一個 づつ ずつ。 「ずつ」と「づつ」の違いとは?

【ずつ】と【づつ】の意味の違いと使い方の例文

一個 づつ ずつ

「一人宛」「少し宛」などの「宛」のかな表記は「ずつ」「づつ」のどちらでしょうか。 昭和61年内閣告示「」によると、本則は「ずつ」で、「づつ」も許容されます。 つまり、宿題や試験、応募書類、ビジネス文書などでは「ずつ」を使うほうが無難ですが、「づつ」も誤りでなく、私的な文章ではどちらの表記でもかまいません。 以上が「『ずつ』と『づつ』のどちらが正しいの?」という問いに対する簡明な回答です。 ただし、「正しい」をつきつめるとこれだけでは済みません。 昨今、「づつ」の使用を「糾弾」するような文章をみかけます。 しかし「現代仮名遣い」は、「法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表すための仮名遣いのよりどころを示すものであ」り、「科学、技術、芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで」規制を「及ぼそうとするもの」ではありません。 そもそも「現代仮名遣い」の「ひとりずつ」を例示した箇所で「『じ』『ず』を用いて書くことを本則とし〈中略〉『ぢ』『づ』を用いて書くこともできる」と明記されており、既述のとおり「『づつ』は誤りでない」のです。 誤りと指弾するのでなく「『ちょうちょう』を『てふてふ』とは書かないくせに『づつ』だけいなのはおかしい」と批難する向きもありますが、そう単純な話でもありません。 「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の発音を区別しなくなった現代、これら「四つ仮名」の表記はなかなかの難問です。 「現代仮名遣い」においてもいささか苦しい説明になっています。 「現代仮名遣い」は「語を現代語の音韻に従つて書き表すことを原則とし」ます。 <のサイトのママなんですが……「促音に用いる『つ』は、なるべく小書きにする」としてるのにどうなんだこれは。 「一方、表記の慣習を尊重して一定の特例を設け」ており、「じ」「ぢ」「ず」「づ」はこの「特例」にあたります。 そして、特例を示す「第2」の「5」で、「同音の連呼によって生じた『ぢ』『づ』」(「ちぢむ」「つづみ(鼓)」「つづく(続)」など)、「二語の連合によって生じた『ぢ』『づ』」(「はなぢ(鼻血)」「にいづま(新妻)」「かたづく」など)は「『ぢ』『づ』を用いて書く」と四つ仮名についての原則が説明されます。 これに「次のような語については、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、それぞれ『じ』『ず』を用いて書くことを本則とし〈中略〉『ぢ』『づ』を用いて書くこともできる」と続け、いわば特例のなかのさらなる特例を具体的に規定してしまったことが混乱を生みます。 「次のような語」に挙げられるのは、「ひとりずつ」のほか、「せかいじゅう(世界中)」「いなずま(稲妻)」「ときわず」「みみずく」「おとずれる(訪)」「ぬかずく」「うでずく」「くめ」などです。 これらのすべてを「二語に分解しにくいもの等」(この「等」はなにを意味するのでしょう?)と感じるかどうかは人によって異なります。 「みみずく」は二語に分解しにくいけれど「世界中」は分解できる、と感じる人もいるでしょう。 「黒尽くめ」を二語に分解しにくいなんてとうてい思えない、という人もあるかもしれません。 「かたづく(片付く)」は二語の連合で「ぬかずく(額突く)」は二語に分解しにくいとする根拠を「現代仮名遣い」は明らかにしません。 主観に基づく「特例の特例」は採用せず論理的な「同音の連呼」「二語の連合」の原則により表記するという立場に問題はないと思われます。 「ぢ」「づ」にだけいを用いているわけではなく、「現代仮名遣い」の四つ仮名の原則にのっとって表記した「ぢ」「づ」なのです。 「ずつ/づつ」に戻ると、語源ははっきりしないものの、「『一つ』『二つ』の『つ』を重ねたもの」(辞書:)という説が有力です。 そうであれば「同音の連呼」ですから「づつ」のほうがしっくりきます。 また、「ひとりずつ」が二語に分解しにくいというのも無理があるのではないでしょうか。 「ずつ/づつ」は副助詞に分類されます(接尾語とする説もあります)。 「ひとりずつ/づつ」「少しずつ/づつ」「5個ずつ/づつ」などと用例を並べてみれば、「現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの」と感じることはなさそうです。 「ずつ」でなく「づつ」という表記には、こまやかな日本語表現のために意図して使われたものも多数あるはずです。 一概に批難できるものかどうか一考してみてはいかがでしょうか。 最後になりましたが、あけましておめでとうございます。 本年も当blogを覗いていただければ幸甚に存じます。 kazsa.

次の

「ずつ」と「づつ」の違いや使い分け!正しいのはどっち?

