アイオライト リンク 攻略。 ★6キャラ評価

序盤の手引き

アイオライト リンク 攻略

基本用語 ・レイジゲージ HPバーの下にあるゲージ。 これが最大になるとレイジスキルを使用してレイジ状態に移行する。 また、レイジ状態でゲージを0にするとコアブレイクとなる。 ・レイジスキル レイジゲージが最大になった時に使用するスキル。 行動順に関係なくレイジした瞬間に強制的に使用され、このスキル自体は行動順に一切干渉しない。 その為、敵の行動直前にレイジさせたからと言って、敵の行動順が後ろに下がったりはしない。 但しスキルの効果として敏捷バフ・デバフがある場合は行動順が変動することがある。 【技封印】等のスキルが使えない状態でも使用し、1回の行動で解除されるデバフは解除されてしまう。 ボスによってはドゥームスキルより危険度が高かったりする。 ・コアブレイク レイジ中にレイジゲージが0になるとこの状態になり、この時にターンが来ても行動不能で何もしない。 与ダメージが3倍になり、大ダメージを与えるチャンスとなる。 1回攻撃を受けるか2ターンの経過でコアブレイクは解除される。 ・ドゥームゲージ HPバーの右にある丸い玉。 基本的に1回の行動で1つ点灯し、最大になると次の行動で強力な【ドゥームスキル】を使用する。 使用するスキルによっては1回でドゥームゲージが+2以上されたり、一気に最大になったりする。 ・ドゥームスキル 非常に強力なスキルで、ドゥームゲージが最大の時に必ず使用する。 通常のスキルよりも優先順位が高いので、どのタイミングで使ってくるかはゲージを見れば判別可能。 【麻痺】【技封印】等で行動不能だったりスキルが使えない状態でもドゥームゲージは消費するので、 うまくデバフを合わせてやれば発動を妨害することが可能。 ・パッシブスキル イベントクエスト等に登場する一部の強敵はプレイヤー側と同様、戦闘開始時にパッシブスキルを発動します。 解除不能で尚且つ効果量も大きいのでこの影響も念頭に置いて対策する必要があります。 高難易度挑戦に備えて ・有利属性のアタッカーを鍛える 最初期の高難易度はともかく、途中からは「クローズドゲート」というパッシブスキルを持ったドゥアガーという敵が常連になっている。 この「クローズドゲート」は、弱点属性以外の攻撃に対して耐性を持つというもので、HARDで50%、HELLとTRIALに至っては95%のダメージをカットしてしまう。 そのため、非有利属性で行ってもまともにダメージを与えられないので、必然的にアタッカーは有利属性で行くことになる。 ダメージソースとしては期待されていないファイターとプリーストに関しては他の属性でも問題ない。 ・お知らせを熟読する 高難易度イベントはゲーム内のお知らせに攻略ヒントが記載されている。 ある程度日が経過すればこのwikiにも細かい行動パターンが有志によって書き込まれるが、基本はヒントを頼りに自力で攻略パターンを見つける必要があるだろう。 ・行動パターンを見極める 高難易度の敵の行動はランダム要素が少なく、特に厄介な行動に関しては完全に使用条件が決まっていることが多い。 敵か味方に特定のバフ・デバフ、状態異常があるとスキルを使用する、攻撃対象をキャラのステータスで決定する、取り巻きがいるときのみ使用するスキルがある、等。 ・バフ・デバフをコントロールする 上記のように行動パターンの制御もそうですが、単純に効果として侮れません。 高難易度ボス戦では大量のバフ・デバフが飛び交います。 放っておくと思わぬダメージを受け一気に窮地に立たされる場面が非常に多くなるので、敵味方のバフ・デバフをそれぞれ常にコントロールする必要があります。 バフ・デバフは解除スキルの他に、逆の効果を持つスキルでも上書き可能です。 例:物防ダウンを物防アップで上書き、敏捷アップを敏捷ダウンで上書き ・職業を知る ボスの行動パターンの制御に、職業内で多くのキャラが持つスキルや装備によるスキルを使う場面が多くあります。 各職業の傾向と各キャラクターのスキルの把握が攻略への第一歩です。 ・レイジゲージ、ドゥームゲージを把握する 殆どの高難易度ボスでレイジ中のドゥームスキルによって、味方が確定でやられてしまう場面があります。 まずレイジゲージとドゥームゲージの増え方減り方の感覚を掴みましょう。 ドゥームスキルを乗り越えられるかどうかがイベント攻略の大きなポイントです。 ・ドゥームスキルの乗り越え方 高難易度ボスのドゥームスキルは攻撃対象が一人なら1万近く、全体攻撃でも数千というダメージのスキルが飛んできます。 これを耐えられるのはHPUP装備をした高レベルファイターのみです。 以下にドゥームスキルの攻略法を書きます。 ファイターのダメージカットを使う:ダメージカットで真正面から攻撃を受け止めます。 ダメージカット中ならHP全快が望ましいですが、ダメージカット大ならある程度余裕が生まれます。 ファイターが挑発を使って攻撃を引き受ける:ドゥームスキルでも単体攻撃なら挑発で誘導が可能です。 覚醒を進めたり装備でHPを補ったファイターならドゥームスキルを受けきることも可能です。 状態異常にして相手を行動不能にする:感電や麻痺、混乱などの状態異常で正常な行動ができないとドゥームゲージだけを消費してスキルが不発に終わります。 しかし行動不能になるかは確率発生です。 封印状態にする:他の状態異常と違い、この状態になっていれば確実にドゥームスキルを不発に出来ます。 難点はこのスキルを使えるソーサラーとウォーリアー 現状ルディーのみ が鈍足でタイミングが合わせ辛いことです。 ドゥームゲージが溜まった時点で、次のボスの行動の前に上記の行動がとれるキャラがいない場合、レンジャー装備のリボルバーキャノンやローグの敏捷操作を使いスキルを持ったキャラに手番を回しましょう。 ドゥームスキルを撃つ前にブレイクさせる 高難易度ボスのHPは非常に高く、レイジゲージを削るのには非常に多くのターンを必要としますが、モンクのドゥームゲージを削るスキルを使用してターン数を稼いだり、ウォーリアーのレイジゲージを削るスキルで一気に削ることでスキルを撃つ前にブレイクさせることが可能な場合があります。 注意点として、レイジゲージをHPと関係なく削るため、その戦闘中のレイジ回数が増えてしまう場合があります。 また、ブレイクであまりにも大きなダメージを与えると、瞬間的にレイジゲージが溜まり即再レイジして逆に窮地になる場合があります。 ・武器をそろえる このゲームでは武器の強さがかなり重要です。 クリスタルガチャ10連分のクリスタルでAP回復薬が50本買えるので、ある程度キャラが揃っていればクリスタルはAPにして武器素材を得るために周回した方がいいこともあります。 パッシブ効果を厳選すれば基本攻撃力をほぼ倍に高めることができます。 特にレンジャーのリボルバーキャノン、ソーサラーのアスクレピオスはスキル効果の使い勝手がいいのでイベントでの使用頻度が高いです。 ドロップアップキャンペーンの時に作りためておきましょう。 ・行動順を意識する パーティー内の行動順を意識するとバフやデバフの効果をより有効に活用することができます。 メインのアタッカーの少し前にサポーターの手番が回ってくるよう調整できるのが理想的です。 