矯正歯科 姫路。 姫路駅前グランツ歯科|兵庫県姫路市の歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

料金表-姫路・姫路市の小児歯科・歯科・歯医者・矯正歯科ならデンタルクリニックカルミア

矯正歯科 姫路

大人でよく使用される矯正装置 大人でよく使用される矯正装置 歯1本1本を正確にコントロールすることができる、矯正治療で最もスタンダードな装置で"マルチブラケット装置"といいます。 歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かします。 装置にはたくさんの種類があるため、当院では患者様のご希望に応じながら治療を行っています。 表側に付ける矯正装置と、裏側に付ける矯正装置をご紹介します。 表側からの矯正装置 歯の表面に装置「ブラケット」が付きますので、見た目がやや目立つということがあります。 しかし術者にとっては治療がし易いため、歯を確実に理想的な位置に移動させることができるのが特徴です。 ブラケットにはいくつかの種類があります。 メタルはどうしても審美的に難点がありますが、小さく薄くでき、なにより丈夫です。 現在でも、強い力が加わり目立たない位置にある奥歯によく使います。 また、他の装置などに比べ、ずいぶん安価で治療を行える為、見た目さえこだわらなければ、これも立派な矯正装置です。 全体的に強度も高く、審美的にも歯の色に近く自然な色合いです。 ホワイトコーティングしたワイヤーと組み合わせることで、より装置を目立たなくすることができます。 しかしこの方法では、ブラケットにワイヤーを通すだけで済むため、生じる摩擦を従来の装置に比べ数百分の一に軽減します。 その結果、歯の移動がスムーズになります。 このシステムの特長として• より弱い力で動くため歯や歯周組織に優しい• 弱い力で動くため歯の痛みが少ない• 治療中のストレスが軽減される• 歯が早く動くため、治療期間が短くなる• ワイヤーの調整頻度が少なく、通院回数も少なく済む つまり、歯や生体のことを十分に考えられた装置です。 この装置はワイヤーとブラケットを縛らないため、弱い力で、早く歯を動かすことができます。 また歯や歯の周りの骨やあごの関節に対してもやさしい構造となっております。 治療の範囲が広く、とくに歯を抜かない症例に適しています。 装置のサイズを小さくするため下半分が金属でやや目立ちますが、オールセラミックであるデーモンクリアの登場により、見た目がずいぶん改善されました。 これもデーモンシステムと同様に、ワイヤーとブラケットを縛らないためより弱い力でより速く歯が動きます。 また半透明のセラミック製なので、デーモンよりも目立ちません。 従来の装置と比べるとコストはかかりますが、審美的にも良く、痛みの軽減と治療期間の負担軽減に優れた矯正装置です。 クリッピーc ブラケットの拡大図 装着した状態 裏側からの矯正装置 裏側矯正とは、装置が最も目立たない方法で、舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれています。 歯の裏側に装置が付くので、周りの人から矯正していることに、ほとんど気づかれません。 成人式や結婚式・・それ以外の大切な人生の記念日も装置を気にせず最高の笑顔で迎えられます。 フルリンガル 上の歯も下の歯も裏側に装置を付けて治療を行う方法です。 裏側矯正なら、接客業、モデルさんなど見た目の制約が多い職業の方でも周囲の目を気にする事なく歯並びの治療ができます。 汚れや歯石が溜まりにくく、普通の歯ブラシによるお手入れで清潔に保てます。 小型の舌側矯正装置を使用することで、舌の不快感、歯の痛みや発音障害も大幅に減り、快適になりました。 ハーフリンガル 近年人気の半裏側矯正治療の方法です。 上の歯だけ裏側に装置を付けて、下の歯は表側に付けて治療を行う方法です。 下の歯は、普段から上の歯で覆われているため装置を付けてもそれほど目立ちません。 フルリンガルよりも費用が安く済みます。 また下の歯の裏側に装置を付けないため、発音し易くなります。 次世代の裏側装置 クリッピーL 非常に小型で違和感が少ない画期的なブラケットです。 裏側矯正でありながら、表側矯正のデーモンシステムやクリッピーCと同等の機能を備えたセルフライゲーションタイプの装置です。 そのため、ワイヤーとブラケットとの摩擦抵抗が大幅に減り、歯の動くスピードが向上します。 また、痛みも軽減され、通院の回数も少なくて済みます。 ドクターの操作性が格段によく、患者さんにとっても負担が軽くてすみます。 小型ゆえ、これまでの舌側矯正の大きな課題となっていた発音障害が軽減されます。 〜裏側矯正のメリット&デメリット〜 メリット• 虫歯になる可能性が少ない 歯の裏側は常に唾液が流れており、その殺菌作用で虫歯のリスクが少なくなります• 前歯を十分後退させることが可能 出っ歯などの治療で、裏側矯正に比べ前歯を十分に引っ込めることができる• 舌癖の防止• ワイヤー矯正のため、マウスピースタイプの矯正と比べて歯の移動が確実になる• 矯正治療をしながらホワイトニングができる デメリット.

