水温が変化し、これが大気に伝わり気圧の変動を起こしていく過程で発生するものと考えられている。 しかし、赤道海流と西風バーストはどちらが原因でどちらが結果であると断定できるものではない。 これは両者が海洋大気相互作用現象で密接に関係しているためであり、解明が非常に困難であるとともに、研究者にとって重要かつ研究意欲をかきたてる大きなテーマだともいえる。 また最近の研究によれば、月のの変化と関連があるのではないかとの指摘がなされている。 これは月の潮汐力がにも影響を与えるためではないかと言われている。 モデル等においてもENSOやそれに伴う気象変化を高精度で再現して原因を究明する動きがあるが、いずれにしても根本的な原因は確定していないのが現状である。 他方、とエルニーニョ・ラニーニャの関連性については科学的にも社会的にも関心は高い。 によるの予測、 をはじめとした各研究機関の予測のいずれにおいても、平均的に太平洋赤道域東部の海水温はわずかに上昇し、エルニーニョのような海水温異常が強まるという予測が多い。 また一般的な認識においても、地球温暖化によってエルニーニョが増えたり強まったりするという考えが多い。 ただ、気候モデルによる予測では「エルニーニョが強まる・増えるだろう」という大体のことは分かっても「強まる・増える」と断定できるほど確実なレベルには達していない。 エルニーニョの原因がはっきりと解明されていないことや(解像度が低いため)モデルが再現できない小規模な気象がまだあるということ、エルニーニョなどの現象に対してモデルの再現性がまだよくないことなどが原因として挙げられている。 また研究者の間でも、過去数十年間の太平洋赤道域東部の海水温の変化傾向は地球温暖化が関係しているという意見と自然変動であるという意見に分かれている。 結論として、今の段階ではモデルの予測に基づいても「エルニーニョが強まる・増える」とは断定できず地球温暖化との関連については「関連している可能性がある」程度にとどまっている。 なお「エルニーニョは地球温暖化によって起こる」という考えも見受けられるが、推測の域を出ない。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 1955年は50年代では高温な夏。 但し、秋は。 1956年は全国的に冷夏。 秋は寒秋。 1978年は猛暑・寒冬 1978年冬 - 夏 エルニーニョ 日本で暖冬・冷夏もしくは並夏。 3の基準値を0. 一方が開催されたではが咲いていた。 夏 - 秋 ラニーニャ 21世紀日本で観測史上1位の猛暑、9月を中心とした。 による死亡多数 夏 - 冬 エルニーニョ 西日本〜北日本の日本海側を中心とした猛暑・暖秋 但し6月は冷夏、7月は平年並み 8月は猛暑 春 - 秋 ラニーニャ 沖縄を除く日本全土で1996年以来の大規模な寒春、西日本を中心とした夏季の集中豪雨(など) 夏 - 冬 西日本〜北日本の日本海側で10月を中心とした暖秋、および12月 - 翌年()の2月上旬までを中心とした寒波と長期的な降雪 スリランカで長期的な大雨 夏 - 春 エルニーニョ 北日本を除き6月のみ冷夏、7月後半から8月前半は記録的猛暑だった。 しかし、8月後半は冷夏だった。 北海道、および東日本〜西日本で8月 - 9月を中心とした長期的な豪雨(例: 主に栃木県・茨城県・宮城県 など)、北海道を除く北日本で平年より10日 - 14日以上遅い初雪・初冠雪、沖縄では12月に長期的な夏日を観測した。 12月は日本国内のみならず、国外の多くで最大規模の大暖冬となった。 しかし2016年1月には一転して西日本を中心とした大寒波が襲来、また鹿児島県の奄美大島では1901年以来115年ぶりの降雪、沖縄県では1977年2月以来39年ぶりの霙をそれぞれ観測し、更に北米・東アジア・欧州では大寒波が襲来した。 2016年夏 - 春 ラニーニャ 北海道を中心とした8月の長期的な大雨・豪雨 にが統計を取り始めて以来、初めて東北地方の太平洋側に台風が上陸した()。 また北日本では平年より7日 - 10日早い初雪・初冠雪を観測し、関東甲信越では2016年11月に初雪・初冠雪を観測した(関東甲信越で11月に初雪・初冠雪が観測されたのは1962年11月以来、54年ぶりとなる)。 このほか、2017年1月中旬と2月中旬、3月上旬は日本国内()のみならず、国外の多くで10数年に1度の北半球最大規模の大寒波が襲来した。 