このゲームではキャラクターの敏捷はLvが上がっても変動しないため同じメンバーであれば基本的にずっと同じ順番で手番が回って来ることになりますが、敏捷アップのパッシブ効果が付いた武器を入手できれば若干の調整が可能になります。 ソーサラーには優秀なバフ・デバフ持ちが多いので敏捷付きの長杖が手に入ると重宝するでしょう。 自動出撃 ステージに設定されているミッションを3つすべてクリアすると自動出撃が可能になります。 自動出撃中は最大20回までAUTOモードでの出撃を繰り返します。 飛躍的に周回が楽ちんになるのである程度余裕をもって勝てるようになってきたら挑戦してみましょう。 自動出撃では以下のような点に留意してパーティーを編成する必要があります。 スキルは習得レベルの低いものから順番に使う(バトル画面上で右から順番に使用する)• 奥義もリンク奥義も基本的にゲージが溜まりしだいすぐ使ってしまう• 上位の強化がすでに掛かっているなどして無駄になってしまう場合でもバフスキルを使ってしまう AUTOモードの詳細については ファイター 高難易度イベントではほぼ必須の存在。 特にダメージカットが非常に強力です。 敵の行動パターンを読み切り、強力な攻撃を繰り出す直前にダメージカットを発動することでほとんどの攻撃に耐えられるようになります。 ダメージカットは効果量が違えば重ねてかけることができるので、効果量の違うファイターを二人編成して敵の連続攻撃に備える戦法もあります。 重ねてかかっている状態でダメージを受けると一回で消費されて効果が上がるというわけではなく、順番に一回ずつダメージをカットします 攻防バフが豊富な点も強みですが、特に一部の武器・キャラクターに備わるパーティー全体の攻撃力を高めるスキルは、使いどころを見極めれば大幅なターンの短縮が可能です。 場合によっては難易度HELLでの50ターン切りも夢ではありません。 ダメカ大持ちはいるだけで安定感がかなり変わる。 欠点としては、挑発を持っていないことなので、挑発持ちの装備を用意したい。 ダメカ大に加えて挑発で攻撃を引き受けることが重要になるような場合は、この3人が大いに活躍してくれるだろう。 その代わりにパッシブスキルが強力で、レンジャーのカトリーヌ、ディエンテと組ませたときのパーティーの総合火力は目を見張るものがあります。 また、闇には毒状態の敵に対して性能が強化されるスキルを持ったキャラが多めなので、その起点としても有用です。 ダメージカットの効果が中なのでタルールやティアと編成することにより重ねがけができます。 リンク奥義の物防ダウンも決まればかなり強力です。 スーパーゴールドガチャからも出るので手に入りやすいのもお勧めな点です。 イベントキャラですが、過去に復刻イベントがあり、今後も復刻される可能性があるので開催されたらぜひ手に入れておきましょう。 ティアと同じく風属性であり、攻撃寄りのパッシブスキルなので覚醒が進んだ二人で風パーティーを組めば、パーティーの防御力のみならず火力が驚くほど上がります。 更には効果時間こそ1Tですが、確定で物攻ダウン大・魔攻ダウン大を入れられるリンク奥義も強力です。 パーティー全体の攻撃力を16ターンもUP出来、効果も中とかなり大きいです。 物理、魔法共に強化できる点も優秀です。 挑発効果があるので自前で挑発を持たないファイターに非常に有用です。 効果量が少ないのでレイジ時のドゥームスキルを防ぐときは要注意です。 ドゥームゲージMAXの時感電状態で行動できないと、ドゥームスキルを撃たないままドゥームゲージを消費させることができます。 ダメージカットの再使用ができないなど緊急時の保険に。 ファントムクリーナを持っていないときに。 挑発とセットで使うだけでなく、高難易度でファイターを狙う挙動をする敵などでも役に立つでしょう。 プリースト こちらも殆どの高難易度で出番の多い職業です。 基本的に高難易度では回復以外の行動に割く余裕が生まれにくいので、攻撃スキルより回復スキルを多く持つキャラが使いやすいです。 パーティー全体が強くなってくればターン短縮のために攻撃スキルを持つプリーストが選ばれることもあります。 HP回復の他に弱体効果、状態異常の消去ができるかどうかでも難易度が大きく変わります。 HPを回復するスキルには、• 回復:使った瞬間に回復する• 治癒:効果中の数ターンの間、毎ターンHPの1割を回復する の2系統がありますがその使い分けが肝心です。 武器を整え育ったファイターはHPが1万を越えることも珍しくありませんが、その場合「回復」スキルより「治癒」スキルの方が回復量が上になります。 また、「回復」はスキル使用者の回復ステータスによって回復量が増加します。 これは逆に言えば「治癒」は固定回復なので回復ステータスが関係無いという事で、治癒メインの場合パッシブスキルをHPや攻撃力に振る事もできますし、回復ステータスをダウンさせてくる敵にも有効です。 異常ステータスは、「弱体効果」と「状態異常」の2種類に分かれていて、• 弱体効果:数値的なステータスをダウンさせてくるもの• 状態異常:毒や睡眠、麻痺など不利な特殊効果を付与してくるもの それぞれに対応した消去スキルでないと意味が無いので注意が必要です。 治癒を3ターン付与するとともに物防小UPも付きます。 回復効果が数ターン続くためHP満タンの状態でも、次に敵のターンで大ダメージが予想されるならばとりあえずかけておくという使い方もできます。 全体中回復+状態異常1つ消去とコラルステッキの上位互換の性能をしています。 但しこちらはイベ武器なのでExIIIまでしか装備効果が付かないという欠点があります。 治癒にステータスの回復は影響しないため、HPのパッシブを満載するなどでプリーストを打たれ強くすれば安定度が増します。 その分CTが51ターンと長めですが、回復スキルの所持数が多くないキャラを使う場合に回復キャラとしての役割を強くできます。 イベントが復刻されたらぜひ手に入れておきたい装備です。 イベントでは睡眠状態や誘惑状態にしてくる敵が出てくることがあり、放っておくと被害が大きくなります。 そういった敵が出てきた時に備えて準備しておくとよいでしょう。 高難易度イベントでは弱体効果をトリガーに行動が変化するボスや、プリーストの回復力を下げてくるボスがいます。 そういった場合にこちらの装備が有用です。 イベントが復刻されたらぜひ手に入れておきたい武器です。 全体回復スキルが多いキャラの無駄打ちを減らせます。 しかし治癒には回復のステータスが関係なく、また、魔攻もプリーストではあまり重要ではないので、レイド装備が揃わないうちはこちらの装備も十分選択肢に入ります。 レンジャー メインアタッカーです。 高い攻撃力に高い敏捷で高威力の攻撃を短時間に相手に叩き込みます。 武器を整え育ったレンジャーの一撃はすさまじく、ターン数の劇的な短縮をもたらします。 HPも防御力も低いので極端に撃たれ弱く、長期戦には不利ですが、攻撃が最大の防御としてターン数の短縮を狙えば逆に味方の被害が少なくなる場合も多いです。 ブレイク中にリンク奥義を発動すれば何十万という桁違いのダメージを叩き出すので、ブレイクに合わせるためにリンク奥義を温存する戦法もあります。 全体奥義に関しても高難易度イベントでは最初にお供2体の処理から始める為、十分に使い所はあります。 