コナン 年賀状。 2020年のコナン映画の舞台が名古屋である理由とストーリーを予想

青山剛昌ファンレター宛先は?返事や年賀状のもらい方、握手会イベントなども | ファンレター広場

コナン 年賀状

名探偵コナンの作中で 黒の組織の ボスの正体が明らかにされつつあるようです。 ジンが「あの方」と呼ぶ 謎の人物の正体は、 すでにこの世に存在しないハズの 大富豪・烏丸蓮耶(からすま・れんや)だと 言われています。 しかし、阿笠博士=あの方(黒幕?)という説は 作者が否定していました。 「あの方の正体は宮野厚司もしくはジェイムズ・ブラックだ」といった声も。 宮野厚司の妻である宮野エレーナの正体は シャロン・ヴィンヤード(ベルモット)だと思う。 ベルモットは50を過ぎてもなお、 20年前と変わらず 歳を取っていない。 おそらく、APTX4869(アポトキシンよんはちろくきゅう)を 飲んだのだろう。 18年前に、事故で亡くなったことになっているが、 実はエレーナが自らが被験者となり、 不老になっていたのでは?? 黒の組織の科学者であり、灰原の母親でもある宮野エレーナ あの方の正体が「宮野厚司」だとして 宮野エレーナ=ベルモットだとすれば、 ベルモットがあの方のお気に入りなのも、合点がいきますね! 「経済界の大物」と称され、 あの方に長年仕えたピスコ(大手自動車メーカー会長・枡山憲三)は、 宮野厚司・宮野エレーナ夫妻と親しい仲にありました。 元数学教授という表の顔と、 ロンドンに暗躍する悪党一味の統領という裏の顔を併せ持つ。 烏丸蓮耶が亡くなったのは 半世紀ほど前。 組織が極秘のプロジェクトを 進めていた時期と 一致するとも。 40年前に黄昏の館で起きたという 烏丸をしのぶ会での惨劇には 黒の組織が 絡んでいたのかもしれません。 追記)「集められた名探偵」で登場した千間探偵いわく、 99歳で他界したとされた烏丸は 実は100歳を超えても、 しばらくの間生きていたようです。 あの方と黒幕は別人?正体は光彦なのか 追記) 1008話で、あの方の正体が烏丸蓮耶だと 判明したものの 黒の組織の黒幕については、 依然として、さまざまな人物が噂されており、 「あの方と黒幕は別人なのでは?」 と言われています。 作者の「青山剛昌」先生は 「黒幕はすでに登場している人物」だと 明かしていたそうですが 黒幕があの方とは 言っていないですからね。 とも噂されています。 (青山先生は、ファンから届いた年賀状に対して 全て手書きで 返信することで有名。 ) 光彦があの方(烏丸蓮耶)の 生まれ変わり といった黒幕説も 根強く残っているそう。 烏丸蓮耶が幼児化して 本物の光彦と入れ替わったとも。 小学生にしては頭が良い光彦。 コナンと同じく、 小さくなってしまったのなら、 光彦=あの方だというのも あり得なくはないですね。 過去には、間違って 大人の切符を買っていたり 黒の組織の末端メンバーから 「お前と俺は同じ」などの 言葉をかけられていた光彦。 烏丸蓮耶=光彦の可能性は 少なからずありますね。

