ナスダックゼットスケーラー。 【米国グロース株】ゼットスケーラー(ZS)の基本情報、業績、株価まとめ

ゼットスケーラー、Edgewise Networksを買収|ゼットスケーラー株式会社のプレスリリース

ナスダックゼットスケーラー

セキュリティ企業 ゼットスケーラー 今回は「クラウドストライク」の上場も間近に迫っているという事で、同じくセキュリティ関連企業である ゼットスケーラー について調べてみようと思います。 同社はクラウド型によるインターネットセキュリティプラットフォームを提供している米国企業。 昨年IPOを果たして以来、約2倍に株価が上昇し市場からも非常に期待の大きい企業です。 今、セキュリティ関連企業は世界的なICTやAI技術の発達により、今後急激に増える情報を守る存在として注目度の高い業界です。 今回はまだ時価総額も$100億以下と、旨味がありそうな同社について長期投資に適しているか検証をしてみました。 事業内容 上にも書きましたが同社はクラウドセキュリティのプラットフォームを提供する企業です。 こちらもやっぱりSaaS企業ですね。 随分前から、もうSaas関連じゃないとこれからのビジネスは成り立たないようです。 その点でいうと同社の強みは上記のような内容になります。 同社の接続方法は、 クラウド上にある同社のセキュリティゲートウェイを介してユーザーと接続するシステム になっています。 他のセキュリティ企業に多い方法は、外部から一旦社内のネットワークを介してクラウドと接続をする方法が多いため、これだとネットワークインフラ整備のコスト増や通信速度に影響がでるため効率が良くない。 しかし同社の場合は、クラウド上のセキュリティゲートウェイを経由するだけで安全に接続する事ができるのです。 経由する工程が減る事で通信速度に対する悪影響も少なく快適に利用できるようになります。 またコストが抑えられる要因は、本来コストのかかるセキュリティアプライアンス(専用機器)が不要になるため、という事です。 さらに SSLの暗号化通信に関する脅威への対策も同社のセキュリティゲートウェイでは高速に処理ができるとも公表しています。 日本でもhttps化が進められている一方で、セキュリティ面では検問の工程が増えるため負荷がかかり従来のアプライアンスでは能力不足という問題も起こっています。 その部分も同社のサービスを使えば高速で処理ができるという事で優位性をアピールしています。 米国を始めアジアにも商圏を広げており、グローバル化も着々と進めているようです。 直近の業績 最近の3年間の売上の推移をグラフ化してみました。 成長が鈍化する事もなく非常に順調に推移しています。 同社の直近の業績である(2019. 3Q)を見てみましょう。 45 【4Q通期予測】 売上高:$2億9,800万~3億 EPS non-GAAP :$0. 16~0. 18 非GAAPベースでは今期は黒字化となる見込みです。 前期までは投資費用が重なり赤字だったため、これからは回収フェーズに入っていくと思われます。 売上総利益率も約80%と非常に利益率の高いストック型ビジネスモデルのため、事業の拡大に伴い、土台がしっかりすればするほど安定してくるはずです。 4Qも恐らくほぼ予測通りに着地しそうなので、次は2020年度の通期予想に注目が集まってきそうです。 セキュリティ市場規模 あるレポートによるとサイバーセキュリティに対する脅威が高まっており、市場規模も年々拡大していると言われています。 世界のサイバーセキュリティ市場は 2018年に1,530億ドルと言われており、 2022年には2,320億ドルまで伸びる見通し があります。 伸び率は50%と市場規模も年率10%を超える勢いです。 その中でも日本のセキュリティ企業におけるシェアは海外に比べると非常にシェア率が低くセキュリティ面で投資をするのであればやはり海外企業に勝機がありそうです。 中でも勢いでいうと「ゼットスケーラー」はトップレベルの伸びを続けている事から、競合も多い業界ではありますが、独自の強みを生かして業績を伸ばしていくのではないかと思っています。 まとめ 今回は有望セキュリティ企業として「ゼットスケーラー」の業績を見てみました。 直近に迫った「クラウドストライク」のIPOで再注目を集める可能性があり、将来性・成長性ともに更に大きな期待が寄せられると思います。 同社への投資について今の株価は高いのか安いのか、という点で確認をしてみます。 ちなみに今期の通期予測のEPSで割安度を見ていくとPER450倍付近となります。 正直な所、いくら期待感が先行しているからと言ってもPERが450もあるとちょっと思い切りがつかないです…。 やはりセキュリティ関連については元々市場からの注目度が高いという事もあり、株価は既に遠い先の未来の業績を織り込んでいるみたいです。 よって、今回のまとめは、 PER450には手を出さない方が無難! …残念ですが、とっても期待はしていますが今回は見送りとしたいと思います。 【業績も順調、市場も拡大を見込んでいる、強力な持ち味もある。 】 という事は今回調べてみて改めて感じましたので、米国市場が暴落するのを首をなが~くして待ってみようと思います。