そして冬の積雪はかなり多かった。 この冬は日本規模で寒冬となった。 冬はほぼ全国的に暖冬で、南西諸島は記録的暖冬 、西日本や東日本でも顕著な暖冬となり、西日本の日本海側は記録的少雪となった。 2019年5月~7月は北日本を中心に記録的な長期高温・長期日照・長期少雨となった。 2019年6月は南米で大量の雹が局地的に降り、欧州で長期的な異常高温になるなど異常気象が発生した。 3(後述)海域において基準値と対象月の5か月値を比較し基準値を0. 定義に満たなかった場合でも海水温が上昇・低下し、エルニーニョ・ラニーニャのような異常気象が発生した事例もいくつかある(文字の太さが普通のもの)。 古い時代のエルニーニョ [ ] (オーストラリア国立大学グロウブ博士、1998年Nature)• 1396年• 1685 - 1688年• 1789 - 1793年• ただし、先述の通り 太平洋熱帯域ではENSOと天候の相関性が高いが、 他の地域では他の要因の影響も大きいため一概に下記のようになるとは限らない。 日本では後述の・ IOD 等のの海水温異常や AO の影響を強く受けるほか、ヨーロッパではAOや NAO の影響を強く受けるなどするため、天候の傾向を考える上ではこれらを総合的に判断する必要があるので注意しなければならない。 これら複合要因によって変化する天候の変化を予測するため、天候パターンの解明や気候モデルの改良が行われている。 なお、下記の「世界の典型的気象」リストは統計的な傾向を抽出したものに過ぎず、メカニズムが十分に解明されていないなど、ENSOとの因果関係がはっきりしないものが含まれる。 エルニーニョ [ ] NOAAがまとめたエルニーニョ時の冬(上段)・夏(下段)の天候の特徴図 エルニーニョによって西太平洋赤道域(・・付近)の海水温が低くなると、同海域では対流活動が例年より弱くなる。 例年夏季をはさんだからの頃まで日本に晴天をもたらすは、主に西太平洋赤道域からの上昇気流が対流圏上層を経由し下降してくるによって勢力を保っている。 また、 PJ と呼ばれるパターンによって日本付近の気圧の高低が付近の気圧の高低と逆になるという連動性がある。 よって、対流活動が不活発化すると同地域のハドレー循環が弱まり、衰えた太平洋高気圧の西への張り出しが弱くなる一方、海水温低下により西太平洋赤道域の気圧は高くなり、日本付近は逆に気圧が低くなる。 従って、南西からの(暖かく湿った空気)の流入やの張り出し(冷涼なの流入)が強くなり、日本では低温でくもりや雨が多い夏となる傾向がある。 例年冬季にはと周期的に発達しながら日本付近を東進するの両者がのを作り、に雪、に乾燥した晴れをもたらす。 エルニーニョのときには、 PNA によってが勢力を増すため、によるの南下域が付近に固定されて日本付近では寒気が入りにくくなる一方で、 WP によってから付近にかけての北西太平洋中緯度で気圧が高くなり、西高東低が弱くなって寒冷な北西季節風が弱まり、日本では全般に暖かく日本海側で晴れが多く太平洋側で曇りや雨雪が多い冬となる傾向がある。 北半球の春• 高温 - 周辺、 - 南部 - 東部熱帯域、西アフリカ、中部アフリカ - 、北部・西部 - 中部太平洋熱帯域、北東部• 低温 西部 - 東部沿岸部 - インド北西部、北東部 - 南部、米国南部• 多雨 中国東部、インド北部 - 、ロシア南西部 - 地中海東部沿岸部、米国南西部、付近• 少雨 - 、南太平洋中部 北半球の夏• 高温 - 、パキスタン - インド東部、北西部、アフリカサヘル地域、南アメリカ北部 - 中部太平洋熱帯域• 低温 - 中国北東部、 - 中国南東部、ロシア北西部、トルコ - サウジアラビア北部、米国北東部付近、米国西部、ポリネシア南部 - - 東部• 多雨 日本海側、ヨーロッパ南東部 - トルコ、付近、米国西部、チリ北部付近、ミクロネシア南東部• 少雨 東シベリア付近、インド北部 - パキスタン、周辺、エチオピア - ナイジェリア北部、、 - 南アメリカ北部、オーストラリア北東部 - ニュージーランド北西部 北半球の秋• 高温 マレーシア - インド、フランス東部付近、アラスカ付近、南アメリカ北西部 - 中部太平洋熱帯域、ブラジル東部• 低温 中央シベリア南部 - 周辺 - 西日本、カナダ東部 - 米国中部、南アメリカ南部、ポリネシア南部 - ニュージーランド - オーストラリア北東部• 多雨 スペイン - アルジェリア北部周辺、米国南西部付近、南アメリカ南部• 少雨 中央シベリア東部、朝鮮半島 - 中国北部、インド西部 - アラビア半島南部、ブラジル北西部付近、ポリネシア南部 - オーストラリア東部 - インドネシア周辺 北半球の冬• 高温 東日本 - 西日本、東南アジア - オーストラリア北部 - インド南部 - アフリカ南部、西アフリカ南部、カナダ西部付近、カナダ南東部、南部〜南アメリカ北部 - 中部太平洋熱帯域• 低温 西シベリア、米国南部、ニュージーランド• 多雨 - 南西諸島、東部- 中国北西部、スペイン - 、米国南東部、東部太平洋赤道域 - 中部太平洋熱帯域• 少雨 - ボルネオ島北部、、アラスカ西部、米国五大湖周辺、南アメリカ北部、ポリネシア南部 - オーストラリア北東部、オーストラリア西部 ラニーニャ [ ] NOAAがまとめたラニーニャ時の冬(上段)・夏(下段)の天候の特徴図 ラニーニャによって西太平洋赤道域(・・付近)の海水温が高くなると、同海域では対流活動が例年より強くなる。 夏季には、(フィリピン東方海域)で対流活動が活発化することで気圧が低下する一方、東寄りの PJ によって日本の東にあるが勢力を強め、北に張り出しやすくなるため、で晴れが多く気温が高い傾向にある一方、対流活動活発化の影響を直接受けて(暖かく湿った気流)の流れ込みが強くなり、で雨が多い傾向にある。 冬季には、が強まる一方でによりが例年より西寄り(日本東方近海)に発達しての気圧配置が強まり、寒冷な北西季節風も強まって、を中心に気温が低くなる傾向にある。 北半球の春• 高温 東西部、東部沿岸部• 低温 - 南部、北部、 - 周辺、西部 - 中部太平洋熱帯域• 多雨 北部、中部・南西部• 少雨 特に見られない 北半球の夏• 高温 、米国北東部付近、南部 - オーストラリア北東部• 低温 中央シベリア南西部付近、南部 - インド南部、付近、アラスカ湾周辺、南部 - 南アメリカ南部 - 中部太平洋熱帯域• 多雨 、パキスタン付近、スカンディナビア半島北部、ベネズエラ付近• 少雨 中央アジア、北西部付近、米国中部、 - 北半球の秋• 高温 東シベリア西部 - 中国北東部、米国中西部・南部周辺、ポリネシア南部 - オーストラリア北東部• 低温 フィリピン南部 - インド南部、北アフリカ南部 - 東アフリカ北西部、マダガスカル北部付近、カリフォルニア半島 - - 南米西岸 - ミクロネシア南西部• 多雨 - オーストラリア北部・東部• 少雨 中央アジア東部、アラビア半島付近、アルゼンチン北部付近、中部太平洋熱帯域 北半球の冬• 高温 東シベリア中部、米国南部付近、ポリネシア南部 -• 低温 - 中国東部 - オーストラリア北東部 - マダガスカル、北アフリカ西部 - 西アフリカ西部周辺、東アフリカ南部 - 南部アフリカ、カナダ西部 - アラスカ、カリブ海 - 南アメリカ北部 - 中部太平洋熱帯域• 多雨 フィリピンの東海上 - マレーシア、 - セントヘレナ島、米国北西部、南アメリカ北部付近、メラネシア - オーストラリア北東部• 少雨 フロリダ半島 - メキシコ エルニーニョ・南方振動の監視と予測 [ ] 現在、海上観測、衛星観測などのデータを基に研究機関や公共気象機関が海水温や気圧などの指標を監視している。 一部は上にも公開されている。 エルニーニョ監視海域 [ ] 世界の気象機関がエルニーニョ監視のために5つの海域を設定し、その海水温トレンドの統計を取っている。 NINO. NINO. 基準値は上述。 NINO. NINO. 南太平洋上のとの都市との気圧差を指数化したもの。 南方振動のレベルを示す値として使われる。 エルニーニョ発生時はマイナスを示す傾向にある。 その他 [ ]• 赤道東西風指数 - 太平洋赤道域の貿易風、の強さを表す指数。 対流圏下層の循環が強いときは上層が弱いという、上下層の相反関係もある。 海洋貯熱量 - エルニーニョ・ラニーニャに同期して変化を示す。 発生・収束に先行して現れることもあるが、MJOよりは相関性が低い。 太平洋・インド洋赤道域0〜300m水温の平年偏差の経度-時間断面図などから変化傾向を割り出す。 OLR(外向き長波放射)指数 - 対流活動の活発度を示す。 エルニーニョ時には太平洋赤道域東部で活発化する一方西部で静穏化する。 