高校生 内職 家。 高校生・大学生におすすめの在宅ワークを3つにまとめてみた【家でバイト】

授業中に内職するものが受験を制す!?現役東大生が教える効率的な内職のコツを紹介!

高校生 内職 家

家でできるバイト 高校生におすすめな安心バイト:ネット編 家でスマホやパソコンが使える場合、 高校生でもできる安心なバイトがあります。 ではそちらを解説していきましょう。 ・データ入力、文字起こし データ入力のバイトなどは時々バイトの求人誌に乗っていたりします。 仕事内容としては、企業のデータをエクセルなどに入力したり、 中には会議の録音した内容を文字に起こすなどもあります。 エクセルを使うことは、将来的にも役に立ちますし、 覚えておいて損はないでしょう。 このようなバイトは大抵報酬制で、時給換算をすると高くはありません。 しかしブラインドタッチやショートカットのスキルを磨き仕事に慣れていけば、 その分時給換算も上がっていきます。 むしろショートカットなどは積極的に使って慣れていきましょう。 ・アンケートモニター アンケートモニターはパソコンやスマホを使って、 どこでもバイトをすることが可能です。 バイトの方法も企業のサイトやアンケートサイトに登録をするだけです。 中には高校生に向けたサイトもあったりしますので、 高校生でアンケートモニターに登録をしたら、 生の貴重な意見として大変重宝をされます。 アンケートモニターでは定期的にスマホやパソコンにアンケートが送られてくるので、 それを入力して返信をしたり、時々電話での回答などをするだけです。 また企業によってはテスターが送られてくることがあります。 それを使った使用感などを送るタイプもあります。 アンケートモニターの場合は報酬がポイントの場合もありますし、 単価も基本的には低いです。 ですが、空いている時間にできるという点ではとても気軽ですので、 家にいる間にちょっと始めてみる分には良いかもしれませんね。 ネットを使ったバイトは、大学生や社会人になっても隙間時間にできるので、 高校生で慣れておくと、後々便利かもしれません。 ぜh検討をしてみてくださいね。 Advertisement 家でできるバイト 高校生におすすめな安心バイト:アナログ編 高校生が家でできるバイトとしてはネットやパソコンを使わない、 アナログなものもあります。 続いてそちらを解説していきたいと思います。 ・内職 内職は昔から家で手軽にできるバイトですね。 仕事内容としては、DMの宛名シール貼りや封入作業や 部品の組み立て作業などの軽作業を行うことになります。 内職は高校生でも家でできる仕事ができる代表的なものです。 ですがその分単価としては一番低く、 また単純作業が多く、スキルも身につきません。 なので正直、高校生でバイトをしたいからと言って、 内職に時間をかけるのならば、その分は勉強をしたほうが良いと思います。 ですので、ちょっとした細かい作業が好きで、 あくまでも隙間時間に少しバイトをしようと思うのなら良いかもしれませんが、 内職でたくさんお金を稼ごうとは思わないほうがいいです。 ・採点 高校生でも家でできるバイトとして最も単価が高いのが採点のバイトです。 採点のバイトの場合は基本的には大学生が対象となっています。 ただ、高校三年生であったり、中学受験の経験があったりすると、 高校生でも採点のバイトができることがあります。 採点の場合との場合、サイトに登録すると、 定期的に答案が郵送されてきたり、ネット経由で答案が送られてきたりします。 採点といっても、このようなバイトの場合は、 マニュアルもしっかりあるので、コツさえ掴めれば正確にできるでしょう。 採点をしたり、人に教えるというのは自己の学習を定着させるにも効果的です。 ですので、勉強とバイトを両立させることもできます。 また、採点のバイトを経験していれば、大学生になった時も、 塾講師のバイトや家庭教師のバイトをやる際に良い経験になると思います。 採点のバイトは単価としては高く、時給も普通のバイトぐらいあったりします。 高校生の場合、採用をされるかはなかなか難しいかもしれませんが、 もし見かけたらチャレンジしてみるのも良いですね。 このようにアナログな方法でも、高校生で家でできるバイトはあります。 むしろ、このようなバイトの方がご両親は安心をするかもしれませんね。

次の

内職以外で高校生が家でできる仕事3選☆報酬と時給の違いについても解説!

