危険 物 取扱 者 乙種 4 類。 危険物取扱者乙種4類とは?お勧め参考書はこちら!

危険物取扱者乙種第4類免状があると

危険 物 取扱 者 乙種 4 類

第1位:通称:「赤本」と呼ばれる向学院社の乙4類危険物取扱者受験教科書 一番良かったのは向学院社の「乙4類危険物取扱者 受験教科書」です。 上の画像をクリックすると向学院社のページに行きます。 変に厚みもないのですが、説明がしっかりとされている、練習問題も豊富でいう事なしでした。 一部の工業高校が教科書として採用していたり、職業訓練校のビルメンになるためのコースでオススメされたりもされています。 強いて注文を言えば、重要部分をカラーにしてほしかったというくらいですね。 白黒だと赤シートで隠して覚えることができないので…。 笑 ちなみに、教科書の他にもカセットテープ付きのセットもあるのですが、カセットプレーヤをわざわざ買わないといけないので、教科書だけで大丈夫だと思います。 第2位:10日で受かる! ツールボックス社のテキストは分かりやすいと評判なのですが、乙種第4類危険物取扱者も評判通りでした。 全体的にカラーで見やすく、赤シートで隠して覚えることもできます。 しっかりと読んで勉強すれば10日で合格レベルまで持っていくことができると思います。 ただ、「10日で受かる! 厳選して問題を絞ってあるので数が少ないですね。 受かってしまえば良いって方以外は第4位に挙げている問題集を一緒に買って解くことをオススメします。 第3位:試験にココが出る! U-CANは資格取得の支援講座などもやっており、信頼できる会社だと思うのですが、乙種第4類危険物取扱者も良い感じです。 説明もしっかりされていて分かりやすく、赤シートで隠して覚えることもできます。 ただ、U-CANの乙種第4類危険物取扱者速習レッスン 第4版も満点を狙うためのものではないと感じました。 「10日で受かる! 受かってしまえば良いって方以外は第4位に挙げている問題集を一緒に買って解くことをオススメします。 第5位:乙種4類危険物取扱者試験 2019年版 次に良かったのは、公論出版の「乙種4類危険物取扱者試験 2019年版」です。 リンク 過去5年に危険物取扱者乙種4類の試験で出題された問題を元に作られた問題集なので、過去問対策としてはバッチリです。 「乙種4類危険物取扱者試験 2019年版の問題集」をやり込むだけで満点合格もできるでしょう。 ただ、乙種4類危険物取扱者試験 2019年版の解説はうーんって感じでした。 正直のところ読みづらいのと、基礎知識がないと分かりやすくはないと思います。 正直のところ、乙種4類危険物取扱者試験 2019年版だけだと丸暗記スタイルの勉強になり、試験後に綺麗さっぱり忘れてしまいそうです。 笑 せっかく試験に受かっても綺麗さっぱり忘れたらもったいないですよね。 個人的には第2位、第3位のどちらかと一緒に買って、理解も並行して進めておくことをオススメします。 第6位:マンガでわかる乙種第4類危険物取扱者 リンク 最後に良かったのは、新星出版社の「マンガでわかる乙種第4類危険物取扱者」です。 僕はマンガが大好きで、学生時代からよく読んでいるのでマンガで試験勉強できるのなら最高じゃないかと思い買ってみました。 所々、マンガが入っているので内容が入りやすく、赤シートで重要部分を隠せるようになっているのは良かったと思います。 ただ、内容が少し不十分に感じるのと厳選して問題を絞ってあるので数が少ないですね。 雰囲気を掴みたいという人にはオススメですが、しっかりと勉強したい方はオススメしません。 おわりに 危険物取扱者乙種4類の資格は「簡単」とよく言われています。 必ず危険物取扱者乙種4類の資格を取らないといけない人はできれば3ヵ月、最低でも1ヵ月は勉強期間を用意するのと勉強方法を間違えないように気をつけてください。 下記に危険物取扱者乙種4類の資格に一発合格した時の経験談を書いた記事を載せているので時間あれば一緒に見てみてくださいね。