3海域の水温に1カ月程度遅れて同様の変化をみせる。 エルニーニョの場合、を引き起こす場合があるので重要な監視対象となる。 MJO - エルニーニョやラニーニャの発生および収束に大きく関連していると考えられている。 対流圏上層における速度ポテンシャル平年偏差の経度-時間断面図、対流圏下層における東西風速平年偏差の経度-時間断面図などから変化傾向を割り出す。 類似の現象 [ ] エルニーニョもどき [ ] のが命名した現象で、中央部の海水温が上がることによりが発生することによりの勢力が強くなる。 夏に日本で発生したやの原因とみられている。 大西洋ニーニョ [ ] 数年に一度の頻度で発生する現象で、エルニーニョ現象ほど水温偏差は大きくない。 しかし、周辺地域の南アメリカやアフリカの気候への影響は大きく、熱帯域で洪水や干魃を発生させる要因となっているほか、エルニーニョにも影響を与えていることも示唆されている。 発生のメカニズムはエルニーニョ現象と同様に、「数年に一度、弱まった貿易風の影響で、西側の暖水が東へと張り出す」タイプと「赤道の北側で海洋表層の水温が通常よりも暖められ、暖められた海水が赤道域に輸送される 」があると考えられている。 ダイポールモード現象 [ ] 「」を参照 で、赤道域東部と赤道域西部の海水温・気圧などが相反して変化する現象。 ENSOに連動する場合もあるが、単独で発生する場合もある。 アフリカ、モンスーンアジア、オセアニアの天候に影響を与える。 つまり、この海域の海上風が強くなると海水温は低下し海上風が弱くなると海水温が上昇する。 従って、この海域の表層の海水温は低く保たれているが、海上風の強弱の長期的な変動により沿岸域の海面水温の経年変動に偏差が生じる現象。 海洋研究開発機構の研究者(袁潮霞、山形俊男)によって命名された。 影響 [ ] 米国の地球研究所の報告によると3年から7年毎に気温上昇や降雨量減少を招くエルニーニョと戦争の周期的な増加の相関が認められるとされる。 より貧困な国の方が悪天候によって混乱に陥りやすく、豊かなオーストラリアはENSOに左右されるものの、これまで内紛はないが、ペルーの高地やスーダン南部ではエルニーニョが発生した年から内紛が激化し、長期化へと発展したとされる。 脚注 [ ] []• , pp. 284-285. , p. 282. 121. , p. , pp. 122-123. , p. 283. , p. 小倉 義光、1984、『一般気象学』、東京大学出版会• 高薮縁, 川辺正樹, 中村尚, , 藤尾伸三 『海のすべて』 ニュートンプレス、2017年、95頁。 GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, VOL. 28, NO. 1, PAGES 25, 2001• Nature, 2000, 405(6788)775• Science, 2002, 298, no. 5596, 1179• Journal of Marine Research, 64, 797, 2006• 、気象庁。 、気象庁、閲覧。 季節区分は気象庁のもの(春:3 - 5月、夏:6 - 8月、秋:9 - 11月、冬:12 - 2月)。 季節区分は気象庁のもの(春:3 - 5月、夏:6 - 8月、秋:9 - 11月、冬:12 - 2月)。 気象庁• 海洋研究開発機構 JAMSTEC• 海洋研究開発機構 JAMSTEC• 海洋研究開発機構 JAMSTEC• 海洋研究開発機構 JAMSTEC 2014年4月25日• 2017年2月6日閲覧。 2017年2月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 境田清隆「気候の変化・変動」『自然地理学概論』高橋日出男・小泉武栄(編)、朝倉書店、2008年、64-74頁。 植田宏昭『気候システム論』筑波大学出版会、2012年。 仁科淳司『やさしい気候学』古今書院、2014年、第3版。 『一般気象学』東京大学出版会、2016年、第2版補訂版。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ・・・・• 外部リンク [ ]• 気象庁• NOAA(英語)• BOM(英語)• 気象庁• 気象庁• (ENSOおよびIODの統合予測) 海洋研究開発機構.

次の