高校生 内職 家

高校生になるとアルバイトができるようになりますが、勉強や部活が忙しい場合は両立が難しくなってしまいます。 そこで考えたいのが在宅バイトです。 高校生でも在宅でできるアルバイトが存在し、収入を得ている人も増えつつあるのです。 今回は、そんな在宅バイトの特徴やメリット、デメリットを紹介していきます。 在宅バイトに興味があった人は必見です! 在宅バイトの特徴 まずは在宅バイトの特徴についてご紹介していきます。 好きな時間に好きなだけ稼げる 在宅バイトは働く時間を選びません。 自分の好きな時間に、好きなだけ働くことができます。 電車通学の時間など 隙間時間を生かして稼げるのもポイントで、仕事の量を自分で調整できるのも魅力です。 給料は時給制ではなく完全出来高制 在宅バイトの報酬は、時給によって決まるのではなく「 完全出来高制」というものになります。 完全出来高制とは、出来上がった成果物に対して決まった報酬を支払うというものです。 完成したものを1つ提出すると500円、1000文字書いたら700円といったような、提出物の量によって報酬が決まっているので、稼ぎたい場合は量をこなすことになります。 パソコンやスマホで気軽にできる 在宅バイトはパソコンやスマホなどを使い、ネットで作業をするものが主流になっています。 会社やサイトに登録して働く登録制の形をとっている企業も多く、ネット環境さえあれば 場所を選ばすにできてしまうお仕事がほとんどです。 高校生には制限も 在宅バイトには在宅ワークの専門サイトなども存在しますが、年齢制限がある仕事も存在するため高校生の場合はある程度制限を受けることになります。 契約上のトラブルになった場合のことを考えて未成年とは契約しないか、保護者の同意が必要になる仕事もあるようです。 在宅バイトのメリット・デメリット それでは、在宅バイトのメリットとデメリットは一体何なのでしょうか。 在宅バイトのメリット マイペースに働ける 在宅バイトは自分のペース配分で仕事ができるので、時間に縛られたくない人にはおすすめです。 勤務時間が固定されているわけではないので、自分のペースで働くことができます。 普段部活や塾の時間が決まっているせいでアルバイトできない人も、空いている時間で疲れない程度に働くことが可能なのです。 初心者にも安心 在宅バイトには色々な種類がありますが、どれも内職感覚で行う軽作業的な内容が中心なので、初心者でも気負わずに仕事を始めることができます。 初心者用にマニュアルがあったり、わからないことがある場合はネットで質問できたりするので安心して仕事ができます。 得意分野を生かせる 在宅バイトの中には、タイピングや計算、絵を描くことや手作業など、得意分野を生かせる仕事内容も多くあります。 自分の好きなことを伸ばしたい人や得意なことで稼ぎたい人にはもってこいのアルバイトでしょう。 在宅バイトのデメリット 在宅バイトにはメリットがある一方で、デメリットも存在します。 始める前に知っておいた方がいいデメリットについてご紹介します。 時給換算すると給料が低い 在宅バイトは出来高制ですが、それを時給換算してみると給料が低いです。 これは軽作業が中心で、 専門性が高い仕事がほとんどないためになります。 一般的なアルバイトと比べて場所などの制限を受けない分誰でも仕事が出きる上、自由なタイミングで作業ができることから労働基準法の最低時給の基準に当てはまらないのです。 量をこなさないと稼ぎにならないため、ある程度お金を稼ぎたいのであればどのように効率的に仕事をこなしていくかも考える必要があります。 悪徳会社もある 在宅ワーク関連の悪徳な会社もあるので注意が必要になります。 例えば、登録費用にお金がかかる会社などは非常に危険で、登録してもほとんど仕事がないといったこともありえます。 会員費や教材費で収益をあげることがメインのビジネスも存在するため、登録費用などがかからない安全な仕事を選んでいく必要があるのです。 どんな仕事があるのか実際に確認できることも大切で、登録する場合は 内容がわかる業者に絞り込むのがおすすめです。 自己管理のできる人向け! 在宅バイトは完全出来高制になるため、仕事ができなければ収入は減ってしまうか全くもらえなくなる可能性もあります。 量をこなさなければ稼ぎにならないので、短期間で一気にお金を稼ぎたい人には難しいかもしれません。 自分でコツコツやることが得意で、仕事のペース配分や生活リズムを考えた自己管理ができる人に向いているでしょう。 また、接客業などの人と関わること仕事が苦手な人や、対人関係に不安がある人などにもおすすめのアルバイトです。 次は、おすすめの在宅バイトです!.