次の

青山剛昌ファンレター宛先は?返事や年賀状のもらい方、握手会イベントなども | ファンレター広場

コナン 年賀状

過去の傾向から見えるルール まずは過去の傾向から、 タイトル予想におけるルールを整理しておきましょう。 ト」と表記されています。 これらを見る限り、「っ」や「ィ」のような 小文字を使用する場合は、円のサイズも小さくなるはず。 そう考えると、今回は小文字を使っていない可能性が高そう。 もちろん、今回だけ例外という可能性はありますが、考察する上では度外視するのが妥当かなと。 後半部は「英語の読み方」とは限らない また、名探偵コナンと言えば「紺青の拳(フィスト)」「から紅の恋歌(ラブレター)」のように、 後半部に英語の読み方をさせるのがお馴染み。 これは「迷宮の十字路(クロスロード)」以降、顕著になった傾向です。 一方で、昨今は「ゼロの執行人」「業火の向日葵」のように、 漢字をそのまま読ませるパターンも存在します。 後半部は必ずしも英語の読み方とは限りません。 「漢字の読み方」で表記することもある そもそも青山先生は、• つまり、青山先生は 「英語の読み方」で表記することもあれば「漢字の読み方」で表記することもある。 たとえば、今回のタイトルが「緋色の弾丸」で、あとから「緋色のブレット」という読み方を発表する可能性もあるわけですね。 濁点について また、私も勘違いしていたのですが、 「濁点は隠さない」というルールはないです。 Twitterで誤解を与えてしまった方、申し訳ございません。 ゼロの執行人のときは濁点を表記していましたが、 から紅の恋歌と紺青の拳ではどちらも濁点を表記していません。 この裏にあるルールはおそらく、 「一つの単語につき、少なくとも一つのパーツは明かす」というものかなと。 ゼロの執行人のときは、ダイレクトに「ゼ」や「ロ」を明かすとバレバレで、もはや予想にならない。 だから、濁点だけを明かすという例外的な措置になったのではないでしょうか。 今回のタイトル予想は、後半部の自由度が高いため、 前半部を絞り込んで後半部を割り出すのが王道。 裏を返せば、ここを間違えると全体のセットが狂ってしまいます。 「緋色」 ネット上でも言われている通り、最もありそうなのが 「緋色」ですね。 緋色と言えば、 赤井を象徴するカラー。 赤井と黒の組織の激突を描いたシリーズは「赤と黒のクラッシュ」でしたし、赤井の死の真相が語られたのも「緋色シリーズ」でした。 また、赤井をモデルにした優作の小説は「緋色の捜査官」。 次回作のメインキャラクターが赤井なのは、紺青の拳のラストで映った予告からも明らか。 過去にはゼロの執行人のように、キャラクターのあだ名や異名をタイトルに入れてきたケースもあるので、 前半部が「緋色」である可能性は高そうです。 「緋色」以外の可能性 また、当然ながら「緋色」以外の可能性も十分にあります。 パッと思いつくのは、 語尾を「路」で締めくくるパターンでしょうか。 「隘路」「暗路」「遠路」など。 この場合、後半部が「狙撃」を意味する単語なら、タイトルは弾道を表すようなもの。 それ以外なら、映画の舞台を表すようなものになりそうです。 あとは「ベイカー街(ストリート)の亡霊」のように、 前半部に横文字を持ってくる可能性も頭に入れておきたいですね。 「ゼロの執行人」のような人物を表すもの• 「迷宮の十字路」のような舞台を表すもの• 「水平線上の陰謀」のようなストーリーを表すもの• 「天国へのカウントダウン」のようなラストシーンを表すもの など、 組み合わせ次第でさまざまなタイトルへと広げられます。 去年もそうでしたが、色を意味する単語は強い。 「緋色の弾丸」 Twitterのトレンドにもなっていましたが、やはり真っ先に思いつくのは 「緋色の弾丸」ですね。 赤井といったらライフルによる遠距離の狙撃ですし、予告の「届け、遥か彼方へ」のくだりからして、 後半部に「狙撃」を意味する単語を使うのはしっくり来ます。 読み方については、「ブレット」だと安直すぎるような。 「弾丸」から連想されるものは多いので、「恋歌(ラブレター)」「探偵(プライベート・アイ)」「15分(クオーター)」のように、 奇をてらった読み方にもできると思います。 個人的には、 「弾丸」で「シルバーブレット」と読ませても面白いと思います。 前半部が「緋色」の場合、どちらも色を表現する単語になってしまうのが気になりますが、作中にシルバーブレットと呼ばれる人物は2人。 「緋色の」とつけることでコナンとの差別化になるので、「緋色のシルバーブレット」というタイトルでも意味は成り立ちます。 また、 キャラクターのあだ名や異名をもとにタイトルをつけることは、 「ゼロの執行人」の対になるのもポイントですね。 まあ、赤井は一度「異次元の狙撃手」というタイトルをつけられているので、 人物を示すタイトルになる可能性は低いかも。 二度にわたってタイトルになったキッド(「世紀末の魔術師」「銀翼の奇術師」)のようなケースもありますが。 類似する候補 銀弾、弾道、神弾など 「緋色の閃光」 個人的に一票を入れたいのは 「緋色の閃光」です。 先ほどもお伝えした通り、後半部に「狙撃」を意味する単語を使うのはしっくり来ます。 また、予告の映像では 暗闇でスコープを使っている雰囲気だったので、これなら闇を切り裂くイメージとも合致しそう。 ちょっとこじつけ気味ですが、彼方に届くのは「物体」ではなく「光」という考え方もできるかもしれません。 