デジモンアドベンチャー 新作 感想。 デジモンアドベンチャー: 1話 感想・ネタバレ「ディアボロモンではなくアルゴモン!」

「デジモンアドベンチャー:」1話感想/評価まとめ 新しいデジモンアドベンチャー!挿入歌がないのは残念。|あふさの館

デジモンアドベンチャー 新作 感想

デジモンアドベンチャー新作1話感想【良かったこと】 デジモンアドベンチャー新作1話感想【イメージと違ったこと】 デジモンアドベンチャー新作1話みんなの感想 2020年の4月5日にデジモンアドベンチャー新作の第1話が放送されました。 待ちに待ったデジモンアドベンチャーなのでワクワクとドキドキがたまりません!! 早速ですが、今回はデジモンアドベンチャーの新作第一話を見た感想を書いていきます。 ネタバレを含むところがあるので、見たくない人はこのままブラウザバック安定です。 では早速いきましょう。 デジモンアドベンチャー新作1話感想【良かったこと】 僕は初代デジモン世代の人間なので新作デジモンアドベンチャーをずっと楽しみにしていました。 初代のデジモンアドベンチャーの1話は、選ばれし子供たちとデジモンが出会って成長期に進化するくらいだったので新作デジモンアドベンチャーは展開が早いですね。 1話からこの展開の早さだと物語がどんな感じになるのか想像もできませんね。 デジモンたちの声が同じ デジモンたち担当の声優さんが、初代デジモンアドベンチャーと同じなので懐かしさが半端ないです。 アグモンの 「たいちぃ〜」が20年ぶりに聴けて、僕が子供のだった頃を思い出しました。 なお、選ばれし子供たち担当の声優さんは全員変わっています。 1話では太一と光子郎、ヒカリの3人しか喋っていませんが(多分)聞いた感じだとしっくりきています。 また、声優さんについてはこちらの記事で詳しく解説しています。 デジモンアドベンチャー新作1話感想【イメージと違ったこと】 新作デジモンアドベンチャーを見て、少しイメージと違ったことがあります。 というか、初代デジモンアドベンチャー和田浩二さんが唄う 「butterfly」が良すぎるからこっちのイメージが強すぎるんだと思います。 butterflyは伝説級の歌でカラオケでよく歌われるランキングにも入っているくらいなので。 というわけで、オープニング曲に関してはちょっぴりbutterflyの方がいいかなというのが本音です。 進化時の映像と曲が無い 進化時の映像と曲が無い!! 進化時の映像はデジモンがくるくる回るやつで曲は 「braveHeart」ですね。 初代からデジモンを見ている人間だと 「なぜ進化時の映像と曲が無いんじゃーー!!」と思ったんじゃ無いでしょうか? 僕も同じように思いましたし、Twitter見てると同じように思ってる人がたくさんいました。 しかし、初代デジモンアドベンチャーが大人気すぎたことも事実なので少しくらい継承している部分もあっては良かったのでは?と心の中で思っています。 あっ、記事に書いてるんで、心の中では無いですね。 エンディングがヤマトで笑ったw 主人公は太一ですよーー。 めっちゃ動く!! 光子郎…早速使いこなしてるうえに、理解力高すぎ!! 流石、太一! 進化キターーーーーー!! いっけーーーーー!! EDがヤマトメインだとっ!