次の

高校生でもOKな仕事も!上手に稼ぐ在宅バイトの種類と評判|スタンバイ

高校生 内職 家

高校生がをすると言ったら、ファーストフード店、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、カラオケなどの店員や、倉庫などでの軽作業、単発のイベントスタッフなど、あらゆる場所で若さと体力を糧に仕事をするというイメージが強くあるのではないでしょうか。 人と関わることが好きで、外に出て色々な経験を積みたいという動機でアルバイトを始める高校生も少なくないでしょう。 しかし一方で「できれば一人で居たい」「あまり外に出たくない」「人と合わせるのが苦手で自分のペースで働きたい」といった性格の人もいますので、そういった人が既述のようなアルバイトをするのは苦痛になってしまいます。 そんな時に注目したいのが、自宅でできるアルバイトの存在です。 ここでは、自分が自由に使えるパソコンとインターネット環境さえあれば始めることのできるアルバイトをご紹介します。 もちろん高校生でなくても、外で働くことが困難な事情のある人などは、自宅でできるアルバイトについて知っておいて損はないでしょう。 自宅でできるアルバイトとは パソコンを使って自宅で仕事をするワークが近年注目を集めており、その中には高校生でもチャレンジ可能な仕事も数多く含まれています。 高度な技術や専門知識、語学力など特殊なスキルを要する仕事は、いきなり高校生が始めるには難しいことが多いでしょうが、、アンケート、採点などは、高校生でも真面目に取り組める人であれば対応可能です。 【データ入力】 基本的なパソコン操作ができればデータ入力という仕事があります。 データ入力とは、指定された文字や数字などをパソコンで入力し、保存する仕事です。 データが正しく保存されたかどうかを自分でチェックする作業も仕事内容に含まれていることがあります。 エクセルやワードといった基本的なソフトを使用することが多いということと、スピードが速ければ速いほど効率的に仕事ができるということは抑えておきたいポイントです。 また、単純な入力作業のみの場合と、テレフォンとしての電話応対や作業を伴う入力作業の場合とがありますので、始める前に仕事内容を確認しておきましょう。 パソコンスキルが身に着く・人間関係に気を遣う必要がない・未経験から始められる、といったメリットがある一方、正確性とスピードが求められる・ノルマがあることがある・単純作業の繰り返しで飽きっぽい人には向かないなどのデメリットもあります。 【アンケート】 また、スマホでも簡単にできるものであれば、アンケートなども始めやすいでしょう。 アンケートに答えることで報酬が得られるサイトがありますので、まずはアンケートサイトに登録することから始めます。 「ただアンケートに答えるだけでお金がもらえるの?」と思うかもしれませんが、消費者の声や口コミなどを商品開発などに反映させたい企業が、アンケートサイトにお金を支払っており、アンケート回答者はその還元を受けているというしくみです。 ポイントが高く人気のアンケートは、回答者募集開始からすぐに定員に達してしまうことが多いので、募集が開始されたらなるべく早く回答する方が良いと言われています。 アンケートの回答を毎日しなくても、ノルマがあるわけではないので、誰に何を言われるわけでもありませんが、回答が少ないと案件は減っていく傾向にあります。 高収入を目指すのであれば、多くのアンケートサイトに登録をして、一つでも多くのアンケートに回答することです。 また、中には座談会やグループインタビューなどに参加するということもありますので、そういった案件にチャレンジしてみるのも楽しいかもしれません。 【在宅採点】 郵送やインターネットを通じて受け取った小中学生の答案を添削・採点する仕事です。 正解・不正解をチェックするだけでなく、詳細な採点マニュアルに沿って部分点をつけ、解説・コメントを記入したりします。 採点マニュアルを見ても疑問がある場合には、責任者に確認をしながら採点を進めることができるので、初心者でも安心して始められる仕事です。 また、自分で案件(科目)を選択することができます。 データ入力、アンケートと比べて、高収入が望めるのも魅力です。 報酬は時給制ではない お店の店員などのアルバイトであれば、シフトが決まっていて、1時間あたりの時給が決まっていることがほとんどです。 しかし自宅でできるアルバイトは、基本的にというかたちをとっているので、時給制ではありません。 指定された内容に沿った成果物を提出し、その成果物に対して報酬が支払われるしくみとなっています。 従って、例えば報酬が1,000円だとして、その成果物が出来上がるまでに2時間かかったとしたら、時給換算では500円ということになってしまいます。 最初は効率的に仕事ができず、こういった事態になってしまっても仕方ありません。 何度も続けて仕事をこなすうちに、自分なりに効率良くできる方法を見出し、どんどん短時間で仕上げられるようになっていくでしょう。 タイピングスピードが上がっていくと、効率よく稼げるようになります。 