一個 づつ ずつ

ずつ 2. づつ 正解は…? c Shutterstock. com c Shutterstock. com 1. ずつ 「づつ」は歴史的仮名遣いで、現代仮名遣いでは「 ずつ」と表記するのが正しいとされています。 【ずつ】 数量・割合を表す名詞・副詞、および一部の助詞に付く。 (1)ある数量を等分に割り当てる意を表す。 「一人に二本ずつ与える」 (2)一定量に限って繰り返す意を表す。 「一ページずつめくる」 [補説]「一つ」「二つ」の「つ」を重ねたものか。 中古から用いられる。

次の

ステップ実行

一個 づつ ずつ

「づつ」と「ずつ」の違いとは 現代かなづかいと歴史的かなづかい 実は「づつ」と「ずつ」ですが、 どちらを使っても間違いではありません。 しかし学校の授業では、 「ずつ」を使うように指導されます。 更に新聞などの活字メディアでも、特別な場合を除き「ずつ」の使用が推奨されます。 実は、• 「ずつ」は 「現代かなづかい」• 「づつ」は 「歴史的かなづかい」 なんですね。 歴史的かなづかいとは 「歴史的かなづかい」とは主に戦前まで使われてたもので、平安時代あたりの言い方を元にしています。 旧かなづかいとも言う事があり、古典の授業などでよく見かけるもの。 有名なものですと「てふてふ」があり、これは「ちょうちょ」と読みますね。 書いた文字と実際の発音に違いがあることが多く、現代の私達から見るとわかりづらい部分もあります。 しかし当時の人たちは「そういうものだ」と教えられたので、特に不自由はしていなかったんですよ。 ただ発音と文字が違うために、 昭和21年(1946年)に当時の文部省が国語改革を実施。 その時に文字と音が一致する言い回しに改められ、その中には「づつ」もありました。 そのため「づつ」ではなく「ずつ」を使うようになり、「づつ」「ずつ」と二つの言葉が使われるようになったと言われています。 「づつ」「ずつ」、それぞれの言葉の使い分け 基本的には「ずつ」 現代仮名づかいでは、一部の例外を除いて「ずつ」が推奨されています。 改定された当時は、必ず「ずつ」を使うようにと指導されていました。 しかし 昭和61年(1986年)に見直しがされた際に、「づつを使っても良い」と緩和されました。 「づつ」も間違いではないけれど、 できれば「ずつ」を使うという方針へと変わったわけですね。 これは古典文学などで「づつ」の表現が出た時に、間違いだという誤解が生まれかねないため。 現代文学でも時代背景に合わせて、あえて「づつ」を使うことへの配慮もあります。 更に年配者が「づつ」で教育を受けていたため、一般的に「づつ」が使われることが多かったのです。 前置きが長くなりましたが、 普段の文章は「ずつ」の使用が好ましいです。 ですから、 一つ づつではなく、一つ ずつ、 三回 づつではなく、三回 ずつ。 「づつ」も間違いではありませんが、相手方から間違いと指摘される可能性もありますので気をつけたいですね。 「づつ」を使うとき 基本は「ずつ」ですが、一部の文章では 「づつ」を使う場面があります。 まずは、 古典文学の原文を書き写すとき。 原文に忠実にですから「づつ」とあるなら「づつ」と書き写します。 同様に小説などの原文が「づつ」となっている場合も、「ずつ」に修正せず「づつ」のまま使います。 また 「つ」が重なる場合は、「ずつ」ではなく「づつ」とします。 例えば「竹筒」をひらがなで書く場合、「たけずつ」ではなく「たけづつ」となります。 筒は「つつ」と「つ」が重なる言葉。 音が濁っても「ずつ」は使いません。 とはいえ「筒」以外で「つつ」となる字はほとんどないので、 筒が例外と覚えておくと判りやすいですよ。 「ず」と「づ」の使い分け 音が同じだけに、使い分けの難しい「ず」と「つ」のひらがな。 しかし 2つの例を覚えておくと、どちらを使うのか迷いにくくなります。 もし「宝塚」と書いた場合、ひらがなでは「たからづか」となり「たからずか」とはなりません。 同じように「薄墨」の場合は、「墨」は「すみ」となるため「うすずみ」になります。 この様に 音が濁る場合は、「す」は「ず」「つ」は「づ」とします。 例えば「続き(つづき)」「鼓(つづみ)」などは、「ず」ではなく「づ」を。 一方で「硯(すずり)」「鈴木(すずき)「雀(すずめ)」などは、「づ」ではなく「ず」です。 子供にひらがなで言葉を教えるときは、この 2点に注意しましょう。 関連記事:• 「づつ」でも間違いではない 「づつ」と「ずつ」の違いは、文部省(現在の文部科学省)が決めた「かなづかい」の違いによるもの。 厳密な事を言えば「ずつ」を使うべきですが、昔から馴染みのある「づつ」も間違いではありません。 ですから年配の方が「づつ」を使っていても、覚え間違いではないんですよ。 公的な文章では「ずつ」が推奨されるので、注意したいのであれば普段から「ずつ」を習慣づけましょう。 一方で古典に親しむのであれば「づつ」も使うということも頭の片隅に入れておくといいですね!.

次の