また、予告の映像にも映った「名古屋テレビ塔」は、夜間に地上の「久屋大通公園」から、 緑色のレーザー光線が照射されるとか。 このレーザー光線、 作中の設定に活かされそうじゃないですか? その距離は約1kmらしいので、赤井でさえ「届け」と願うような狙撃の距離なのも気になります。 あるいは、作中では架空の「名古屋テレビ塔」が、緋色のレーザー光線を照射されているのかも。 もう一つ、来年は「機動戦士ガンダム」シリーズの映画 「閃光のハサウェイ」が上映されるそうです。 青山先生は生粋のガンダムファンなので、 遊び心で「閃光」を被らせる、なんて可能性も。 ないか(笑)。 まあ、 狙撃のシーンを連想させつつ、その他の要素とも結びつけられるという意味では、「緋色の閃光」はそれなりに可能性のある候補かなと思います。 類似する候補 旋風、残光など 「緋色の門番」 あとは、「緋色=赤井」と見せかけて 「緋色=灰原」という意味も忍ばせた、 ダブルミーニングのタイトルもありえると思います。 もともと「緋色」といえば、本家は灰原でしたからね。 正直なところ「門番」は微妙ですが(笑)、要するに 「灰原を守る赤井」を表現したタイトルになってもおかしくないなと。 そもそも現在の赤井は、沖矢昴として陰ながら灰原を守っている状態。 その赤井が名古屋に行くということは、 灰原も名古屋に行く可能性があります。 そして、名古屋はミストレ編でジンが待ち受けていた場所であり、もっと遡ると原作4巻の 「新幹線爆破事件」でジンが下車した場所でもあります。 この辺りの設定が活かされた場合、 名古屋に行く灰原を守るために赤井も同行する、という展開もないとは言い切れません。 ただ、ジンと名古屋の接点はコアなファンにしか伝わらないので、マス向けの色合いも強い劇場版でそこまでするかは疑問。 基本的に、劇場版は 「マス9:コア1」くらいの意識で作られていると思います。 類似する候補 審判など 「緋色の幻影」 これは面白いなと思ったので、フォロワーさんの考察を紹介。 「緋色の幻影」も良いかな〜。 メアリーは幼児化する直前、務武に会うために家を出ていますし、赤井のさざ波シリーズでの 「父の遺体は発見されていない」というセリフも生存フラグに見えます。 さらに青山先生は、2018年の話そうDAYで 「死んだとされながら実は生きている人物」の存在を肯定しています。 一方で、青山先生は年賀状で 「赤井の父親は残念ながらもう…」とコメントしたという噂も。 ソースを確認できなかったため情報の確度はわかりませんが、これが事実なら務武は亡くなっていることになりますね。 また、アニメの進行ペースを見ていると、メアリーの幼児化のくだりを放送するのが間に合うかどうか。 ドンピシャな気もするんですけどね。 類似する候補 幻想、パンドラ、暗幕など 「緋色の真実」 大穴として 「緋色の真実」なんてどうでしょうか。 これは、原作の「緋色シリーズ」と抱き合わせたタイトルです。 現在、安室はラムによって新一の調査を命じられていますが、新一について報告するには、 工藤邸に居候する「沖矢昴」の報告も避けられません。 となると、赤井は9時間後(工藤邸のお茶会)で沖矢のことを口止めするべく、安室に交渉を持ちかけたと考えられます。 そこで欠かせないステップになるのが 「緋色シリーズ」の真実を語ること。 実際に9時間後では、 工藤邸の窓際に立った沖矢の服装と、優作の服装が一致しています。 これはおそらく、変装術の存在を明かして「緋色シリーズ」の真実を語る伏線。 そう考えると、9時間後で 赤井と安室が「緋色シリーズ」の全貌を共有した可能性は高いです。 映画でその伏線を断片的に回収するなら、 『「緋色の真相」の真実』を意味するこのタイトルもあり得るのではないでしょうか。 とはいえ、先ほどもお話しした通り、劇場版はマス向けのコンテンツ。 劇場版だけを視聴するファンもいるので、どの作品もライト層を意識した作りになっています。 そのため、伏線をがっつり回収するなど、 原作の知識を求められる内容にはならないはず。 その他 と、ここまで漢字の候補ばかり挙げてしまいましたが、 横文字の候補も考えないといけません。 ただ、あまりピンと来るものが思いつかない、というのが本音です。 響きが良さそうなのは、アンサーやアンセム、パンドラ、センサーなどでしょうか。 これについては、きちんと予想できたら追記する形にしようかと思います。 その他の候補としては、ラストシーンから逆算して 「緋色の弾痕」「緋色の沈黙」、ミステリー系なら 「緋色の暗号」とか。 前半部が「緋色」以外のパターンも考えたいですね。 また、今回は「緋色の閃光」を第一候補として考えていますが、この推理の組み立て方は、過去にスコッチの名前を「ユイカワヒロミツ」と予想したり、紺青の拳を「船上の運命」と予想したりしていたときと同じ。 まあまあ外します(笑)。 あくまでも根拠の数とか、可能性の高さで考えているだけなので、タイトル予想のような クリエイティブの領域で通用しないことは往々にしてあります。 まあ、スコッチの名前に関しては高明がノーマークだったこと、紺青の拳については「財宝の名前」という可能性を見落としていたことが原因なので、推理ミスの側面もあるのですが。 いずれにせよ、最近のタイトルはひねりが利いていることも多いですし、単なる予想に過ぎないことをご理解いただけたら幸いです!.

