知ら なく て いい こと。 知らなくていいコト

知らなくていいコト

知ら なく て いい こと

スポンサーリンク 「知らなくていいコト」ドラマ最終回のネタバレ結末! 「知らなくていいコト」ドラマ最終回の内容をネタバレ! ケイトは乃十阿徹の息子に会いに行く 乃十阿徹は事件当時、3歳だった彼の息子が毒草を水のタンクに入れたのをかばい、犯人になった。 ケイトはそのことを知り、その息子に会いにドイツのローテンブルクへ来ていた。 そのことを知った尾高は「3歳の息子がそのことを覚えているはずはない」と言った。 乃十阿徹はドイツでピアニストとして活動しており、妻と3歳くらいの息子がいた。 コンサートの後、ケイトはその息子に会いに行ったが、妻子との様子を見て、彼女は何も言えなかった。 そして、彼女はそのまま帰国をした。 ケイトは編集長に記事を書くように言われる 編集部に戻ったケイトは編集長から、ドイツで乃十阿徹の息子に会ってきたことをそのまま記事に書くように言われた。 しかし、ケイトは何も知らない息子がいきなり殺人犯になると言う状況を恐れ、記事を書くことができない。 すると、編集長は「ケイトが書けないなら俺が書く」と言って、ケイトを外した特別版を結成した。 選ばれたメンバーで取材を行い、記事を書く資料を揃えた。 そこには乃十阿徹の息子がタンクに何かを入れている様子が分かる決定的証拠があった。 尾高はケイトに2度目のプロポーズをする 娘として父親の乃十阿徹の記事を書くことができないケイトだったが、尾高は彼女にその記事を書くように勧めた。 そして、命を削って書くケイトが好きだと、彼女に2度目のプロポーズをした。 しかし、ケイトは尾高が息子のことを想う気持ちを知り、離婚をしないでほしいと頼み、2度目のプロポーズも断った。 ケイトは結局、自分で記事を書くことにした。 ケイトは娘として父親の記事を書く ケイトは今までのことをいろいろと思い出しながら、涙を流し、記事を書きを繰り返していた。 そして、朝方、ようやく記事を書き終えた。 その記事を見た編集長は満足そうだった。 さっそくその記事をトップに乗せるための準備に取り掛かっていた。 記事を書き終えたケイトだったが、彼女は複雑な気持ちがぬぐえない。 尾高の妻は息子を残して去る 帰宅した尾高は部屋で息子が泣いていたのに慌てた。 そこには離婚届があり、息子の親権が尾高に書き換えられていた。 尾高は泣いている息子を抱きかかえ、自分が一人で息子を育てていくと決心した。 そのことを知った編集長はケイトと尾高が別れた理由がわからないようだった。 野中が出社してくる 久しぶりに野中が出社してきた。 彼は編集長に退職願を出し、ケイトを初め、編集部のみんなに謝った。 しかし、乃十阿徹は殺人犯ではないということが分かり、野中はケイトと別れる理由は無かったと言った。 だが、編集長は野中とケイトは別れて正解だったと言い、早速、退職願を受理した。 悔しがる野中だったが、「ビッグな小説家になってやる」とい残して、編集部を去って行った。 副社長に記事の差し止めを要求される その後、編集長は副社長に呼ばれた。 そして、ケイトが書いた乃十阿徹の記事を止めるように言われた。 その要求に岩谷は渋々承知し、別の記事に差し替えることになった。 ケイトは尾高に「私たち戻る?」と聞いた。 彼女は尾高と一緒に子供を育てていこうと話をしたが、尾高は「そんなケイトは好きじゃない」と、その申し出を断った。 ケイトが乃十阿徹に会いに行く その後、ケイトは乃十阿徹のところへ行った。 ケイトが書いた乃十阿徹の記事が出なくなったことを伝え、ゲラを乃十阿徹に渡した。 そして、彼はその記事を読んだ。 結局、乃十阿徹は最後までケイトのことを娘だとは認めなかった。 彼はケイトを殺人犯の娘にしたくないと言う気持ちがあり、最後まで娘だと認めなかったようだ。 乃十阿徹が読んだそのゲラは、その場でケイトが焼き捨てた。 「知らなくていいコト」ドラマ最終回の結末をネタバレ! 野中が作家デビューで大ヒット その後、野中は作家になり「闇落ちする亀」という小説が大ヒットとなった。 小説はドラマ化にもなり、彼は一躍、時の人となった。 イースト編集部のメンバーもテレビで、一躍有名人になった野中を見ていた。 いつもの光景 週刊イースト編集部では通常通りの職場の雰囲気に戻っていた。 ケイトはいつも通りの記者の顔になっていた。 ある日、ケイトは取材に行く途中、街中で尾高が息子を連れて歩いているのを見かけた。 ケイトはその様子を見ながら、そのまま反対方向へ歩いていった。 ケイトが1人の女性として生きていくカッコいい最後でしたね。 週刊誌の記者が主人公ということで、事件を追ったりもするんでしょうか? ネタバレなしで毎週ドキドキしながら楽しめるドラマになりそうですね。 知らなくていいコトの脚本家とこれまで手掛けた作品は? 🏮お知らせ😊 「大恋愛」 脚本家(大石静)さんが 来てくれた — 【公式】川柳居酒屋なつみ senryuizakaya 「知らなくていいコト」の脚本は、 大石静さんが手掛けています。 大石静さんはこれまでに数々のラブストーリーの脚本を担当され、ラブストーリーの名手と言われる脚本家です。 では、大石さんの代表的な作品をご紹介します。 オードリー 2000年• ハンドク!!! 2001年• First Love 2002年• 功名が辻 2006年• セカンドバージン 2010年• セカンド・ラブ 2015年• 家売る女 2016年• トットちゃん 2017年• 大恋愛~僕を忘れる君と 2018年• 家売る女の逆襲 2019年• 永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~ 2019年 これでもまだ大石さんの作品のごく一部です。 恋愛物をはじめとしてヒューマンドラマも多いですね。 人気ドラマもたくさんあります。 なかでも「大恋愛」は私の大好きなドラマです。 【受賞インタビュー】脚本家・大石静氏が語る『大恋愛』「見る人をこんなに幸せにするコンビはいない」 — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 戸田恵梨香さんが若年性アルツハイマーになり、恋人 その後結婚 のムロツヨシさんのことをだんだん忘れていってしまう、切ないラブストーリーに涙した人も多いのでは? お仕事ドラマとしては「家売る女」シリーズも大人気ですよね。 