次の

乙種第4類危険物取扱者に挑戦

危険 物 取扱 者 乙種 4 類

この記事では• 乙4についての試験概要はどうなっているのか?• 管理人がはなにか?• 乙4の合格までのは?• 乙4のは? を順を追って紹介していきます。 スポンサーリンク 危険物取扱者乙種4類 まずはじめに。 危険物を取り扱うには危険物取扱者の免状が必要です。 引火性物質、爆発性物質、有害性物質、毒劇物、放射性物質の一般的な総称であり、 消防法で規制される危険物は「消防法の別表第一の品名欄に掲げる物品」と定義されています。 この消防法の別表第一で危険物は第1~第6類に分類されており、危険物取扱者 乙種1~6類の中でも1番人気はやはり乙種4類です。 乙4を持っていれば、一定量以上の引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、重油、アルコール類、動植物油類)を取り扱う施設での 危険物保安監督者になることができます。 また、免状を持っていない人の 作業の立会い権限も有します。 セルフサービスのガソリンスタンドでは免状のない老若男女が各自給油作業をしますが、危険物取扱者甲種または乙4の有資格者が事務所やカメラ越しで作業に立ち会っているので成り立っています。 ガソリンスタンド以外にもタンクローリーの運転手さんや、化学工場などの製造所、危険物を保管する貯蔵所など、危険物を扱う業種が多いのが人気の理由と言えます。 免状の区分 危険物取扱者は 甲種、乙種、丙種の3種類あります。 甲種が万能型。 乙種が指定された類のみ 乙種4類合格なら第4類だけの権限。 丙種はさらに限定的です。 免状の種類と権限をまとめると下表になります。 受験資格を満たしていれば万能型の甲種を受験するのも良いと思います。 甲種の受験資格: 対象者 証明書類 大学などで化学に関する学科等を修めて卒業した者 卒業証明書、または卒業証書 大学などで化学に関する科目を15単位以上修得した者 単位修得証明書、または成績証明書 乙種免状の交付後、危険物取扱実務経験が2年以上の者 乙種免状、および実務経験証明書 次の4種類以上の乙種免状の交付を受けている者 〇第1類又は6類 〇第2類又は4類 〇第3類 〇第5類 乙種免状 修士、博士の学位を授与された者で化学に関する事項を専攻した者 学位記など 甲種の受験資格を満たしていなければ誰でも受験できる乙種を狙いましょう。 出題形式は五者択一(マークシート)です。 試験科目 問題数 必要正解数 危険物に関する法令 15 9 基礎的な物理学及び基礎的な化学 10 6 危険物の性質並びにその火災予防及び消化の方法 10 6 一般財団法人消防試験研究センター公開の年度別の合格率ですが、およそ30%前後といったところです。 世間一般では簡単な部類の試験と言われますが、勉強せずに合格することは難しそうです。 効率のいい勉強を心掛けたいですね。 2 再交付の手続 免状を亡失、滅失、汚損、破損した場合に行います。 汚損、破損の場合は手元に免状がある状態ですので当該免状を添えて再交付申請を提出する必要があります。 上記パターンで申請先が変わりますので表にしておきます。 強調文の色使いが上手く大事なところが一目でわかります。 欠点という欠点はありませんが、強いて言うなら練習問題は少な目です。 別冊で模擬試験集や過去問集を購入すればより効果的です。 とはいえ乙4試験範囲の知識はこの1冊で十分理解できます。 本書の後半にある 「事故事例」も実務の業務に取り掛かる前に一読しておきたい内容です。 あと、覚えなくても合格できますが元素の周期表まで付いています。 試験結果は合格ラインすれすれでしたので不合格でもおかしくなかったです。 あと2週間ほど余裕をもって臨めばよかったなと思いました。 過去問 試験科目の内容を一通り勉強したら過去問をやって実力を試しましょう。 各試験科目70%以上の正解を目指します。 各試験科目とは以下3科目のことです。 危険物に関する法令• 基礎的な物理学及び基礎的な化学• 危険物の性質並びにその火災予防及び消化の方法 <過去問4つのポイント>.