次の

「デジモンアドベンチャー:」1話感想/評価まとめ 新しいデジモンアドベンチャー!挿入歌がないのは残念。|あふさの館

デジモンアドベンチャー 新作 感想

あの超有名アニソンもリメイクしてパワーアップ ~ポケモントレーナーみゆきは、95点の経験値をもらった!~ アニメ「デジモンアドベンチャー」の15周年を記念して制作されることとなり、全6章構成で3年弱をかけて上映されました。 設定は初代デジモンの6年後であり、選ばれし子供たちが高校生と中学生になっています。 8人それぞれが自分の人生を歩んでいる中で再びデジモンにまつわる事件が起きて再会。 小学生の時には見えていなかった世界が、大人への成長を通してある意味見えてきてしまっている現在。 そんな中で、これでもかという過酷な選択が太一たちに迫られます。 それぞれの想いの中で、心も身体も成長した先にデジモンたちの本当の進化が待っています。 アニメシリーズでは見られなかったファン待望の究極のアレがありますのでお楽しみに。 また、初代アニメを盛り上げまくったオープニングテーマやエンディングテーマも、このTriバージョンとして完全復活。 全作品を通して鳥肌モノの感動が蘇ります。 ネタバレ! クリックして本文を読む 「デジモンアドベンチャー<tri. >」六部作第1部。 レンタルDVDで鑑賞。 「デジモンアドベンチャー」も「02」もリアルタイムで観ていましたが、何せ幼稚園生だったので殆ど覚えていませんでした。 しかし、デジモン好きの友達の話を聴いて興味が湧きました。 基本事項をレクチャーしてもらってから観ました。 六部作全体のプロローグといった感じでした。 冒険の日々は遥か遠く、パートナーデジモンの想い出と共に、多種多様な悩みや想いが溢れる人間模様が展開され…ん? 半分以上経ったけど、全然デジモン出て来ぇへんなぁ… 笑 と思っていたら、お台場にクワガーモンが出現! 「何でまたデジモンが!」という驚きも束の間、パートナーたちが戻って来て絆と想いが大爆発! 進化シーンが懐かしかったです。 しかし、進行速度がかなり遅めやなと思いました。 その感想があながち的外れでもなかったことに、後々気付かされることになるとは、このときは夢にも思っていませんでした 笑 初代デジモンが大好きで高校時代アニメにハマるきっかけになった作品でDVDBOXも買いました。 その大好きなはずのデジモンのその後の話なんて興味をそそられまくりでしたが、悪評を耳にして二の足を踏んでいました。 見てみて納得。 すべてのシーンが推敲、洗練されてない為にいちいち冗長に思えます。 途中寝てしまいました。 止め絵の連続シーンではシリアスな場面でしたが多いに笑わせてもらいました。 あとキャラデザどうした?太一以外マジでモブだと思ってて誰だかわからなかったです。 誰だか認識したあとも必要以上に白目の多い三白眼が気になってモブの悪役としか思えませんでした。 作中でイケメンとか美少女扱いとかこっちが受ける印象と乖離しすぎていて違和感しかありません。 代アニの学生が卒業製作で作ったと思えばかなりいい出来でしょう。 背景などは丁寧に描かれていますしね。 学生の製作レベルとしては戦闘シーンも大迫力です。 ネタバレ! クリックして本文を読む 全6章のうちの最初、なのでなんとも言い切り難いけど、これだけを見て新しい何かを感じられなかった。 初代アニメシリーズやウォーゲームなどを何度も見ていなくても、テーマの描き方にやきもきしてしまう。 成長した選ばれし子供たち、特にリーダー格の太一の変化は大きく、戦いにより失うものまで考えるようになってしまう。 今になって続編を作るのだから、これはとてもいいテーマだと思う。 その反面、バンクかと思うほどしつこくリピートする序盤の破壊シーンや、それによる太一の抵抗感が表情にも演技にも演出にも周りとの絡みにもほぼ表されないので伝わってこず単調でくどい…。 このように良い部分もあるけれど、必ずどこかひどい部分とセットになっているのでどこにものれない。 シリアスな場面で光子郎の話をスルーするギャグや、セリフが言い終わってからキーワードに反応するとか、そういったデジモン作品だとかいう以前のおかしな面は今後改善されたらいいなぁと思う。 デジモンや子供たちの日常会話は懐かしくかわいらしいし、リメイクされた歌やBGMはとってもよい …けれどやはり昔の良さにあやかった部分しか褒めどころがないのは残念。 ネタバレ! クリックして本文を読む 評判を聞きあまり期待せず見始めた。 冒頭ビービーなっている目覚まし時計を太一が左右に空振りして3回目で止めた時、この映画の程度が分かった気がした ベッタベタな出だしにこのご時世アニメとはいえ使い古された演出。 工夫すらしようとしてないんだな。 そして、動画サイト等で散々ネタにされているアニメがあるようにアニメを見る目が他国とは比べ物にならない今の日本で、笑いを取りにきているのかと思うほどの作画崩壊。 