北川景子さん演じる三軒家万智が、不動産に関するいろんな問題をずばっと解決していく痛快ストーリー。 「知らなくていいコト」も仕事をバリバリこなすヒロインが主人公ですし、楽しみになってきました。 主人公の真壁ケイト 吉高由里子 は、週刊誌「週刊イースト」の記者です。 仕事も年下の恋人、野中春樹 重岡大毅 との恋も順調で充実した日々を送っていました。 しかし、シングルマザーでケイトを育ててくれた杏南 秋吉久美子 が急に亡くなってしまいます。 しかも死の間際にケイトの父親は有名なハリウッドスターだと言うのです。 これを境にケイトの人生は大きく変わり始め…。 いきなり知らされた「知らなくていいコト」にケイトはどう立ち向かうのでしょうか。 自分の父親がハリウッドスターかもしれない、なんて驚きの展開ですね。 週刊誌の記者として、散々芸能人のスキャンダルを暴いてきた自分自身がスキャンダルになってしまうとは。 本当に父親はハリウッドスターなのか、周囲の人との関係も変わってしまうのでしょうか。 「知らなくていいコト」初回放送のあらすじネタバレ 主人公の真壁ケイトは一流週刊誌「週刊イースト」の記者として活躍。 恋人の野中春樹とも良好な関係を築いていた。 そんなケイトに母親の杏南がくも膜下出血で倒れたと知らせが入る。 駆け付けたケイトに杏南は、「ケイトの父親はキアヌ・リーヴスだ」と告げて亡くなってしまう。 春樹にこのことを話すと「お母さんの冗談じゃない?」と軽く言われてしまう。 数日後、仕事復帰したケイトは70歳の老婦人、多賀笑子が架空の人物チャールズに、大金を貢いでしまったという話を取材しに笑子の茶道教室に行く。 なんとか笑子に話を聞こうとするも思ったよりガードが固く難航。 ひとまず引き上げたケイトのもとに元カレのカメラマン尾高が線香を上げに訪れた。 尾高にもキアヌ・リーヴスの話をすると、「ステキな話じゃないか。 誰の子供でもケイトはケイトだ」と言ってくれた。 翌日、ふたたび笑子に会いにいったケイトは、笑子がまた100万円振り込もうとしているのを知り、チャールズなんていないこれは詐欺だと言う。 しかし、笑子は一切信じず、ケイトが記者であることを知り追い出してしまう。 その夜ケイトは杏南の結婚指輪を見つけ、買った人物を調べてみた。 するとその指輪を買ったのは乃十阿徹、30年前に無差別殺人を犯した人物だった。 春樹に相談し、自分が殺人犯の娘でも結婚できるか聞くと「できる」と即答。 ケイトは喜び、ホッとするのだった。 春樹と婚約したことで幸せに浸るケイトは、笑子に「あなたのラブストーリーについて書かせてほしい」と頼む。 その記事はへたなラブストーリーよりも泣けると評判に。 尾高は3年前に乃十阿が出所した際、写真を撮っていた。 それを知っていたケイトは、なぜ乃十阿の写真を撮ったのか尾高に聞くが邪魔が入り、話はうやむやに。 仕事もうまくいき、絶好調なケイトでしたが、その夜春樹が訪ねてきて「やっぱり結婚はなかったことにしてほしい」と言われてしまう。 本当にキアヌ・リーヴスと杏南のツーショット写真が出てきたものの、なぜ杏南がわざわざそう言い残したんでしょうか。 ケイトが本当のことに気づかないようにごまかしたんですかね。 春樹ひどすぎないですか?一度はカッコいいこと言っておいて手のひら返しって。 「知らなくていいコト」2話のあらすじネタバレ 母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。 事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。 見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際やまぎわ(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野ささの(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高おだか(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!? 引用: 春樹の態度がひどすぎる…。 DNAなんて関係ないという記事を書いたケイトはカッコよかったですね。 母親がかつてケイトの父親は乃十阿だと尾高に話していました。 事実だったんですね、もしかして違うのかなと思ってましたが。 不倫だったから隠れて生んでいたため、事件当時はケイトが娘だとマスコミにもばれなかったんですね。 ケイトがまったく知らなかったことにも納得できる展開です。 なんで尾高と別れてしまったのか、私も悔しくなっちゃいました。 春樹がひどいだけに。 今後ケイトと不倫関係になってしまうんでしょうか。 「知らなくていいコト」3話のあらすじネタバレ 殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。 そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。 早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。 編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。 ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。 仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。 一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。 春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。 タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。 引用: ケイトが春樹のことを好きになっちゃって、尾高と別れたってことみたいですね。 これは自業自得というか、見る目なかったですね。 さらにケイトは乃十阿の居場所を探し出して会いに行きます。 さすがの調査能力と行動力です。 ケイトと会ってどんな反応をするんでしょうか。 尾高の春樹への「お前、最低だな」という軽蔑の一言はスカッとしましたね。 