単体440%、コアブレイク中は550%という超火力のリンク奥義をブレイク時に叩き込んだときの爽快感はたまりません。 初期実装キャラでスーパーゴールドガチャから排出される為、覚醒値は比較的上げ易いです。 攻撃性能ガン振りでデバフが一切ないのはご愛敬、厳選したリボルバーを持たせましょう。 ウォーリアー 他のキャラは一撃ごとに10万でダメージキャップですが、ウォーリアーのみダメージキャップが15万という一撃必殺の職業です。 アタッカーとして高い攻撃力でダメージを蓄積しながら、同時にレイジゲージを減少させるという重要な役割を持っています。 レンジャーに匹敵する攻撃性能を持っていますが、敏捷が低いためただ単に攻撃しているだけでは総ターン数に対するダメージ量はそれほど伸びません。 上方修正されました。 攻撃力がさらに高まり、ウォーリアーだけダメージキャップが引き上げられました。 またスキルによってはCTが半分近くになりスキルの回転率が上がりました。 足の遅さは相変わらずですが、ターンが回ってくる間にスキルが回復するようになったので、手数で勝負するレンジャーに対して高倍率のスキルで一撃のダメージを狙う職業になりました。 敏捷の低さが弱点ですが、リンク奥義は敏捷に左右されないので、ここぞという時に叩き込めばその攻撃性能を十分に発揮できるようになります。 レイジゲージ削りの他にレイジ中にダメージが増加するスキルを持つキャラもいるので、レイジに突入してからが本番です。 基本火力が高いためリンク奥義をブレイク中に叩き込むのもありです。 状況によりレンジャーのリンク奥義と使い分けましょう。 レイジゲージ削りはレイジ前でも効果があります。 レイジを遅らせることで後半に2回目のレイジをさせない、なんて使いかともできます。 モンク 扱いが非常に難しい職業です。 攻撃、回復。 盾役などすべての役割を担えますが、どれも本職には及ばず器用貧乏になりがちです。 特に見た目のイメージに反して攻撃面では主力になりえないのでガッカリするプレイヤーも多いが、基本的にサポート系ジョブであると認識しておくと良い所が見えてくる。 モンクが、というよりどのキャラが何をできるか、で状況によって使い分けるのが良い。 上方修正されました。 基本攻撃力が上がり回復力も増したためパーティーの隙間を埋めながらの活躍がしやすくなりました。 レンジャーやウォーリアーには及びませんが、サブアタッカーとしての活躍も十分可能です。 回復スキルは現状では攻略のキーになる事は少ないが、プリーストが必要なほどではない短期決戦での保険として選択肢の一つになる。 回復スキルを持つキャラ:ジェーン、サブリナ、ミヤオス、ユウカ、プルーナ、コルノ、アリッサ 回復スキルのある武器:ボニートガントレッド 5章 ドゥームゲージを減少させるスキルを持つキャラが多く、相手のドゥームスキル発動を阻害することが来ます。 発動を阻害される事によって弱体化するギミックを持つ敵もいるのでそういう相手には特に有効。 ドゥームゲージ減少スキルを持つキャラ:グレイズ、フェン、ジェーン、イヴォンヌ、ミヤオス、プジラータ、ピエレッター ドゥームゲージ減少スキルのある武器:セスタス 3章 また、現状モンクのみが使える眩暈という状態異常を付与するスキルが存在しています。 眩暈は1Tだけの状態異常で、眩暈付与の次が相手のターンであれば行動不能になり、こちらのターンなら攻撃時ダメージが増加します。 高難度イベントよりもむしろレイジのない降臨イベントやコレクトイベントを中低LvPTで攻略する時にとても有効。 スキルは挑発効果に回避大が6ターン付き、回避盾として活躍が見込めるようになります。 武器の攻撃力も高く、物攻の低いモンクの弱点を補えます。 3章で素材が集まるため周回が比較的容易で、パッシブ効果の厳選もしやすく強い武器が作りやすいです。 火力が高いレンジャーやウォーリアーと連携することで効果を発揮する武器です。 プリーストの補助やプリーストでは回復過剰となるが、回復役が欲しいという隙間の需要を埋めることができます。 レイジ中限定だがドゥームゲージ2個消去という他にはないスキルを持っています。 レイジ中のドゥームスキルは非常に強力である事が多いので、時間稼ぎとしては非常に有効でしょう。 特定ルーチンでドゥームゲージMAXをしてくる敵は簡便してください。

次の

★6/ナニー

アイオライト リンク 攻略

まずは何を目指したらいい? 基本的には「」をクリアしていけばだいたいゲームの流れはわかるようになっています。 第一目標:第一章クリア 初心者ミッション3枚目の目標に第一章クリアがあります、まずそこを最初の目標とするのがいいでしょう。 第二目標:第三章クリア 第三章クリアによりレイドバトルが解放されます。 レイド戦でも経験値を獲得できるためランクアップによるAP回復をねらえます。 キャラ入手する• レア度高い順にPT組む、とりあえず最初はプリーストとか入れなくて良い、3章クリア後に火レイドが開放されるので水キャラを優先的に育てるのもアリ• で必要な素材の数を確認しておく、できれば必要数の合計をメモしておいたほうが良い。 1章クリアする。 海の破片と海の欠片が足りなければ1-1-3で人数分調達。 とにかく武攻Exで埋めたリボルバーキャノンとシックスヘッジを作る、複数作っても良い ついでに法術Ex埋めのゼピュロスロッド作ればなお良し• ランクアップでどんどんAPが溢れてると思うので、随時適度にSPクエストにも行って限界突破素材を集めておく。 キャンペーン等無い限り曜日によって出現するクエストの属性が決まっているので確実に必要数+予備15個は確保しておきたい。 足りなくなったら最悪1週間レベル上限開放できなくなる。 2章クリアする。 この辺でプリーストの育成を始める、いなければミナリアさんでも良い。 3章クリアする。 モンクを使ってるならセスタスを作る。 レイド、とにかくティンクを叩きまくれ。 ランクアップしてAP溢れたらまた武器作りSP素材集めでいい。 そこそこの片手剣、短剣、短杖ができて飽きてきたら4章に進む。 サポートキャラを設定しよう 「」も参照のこと。 本ゲームはサポートキャラの設定を別途しないといけない、グラブル形式のサポートを採用しています。 初期状態は 「チュートリアルで入手したマリルが全属性に設定されている」ので 入手したキャラの属性に合わせて設定しなおしましょう。 設定場所は「キャラ」>「サポート設定」になります。 基本的には、属性の合った一番レアリティの高いキャラ、強いキャラを置けばOK。 プリーストよりもレンジャーといった攻撃力のあるキャラが好まれる傾向にあります。 上級者で属性の合っていないキャラを置いている人もいますが、それは開催中のイベント対策であえて同属性のキャラを複数置いています。 メインクエストでドロップすることもあるので手に入ったら忘れずにエピソードを見て初回閲覧報酬のクリスタル50個を回収しておきましょう。 入手しやすいですがステの低さ、特にHPの低さが厳しい。 使いこなすには慣れが必要なので、高レアのキャラを入手したら入れ替えていったほうがいい。 イベントキャラは覚醒させやすくパッシブスキルを全て習得させやすい事を考えると案外侮れない性能になる事もあります。 高難易度イベントやレイドの報酬キャラはこちらのレア度になります。 