テレビ サイズ 選び方。 テレビのサイズは部屋の広さに応じて決める!最適な大きさとは

失敗しない! 薄型テレビ・液晶テレビの選び方

テレビ サイズ 選び方

テレビのサイズを見るときに、「V型」と「インチ」という呼び名があって混同してしまうのではないだろうか。 テレビのサイズを選ぶ前に2つの違いを知っておこう。 ・V型:Visual Size(ヴィジュアルサイズ)のこと。 画面の液晶部分の大きさを表す。 ・インチ:テレビ画面全体の対角線の長さを表す。 1インチは2. 54cmだ。 インチはブラウン管テレビの時代から使われている単位であるが、現在は液晶やプラズマなどの薄型テレビが主流で、こちらはV型で大きさを表示しているものが多い。 また、テレビの縦横の寸法が「16:9(ワイド画面)」と「4:3」では対角線の角度が違ってくる。 同じインチ数でも画面の大きさは変わってくるのだ。 テレビは大きければ遠くても見やすいが、近すぎると見辛くなる。 大きければよいというものではなく、大きさに応じた適切な視聴距離があるのだ。 一般的にフルHD液晶画面のテレビなら、画面の高さの3倍の距離が適切だといわれている。 例えば、32V型テレビの高さ(画面サイズ)は39cmなのでその3倍なら117cmとなる。 以下の視聴距離をだいたいの目安にしてほしい。 ・24V型:90cm ・32V型:1. 2m ・40V型:1. 5m テレビをテレビ台に置くのか、壁掛けにするのかでも適切な視聴距離は変わってくる。 もしも距離をあまり取れない場合は、台に置くのではなく壁にかけるなどしてできるだけ距離を取るような工夫をするといいだろう。 視聴距離だけでなく高さも大事 4Kテレビは画素数が非常に多いテレビであり、一般的なフルHDのおよそ4倍もの画素数になる。 テレビは大きくなるほど画面が粗く見えてしまうという弱点を克服したのが4Kテレビなのだ。 これまでになかった迫力のある映像を楽しむことができる。 部屋はそれほど広くはないが、最新の4Kのテレビが見たい!という場合は、どのくらいの部屋の広さが適切なのだろうか。 画素数が多い分鮮明で細かいところまで表現できるので、近くで見ても粗さが目立たず違和感がない。 そのことからフルHDのテレビと比べると、4Kテレビは半分の距離で見ることができる。 先ほどテレビの視聴距離は画面の縦の長さの3倍が理想という話をしたが、4Kなら画面の縦の長さの1. 5倍の距離でも見られるのだ。 つまり、フルHDでは1. 5mの視聴距離を必要としても4Kならば80cmの距離があれば十分見ることができる。 部屋が狭いから大きなサイズのテレビは無理と諦めていた人も、4Kにすれば大画面テレビが楽しめるというわけだ。