「知らなくていいコト」4話のあらすじネタバレ 正月休みに乃十阿のとあ(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。 しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。 予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。 早速黒川くろかわ(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。 一方、編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。 岩谷は翌日春樹はるき(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。 そんな中、尾高おだか(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。 さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……! 引用: 乃十阿に会うもケイトは無視されてしまいましたね。 誰かわからなかったのか、わかっていたけど無視したのか。 個人的にはわかったからこそ無視したんじゃないかなと思います。 尾高は25年前の殺人事件は乃十阿が犯人ではないかもと思っているようですね。 何か手がかりとなるものはあるのでしょうか。 「知らなくていいコト」5話のあらすじネタバレ 30年前に乃十阿のとあ(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高おだか(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。 未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。 翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則おきたひでのり(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。 ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川くろかわ(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。 近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。 そんな中、編集部では連載班の小泉こいずみ(関水渚)が春樹はるき(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。 さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。 岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。 引用: 沖田が動機について語らないのは、孫の名誉を守るためでしょう。 この事件が乃十阿の事件と同じような構図なら、乃十阿も何かを守ろうとしているのでしょうか。 やはり長い歳月が経っているので、何も見つかりませんでしたね。 ここで一体何があったんでしょうか。 積極的に小泉からアプローチされて付き合うことになりましたが、まだ尾高とケイトのこと気にしてますね。 名乗っても冷たくされるケイト。 乃十阿も何かを守るためにこんな態度をとっているのでしょうか。 「知らなくていいコト」6話のあらすじネタバレ 自分が杏南あんな(秋吉久美子)の娘だと乃十阿のとあ(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。 そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介さくらばようすけ(田村健太郎)の妻・和美かずみ(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香よしざわふみか(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。 二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。 しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。 早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。 そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹はるき(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。 その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。 翌日、岩谷いわたに(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!? 引用: 不倫の取材をする中で、尾高への気持ちに気づくケイト。 尾高めっちゃいい男なので気持ちはわかるけど、不倫になっちゃうのがなぁ。 何か聞かれたくない事、話したくないことがあるんでしょうね。 特にケイトには隠したいことなのかな。 ついに一線を越えてしまいましたね。 尾高とケイトにはくっついて欲しいけど、子供がいるのに離婚という展開はちょっと嫌かなぁ。 「知らなくていいコト」7話のあらすじネタバレ 尾高おだか(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。 翌日、高熱を出した黒川くろかわ(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。 そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに! 連載を抱える大物作家の接待に駆り出された 岩谷 いわたに(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。 一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。 さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く 春樹 はるき(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・ 乃十阿徹 のとあとおる(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。 引用: 春樹がケイトの父親が殺人犯の乃十阿であること、母親の阿南と乃十阿が不倫関係だったことまで、他の週刊誌の記者に暴露してしまいます。 いや、春樹ひどすぎません? 不倫だったことまでしゃべるなんて。 新恋人の小泉が仕事で活躍してるのに、自分はダメだからってしていいことと悪いことがあるでしょう。 見ててこんなに腹が立つとは、演じている重岡大毅さんが良い演技してるってことでしょうね。 ケイトが書いた記事を逆恨みされて刺されるのですが、尾高の病室に入ろうとして奥さんと子供を見てしまうケイトが切なかったですね。 それはダメでしょう。 「知らなくていいコト」8話のあらすじネタバレ ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父が乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることを他誌にリークした春樹はるき(重岡大毅)。 襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。 そんな中、上層部からケイトの異動について圧をかけられた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。 それは、与党議員・梅沢うめざわの金庫番だった男・相田あいだの自殺でうやむやになったワイロ疑惑について。 全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。 トカゲのしっぽ切りをしたであろう梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子よりこ(遠藤久美子)から頑なに取材を拒否されてしまう。 一方、入院中の尾高おだか(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配するが……。 そして翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となる!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になりケイトを取り巻く状況は一転!追う立場から追われる立場にもなり、さらなる逆境に立たされたケイトはそれでも記者として仕事に向き合おうとするが……!? 引用: 追われる立場に追い込まれながらも、必死で仕事に向き合うケイトはカッコイイです。 なんとか逆転してほしいですよね。 編集部のみんなが変わらない態度で接してくれたのがよかったですよね。 ケイトが今まで真剣に仕事していたことで、みんなに認められているんでしょう。 編集部のみんなのケイトへの態度が変わらなかったので、自分だけが悪い気持ちになったんでしょうね。 かなり挙動不審でした。 あんなに殴られてたら、他の人にもバレちゃうんじゃないかな。 スポンサーリンク 「知らなくていいコト」の最終回結末予想 日テレ連ドラ「知らなくていいコト」にジャニーズWEST重岡大毅出演!吉高由里子の年下彼氏役 — Jnews1 jnews1 「知らなくていいコト」は最終回でどんな結末を迎えるんでしょうか? 原作はありませんので、結末を3パターン予想してみました。 尾高は妻との離婚を決意。 離婚してケイトとやり直す道を選びます。 母親の乃十阿との不倫のことがあるので周囲に叩かれるでしょうが、それでも2人で生きていきます。 ハッピーエンドとしてはありそうですかね。 第8話でも岩谷がケイトに、自分の想いを大切にしろと後押しするようなことを言ってましたし。 問題は乃十阿の事件で、乃十阿が何を守ろうとしているのかですよね。 未だに動機を語らない乃十阿ですが、本当に犯人なんでしょうか。 誰かを庇っているとしたら、杏南かケイトってことになるのかなぁ。 とはいえ殺害方法がウォータータンクに毒草が入れられていたというものなので、当時3歳のケイトには無理でしょう。 フタ閉まってたでしょうし。 もしくは実行したのは乃十阿だけど、知られたくない理由があるかですよね。 第5話の孫殺しの事件と似た構造だとするとそっちの方がありそうかな。 でもその理由がまったく想像つかないです。 バッドエンド寄りで予想すると、乃十阿の事件には母親の阿南が原因で起こった事件でした。 ショックを受け自暴自棄になるケイトでしたが、尾高の支えもあり職場に復帰。 事件のすべてを手記にして発表します。 もっとバッドエンドで予想すると、杏南の事件関与だけでなく、事件解決の過程か、離婚の際に尾高が亡くなってしまうパターンもあるかもなとは思ってます。 これはかなりの大打撃なのでケイトが可哀そうすぎるかもしれませんね。 最後は希望のある終わり方になると思いますので、尾高には頑張って欲しいところですね。 いろいろと予想というか想像してみましたが、正直なところどういう展開になるのか、全然わからないんです。 そこが面白くて素晴らしいところではあるんですけどね。 相違点は、• 主人公の 出生の秘密や人生がメインのストーリーである わたし定時で帰りますは、主人公の周りの働き方改革が描かれていた• 元カレがすでに結婚している• 原作がない わたし定時で帰りますは、朱野帰子さんの同名小説が原作 それぞれの相関図を見比べるとかなり似た印象ですが、ストーリーの内容はかなり違うなと思います。 わたし定時で帰りますが、主人公が周りの人々の生き方を変えていく話であるのに対して、知らなくていいコトは主人公の生き方の変化がメインのストーリーだからです。 恋愛面ではわたし定時で帰りますは元カレとよりを戻しますが、知らなくていいコトは元カレが結婚しています。 既婚者である元カレが、どんな風にケイトに絡んでくるのか気になりますね。 まとめてみるとやはり違う点の方が多いですね。 でも知らなくていいコトも吉高由里子さんの魅力は満載だと思いますので、吉高さんファンは見逃せませんね。