静止画を上下左右に動かしたりスライドショー的な一枚一枚絵を見せて時間を進める手抜きっぷり。 なぜこの質で映画にしようとしたのか理解できない。 大人になった当時の視聴者が懐かしさに惹かれ金を落としていけばいいと思ってるのか。 そんな風に見ていた。 ただ、アグモンの登場シーン、アグモンの第一声、選ばれし子供達とパートナーデジモンの登場シーン、進化シーンはやはり鳥肌モノ。 はっきり言って話の脈略は飛び飛びで適当。 だが、やはりあの頃の少年に戻った自分には特に進化シーンは涙が出そうになった。 モブ並みの特徴皆無さ。 ・進化シーンの一新。 懐かしさを求めているんだから無印の時のようにギター音と共にデジヴァイスからストライプ線を上に走らせて欲しかった ・進化するごとにダイジェストになっていく戦闘シーン。 せめてオメガモンはしっかりと進化シーン見せてよ。。 ・成熟期だけどテイルモンも進化させていいだろ。 どうせ今後究極体しか見せ場無いんだから。 ひどすぎる映画でした。 ファンを完全に舐めきっている。 脚本、作画全てダメダメ。 シリーズ物にしたいせいのか、時間稼ぎ、冗長な運びに苛立ち。 動きのない1枚の絵の額縁を動かしてスライドさせるだけというのが、何回も何回もあった。 それが作風?それが雰囲気? 何を勘違いしている。 どんだけ製作サボってるんだ。 手抜きすぎです。 内容が全くなかった。 それだけならまだしも、ファン待望の「再会」「進化」に何ら重きが置かれていない。 いつの間にか、こっちの世界にいましたー いつの間にか進化してますー そこ見たくて、わざわざ見てんのに。 音楽の使い方もへったくそ。 せっかく昔の音楽使わせてもらってんだから、もっと効果的に使え。 アレンジしてここぞの時に盛り上げるとか。 冒涜しすぎ。 一章だけで判断するのは、製作者の意向に沿わない可能性もあるので、一応二章もみる。 借りちゃったし。 ネタバレ! クリックして本文を読む 昔大好きだったデジモンにまさかのさらなる続編とのことで楽しみにしていたものの劇場で見逃してしまったので先日オンデマンドで観賞。 が、しかし... 正直かなり期待外れとなりました。 まず脚本が凄まじくお粗末。 キャラクター達の台詞も、 エッ?それしか言えないの? この場面でその反応? というようなものが多く、どうしてもモヤモヤします。 太一の成長してこその葛藤もさすがにありきたりすぎて今更感が強いし、 いつまでもウジウジしすぎて、苛立ちさえ覚えた。 そのわりに最後は急に吹っ切れてびっくりするくらい急ぎ足でオメガモン登場。 オンデマンドで2章も配信中でしたが見る気も起きませんでした。 とても楽しみにしていただけ本当に残念です。。。 開口一番で告白するが『02』が少しトラウマである。 当時小学生。 友達付き合いが苦痛だった僕にとってアニメや映画は唯一の安らぎ。 そして楽しんだアニメの多くは主人公とメインヒロインが最後は必ず結ばれる展開。 ゆえに準主人公がメインヒロインと結ばれる。 そんな展開を当時の僕は全く想像してなかった。 だから『02』の空港かどこかで太一が空を見送る場面、それは大きなショックだった。 主人公がヒロインに振られ、結ばれたのがもう一人の主役。 ヤマトは嫌いでないとはいえ、その事実が当時の僕には信じたくない事だった。 まあそんなトラウマ交じりな僕のノスタルジー話です(苦笑) そんな理由もあって今回、全6章の新シリーズ始動と聞いて複雑だった。 ところが今回の第1章でその気持ちは消し飛んだ!懐かしいアグモンたちが帰ってくるのは勿論だけど、高校生になった太一達のその後が見れるのが大きかった。 和田さんの歌う『Butter-Fly』が流れた途端感動だったし、精神だけ小学生に戻っちゃった気分になった。 メガネっ子で黒の長髪がタイプな理由も大きいけど、太一と何か大きな関係になる期待があったから。 ウィキで『02』調べてみたけど、太一息子がいるみたいで、その相手がもしかしたら芽心ちゃんじゃないかって思ったの。 戦隊モノ仮面ライダーおジャ魔女デジモンのゴールデンタイム。 正直これ見終わった後はもう日曜終わったのと同然だった笑 まさかこの歳になってデジモンを観ることになるとは思わなかったし、太一たちまさかの年下になってるし年取ったなぁとつくづく感じた笑 キャスト一新に違和感はあるけどそれよりも容姿の変化の方が気になるヒカリはもっとかわいくしていいはず笑 まさかのクワガーモンに尺取られまくりでほぼvsクワガーモン映画だったけどアルファモンのデザインの良さと映画館でオメガモン観れたことに感動してトントンくらいになった笑 アグモンたちがどうやって現実世界に来たのかとかちょっと腐向けになってるんじゃないかと タケルと大和とか太一と大和とかの演出とか笑 疑問はたくさんあるけど一作目なので目つぶります。 今後の作品もコンスタントに半年くらいで上映してほしいなあんま間あくと観る気失せるから笑.