次の

失敗しない! 薄型テレビ・液晶テレビの選び方

テレビ サイズ 選び方

このところますますテレビの大型化が進んでいる。 確かに液晶画面のサイズは大きいほうが迫力があるのは間違いないのだが、大きすぎると圧迫感が強く、窮屈な思いを強いられてしまうこもある。 逆に小さすぎると、物足りなさや不満足を感じてしまうことも。 最適なサイズのテレビを選ぶうえで、視聴距離と部屋の広さがポイントになることはまず知っておきたい点だ。 ある程度の個人差はあるものの、一般的なフルHDテレビにとって最適な視聴距離は画面の高さのおよそ3倍だといわれている。 例えば、32V型のテレビであれば、画面の高さはおよそ39センチ。 つまりおよそ1. 2メートル離れたところで視聴するのが理想的だということになる。 最適な視聴距離があるということは、テレビのサイズごとに最適な部屋の広さがあるということにもなる。 例えば、一人暮らしの方など、4. 5畳から6畳程度の部屋で使用する場合、確保できるのは1. 5メートルほどなので、40V型が最適だろう。 さらに、およそ1. 9mの視聴距離が確保できる8畳から10畳程度の部屋であれば52V型が、視聴距離が2. 2メートルある10畳をこえる部屋であれば60V型が最適ということになる。 まず、型とインチは同じ意味なので、「32型」も「32インチ」でも同じサイズだ。 ただし、最近の液晶テレビでは、サイズ表記に「V」もしくは「V型」とあるのが普通で、その場合、いわゆるインチ表記とは若干意味が異なるので注意したいところだ。 液晶テレビのサイズ表記にある「V」とは、「Visual Size」を略したもので、実際に画像が映し出される画面の大きさを指している。 他方、インチとある場合は、テレビのフレームに隠れた部分も含まれている。 つまり、「32V型」と「32型(インチ)」では、「32V型」の方が画面が大きく見えることになる。 ただし、画面が大きくなっても、フレームが狭くなりテレビ全体は小さくなることがある。 些細な違いと思われるかもしれないが、例えば「32型」から「32V型」に買い換えて同じ部屋で使用する場合、画面は大きくなっても昔よりフレームなど狭くなっている分、テレビ全体が小さく感じられ部屋のバランスが変わることで、違和感や物足りなさを感じる可能性がある。 テレビを買い替える際にはぜひ注意されたい。 もちろん適切な視聴距離を確保できる場合に限ってのことだが、テレビを買い替える際は現状よりもインチアップするのがおすすめだ。 なぜなら、テレビのサイズ選びにおける失敗談でもっとも多いことの一つが、サイズが小さすぎたというものだからだ。 最近のテレビは以前のモデルに比べて大幅にスリム化されているため、場所をとらず省スペースが可能になっている。 従来よりも壁に寄せて設置できるため、ひとまわり大きなサイズでも適切な視聴距離を確保できる場合が少なくない。 そのため、同じサイズのテレビを購入すると、テレビとの距離が遠すぎると感じられたり、迫力不足が感じられたりする恐れがある。 また、フレーム幅が狭くなっているため、例えば「32型」から「32V型」に買い換えて同じ部屋で使用すると、画面の広さ自体は大きくなっているものの、サイズはコンパクトになる。 存在感が弱まり、部屋の広さとのバランスも違って見えるため、もう少し大きくてもよかったのでは?と満足感が得られない可能性があるというわけだ。

次の

【部屋のサイズ別】一人暮らしにおすすめのテレビ7選・サイズの選び方

テレビ サイズ 選び方

テレビのサイズ 画面サイズ(対角線) 16 : 9 インチ(型) センチ 高さ cm 幅 cm 19 48. 26 23. 70 42. 10 24 60. 96 29. 90 53. 10 32 81. 28 39. 80 70. 80 37 93. 98 46. 10 81. 90 40 101. 60 49. 80 88. 50 43 109. 22 53. 50 95. 20 45 114. 30 56. 00 99. 60 48 121. 92 59. 80 106. 20 49 124. 46 61. 00 108. 50 50 127. 00 62. 30 110. 70 55 139. 70 68. 50 121. 70 58 147. 32 72. 20 128. 40 60 152. 40 74. 70 132. 80 65 165. 10 80. 90 143. 90 70 177. 80 87. 20 154. 90 75 190. 50 93. 40 166. 00 80 203. 20 99. 60 177. 10 100 254. 00 124. 50 221. 40 テレビのサイズはインチ表記されていて、実際の大きさが分かりにくいため、表にまとめさせて頂きました。 現在のテレビは縦横比が16:9のものがほとんどなので、ブラウン管時代の4:3のものは割愛させて頂きました。 ただし、実際の製品は、画面のみというわけではなく「フレーム」が必ず存在しますので、プラスアルファして計算して下さい。 またメーカー・製品によっても若干数値がズレることがありますので、ご了承下さい。 テレビ台を購入する場合や部屋のレイアウトを決める際などに参考にして下さい。 テレビを見るための最適な視聴距離 テレビには最適な視聴距離があるってご存知でしょうか? それは、 画面の高さ寸法を3倍した距離が目安と言われています。 例えば、32型テレビの場合、画面の縦サイズは約40cmなので、テレビとの距離が120cmが最適ということになります。 これはフルハイビジョンテレビの場合の話で、 4Kテレビの場合は1. 5倍した距離が目安と言われています。 サイズ インチ 画面の高さ cm フルハイビジョンTVの 視聴距離 4KTVの 視聴距離 32 39. 8 約1. 2m 約0. 6m 40 49. 8 約1. 5m 約0. 7m 43 53. 5 約1. 6m 約0. 8m 50 62. 3 約1. 9m 約0. 93m 60 74. 7 約2. 2m 約1. 1m 70 87. 2 約2. 6m 約1. 3m ただし、上の表の距離で見た場合、割と近い距離となるので、実際はそれよりも距離を離した方がよいかと思います。 特に4Kの場合は、圧迫感を感じると思うくらい近いです。 映画などを集中して見るのには良いと思いますが、日常的には向いていないと思うので、あまり気にする必要はないと思います。

次の