エメ カタオモイ 歌詞。 カタオモイ 歌詞 Aimer( エメ ) ※ pix.crash.net

Aimerのカタオモイの歌詞の意味とは?片思いしている人に聴いてほしい曲

エメ カタオモイ 歌詞

今は何もいらない、あなただけが手に入れば。 それはおそらくあなたが側にいてくれれば、他の全てが手に入りそうな予感がするからかもしれません。 そしていつか手に入れたもの全てを失ったとしても、君が側にいてくれるだけで、その全てを手に入れられていると想像することができるのかもしれません。 君という存在は無限の可能性をくれるのです。 だからというわけではありませんが、僕は君にずっと側にいて欲しいと思っているのでしょう。 恋心が僕の夢だったのでしょうか。 君を愛していると思えること、それだけで夢みたいな気持ちになれると言っているのかもしれません。 恋をするということは生きていると実感できる瞬間なのかもしれません。 君との日々が楽しさだけでなく、辛さを導いたとしてもその全てが幸せな経験だと言っている気がします。 一緒にいたいと思ってしまうことが恋なんだ。 だから僕は君の側にいるんだよ。 特別なことは何もいらないから、どうか側にいて欲しいのです。 もうこの想いは弾けてしまいそうなほど実っているのに、どうして気づいてくれないのかと嘆いています。 これは初めて経験する感情だから、どうしてもうまく表現できないのかもしれません。 そんなこととは裏腹に、どんどんどんどんあなたのことを考えてしまうのではないでしょうか。 まだカタオモイの状況ですが、その想いはもう付き合っているのかもしれません。 この歌のカタオモイとは何を指しているのでしょうか。 歌詞を見ていると、片想いなのに、もう付き合っていると思わせるような言葉が出てきます。 この歌のカタオモイとは恋する気持ちを言っているのかもしません。 お似合いの言葉が見つからないと言っています。 自分の恋心を適切に表現する言葉がないから、カタオモイとつけたのかもしれないと思いました。 カタオモイは片想いではなく、恋する今の僕の気持ちを表現した言葉なのかもしれません。 僕が君を愛する気持ちの方が強いから、いつもカタオモイなのではないでしょうか。 それほど君と付き合うことは嬉しかったのです。 でもたとえ一緒になれたとしても、僕のカタオモイは続いていくのではないでしょうか。 MV考察 なぜか初めての感覚を伝えようとしているように思います。 今まであまり感じたことのない感覚ばかりを映し出しているような気がします。 レンズを除く感覚も、靴を履いたまま玄関を超える瞬間も全てが、新しい感覚のように思えます。 動画の主人公はそういったことを楽しんでいるように思います。 初めて自分の声をマイクに通す瞬間、食べたことのないほど甘いケーキを食べることなどなど。 そして恋というものもそれらと同じように、私たちが味わったことのない新感覚なのかもしれません。 それはシャボン玉が野原を舞うような、とても心地いい気分を連れてきたと言っているのでしょうか。 このMVの後半は恋に落ちている人の感情を映像で表現しているのかもしれません。

次の

Aimer「daydream」

エメ カタオモイ 歌詞

今は何もいらない、あなただけが手に入れば。 それはおそらくあなたが側にいてくれれば、他の全てが手に入りそうな予感がするからかもしれません。 そしていつか手に入れたもの全てを失ったとしても、君が側にいてくれるだけで、その全てを手に入れられていると想像することができるのかもしれません。 君という存在は無限の可能性をくれるのです。 だからというわけではありませんが、僕は君にずっと側にいて欲しいと思っているのでしょう。 恋心が僕の夢だったのでしょうか。 君を愛していると思えること、それだけで夢みたいな気持ちになれると言っているのかもしれません。 恋をするということは生きていると実感できる瞬間なのかもしれません。 君との日々が楽しさだけでなく、辛さを導いたとしてもその全てが幸せな経験だと言っている気がします。 一緒にいたいと思ってしまうことが恋なんだ。 だから僕は君の側にいるんだよ。 特別なことは何もいらないから、どうか側にいて欲しいのです。 もうこの想いは弾けてしまいそうなほど実っているのに、どうして気づいてくれないのかと嘆いています。 これは初めて経験する感情だから、どうしてもうまく表現できないのかもしれません。 そんなこととは裏腹に、どんどんどんどんあなたのことを考えてしまうのではないでしょうか。 まだカタオモイの状況ですが、その想いはもう付き合っているのかもしれません。 この歌のカタオモイとは何を指しているのでしょうか。 歌詞を見ていると、片想いなのに、もう付き合っていると思わせるような言葉が出てきます。 この歌のカタオモイとは恋する気持ちを言っているのかもしません。 お似合いの言葉が見つからないと言っています。 自分の恋心を適切に表現する言葉がないから、カタオモイとつけたのかもしれないと思いました。 カタオモイは片想いではなく、恋する今の僕の気持ちを表現した言葉なのかもしれません。 僕が君を愛する気持ちの方が強いから、いつもカタオモイなのではないでしょうか。 それほど君と付き合うことは嬉しかったのです。 でもたとえ一緒になれたとしても、僕のカタオモイは続いていくのではないでしょうか。 MV考察 なぜか初めての感覚を伝えようとしているように思います。 今まであまり感じたことのない感覚ばかりを映し出しているような気がします。 レンズを除く感覚も、靴を履いたまま玄関を超える瞬間も全てが、新しい感覚のように思えます。 動画の主人公はそういったことを楽しんでいるように思います。 初めて自分の声をマイクに通す瞬間、食べたことのないほど甘いケーキを食べることなどなど。 そして恋というものもそれらと同じように、私たちが味わったことのない新感覚なのかもしれません。 それはシャボン玉が野原を舞うような、とても心地いい気分を連れてきたと言っているのでしょうか。 このMVの後半は恋に落ちている人の感情を映像で表現しているのかもしれません。

次の

ヒャダイン ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ

エメ カタオモイ 歌詞

aimer(エメ)の特徴で、最大の魅力でもある深みのある歌声を際立たせる曲調で、 曲の世界観と聴く側である視聴者の距離感をより近づけさせていて、 この距離感がリピーターとなる要因の一つとなっているそうです。 Aimer「カタオモイ」 彼女の特徴的な深みのある歌声は、壮大にすることも閉鎖的にすることも可能だ。 その特長を内澤はあえてマイナー調にすることで深みを与えている。 Aimerとは、andropの曲時間8分にもおよぶ大作「Memento mori with Aimer」でも共演しているが、こちらもマイナー調寄りだ。 どちらかと言えば、本音と建て前、相手との距離感の違いなど、対比を付けるときにマイナー調を使っているように思える。 提供曲には「twoface」もあるが、こちらはメジャー調寄り。 しかし、描いている歌詞からは届かない想いへの鬱憤が見え隠れする。 引用:Music Voice 歌詞の解釈はそれぞれあると思いますが、 Music Voiceの開設を含めて、 私個人としてもハッピーな カタオモイというより 切ない カタオモイのほうがしっくりいくように感じます。 そのような点から、結婚式向き、、、、とは言えないかもしれませんが、 先に言いましたように、解釈は個々の自由ですので ハッピーエンドを迎えた カタオモイとして使用しても良いのではないでしょうか。 まとめ まだまだ未知数の aimer(エメ)ですし、 公表していない部分も多くて情報もすくなくて 謎に包まれていますが、 それだけに気になる存在になりますよね。 今後の活躍が楽しみです。

次の