次の

zscaler【ZS】の2020.Q1決算まとめ│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ナスダックゼットスケーラー

セキュリティ企業 ゼットスケーラー 今回は「クラウドストライク」の上場も間近に迫っているという事で、同じくセキュリティ関連企業である ゼットスケーラー について調べてみようと思います。 同社はクラウド型によるインターネットセキュリティプラットフォームを提供している米国企業。 昨年IPOを果たして以来、約2倍に株価が上昇し市場からも非常に期待の大きい企業です。 今、セキュリティ関連企業は世界的なICTやAI技術の発達により、今後急激に増える情報を守る存在として注目度の高い業界です。 今回はまだ時価総額も$100億以下と、旨味がありそうな同社について長期投資に適しているか検証をしてみました。 事業内容 上にも書きましたが同社はクラウドセキュリティのプラットフォームを提供する企業です。 こちらもやっぱりSaaS企業ですね。 随分前から、もうSaas関連じゃないとこれからのビジネスは成り立たないようです。 その点でいうと同社の強みは上記のような内容になります。 同社の接続方法は、 クラウド上にある同社のセキュリティゲートウェイを介してユーザーと接続するシステム になっています。 他のセキュリティ企業に多い方法は、外部から一旦社内のネットワークを介してクラウドと接続をする方法が多いため、これだとネットワークインフラ整備のコスト増や通信速度に影響がでるため効率が良くない。 しかし同社の場合は、クラウド上のセキュリティゲートウェイを経由するだけで安全に接続する事ができるのです。 経由する工程が減る事で通信速度に対する悪影響も少なく快適に利用できるようになります。 またコストが抑えられる要因は、本来コストのかかるセキュリティアプライアンス(専用機器)が不要になるため、という事です。 さらに SSLの暗号化通信に関する脅威への対策も同社のセキュリティゲートウェイでは高速に処理ができるとも公表しています。 日本でもhttps化が進められている一方で、セキュリティ面では検問の工程が増えるため負荷がかかり従来のアプライアンスでは能力不足という問題も起こっています。 その部分も同社のサービスを使えば高速で処理ができるという事で優位性をアピールしています。 米国を始めアジアにも商圏を広げており、グローバル化も着々と進めているようです。 直近の業績 最近の3年間の売上の推移をグラフ化してみました。 成長が鈍化する事もなく非常に順調に推移しています。 同社の直近の業績である(2019. 3Q)を見てみましょう。 45 【4Q通期予測】 売上高:$2億9,800万~3億 EPS non-GAAP :$0. 16~0. 18 非GAAPベースでは今期は黒字化となる見込みです。 前期までは投資費用が重なり赤字だったため、これからは回収フェーズに入っていくと思われます。 売上総利益率も約80%と非常に利益率の高いストック型ビジネスモデルのため、事業の拡大に伴い、土台がしっかりすればするほど安定してくるはずです。 4Qも恐らくほぼ予測通りに着地しそうなので、次は2020年度の通期予想に注目が集まってきそうです。 セキュリティ市場規模 あるレポートによるとサイバーセキュリティに対する脅威が高まっており、市場規模も年々拡大していると言われています。 世界のサイバーセキュリティ市場は 2018年に1,530億ドルと言われており、 2022年には2,320億ドルまで伸びる見通し があります。 伸び率は50%と市場規模も年率10%を超える勢いです。 その中でも日本のセキュリティ企業におけるシェアは海外に比べると非常にシェア率が低くセキュリティ面で投資をするのであればやはり海外企業に勝機がありそうです。 中でも勢いでいうと「ゼットスケーラー」はトップレベルの伸びを続けている事から、競合も多い業界ではありますが、独自の強みを生かして業績を伸ばしていくのではないかと思っています。 まとめ 今回は有望セキュリティ企業として「ゼットスケーラー」の業績を見てみました。 直近に迫った「クラウドストライク」のIPOで再注目を集める可能性があり、将来性・成長性ともに更に大きな期待が寄せられると思います。 同社への投資について今の株価は高いのか安いのか、という点で確認をしてみます。 ちなみに今期の通期予測のEPSで割安度を見ていくとPER450倍付近となります。 正直な所、いくら期待感が先行しているからと言ってもPERが450もあるとちょっと思い切りがつかないです…。 やはりセキュリティ関連については元々市場からの注目度が高いという事もあり、株価は既に遠い先の未来の業績を織り込んでいるみたいです。 よって、今回のまとめは、 PER450には手を出さない方が無難! …残念ですが、とっても期待はしていますが今回は見送りとしたいと思います。 【業績も順調、市場も拡大を見込んでいる、強力な持ち味もある。 】 という事は今回調べてみて改めて感じましたので、米国市場が暴落するのを首をなが~くして待ってみようと思います。