次の

【知らなくていいコト】ネタバレ!最終回の結末は自転車屋が鍵!

知ら なく て いい こと

他の曜日と比べると「お仕事ドラマ」が多い水曜日。 コロナ禍でドラマが放送延期になっている今だからこそ、過去に放送されたお仕事ドラマを見直してみませんか?今回は、今年1月に放送され、ケイト(吉高由里子)と尾高(柄本佑)のバッグハグや不倫の結末が切ないと話題になった「知らなくていいコト」。 お仕事ドラマの常連、吉高由里子の違った一面を引き出した本作の見どころとは?• 記事末尾でコメント欄オープン中です!• 前回はこちら: 今回取り上げるのは今年1月より放送された、吉高由里子主演「知らなくていいコト」(日本テレビ)である。 本作について、日本テレビ・小田玲奈プロデューサーがこんなことを言っていた。 昨春放送「わたし、定時で帰ります。 」(TBS)と比較するとわかりやすい。 「わた定」は働き方改革を主題に、各々の働き方の本質を考える作品だった。 一方、「知らなくていいコト」の舞台は人気週刊誌「週刊イースト」の編集部である。 個々の働き方を問うような意識や余裕は皆無。 徹夜は当たり前だし、正月休みさえほとんどない。 時には、入院中のターゲットと接触するため病院のトイレで食事しながら一昼夜過ごしたり、倫理観は完全にスレスレである。 この姿勢をポジティブに言い換えると、プロ意識と呼ぶことができるだろう。 ただ、その度合いが常軌を逸していた。 刺される瞬間を撮影して沸き上がる編集部 印象的なのは第7話だ。 真壁ケイト(吉高由里子)は、人気棋士と新進女優の不倫愛スクープ記事を執筆する。 その内容は2人の不貞を容認するものだった。 後日、逆恨みした棋士の妻が編集部に侵入し、ケイトはナイフで刺されてしまった。 このとき、他の編集部員の多くはケイトを助けるでもなく、カメラや携帯を手にとり、決定的瞬間を収めんと撮影に専念した。 しかも、その動画を見て「よくやった!」と称賛する者までいる始末だ。 「週刊イースト」の記者は、いつも彼らなりの正義に則って行動している。 崩落事故でトンネルに閉じ込められた女子高生を見つければ「助かってほしいという気持ちは私も同じです」と正義の気持ちを訴え、共感を引き出してコメント取りに成功した。 大学入試問題を不正に買い取る予備校講師には「自力で合格できたかもしれない学生まで不正入学したことになるんですよ!? 」と迫り、教育者としての感情を揺さぶった。 それらの正義と同一線上なのだ。 同僚が殺されそうになったら、何よりもまずシャッターを切ることが彼らにとっては正義。 その証拠に、岩谷進編集長(佐々木蔵之介)は「次の号は週刊イースト襲撃を特集する!」と編集部内の士気を率先して上げた。 労基法ガン無視な彼らの無茶な働きっぷりは、正義や使命感に燃えているためである。 でも、その価値観を共有できない者も中にはいる。 危機一髪のケイトを撮って沸く同僚を軽蔑の眼差しで見る野中春樹(重岡大毅)の口癖は「僕は普通の人間なんです」だった。 しかし、編集部で野中は浮いた存在だ。 普通を自認する者がなぜか異端扱いされてしまう職場。 まともな神経ではやっていられない仕事だからである。 正気と引き換えのプロ意識 いざ、価値観が崩れるとなかなか元には戻れない。 