次の

デジモンアドベンチャー

デジモンアドベンチャー 新作 感想

ガルルモンとともに太一よりも先にネットワーク空間に入っていた。 ヤマトは米軍のネットワークに危険が迫っていると知ると、太一に先行して走り出す。 太一は人間の少年がいたことで力を得て、光子郎にも情報を共有しつつ先を急ぐ。 制御不能に陥った米軍のシステムは、ミサイルを搭載した原子力潜水艦を誤作動させ、ミサイル発射体勢に入る。 ミサイル直撃が迫る中、ネットワーク空間内の軍のシステムに到達した太一とヤマトは、アルゴモンの進化した姿、完全体に驚愕する。 引用: デジモン無印(初代)よりヤマトが不愛想で残念 ヤマトの登場にワクワクしていましたが…、あれ?なんか思っていた感じと違う。 というのが第一印象です。 1999年のデジモン無印の時のヤマトの印象って• 弟タケルへの愛情がすごい+心配性(ファイル島でタケルと離れた時はヤマト号泣でしたからねw)• 空気読める系男子(空気読めない無鉄砲な太一と何度かケンカしてたw)• 1人でハーモニカ吹いちゃう不器用系男子(ムーミンのスナフキンに近いw)• そして大人ぶってるけど、結構な照れ屋!(照れると可愛すぎてヤバイ) ヤマトの良さって、クールなふりして結局は誰よりも優しい所なんですよね。 そして、たまーに垣間見える「子供らしいあどけなさ」が、母性をくすぐるわけですよ。 でも、新作デジモン:では「クール」「一匹狼」の印象が勝っちゃってましたね。 ちょっと違和感。 まさかのオメガモンの登場に、ツイッターは大荒れ。 そりゃそうだ(笑) 私的には、1999年デジモン無印世代の大人(私みたいな30代)をつなぎとめるためのパフォーマンスに感じますけどね。 デジモン無印のときは、もう少し順序だてたストーリー展開で、「進化の理由」とか「あのデジモンは~」とか、テントモンがちゃんと説明してくれてましたからね~。 現在の小学3年生とか4年生がアニメを見て、「米軍の機密情報を把握できている光子郎すげ~」とはならないだろ(笑) むしろ、「米軍ってなんぞや?」とかの方があり得るわけで。

次の