次の

兵庫県姫路市のしろがね矯正歯科:大人でよく使用する矯正装置

矯正歯科 姫路

私たちは「口元から光り輝く人生」を 送っていただくためのお手伝いをします。 姫路駅南すぐのところで開業させていただきます粟谷英信と申します。 私は皆さんが想像されている歯科医院とは違うイメージの歯科医院を作ろうと思っています。 私は大学を卒業してからの10年で、たくさんの患者さんを見てきました。 そこで感じたのは、高齢者で歯が悪い人が多いことです。 食事がうまく摂れずに困っている人を見てきました。 実は日本は世界的に見ても歯が悪い国とされています。 それは、「痛くないと歯医者に行かない」、「削って詰める」、「すぐ抜かれてしまう」といった日本の風習のようなものがあるからです。 私はそんな風習を変えたいと思い、開業を決意しました。 今回は本気で治したい。 見た目のコンプレックスを治したい。 何でも噛めるようになりたい。 私はそういった思いに全力でお答えしたいと思っています。 しっかりお話をお伺いして、しっかり検査をして、一緒にゴールを設定して、それに向かって治療を進めることができたら、ちゃんと治ります。 治療を終えたら、定期検診に来ていただき、良い状態が維持できたら、今後の人生はより良いものになるのではないでしょうか?.

次の

姫路駅前グランツ歯科|兵庫県姫路市の歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

矯正歯科 姫路

大人でよく使用される矯正装置 大人でよく使用される矯正装置 歯1本1本を正確にコントロールすることができる、矯正治療で最もスタンダードな装置で"マルチブラケット装置"といいます。 歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かします。 装置にはたくさんの種類があるため、当院では患者様のご希望に応じながら治療を行っています。 表側に付ける矯正装置と、裏側に付ける矯正装置をご紹介します。 表側からの矯正装置 歯の表面に装置「ブラケット」が付きますので、見た目がやや目立つということがあります。 しかし術者にとっては治療がし易いため、歯を確実に理想的な位置に移動させることができるのが特徴です。 ブラケットにはいくつかの種類があります。 メタルはどうしても審美的に難点がありますが、小さく薄くでき、なにより丈夫です。 現在でも、強い力が加わり目立たない位置にある奥歯によく使います。 また、他の装置などに比べ、ずいぶん安価で治療を行える為、見た目さえこだわらなければ、これも立派な矯正装置です。 全体的に強度も高く、審美的にも歯の色に近く自然な色合いです。 ホワイトコーティングしたワイヤーと組み合わせることで、より装置を目立たなくすることができます。 しかしこの方法では、ブラケットにワイヤーを通すだけで済むため、生じる摩擦を従来の装置に比べ数百分の一に軽減します。 その結果、歯の移動がスムーズになります。 このシステムの特長として• より弱い力で動くため歯や歯周組織に優しい• 弱い力で動くため歯の痛みが少ない• 治療中のストレスが軽減される• 歯が早く動くため、治療期間が短くなる• ワイヤーの調整頻度が少なく、通院回数も少なく済む つまり、歯や生体のことを十分に考えられた装置です。 この装置はワイヤーとブラケットを縛らないため、弱い力で、早く歯を動かすことができます。 また歯や歯の周りの骨やあごの関節に対してもやさしい構造となっております。 治療の範囲が広く、とくに歯を抜かない症例に適しています。 装置のサイズを小さくするため下半分が金属でやや目立ちますが、オールセラミックであるデーモンクリアの登場により、見た目がずいぶん改善されました。 これもデーモンシステムと同様に、ワイヤーとブラケットを縛らないためより弱い力でより速く歯が動きます。 また半透明のセラミック製なので、デーモンよりも目立ちません。 従来の装置と比べるとコストはかかりますが、審美的にも良く、痛みの軽減と治療期間の負担軽減に優れた矯正装置です。 クリッピーc ブラケットの拡大図 装着した状態 裏側からの矯正装置 裏側矯正とは、装置が最も目立たない方法で、舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれています。 歯の裏側に装置が付くので、周りの人から矯正していることに、ほとんど気づかれません。 成人式や結婚式・・それ以外の大切な人生の記念日も装置を気にせず最高の笑顔で迎えられます。 フルリンガル 上の歯も下の歯も裏側に装置を付けて治療を行う方法です。 裏側矯正なら、接客業、モデルさんなど見た目の制約が多い職業の方でも周囲の目を気にする事なく歯並びの治療ができます。 汚れや歯石が溜まりにくく、普通の歯ブラシによるお手入れで清潔に保てます。 小型の舌側矯正装置を使用することで、舌の不快感、歯の痛みや発音障害も大幅に減り、快適になりました。 ハーフリンガル 近年人気の半裏側矯正治療の方法です。 上の歯だけ裏側に装置を付けて、下の歯は表側に付けて治療を行う方法です。 下の歯は、普段から上の歯で覆われているため装置を付けてもそれほど目立ちません。 フルリンガルよりも費用が安く済みます。 また下の歯の裏側に装置を付けないため、発音し易くなります。 次世代の裏側装置 クリッピーL 非常に小型で違和感が少ない画期的なブラケットです。 裏側矯正でありながら、表側矯正のデーモンシステムやクリッピーCと同等の機能を備えたセルフライゲーションタイプの装置です。 そのため、ワイヤーとブラケットとの摩擦抵抗が大幅に減り、歯の動くスピードが向上します。 また、痛みも軽減され、通院の回数も少なくて済みます。 ドクターの操作性が格段によく、患者さんにとっても負担が軽くてすみます。 小型ゆえ、これまでの舌側矯正の大きな課題となっていた発音障害が軽減されます。 〜裏側矯正のメリット&デメリット〜 メリット• 虫歯になる可能性が少ない 歯の裏側は常に唾液が流れており、その殺菌作用で虫歯のリスクが少なくなります• 前歯を十分後退させることが可能 出っ歯などの治療で、裏側矯正に比べ前歯を十分に引っ込めることができる• 舌癖の防止• ワイヤー矯正のため、マウスピースタイプの矯正と比べて歯の移動が確実になる• 矯正治療をしながらホワイトニングができる デメリット.

次の