ケイトの元カレ・尾高由一郎(柄本佑)は世界的な賞を獲得する優秀な報道カメラマンだった。 しかし、今は動物カメラマン。 その理由は、執拗に撮り続けた無差別殺人犯(後に冤罪と判明)の乃十阿徹(小林薫)がケイトの父親だと知ったためである。 「冷静にシャッターを切れない」と雑念が入り、自分の仕事に疑問を持ってしまった。 「カメラマンって、レンズに写ったものと自分の心が案外遠いんだ。 目の前に死にそうな人がいても、助けるよりシャッターを切るほうが大事じゃないとできない仕事なんだよ。 もっと言えば、撮っちゃった写真には責任感を感じない図々しさがないとダメだ」(尾高) 「シャッターを切ることこそ正義」の価値観に疑問を持ち、転職までした尾高。 実は、ケイトも同じように揺らいでいた。 妻帯者の尾高に惹かれたせいで、不倫の記事の執筆に躊躇したのだ。 取材対象者と自分を重ね合わせ、感情移入したケイト。 報道カメラマンや雑誌記者のプロ意識は、ある種、正気と引き換えだ。 ケイトの出自を受け入れたのはプロだから ひとつ、象徴的なシーンがある。 他誌がケイトと乃十阿の関係についてスクープした際のこと。 岩谷は編集部全員にケイトの出自を発表し、「俺たちは変わらない姿勢を見せよう」と呼び掛けた。 すると、彼らは本当にケイトの過去をスルーするのだ。 今までと変わらぬ態度でケイトと接する同僚たち。 週刊イーストの記者は人間の恥部や暗部を暴いてきた人間たちなのにだ。 要するに、彼らはプロだった。 普段の仕事に私心を持ち込んでいないし、ケイトの出自も私心のフィルターをかけて見ない。 そして、自分の正義にも私心による疑問を挟まない。 血の入れ替えが済んでいるプロ集団ということ。 岩谷はかつて、こんなことを言っていた。 「週刊イーストは正義の味方ではない。 イーストは人間の様々な側面を伝え、人間とは何かを考える材料を提供したいと考えている」 自分たちの正義が世の正義ではないと、彼も知っているのだろう。 お仕事ドラマとして見るには、なかなか共感が難しい作品。 変人でも超人でもない筆者は、実は野中に感情移入しながらこのドラマを見ていた。

次の

日テレドラマ「知らなくていいコト」最終回に非難殺到!ケイトの不倫の結末に「魔性の女!」「身勝手!」「後味悪すぎ!」: J

知ら なく て いい こと

このスタンドランプのグレーverが、以前で使用されていました。 変形の三角形がまた面白い。 オーク材8色、ウォールナット材1色のオーダー品。 ACTUS店舗にて取り扱いがあります。 オンラインストアでは購入できません。 ダイニングチェア スマートな見た目と座り心地を追求。 ウォールナット材のチェア。 庶民の私には手の届かないお値段のチェアです。 見るだけで私の何かが満たされます。 他にもカラー展開が豊富。 トレイが取り外せるみたい。 使い勝手抜群。 ACTUSで取り扱いがあります。 オンラインストアでは購入できません。 ラグ 参照: ナイロン100%のショートカットパイルのシャギーラグ。 シンプルなデザインが部屋を選びません。 ACTUS店舗にて取り扱いがあります。 オンラインストアでは購入できません。 チボリ・オーディオ リビングの棚にあるチボリ・オーディオ。 気になった方も多いはず。 Bluetooth対応です。

次の