次の

ゼットスケーラーだからできる“脱・レガシー” セキュリティとネットワークの変革を急げ!

ナスダックゼットスケーラー

「業務基盤のクラウド化、つまりアプリケーションのトランスフォーメーションを進めるのなら、セキュリティとネットワークのトランスフォーメーションも同時に実行しなければならない。 ゼットスケーラーはこれを実現するため、創業時からセキュリティをクラウドで展開するビジョンを掲げてきた」 そう語るのは、ゼットスケーラー エバンジェリストの髙岡隆佳氏だ。 企業ITのあり方と働き方が大きく変わり始めた今、そう実感している企業経営者、IT管理者は少なくないだろう。 その状況を打開し、クラウドの効果を存分に発揮するには、企業の中と外を分ける境界型セキュリティから脱却し、場所に囚われない自由なネットワークアクセスを実現することが必要だ。 NWもセキュリティもクラウドへ まず脱ハードウェアからスタートZscaler Cloud Security Platform( 図表1)は、まさにこれを実現するためのプラットフォームだ。 3つのソリューションで構成されている。 図表1 ゼットスケーラーのプラットフォームサービス ZIA(Zscaler Internet Access)は、あらゆるインターネット/クラウドトラフィックに対して多層防御をクラウド型で提供する。 これまでオンプレミス型で運用されていたセキュリティ機能をまるごとクラウドへ移行し、一元管理できる。 それ以外のオンプレミスシステムやデータセンター、プライベートクラウドへのアクセスは、ゼロトラストベースのリモートアクセス「ZPA(Zscaler Private Access)」で保護する。 さらに、IT管理者からは見えないテレワーク/リモートワーク社員の活動を含めてすべてのアクティビティを可視化する「ZB2B」を合わせることで、社員のデジタル体験を常時監視し、トラブルにも迅速に対応できるようにする。 「これを統合的に提供することで、お客様のセキュリティ/ネットワークトランスフォーメーションを加速させる」と髙岡氏は話す。 企業経営者・IT管理者の視点で言えば、管理すべきハードウェアが減り、管理負荷も低減。 従業員は、場所に囚われずクラウドを駆使できる自由度の高い働き方が可能になる。 ただ、ここで疑問が1つ湧く。 それらとゼットスケーラーは何が違うのか。 GEやシーメンス、ユナイテッド航空をはじめ名だたるグローベル企業が続々とゼットスケーラーを採用する理由はどこにあるのか。

次の