小躍りして喜びましょう。 ゲットした時点で一つ目のパッシブスキルを覚えているのも大きな強みです。 全ジョブ中最大のHPを誇り、挑発によるターゲットコントロールや、 ダメージカット&防御アップスキルなどによるサポートを得意とするキャラが多く 挑発スキルキャラが一人PTにいるとPTが安定することが多いでしょう。 ジョブ 装備 タイプ ウォーリアー 両手剣 物理アタッカー、デバブ役(物理系)、対ボス(レイジゲージ削り) 高い攻撃力で敵を押しつぶす純然たる物理アタッカーです。 対ボス戦のレイジ ボスが本気を出して一定の間パワーアップする 対応に特化したスキルを持つキャラが多い。 レイジ中に大ダメージを与えたりレイジゲージを削る事でレイジ自体を妨害したり早く終わらせたりする事ができる。 ただし、敏捷値が全職最低で、なかなか手番が回ってこない。 ジョブ 装備 タイプ ローグ 短剣 バフ&デバブ役(敏捷系、状態異常・弱体系) 攻撃力こそ他ジョブに比べると低めですが、 高い敏捷を生かし敵に先んじて敏捷バフ&デバフで敵味方の攻撃順をコントロールしたり、 状態異常や弱体を狙うテクニカルジョブです。 ジョブ 装備 タイプ モンク 拳 対ボス系アタッカー、サブヒーラー ローグと同じく攻撃力は低めで敏捷が高いジョブです。 キャラによって回復スキルや状態異常スキル、対ボス用スキルを持っているキャラがいます。 特に、対ボスでドゥームゲージ 必殺技 を減少させるスキルはボスの必殺技の発動そのものを妨害できるので、強力な攻撃をしてくるボスに有効です。 ジョブ 装備 タイプ ソーサラー 長杖 魔法アタッカー、一部デバフ 魔法攻撃系アタッカーです。 現状魔防が高い敵は少ないので、比較的序盤から高ダメージが見込めるジョブになります。 また、長杖には特殊な武器スキルを備えたものが多いので、ボス戦で必須になる場合もあります。 ただしこの手のキャラによくあるHPと物防が低いという弱点も健在なのでボス戦では挑発を持ったファイターに守らせるなどの対策が必要です。 なお、ウォーリアーほどではないにしても敏捷はかなり遅めです。 ジョブ 装備 タイプ プリースト 短杖 回復&状態異常回復役、サブ魔法アタッカー 回復役・・・のはず。 ただし、キャラによってスキル構成が大きく異なる キャラ自身が回復スキルを持っていないなど ので注意が必要。 ある程度は短杖に回復や治癒のスキルが付いているのでそれで対応できる。 ただし、スキルは使用すると数10T使用できなくなるので、基本的には ゲージさえ貯まればすぐ使える 奥義として回復技を持っているキャラを優先で育てるのが良いです。 回復奥義持ちキャラ 2章クリアで入手できる: 光 ガチャで入手できる: 火 、 火 、 水 、 風 、 光 、 闇 フェスガチャ・期間限定ガチャで入手できる: 火 、 火 、 水 、 水 、 風 、 風 、 光 、 光 、 光 、 闇 ジョブ 装備 タイプ レンジャー 銃 物理アタッカー&バフ 自分自身のみ)役 高い物理攻撃力とローグに次ぐ敏捷の速さで攻撃の要となるジョブ、 スキルのダメージ倍率も高めが多く、自身を強化するスキルが多いのが特徴。 圧倒的攻撃力とブレイク ボスのレイジが終了して弱っている状態 時に強力な特効のある攻撃スキルを持つキャラが多いので、対ボス戦では主にフィニッシュ担当になる。 HPが低いので装備でHPを補強するか攻撃力に特化させるかは悩みどころ。 降臨イベ程度なら火力重視で短期決戦を図った方が楽かもしれません。 育成 優先すべきは• 初心者ミッションの項目を見てそれをこなしていく 報酬もかなりおいしいので、あえて背いてプレイするメリットは何もありません、• メイン育成キャラ5人を決めて2段階とLV上限まで育てる 限界2まで育てるとLV上限60になり、LV45スキルを使うことができます、単純にキャラ攻撃手段を増やす事にもつながるので、 最低限そこまでは限界突破することを考えておきましょう。 第1段階の限界突破が地味にめんどくさいですが・・。 有志の検証によるとシナリオクエスト1-1-3を周回するのが一番ドロップ効率がいいということなのでそこで第一段階素材を集めておくといいかもしれません• しばらく続ける予定で、予算もあるのであれば、を契約しておくと強化アイテム・限界突破アイテムが楽に集まります。 (ただ宝具錬成はハマる沼ですほどほどのところで切り上げるように・・・・沼を楽しむ強者もいますが)• 属性効果については有利属性で攻撃すると「Weak! 」となりダメージアップ、逆に不利属性だと「Regist! 」となりダメージがダウンしてしまいます。 敵の属性を確認して有利な属性で攻めるようにしましょう。 「Regist! 」もありません。 メインクエストのチャレンジ達成報酬でも特定の属性を編成して しないで クリアーというのがあり、1つの属性にこだわって育成すると苦労します。 各属性キャラのレアリティの高い順に2,3人ずつ育てておく事をお薦めします。 第2章を超えるために 第1章はみな無事に抜けたでしょうか?第2章から敵のLVも初期限界の20を超え、第1章と同じノリでは超えるのがだんだんと難しくなってきます。 無理にクエストチャレンジコンプリートを狙わずまずはコンテニューせずにクリアできることを狙っていといいでしょう。 さぁレイドのお時間です• レイドバトル解放後(メインクエスト3章クリア後)はバトルをこなしながら、武器錬成や限界突破素材集め等でパーティの強化を行っていくのが基本。 レイドバトル VERY HARD の乱入で375EXP稼げるため、レベルアップによるAP回復がねらえます。 レイドバトルは全滅してしまっても他の誰かが倒してくれれば、あとから履歴で経験値やアイテムを受け取る事ができます。 なのでガンガン乱入していってOK。 装備錬成は素材の所持数ではなく素材の「獲得回数」が制作条件なので制作時に素材はなくなりません。 第4章で敵のレベルが47から60近くまで上がっていくので、無理に進まずにレイド周回と装備作成でしっかりPTを強化することをおすすめ。 現在実装されているレイドボス「ティンク」からは 片手剣、短剣、短杖が、「サァナ」からは大剣、拳、長杖がそれぞれ入手可能です。 レイドバトルに参加することで入手できるレイドコインは、ショップで様々なキャラクターや武器やアイテムに交換することができます。 キャラクターや武器も魅力的ですが、序盤はAP回復薬 ハーフ と指南書の交換がおススメです。 特に指南書は大量の経験値を入手できるので、育成の大きな助けとなります。 お金の稼ぎ方 ゴールドクエストがSPクエストとしてありますが、ゴールド以外に何も得られないのであまりお勧めは出来ません。 基本的なゴールドの稼ぎ方は以下のどちらかになるでしょう。 装備錬成の過程で得た大量の武器を売り払う。 ステータス的にも取って置く意味はないです。 イベントクエストで得た武器と覚醒し終えたイベントキャラを売り払う。 更には経験値の得られる指南書書 大 も1回で1〜2冊手に入ってキャラの強化も捗ると、とってもお得です。 1-1-3で第一限界突破させる素材がポロポロ落ちるとかの説明より先にクリスタルの使い道が最初に…? -- 2017-10-28 土 06:17:30• 不評だったので取り合えず勝手に適当に書き換えたわ。 -- 2017-10-28 土 07:36:26• お疲れ様。 不評どころかアカウント作り直した奴もいるみたいよ。 -- 2017-10-28 土 07:58:02• さすがにあれは嘘っぽい -- 2017-10-28 土 08:22:59• というか交換段階で気づかなかったのか…? -- 2017-10-28 土 08:28:18• まぁあれは1つの手段だね。 得なことは得だけど時間とのトレードオフだよというだけで -- 2017-10-28 土 08:25:43• 社会人には死活問題なトレードオフだな(白目) -- 2017-10-28 土 08:27:25• タルールとか一人で戦況を変えるしな(書けば出るって聞いた) -- 2017-10-28 土 08:40:17• 覚醒も戦況を変えるほどだしそれこそトレードオフ -- 2017-10-28 土 08:50:12• 時短最高のトレードオフは課金だぜ(運営の犬) -- 2017-10-28 土 08:52:03• 人数少ないし雑談板メインになってるからアレだけどあるから削除なりする時はそっちで話し合った方がトラブル起きんで -- 2017-10-28 土 08:39:23• あ、改変は乙やで -- 2017-10-28 土 08:41:37• まずはメインクエを3-8-4まで終わらせるってあるけどそこまでスムースにいけるようにするのが序盤の手引きでは?って気がするんだ 錬成すれば突破素材自然と集まるってあるけど序盤はキャラ少ないしレベル上がりやすいからあっという間に20レベルになるし、初期メンくらいは1-1-3周回して1段階凸しましょうって方がいいんじゃないかなぁ それで辛くなってきたら武器強くした方がいいですよって促すとかとか -- 2017-10-28 土 09:27:33• メイン進めてレシピ作れるようになったら武器練成でメインパーティーの武器を銀以上に更新するだけで3-8-4までは終わらせられるね。 -- 2017-10-28 土 09:50:30• ストーリーと武器作成バランス良く楽しめたわ -- 2017-10-28 土 10:09:10• 適当にやっても簡単に3-8-4まで終わらないか?まぁ書くだけ書くに越したことはないけど -- 2017-10-28 土 13:30:53• 装備錬成に関して「周回するようになる頃」の部分に追記として制作条件の部分を書いてみました。 (自分は先ほどまで消費されないことなど知らなかったです) -- 2017-10-28 土 11:48:47• 序盤について加筆。 ヤレ的な説明をやったほうがよいに変更。 -- 2017-10-28 土 14:35:07• ちょろっと加筆。 オッサン寝室とかなんやと思ったらキャラ一覧から見れたんやなって -- 2017-10-28 土 16:19:01• クリスタルもらえるからついついみてしまう。 -- 2017-10-28 土 17:32:25• 序盤もろもろもろについて追加途中で力尽きた感はあるが、すまぬ。 -- 2017-10-28 土 21:29:15• お疲れさまです。 あとはこれをベースに細かいとこ詰めれば指針になりそうね -- 2017-10-28 土 21:41:59• とても分かりやすかったです、ありがとう!1つ質問が有りますコアブレイクてなんですか? -- 2017-10-28 土 22:07:04• モンクのところに書いてあるで -- 2017-10-29 日 14:26:31• 細かすぎて説明書みたいになってる。 ブラッシュアップしていけばいいのに何で全部変えるの?レイドのくだりも消滅してるし。 やってくれるのは有難いけどさぁ… -- 2017-10-29 日 04:22:22• 説明書でいいんじゃないの? -- 2017-10-29 日 07:03:14• レイドはレベル上げ(AP回復)に有効だからね。 3章クリアまでは序盤の手引きに入れておいた方が良いかな -- 2017-10-29 日 11:07:11• あれ?レイドはたしか編集したときには残ってたぞ。 誰か別の人が消したんじゃね? -- 2017-10-30 月 14:09:12• モンクのとこレイジじゃなくてドゥームじゃないかな。 レイジ減らすのはウォーリアーがもってるような。 -- 2017-11-01 水 17:09:13• レイド付近まで記載、レイドの項目は削除でなくコメントアウトで消えてるだけだったのでサルベージして利用しました -- 2017-11-06 月 08:12:32• たまたまレンジャー当たらなかったらどうする?ってとこまで考えましょう。 楽かどうかではなくて、クリアできるか否かが基準だからね -- 2017-11-07 火 11:41:22• 手に入らなくても2章まで進めると、最初のクエはレンジャーのおっさんが手に入る奴だからあれで取ってリボルバーキャノンを持たせても良いと思う。 俺は経験則的に今のままでいいと思うけどな。 ストーリークリア分でレベルアップ出来るうちに3章終わらせてレイド出した方がストレスは少ないと思う。 今の方が初期の頃より武器ドロ率下がってるし。 -- 2017-11-07 火 12:56:06• ドロップ下がってるとは思えないんだけどね。 公式アナウンスでもあったん? -- 2017-11-07 火 12:58:36• それも経験則なんだろ。 俺もドロップ率が下がってるとは思わん。 -- 2017-11-07 火 13:24:04• プレイヤーEXPもレイドVH乱入が最高率じゃない? このゲーム拾い武器がゴミでしかないので 練成できるようになったらとりあえず作るほうを優先したほうが後が楽になるのは同意 ファルシオン、ゼピュロスロッド、リボルバーキャノンは有ると無いとでは世界が変わる -- 2017-11-15 水 13:13:38• 育成優先だったりフレンド選び用として現状銃キャラが強いって書いてあげるのも良いかもしれない -- 2017-11-08 水 20:05:06• フレ枠を選ぶ側にしろ、フレ枠を設定するにしろ、銃キャラが強い。 と書くよりかは、練成した装備品を持たせたキャラ。 と書いた方が良いかなぁ・・・ -- 2017-11-11 土 18:19:59• ジョブ説明のレイアウト変えてみた。 思ったんだけど説明文現状に即した内容に変えていったほうがいいのかも? -- 2017-11-21 火 00:49:58• レイドバトルの欄にサァナから入手できる武器とレイドコインの使い道を追加しました -- 2018-01-05 金 23:49:43• スマホ版も始まるみたいなので、いろいろ現状踏まえて書き換えてみた。 