自宅でできるということで、移動にかかる時間も節約できますから、多少報酬が安価でも仕方ないと割り切ることも大切です。 また、特にアンケートなどのアルバイトでは、報酬が現金ではなくポイントで支給されることがあります。 一定のポイントが貯まると、現金や電子マネーなどに換金できるしくみになっているので、コツコツとポイントを貯めていきましょう。 一般的に、上で挙げたような自宅でできるアルバイトは、時給換算するとあまり高い報酬にはならないことが多いですが、それでも「自宅でできる」「好きな時間でできる」「一人で集中してできる」などメリットがたくさんあります。 気を付けなければならないこと 自宅でできるアルバイトを始めてみよう!と思った方に、気を付けてほしいことがひとつあります。 悪徳な業者にひっかからないよう、注意してください。 通常のアルバイトは、始める際に登録料や研修料など、費用を払わせることはありません。 サイトに登録するためのお金や、仕事を始めるための講習費などを請求されたら、悪徳業者かもしれないと疑ってください。 実際に仕事を始めてみると事前に支払った額に見合わない、ということであれば、それは詐欺です。 また、仕事をしたにも関わらず、報酬がいつになっても支払われないのも、詐欺の手口のひとつです。 期日を過ぎても報酬が支払われない場合、必ず確認・催促をしましょう。 被害にあわないために、知識をしっかりと持ち、安心できるサイトで仕事を探すようにしましょう。 高校生におすすめ在宅ワーク第3位!フリマアプリ、ネットオークション転売 ある程度資金力が必要かもしれませんが、フリマアプリやネットオークションを使った転売などがおすすめです。 まずは家にある身近なものから転売していきましょう。 リサイクルショップに持っていくと二束三文にしかならない物も、自分の希望価格で出品できるのでお得です。 希少価値のあるものや人気のあるものはネットオークションに出品しましょう。 欲しい人がいればいるほど値段が上がっていきます。 一方、フリマアプリはあまり売れそうにない物を出品するようにしましょう。 なかなか売れないかもしれませんが、価格設定を少し高めに設定すると購入希望者から値下げ交渉などがありますので、そこで売りたい値段を提示すると良いでしょう。 発送もいたって簡単で、コンビニエンスストアや郵便局などでスマホのバーコードをスキャンするだけでお互いの個人情報が伏せられて発送してくれます。 高校生におすすめ在宅ワーク第2位!スキルマーケット モノ以外にスキルや知識など、形のないものを売買できるサイトがあります。 このサービスを個人間スキル売買 CtoC といい、自分の経験を他の人に役立てたいなどの理由で今注目を集めているサービスです。 ここまで読んで「高校生の自分にはなんのスキルも経験もない!」と思う方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。 むしろ高校生にしかない発想や特技も多数存在します。 もちろん「暴力的」なことや「性的」なことはNGですが、例えば今まで美術部や書道部、理科部、パソコン部などの文科系の部活に所属していたならそのスキルは大いに販売可能です。 仮にこれらのスキルがなかったとしても、高校生と言う立場なら教育関係の仕事をされている人たちに「高校生のホンネ」と言う情報がとても貴重になってきます。 このサービスはモノ以外ならばすべてアイディアを販売できますので是非活用してみてはいかがでしょうか。 高校生におすすめ在宅ワーク第1位!YouTube動画配信 YouTubeなどで動画配信をする職業として「YouTuber」と呼ばれる職業が新しく登場し、小学生から中学生までの「なりたい職業ランキング」に毎年入るようになってきました。 今回のコラムでもランキングの1位に入りましたが、高校生にやってほしい内職としてYouTuberは実に最適だと思われます。 自分で企画・撮影しした動画をYouTube上にアップロードし、一定の登録者数と再生回数をクリアすれば広告をつけることができ、再生回数に応じて報酬が支払われます。 もちろん広告収入を行うGoogleのアドセンス申請には未成年はできないので両親の理解・承諾がなければできませんが、YouTuberとして活動できる意義は今後の人生において大きな意味を持ちます。 これは企業で仕事をしていくうえで大切なことで、PDCAサイクルに準じます。 ぜひ、友達とチームを組んで高校生活の良い思い出作りにしてみてください。 さいごに 自宅でできるアルバイトには、メリットがたくさんあります。 もちろん、デメリットや気を付けなければならないこともありますが、それはどんな仕事にも言えることです。 一人で家に居ながらにしてお小遣いを稼ぐことができるなんて知らなかった!という人は、まずは信頼できるサイトで仕事を探してみましょう。 パソコンスキルを磨きたいのであればデータ入力、移動時間やトイレの中など数分単位の隙間時間でやってみたいというのであればアンケート、高収入を目指してまとまった時間をアルバイトに充てたいのであれば在宅採点、といったように、自分の性格やアルバイトをする目的などを考えたうえで、どのような仕事を選ぶかを決めていきましょう。

次の