次の

危険物取扱者

危険 物 取扱 者 乙種 4 類

Contents• 就職や転職を有利にする乙4の正式名称について まずは乙4の正式名称を、そして他にも持っていると有利になる資格についてご紹介いたします。 乙4を正式名所で履歴書に記載するには? まず知っておく必要があるのは、乙4の資格を履歴書に記載する際には次のように記載する必要があります。 【取得年月日 乙種第4類危険物取扱者 免状取得】 これは自分が取得している資格を採用担当者へ正しく伝えるためです。 どんな資格を取得しているのかを正しく伝える事で、 企業が求めている条件を満たしている事をアピールすることができるのです。 記載する際には取得した年月日、正式名称そして免状取得をはっきりと記載しましょう。 他に有利になる資格を取得している時は、その資格についても正式名称で記載して就職や転職を有利にすすめましょう。 乙4以外の危険物取扱者の資格を複数有している場合 もしも乙4以外の危険物取扱者の資格を複数取得しているのであれば、そのすべての資格の正式名称を記載しましょう。 乙1の場合なら【取得年月日 乙種第1類危険物取扱者 免状取得】 乙2の場合なら【取得年月日 乙種第2類危険物取扱者 免状取得】 乙3の場合なら【取得年月日 乙種第3類危険物取扱者 免状取得】 ご覧になった方はもうお分かりでしょう。 1~4は順番に記載します。 そして最後に乙4の正式名称を記載するのです。 乙ではなく甲種の資格を保有している場合には、乙1~乙4までの資格すべての危険物を扱う事ができるため、乙1~乙4までの資格は記載しなくても良いです。 甲種の場合の記載方法は【取得年月日 甲種危険物取扱者免状 取得】です。 丙種の資格を取得している場合には乙4と重複するため、丙種を記載する必要はありませんが、記載しても問題はありません。 丙種の正しい記載方法は【取得年月日 丙種危険物取扱者免状 取得】となります。 全ての資格の記載をしなくても良いのですが、取得している事をアピールするなら記載しても良いでしょう。 乙4を正式名称で面接時に答えるには? 面接時に取得している資格について尋ねられた場合には「危険物取扱者乙種第4類」と答えます。 他には「乙種第4類危険物取扱者」と答えても問題はありません。 受け答えの例 1) 以前から車の運転が好きで物流関係の仕事にあこがれを持っていました。 中でも危険物を取り扱う事で多くの方の生活を豊かにする仕事に従事したいと思っておりました。 ですが危険物を扱うためには事故の無いよう慎重に仕事を行う必要があります。 そのために「危険物取扱者乙種第4類」の取得をしました。 受け答えの例 2) 子供の頃から特殊車両の運転手になるのが夢でした。 特にタンクローリーに強いあこがれを持っており、将来はタンクローリーの運転手をしたくて資格の取得を目指しておりました。 タンクローリーは危険物を扱う事が多いため、危険物を取り扱う知識と覚悟を身につけるため「危険物取扱者乙種第4類」の取得をしました。 という感じで意気込みと取得した時の理由などを簡潔に伝えると良いでしょう。 乙4は就職で有利なのは本当? 乙4を取得しておくと就職や転職に有利なのは本当です。 特にタンクローリーなど危険物を扱う業種では、大変喜ばれる資格でもあるので取得する価値はあります。 タンクローリーだけではありません。 将来性の高い石油コンビナートや石油精製工場などに就職するためにも必要です。 また、 意外かもしれませんが印刷工場や金属精錬工場、半導体工場や化学工場などでも乙4の資格があると無いとでは採用率が違います。 乙4はガソリン、灯油、軽油、重油だけではなく、危険物全体のおよそ80%をカバーできるので、多くの職場で仕事をする事ができる需要が高い資格なのです。 しかも比較的難易度が低いので取得しておいて損する事は無いのです。 ちなみに危険物取扱者試験のおよそ60%が乙4です。 