こんなもんかなあ? -- 2018-02-17 土 19:19:41• 回復奥義プリの例を追加、あくまで初心者向けの記事なので今入手できないちゃんリオとわんこは除外 -- 2018-02-18 日 13:56:42• このゲームは同一キャラどうしたらいいんですか? -- 2018-05-02 水 08:03:52• キャラ>強化・覚醒で同キャラの覚醒に使えばいい、MAXまで覚醒してたらダブりは売ればゴールドとキャラ交換用アイテムを回収できる 今の所は同キャラを2体育てる必要性は全く無いので悩まず覚醒でいい -- 2018-05-02 水 08:24:16• 復帰したら突破に金がかかりすぎてやばい -- 2019-04-24 水 18:19:58• はじめまして、第1章をクリアしたばかりの初心者ですがイベントは参加した方がいいのでしょうか、それともイベントは無視してなるべく早く第3章クリアを目指した方が良いのか教えてもらえないでしょうか -- 2019-05-27 月 13:31:11• 基本的には、まずはレイド解放させたほうが後も楽になると思う。 クエスト周ってAP無くなっても、レイドで戦ってランク上がればAP全回復するので、行き来してるだけでランク90くらいまではすぐ上がる。 降臨イベントなら難易度低めなのでHARDとかVERYHARD安定して勝てるようなら周回してみるのもいい。 100凸のキャラも武器も作れるし、経験値本を一番安定して稼げる方法でもあるので。 コレクトイベントや高難度イベントは難易度ちょっと高め、 でも高難度イベントは挑戦するだけで初回は経験値本が貰えるのでダメ元でも特攻するのがお得。 なんにしても、負けてもAPは減らないシステムなのでどんなもんか試しに戦ってみるといい。 -- 2019-05-27 月 14:26:38• まず3章だね。 レイド解放しないと高レア引いても限界突破できなくて残念な思いするし。 イベはとりあえずキャラ1人取るのを目標にしたらいいんじゃないかな、新キャラ1人=クリスタル50個 寝室で更に+100)だし -- 2019-05-27 月 22:45:50• どのキャラと交換したほうが良いかアドバイスをお願いいたします。 -- 2019-06-02 日 13:37:03• 人によって意見は変わるような気もするんだけど、 とりあえず、ボス戦用にダメージカット大と挑発持ったファイターかなあ。 ミキ、ティア、ムーランあたり。 ナルメルはいろいろ使えると思うので、初めて引いたにしては当たりだと思う。 -- 2019-06-03 月 04:26:10• この記事のなかでやるべきかは解らんけども戦力の強化を目指す上では高難易度イベントの攻略を目標に据えるのもええんでないかと思うのでそういう手引きがあるといいんじゃないかなと 自分の印象だと高難易度のhellを手動で勝てるようになったら中級者の入り口で如実に選手層が厚くなり出してinfernoをふるオートで勝てるようになると上級者になってきて武器のパッシブに拘る余裕が出てくると思うんですよ よっぽど暇があったら自分で書くかも -- 2020-06-10 水 12:20:44• ここはなんとなく、レイドに辿り着くまで、って感じかな。 高難度を意識した情報は に書かれてるっぽい感じ。 -- 2020-06-10 水 23:31:38• 攻略の記事たぶん読んでたはずだけど存在が頭から消えてました この記事の終わり辺りに誘導のリンクを追加しとけば十分ぽいかな -- 2020-06-10 水 23:42:07.

次の

★6/ナニー

アイオライト リンク 攻略

基本用語 ・レイジゲージ HPバーの下にあるゲージ。 これが最大になるとレイジスキルを使用してレイジ状態に移行する。 また、レイジ状態でゲージを0にするとコアブレイクとなる。 ・レイジスキル レイジゲージが最大になった時に使用するスキル。 行動順に関係なくレイジした瞬間に強制的に使用され、このスキル自体は行動順に一切干渉しない。 その為、敵の行動直前にレイジさせたからと言って、敵の行動順が後ろに下がったりはしない。 但しスキルの効果として敏捷バフ・デバフがある場合は行動順が変動することがある。 【技封印】等のスキルが使えない状態でも使用し、1回の行動で解除されるデバフは解除されてしまう。 ボスによってはドゥームスキルより危険度が高かったりする。 ・コアブレイク レイジ中にレイジゲージが0になるとこの状態になり、この時にターンが来ても行動不能で何もしない。 与ダメージが3倍になり、大ダメージを与えるチャンスとなる。 1回攻撃を受けるか2ターンの経過でコアブレイクは解除される。 ・ドゥームゲージ HPバーの右にある丸い玉。 基本的に1回の行動で1つ点灯し、最大になると次の行動で強力な【ドゥームスキル】を使用する。 使用するスキルによっては1回でドゥームゲージが+2以上されたり、一気に最大になったりする。 ・ドゥームスキル 非常に強力なスキルで、ドゥームゲージが最大の時に必ず使用する。 通常のスキルよりも優先順位が高いので、どのタイミングで使ってくるかはゲージを見れば判別可能。 【麻痺】【技封印】等で行動不能だったりスキルが使えない状態でもドゥームゲージは消費するので、 うまくデバフを合わせてやれば発動を妨害することが可能。 ・パッシブスキル イベントクエスト等に登場する一部の強敵はプレイヤー側と同様、戦闘開始時にパッシブスキルを発動します。 解除不能で尚且つ効果量も大きいのでこの影響も念頭に置いて対策する必要があります。 高難易度挑戦に備えて ・有利属性のアタッカーを鍛える 最初期の高難易度はともかく、途中からは「クローズドゲート」というパッシブスキルを持ったドゥアガーという敵が常連になっている。 この「クローズドゲート」は、弱点属性以外の攻撃に対して耐性を持つというもので、HARDで50%、HELLとTRIALに至っては95%のダメージをカットしてしまう。 そのため、非有利属性で行ってもまともにダメージを与えられないので、必然的にアタッカーは有利属性で行くことになる。 ダメージソースとしては期待されていないファイターとプリーストに関しては他の属性でも問題ない。 ・お知らせを熟読する 高難易度イベントはゲーム内のお知らせに攻略ヒントが記載されている。 ある程度日が経過すればこのwikiにも細かい行動パターンが有志によって書き込まれるが、基本はヒントを頼りに自力で攻略パターンを見つける必要があるだろう。 ・行動パターンを見極める 高難易度の敵の行動はランダム要素が少なく、特に厄介な行動に関しては完全に使用条件が決まっていることが多い。 敵か味方に特定のバフ・デバフ、状態異常があるとスキルを使用する、攻撃対象をキャラのステータスで決定する、取り巻きがいるときのみ使用するスキルがある、等。 ・バフ・デバフをコントロールする 上記のように行動パターンの制御もそうですが、単純に効果として侮れません。 高難易度ボス戦では大量のバフ・デバフが飛び交います。 放っておくと思わぬダメージを受け一気に窮地に立たされる場面が非常に多くなるので、敵味方のバフ・デバフをそれぞれ常にコントロールする必要があります。 バフ・デバフは解除スキルの他に、逆の効果を持つスキルでも上書き可能です。 例:物防ダウンを物防アップで上書き、敏捷アップを敏捷ダウンで上書き ・職業を知る ボスの行動パターンの制御に、職業内で多くのキャラが持つスキルや装備によるスキルを使う場面が多くあります。 各職業の傾向と各キャラクターのスキルの把握が攻略への第一歩です。 ・レイジゲージ、ドゥームゲージを把握する 殆どの高難易度ボスでレイジ中のドゥームスキルによって、味方が確定でやられてしまう場面があります。 まずレイジゲージとドゥームゲージの増え方減り方の感覚を掴みましょう。 