アライブ あらすじ。 【アライブ】10話あらすじと視聴率!結城の決意は父のような医者になりたい

ドラマ【アライブ】あらすじキャスト相関図一覧!脚本や主題歌は?

アライブ あらすじ

あらすじ 第7話 恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。 心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。 薫の心中は複雑だ。 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。 武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。 がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。 心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。 同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。 治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。 より引用 キャスト 恩田 心…松下奈緒 横浜みなと総合病院に勤務する、がん診療のスペシャリストである腫瘍内科医。 画像診断でがん患者を救った経験をきっかけに、がんの専門家になりたいと思うようになり、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科。 夫・匠との間に、一人息子の漣がいる。 梶山 薫…木村佳乃 腕が良いと評判の消化器外科医。 ある強い意志を持って医師を目指し、消化器外科医になって15年が経つ。 横浜みなと総合病院に転籍してくると、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支える存在になる。 結城涼…清原翔 夏樹奈海…岡崎紗絵 恩田匠…中村俊介 関河隆一…三浦翔平 須藤進…田辺誠一 光野守男…藤井隆 阿久津晃…木下ほうか 高坂民代…高畑淳子 恩田京太郎…北大路欣也 ほか.

次の

アライブ がん専門医のカルテ ネタバレあらすじ第7話とキャストや相関図

アライブ あらすじ

「アライブ・がん専門医カルテ」第8話視聴率 「アライブ」第8話が放送されました。 気になる視聴率は、 5. 7%でした! 心の夫・匠を死なせたのは須藤だった。 心は調査委員会に報告した。 「アライブ・がん専門医カルテ」第8話あらすじ 恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う 高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。 動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と 梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。 薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。 そんな時、高校生の 井上和樹(萩原利久)が入院してくる。 和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。 心と一緒に和樹と会った 夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で 光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。 光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。 和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。 自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが…。 一方、心は奈海や 結城涼(清原翔)に、若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことにした。 そこで、奈海と結城は患者や家族の本音を聞くことになり…。 交流会の後、心は薫たちを自宅に誘う。 恩田家に着くと、結城と奈海は 京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)が待つ室内に入るのだが、薫は躊躇してしまう。 そんな薫に心は…。 出展: AYA世代の交流会 「抗がん剤は、やらない。 動けるうちにやりたいことやりたいの。 見て・嗅いで・聞いて・触れて・味わって。 全部感じたいの。 」 民代は、抗がん剤をやらないと決めていた。 井上和樹は、2度目のガンの再発だった。 どうせみんなウソつきだから、ひとりぼっちの世界にいた。 「やっぱ、似合ってませんよね。 」 莉子は、カツラを気にしていた。 和樹は、『がんと僕』というブログをやっていた。 副作用の辛さに耐えていた。 心は、AYA世代との交流会を開いた。 就職や結婚、出産それぞれの悩みを抱えていた。 心は、薫を食事に誘った。 「不安や悩みは、たくさんあるのに。 それを相談したり、患者さん同士で共有できる場が少なくて。 どんどん回りから孤立していってしまうことかな。 」 回りが充実している時に、いろんなことを犠牲にして闘病するのが嫌い。 薫は、素直になることが大切だと感じていた。 結城は、イベントを企画した。 相手の目を10秒見つめたら、どんな相手も落とせる。 民代が莉子に教える。 莉子は、結城の目を見つめた。 和樹は、抗がん剤治療を続けていた。 民代は、抗がん剤治療は受けない。 海外旅行に行きたいと希望があった。 ガンサバイバーの嘘 莉子は、『がんと僕』のブログを見ていた。 そこには、家族とスキーに行った話や免許を取った話が載せられていた。 全てウソだった。 「希望を奪われるってキツいんですよ。 先生、代わってくれよ。 代われもしないのに、偉そうなこと言うなよ。 」 夏樹は、病室から追い出される。 和樹は、鏡を壊して血だらけになっていた。 そして、倒れてしまう。 「笑顔になれない時だってある。 泣いても叫んでも怒ってもいいんだよ。 でもね、忘れないでね。 君の笑顔は人を幸せにする力がある。 魔法みたいに。 」 ピエロになった光野は、そう言って励ましたことがあった。 和樹は、母の味の餃子が食べたいと願った。 民代の優しさ 「お化粧はただ顔をキレイに見せるためにするんじゃない。 人生を輝かせるためにするの。 やっぱり笑顔がよく似合う。 」 『ふれあいまつり』では、結城がマジックを見せていた。 光野は、本格的なマジックを見せる。 和樹も見に来た。 (真っ暗な世界にほんのわずかだけど光が見えた。 この世が憎くなるときがある。 自分を呪いたくなるときも。 でも、どんな辛い時でも不思議と笑える日がある。 偽ることなく、笑える日が。 ) 「病気で辛い思いをしている人を少しでも笑顔にできたらなーって。 」 薫が医者になった理由は、心と一緒だった。 廉は、とても喜んでいた。 「民代さん、ありがとうございました。 」 莉子は、本音を言ってくれた民代に感謝をしていた。 「民代さん、これでいいんですよね。 」 抗がん剤治療を拒んだ民代は、海外旅行に向かう。 「これがいいのよ。 最後まで自分の足でやりたいことやりきって生き抜くの。 だから行くの。 どう今の私ギラギラしてんでしょ。 」 心は、薫に出会ってから変わった。 ここで一緒に働いて欲しい。 薫は、ずっと一緒に働くことを約束した。 「アライブ」8話感想 民代さん、最後まで笑顔だった。 最後の最後までみんなに元気と勇気与えてた。 民代さん、オーロラ見れると良いね。 ラクダに乗れると良いね。 好きなこと沢山して悔いなく生き抜いてほしいな。 結城先生、彼女の思いに気付いてあげて…! にしても展開早いよね。 匠死去から薫先生の嫌疑解消、ラスボスと思われた須藤もあっさり謝罪。 萩原利久さん演じる、若きがん再発患者の苦悩と再生が心に突き刺さった… 辛い人の気持ちを分かる人に成りたい。

次の

アライブ 1話ネタバレあらすじと感想・評判!~腫瘍内科医・心と外科医・薫がバディに!しかしそれは薫が仕組んだことだった!?~無料で動画を見るには

アライブ あらすじ

Contents• ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」とは? 松下奈緒さんと 木村佳乃さん が出演する2020年、冬ドラマ ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」とは どんなドラマになるのでしょうか? 原作は? ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」 原作は無くオリジナル脚本になります。 脚本は倉光泰子氏が努めます。 代表作は『刑事ゆがみ』『ラヴソング』 などがあります。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」キャストは? ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」 キャストや配役をまとめました。 主演:松下奈緒 医師・恩田心(おんだ・こころ)役・腫瘍内科医 夫の匠が転倒事故に遭い、緊急手術を受けるも意識が戻らないまま…一人息子を育てている。 職場では気丈に振る舞っていますが、自身は未だに現実を受け止め切れていません。 そんな時、勤務先の病院に移籍してきた有能な消化器外科医の薫と出会う。 恋愛関係になるのは常に一筋縄ではいかない男性ばかりという一面も… キャスト ほかのキャストは未発表です。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」あらすじネタバレは? 松下奈緒さん主演の ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」 どんなストーリー(あらすじ) なのでしょうか? ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」主題歌は? ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」 主題歌は誰が歌うのでしょうか?

次の