タンクローリーだけではなく研究施設やケミカル工場などへの就職にも役立つ資格です。 特別年齢や学歴などの制限もありませんので取得しておいて損はしません。 乙4以外に履歴書や面接で有利になる資格 乙4以外に取得しているとさらに有利になる資格をご紹介いたします。 中型免許 普通免許で運転できるものもありますが、最大積載量によって中型免許が必要になります。 平成19年6月1日までに取得している場合には最大積載量5トン未満の中型トラックを運転する事ができます。 平成19年6月1日~平成29年3月11日に取得した場合は2トン以上のトラックは中型免許を取得している必要があります。 中型運転免許を取得している事によって、最大積載量6. 5トン未満の車両の運転が可能となり、物流関係で危険物の輸送をする仕事に有利になります。 8トンの中型トラックの運転ができる「中型8トン限定免許」の取得をすると、8トン限定ですがやりがいを感じる仕事を探す事ができるでしょう。 履歴書への中型免許の書き方【取得年 中型自動車免許 取得】そして【取得年 中型8トン限定免許 取得】と記載しましょう。 大型免許 最大積載量によっては中型免許ではなく大型免許が必要になります。 大型免許で運転できるトラックは最大積載量が5トン~6. 5トンとなっています。 それ以上の車両の運転をする場合には、大型免許の特定大型自動車という免許を取得する必要があります。 10トントラック以上のタンクローリーの運転の募集をしている企業に面接する時には「大特(特定大型自動車)」の資格を取得しておくとより有利になるのです。 大型免許を取得している事によるメリットは大きく、採用率が上がるだけではなく給料の劇的なアップや、トラックの乗り心地も格段に上がります。 当然デメリットとしては死角が多くなるので運転時には事故に気を付ける必要があります。 履歴書への大型免許の書き方は【取得年 大型自動車免許 取得】そして【取得年 特定大型自動車 取得】と記載します。 けん引免許 けん引免許は簡単に取得できる免許ではないだけに、取得しているとかなり有利になる免許の一つです。 けん引免許はトレーラーを運転するのに必要不可欠な運転免許です。 現在のけん引免許の種類は3つありますので簡単にそれぞれを説明しましょう。 「けん引 第二種免許」はトレーラーバスなどの運転をするのに必要な免許です。 有名観光地などを走るトレーラーバスの運転手を目指す方におすすめの資格ですね。 「けん引 小型トレーラー限定免許」750g~2000kg以下のトレーラー限定のけん引免許です。 自動車教習所で講習や試験は受けられません。 取得には協力者が必要です。 「けん引 自動車免許」トレーラーの運転をする場合に必要なのがこのけん引 自動車免許です。 非常に需要が高く面接時のアピールができます。 履歴書への正式名称は【取得年 けん引 第二種免許 取得】【取得年 けん引 小型トレーラー限定免許 取得】【取得年 けん引 自動車免許 取得】と記載します。 まとめ 面接時に自分を上手にアピールする事も重要ですが、 正式名称をしっかりと把握しておくこともとても重要なポイントとなります。 正式名称を知っている事で、より深くその資格について認識していると評価される可能性が高く、就職や転職をする際に有利に働くでしょう。 乙4の取得とともに各種運転免許を取得している事によって、より幅広い企業への需要が高くなりますので、応募する仕事の内容に最適な免許の取得を目指してみると良いでしょう。 アピールをする時に「この仕事に就くために危険物取扱者乙種第4類と〇〇免許を取得しました」と伝える事をおすすめします。 その仕事に対する情熱を伝える事で面接官の方にも好感を持ってもらえます。 一つだけ注意したいのは、相手にいかに自分の熱意を伝えられるかと、自分は何でもできるんだという押し付けにならないよう気を付ける事です。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の