ドゥームスキルを乗り越えられるかどうかがイベント攻略の大きなポイントです。 ・ドゥームスキルの乗り越え方 高難易度ボスのドゥームスキルは攻撃対象が一人なら1万近く、全体攻撃でも数千というダメージのスキルが飛んできます。 これを耐えられるのはHPUP装備をした高レベルファイターのみです。 以下にドゥームスキルの攻略法を書きます。 ファイターのダメージカットを使う:ダメージカットで真正面から攻撃を受け止めます。 ダメージカット中ならHP全快が望ましいですが、ダメージカット大ならある程度余裕が生まれます。 ファイターが挑発を使って攻撃を引き受ける:ドゥームスキルでも単体攻撃なら挑発で誘導が可能です。 覚醒を進めたり装備でHPを補ったファイターならドゥームスキルを受けきることも可能です。 状態異常にして相手を行動不能にする:感電や麻痺、混乱などの状態異常で正常な行動ができないとドゥームゲージだけを消費してスキルが不発に終わります。 しかし行動不能になるかは確率発生です。 封印状態にする:他の状態異常と違い、この状態になっていれば確実にドゥームスキルを不発に出来ます。 難点はこのスキルを使えるソーサラーとウォーリアー 現状ルディーのみ が鈍足でタイミングが合わせ辛いことです。 ドゥームゲージが溜まった時点で、次のボスの行動の前に上記の行動がとれるキャラがいない場合、レンジャー装備のリボルバーキャノンやローグの敏捷操作を使いスキルを持ったキャラに手番を回しましょう。 ドゥームスキルを撃つ前にブレイクさせる 高難易度ボスのHPは非常に高く、レイジゲージを削るのには非常に多くのターンを必要としますが、モンクのドゥームゲージを削るスキルを使用してターン数を稼いだり、ウォーリアーのレイジゲージを削るスキルで一気に削ることでスキルを撃つ前にブレイクさせることが可能な場合があります。 注意点として、レイジゲージをHPと関係なく削るため、その戦闘中のレイジ回数が増えてしまう場合があります。 また、ブレイクであまりにも大きなダメージを与えると、瞬間的にレイジゲージが溜まり即再レイジして逆に窮地になる場合があります。 ・武器をそろえる このゲームでは武器の強さがかなり重要です。 クリスタルガチャ10連分のクリスタルでAP回復薬が50本買えるので、ある程度キャラが揃っていればクリスタルはAPにして武器素材を得るために周回した方がいいこともあります。 パッシブ効果を厳選すれば基本攻撃力をほぼ倍に高めることができます。 特にレンジャーのリボルバーキャノン、ソーサラーのアスクレピオスはスキル効果の使い勝手がいいのでイベントでの使用頻度が高いです。 ドロップアップキャンペーンの時に作りためておきましょう。 ・行動順を意識する パーティー内の行動順を意識するとバフやデバフの効果をより有効に活用することができます。 メインのアタッカーの少し前にサポーターの手番が回ってくるよう調整できるのが理想的です。 このゲームではキャラクターの敏捷はLvが上がっても変動しないため同じメンバーであれば基本的にずっと同じ順番で手番が回って来ることになりますが、敏捷アップのパッシブ効果が付いた武器を入手できれば若干の調整が可能になります。 ソーサラーには優秀なバフ・デバフ持ちが多いので敏捷付きの長杖が手に入ると重宝するでしょう。 自動出撃 ステージに設定されているミッションを3つすべてクリアすると自動出撃が可能になります。 自動出撃中は最大20回までAUTOモードでの出撃を繰り返します。 飛躍的に周回が楽ちんになるのである程度余裕をもって勝てるようになってきたら挑戦してみましょう。 自動出撃では以下のような点に留意してパーティーを編成する必要があります。 スキルは習得レベルの低いものから順番に使う(バトル画面上で右から順番に使用する)• 奥義もリンク奥義も基本的にゲージが溜まりしだいすぐ使ってしまう• 上位の強化がすでに掛かっているなどして無駄になってしまう場合でもバフスキルを使ってしまう AUTOモードの詳細については ファイター 高難易度イベントではほぼ必須の存在。 特にダメージカットが非常に強力です。 敵の行動パターンを読み切り、強力な攻撃を繰り出す直前にダメージカットを発動することでほとんどの攻撃に耐えられるようになります。 ダメージカットは効果量が違えば重ねてかけることができるので、効果量の違うファイターを二人編成して敵の連続攻撃に備える戦法もあります。 重ねてかかっている状態でダメージを受けると一回で消費されて効果が上がるというわけではなく、順番に一回ずつダメージをカットします 攻防バフが豊富な点も強みですが、特に一部の武器・キャラクターに備わるパーティー全体の攻撃力を高めるスキルは、使いどころを見極めれば大幅なターンの短縮が可能です。 場合によっては難易度HELLでの50ターン切りも夢ではありません。 ダメカ大持ちはいるだけで安定感がかなり変わる。 欠点としては、挑発を持っていないことなので、挑発持ちの装備を用意したい。 ダメカ大に加えて挑発で攻撃を引き受けることが重要になるような場合は、この3人が大いに活躍してくれるだろう。 その代わりにパッシブスキルが強力で、レンジャーのカトリーヌ、ディエンテと組ませたときのパーティーの総合火力は目を見張るものがあります。 また、闇には毒状態の敵に対して性能が強化されるスキルを持ったキャラが多めなので、その起点としても有用です。 ダメージカットの効果が中なのでタルールやティアと編成することにより重ねがけができます。 リンク奥義の物防ダウンも決まればかなり強力です。 スーパーゴールドガチャからも出るので手に入りやすいのもお勧めな点です。 イベントキャラですが、過去に復刻イベントがあり、今後も復刻される可能性があるので開催されたらぜひ手に入れておきましょう。 ティアと同じく風属性であり、攻撃寄りのパッシブスキルなので覚醒が進んだ二人で風パーティーを組めば、パーティーの防御力のみならず火力が驚くほど上がります。 更には効果時間こそ1Tですが、確定で物攻ダウン大・魔攻ダウン大を入れられるリンク奥義も強力です。 パーティー全体の攻撃力を16ターンもUP出来、効果も中とかなり大きいです。 物理、魔法共に強化できる点も優秀です。 挑発効果があるので自前で挑発を持たないファイターに非常に有用です。 効果量が少ないのでレイジ時のドゥームスキルを防ぐときは要注意です。 ドゥームゲージMAXの時感電状態で行動できないと、ドゥームスキルを撃たないままドゥームゲージを消費させることができます。 ダメージカットの再使用ができないなど緊急時の保険に。 ファントムクリーナを持っていないときに。 挑発とセットで使うだけでなく、高難易度でファイターを狙う挙動をする敵などでも役に立つでしょう。 プリースト こちらも殆どの高難易度で出番の多い職業です。 基本的に高難易度では回復以外の行動に割く余裕が生まれにくいので、攻撃スキルより回復スキルを多く持つキャラが使いやすいです。 パーティー全体が強くなってくればターン短縮のために攻撃スキルを持つプリーストが選ばれることもあります。 HP回復の他に弱体効果、状態異常の消去ができるかどうかでも難易度が大きく変わります。 HPを回復するスキルには、• 回復:使った瞬間に回復する• 治癒:効果中の数ターンの間、毎ターンHPの1割を回復する の2系統がありますがその使い分けが肝心です。 