次の

【名探偵コナン】未回収の伏線と作者があの方を否定したキャラまとめ【2016】【黒幕】

コナン 年賀状

基本的に組織編考察、ストーリーに関係あるものだけです。 青山先生が個人宛に書いた物ですので、ソースはここには貼れないので適当に探してみてください。 結構爆弾発言もありますが、年賀状に書いている時点で広まってもいいネタだとは思います。 個人宛に書かれた内容を外に出すのは抵抗があるというのは、まぁわかりますが、ミステリーですので推理に必要なヒントやストーリーに関係する情報は公平であるべきだと考えています。 ですので、情報を出してくれている方には感謝です。 以前、ツイッターなどで話そうDAYのコメントが誤解釈で広まっていたのを雑誌で釈明するようなことがありましたが、誤った情報が拡散するとそうした迷惑をかけることになりかねないので、基本的に画像で確認が取れているものと、受け取り主本人からのコメントのみです。 文章も勝手な要約はせずにそのままです。 の二通り考えられます。 「ジェイムズはボスじゃない」というのは確定でいいんですが、誰の嫁なのか主語がはっきりしていません。 基本的に主語が省略されるのは同じだから。 そのため、質問はボスが主語なら嫁の主語もボス。 ジェイムズならジェイムズとしていますが、回答の主語はジェイムズです。 ただ、質問の主語がボスであった場合は、意識している主語はボスの可能性もありえなくはないかなと。 「嫁もベルモットじゃない」これは裏を返せば、ベルモットではないけど嫁がいるということ。 それに、性別は普通に考えてまぁ男性。 年賀状はもちろん、色々な質問を分析してみると、青山先生は重要な質問はきちんとぐらかしているようです。 (それも、かなりひねって引っ張り出そうとしても)答えているのは、答えて問題のないもの。 伏線回収の準備ができているもの。 (ボスの場合は博士など、作中に十分な否定根拠のあるもの)読者が考えても仕方のないもの。 (推理させる気のないもの)など。 ボスが既婚男性で嫁がいるというのはヒントになりすぎるのではないかと。 以前性別を質問されたときはきっぱりと断っていたので、そこは簡単に答えられる質問ではないと思われる。 「ジェイムズがボスで嫁がベルモットですか?」どうも、質問はこっちのようだとの噂が。 この場合、質問の主語がジェイムズで回答の主語もジェイムズのため、嫁の主語が突然ボスになる可能性は低いのではないかと。 二つに分けるとわかりやすい。 (ジェイムズの嫁はベルモットですか?に対して、ボスの嫁はベルモットじゃないよとはならない。 ) また、ジェイムズがボスですか?という問いに「ボスは~」と変えずに「ジェイムズは~」なので、変に質問を自分の言葉に変えずに、誤解のないようにか、本当にストーレートに丁寧に答えている。 まぁ、それでもボスが男性で既婚という可能性は普通にあるし、ただ相手がベルモットであるという考えはまだ否定できないというだけ。 Twitterで呟いたかどうか覚えていないですが、たぶんブログにも疑問点として書いていたかもしれません。 10億円強盗に成功しちゃったり明美は一般人としてはやり手なんですが、「子供のくせに落ち着いてるっていうか大人っぽい」と、コナンのことを気にかけたり、するどい面もあります。 単純に切れ者だから気づいたと片付けてしまうのか、具体的に何かをきっかけに気づいたエピソードがあるのかも気になりますね。 個人的に面白いとかも?と思う展開は、世良母とエレーナが姉妹という仮定で、それならエレーナにも眼鏡の下に世良一族隈がある。 明美は赤井の隈を見て、血縁関係(いとこ)ということに感づいていたら… とかも考えています。 ちなみに、安室が赤井をFBIだと気づいた理由も、同じようにエレーナの下にある隈と赤井の隈をみて色々繋げて推理してたりとか。 rye 青山先生に年賀状を送ったんですが、この間お返事が届きました。 あの3兄弟妹がどんな感じで再会するのか…いろんなシュチュエーションを考えて質問したところ… 「3人同時に再会はあるかもね!(笑)」 …と書かれてありました。 その前にまずは再登場を気長に待ちます。 今後の赤井一族で気になるところは、赤井さん 昴さん はコナンの正体を知ったコトがどのように話に関わってくるのか…チュウ吉はやっぱり封筒の中身ですね。 由美さん、ちゃんと持っていてくれたらイイナ… 青山先生が言っていた「いろいろと複雑」というのも気になります。 個人的に赤井・羽田・世良の過去話がみてみたいです。

次の