武器を整え育ったファイターはHPが1万を越えることも珍しくありませんが、その場合「回復」スキルより「治癒」スキルの方が回復量が上になります。 また、「回復」はスキル使用者の回復ステータスによって回復量が増加します。 これは逆に言えば「治癒」は固定回復なので回復ステータスが関係無いという事で、治癒メインの場合パッシブスキルをHPや攻撃力に振る事もできますし、回復ステータスをダウンさせてくる敵にも有効です。 異常ステータスは、「弱体効果」と「状態異常」の2種類に分かれていて、• 弱体効果:数値的なステータスをダウンさせてくるもの• 状態異常:毒や睡眠、麻痺など不利な特殊効果を付与してくるもの それぞれに対応した消去スキルでないと意味が無いので注意が必要です。 治癒を3ターン付与するとともに物防小UPも付きます。 回復効果が数ターン続くためHP満タンの状態でも、次に敵のターンで大ダメージが予想されるならばとりあえずかけておくという使い方もできます。 全体中回復+状態異常1つ消去とコラルステッキの上位互換の性能をしています。 但しこちらはイベ武器なのでExIIIまでしか装備効果が付かないという欠点があります。 治癒にステータスの回復は影響しないため、HPのパッシブを満載するなどでプリーストを打たれ強くすれば安定度が増します。 その分CTが51ターンと長めですが、回復スキルの所持数が多くないキャラを使う場合に回復キャラとしての役割を強くできます。 イベントが復刻されたらぜひ手に入れておきたい装備です。 イベントでは睡眠状態や誘惑状態にしてくる敵が出てくることがあり、放っておくと被害が大きくなります。 そういった敵が出てきた時に備えて準備しておくとよいでしょう。 高難易度イベントでは弱体効果をトリガーに行動が変化するボスや、プリーストの回復力を下げてくるボスがいます。 そういった場合にこちらの装備が有用です。 イベントが復刻されたらぜひ手に入れておきたい武器です。 全体回復スキルが多いキャラの無駄打ちを減らせます。 しかし治癒には回復のステータスが関係なく、また、魔攻もプリーストではあまり重要ではないので、レイド装備が揃わないうちはこちらの装備も十分選択肢に入ります。 レンジャー メインアタッカーです。 高い攻撃力に高い敏捷で高威力の攻撃を短時間に相手に叩き込みます。 武器を整え育ったレンジャーの一撃はすさまじく、ターン数の劇的な短縮をもたらします。 HPも防御力も低いので極端に撃たれ弱く、長期戦には不利ですが、攻撃が最大の防御としてターン数の短縮を狙えば逆に味方の被害が少なくなる場合も多いです。 ブレイク中にリンク奥義を発動すれば何十万という桁違いのダメージを叩き出すので、ブレイクに合わせるためにリンク奥義を温存する戦法もあります。 全体奥義に関しても高難易度イベントでは最初にお供2体の処理から始める為、十分に使い所はあります。 単体440%、コアブレイク中は550%という超火力のリンク奥義をブレイク時に叩き込んだときの爽快感はたまりません。 初期実装キャラでスーパーゴールドガチャから排出される為、覚醒値は比較的上げ易いです。 攻撃性能ガン振りでデバフが一切ないのはご愛敬、厳選したリボルバーを持たせましょう。 ウォーリアー 他のキャラは一撃ごとに10万でダメージキャップですが、ウォーリアーのみダメージキャップが15万という一撃必殺の職業です。 アタッカーとして高い攻撃力でダメージを蓄積しながら、同時にレイジゲージを減少させるという重要な役割を持っています。 レンジャーに匹敵する攻撃性能を持っていますが、敏捷が低いためただ単に攻撃しているだけでは総ターン数に対するダメージ量はそれほど伸びません。 上方修正されました。 攻撃力がさらに高まり、ウォーリアーだけダメージキャップが引き上げられました。 またスキルによってはCTが半分近くになりスキルの回転率が上がりました。 足の遅さは相変わらずですが、ターンが回ってくる間にスキルが回復するようになったので、手数で勝負するレンジャーに対して高倍率のスキルで一撃のダメージを狙う職業になりました。 敏捷の低さが弱点ですが、リンク奥義は敏捷に左右されないので、ここぞという時に叩き込めばその攻撃性能を十分に発揮できるようになります。 レイジゲージ削りの他にレイジ中にダメージが増加するスキルを持つキャラもいるので、レイジに突入してからが本番です。 基本火力が高いためリンク奥義をブレイク中に叩き込むのもありです。 状況によりレンジャーのリンク奥義と使い分けましょう。 レイジゲージ削りはレイジ前でも効果があります。 レイジを遅らせることで後半に2回目のレイジをさせない、なんて使いかともできます。 モンク 扱いが非常に難しい職業です。 攻撃、回復。 盾役などすべての役割を担えますが、どれも本職には及ばず器用貧乏になりがちです。 特に見た目のイメージに反して攻撃面では主力になりえないのでガッカリするプレイヤーも多いが、基本的にサポート系ジョブであると認識しておくと良い所が見えてくる。 モンクが、というよりどのキャラが何をできるか、で状況によって使い分けるのが良い。 上方修正されました。 基本攻撃力が上がり回復力も増したためパーティーの隙間を埋めながらの活躍がしやすくなりました。 レンジャーやウォーリアーには及びませんが、サブアタッカーとしての活躍も十分可能です。 回復スキルは現状では攻略のキーになる事は少ないが、プリーストが必要なほどではない短期決戦での保険として選択肢の一つになる。 回復スキルを持つキャラ:ジェーン、サブリナ、ミヤオス、ユウカ、プルーナ、コルノ、アリッサ 回復スキルのある武器:ボニートガントレッド 5章 ドゥームゲージを減少させるスキルを持つキャラが多く、相手のドゥームスキル発動を阻害することが来ます。 発動を阻害される事によって弱体化するギミックを持つ敵もいるのでそういう相手には特に有効。 ドゥームゲージ減少スキルを持つキャラ:グレイズ、フェン、ジェーン、イヴォンヌ、ミヤオス、プジラータ、ピエレッター ドゥームゲージ減少スキルのある武器:セスタス 3章 また、現状モンクのみが使える眩暈という状態異常を付与するスキルが存在しています。 眩暈は1Tだけの状態異常で、眩暈付与の次が相手のターンであれば行動不能になり、こちらのターンなら攻撃時ダメージが増加します。 高難度イベントよりもむしろレイジのない降臨イベントやコレクトイベントを中低LvPTで攻略する時にとても有効。 スキルは挑発効果に回避大が6ターン付き、回避盾として活躍が見込めるようになります。 武器の攻撃力も高く、物攻の低いモンクの弱点を補えます。 3章で素材が集まるため周回が比較的容易で、パッシブ効果の厳選もしやすく強い武器が作りやすいです。 火力が高いレンジャーやウォーリアーと連携することで効果を発揮する武器です。 プリーストの補助やプリーストでは回復過剰となるが、回復役が欲しいという隙間の需要を埋めることができます。 レイジ中限定だがドゥームゲージ2個消去という他にはないスキルを持っています。 レイジ中のドゥームスキルは非常に強力である事が多いので、時間稼ぎとしては非常に有効でしょう。 特定ルーチンでドゥームゲージMAXをしてくる敵は簡便してください。

次の