第五人格 ルキノ 立ち回り。 【第五人格】ハンターの常識!基本的な立ち回り方について解説!【IdentityV】

【第五人格】サバイバーで勝てるチェイスと立ち回り【IdentityV】

第五人格 ルキノ 立ち回り

第五人格の 写真家 ジョゼフのハンターは、ワンパンラッシュを可能とする能力を持ち合わせています。 この記事を読むと、第五人格のハンターである写真家ジョゼフの 立ち回りとサバイバー側に心音を発生させずに近づいて一撃ワンパンのダウンを連発的に行うことが可能です。 その結果、短時間で複数のサバイバーをロケットチェアに座らせたり、捕獲された仲間を椅子まで救出に来たサバイバーを、写真家ジョゼフの能力で遠くからいきなりワンパンを狙うことも可能になります。 第五人格のハンター写真家ジョゼフの立ち回り 第五人格のハンター写真家ジョゼフは、 移動速度が比較的早いため単純なサバイバーとのチェイスでもとても有利であります。 そして、サバイバー側に板を倒されたとしても、その板を破壊するスピードもデフォルト比較でやや早めです。 そして、写真家ジョゼフの攻撃リーチと範囲も広いためサバイバーが窓越えや板越えをしている最中に攻撃がヒットすることも多いです。 基本的には、第五人格の写真家ジョゼフは存在感レベル1になると驚異的に戦闘能力が上昇するので、開始早々にフィールド上にあるカメラを起動して写真世界へいって存在感アップを行います。 第五人格の他のハンターとは違って、写真家ジョゼフが写真世界に入ると発見したサバイバー(写真世界のサバイバー)は身動きしないので、簡単に存在感を貯めることができます。 そして、写真家ジョゼフの攻撃力は他の第五人格のハンターよりも、 1. 5倍の攻撃力があります。 そのため、写真世界でダメージを負ったサバイバーが現実世界で回復しても25%のライフが削られた状態になり、それ以上の回復はできません。 つまり、この状態で現実世界で写真家ジョゼフから攻撃をくらうと1発でサバイバーはダウンしてしまう程の威力があります。 続いては、そんな第五人格のハンター写真家ジョゼフのサバイバーに心音を出させずに近づいてワンパンラッシュするコツについて実例をご紹介します。 写真家ジョゼフのワンパンラッシュ能力 上記画像は、第五人格の写真家ジョゼフの能力である現実世界と写真世界を行き来している瞬間のものです。 この画像では、左側の写真世界にサバイバーがいることがわかります。 右側の写真では、写真家ジョゼフによってサバイバーが恐怖の一撃をくらってワンパンされている瞬間のシーンです。 つまり、この状況は鯖いガー側からすると、心音もしないので安心して解読してたら、写真家ジョゼフが瞬間移動の音もせず背後に来ていきなり攻撃されたというものです。 例えば、現実世界で暗号機のアンテナがブルブルと震えていてサバイバーが解読中であることを確認したら、写真世界からその暗号機に近づくことによってサバイバーは心音が発生しません。 つまり、写真家ジョゼフが近づいてきてもサバイバーは心音でその接近を気付くことができません。 そうして、写真世界から暗号機の前に到着した時の写真が上記左側であり、暗号機前にスタンバイ後に写真家ジョゼフの能力で現実世界に切り替えたと同時に攻撃を行います。 そうすることによって、写真世界からサバイバーの背後にスタンバイしていきなり恐怖の一撃というワンパンラッシュをすることができます。 写真家ジョゼフのイスを使ったワンパン方法 写真家ジョゼフは、ハンターの中でもサバイバーの誘い込みに強い能力を持っています。 例えば、 「耳鳴り」が発生しているときには、暗号機のワンパン方法を応用してそれをロケットチェアで行って写真家ジョゼフの能力をフル活用すると楽しい立ち回りができます。 もし、現実世界でロケットチェアにサバイバーを括り付けた時に、「耳鳴り」が発生していたら写真家ジョゼフで写真世界に入りこんで椅子の前で待機すると、救出に来たサバイバーをワンパンすることができます。 上記左側の写真は、現実世界でサバイバーを椅子に座らせた時に「耳鳴り」が発生したので写真世界に入って待機しているシーンです。 程なくして、写真家ジョゼフを写真世界から現実世界に出して、それと同時に攻撃を行った瞬間のシーンが上記写真の右側となっています。 サバイバー側からすると、ロケットチェアに座らされた仲間を救出する際に、写真家ジョゼフが居ないことを確認して救出しようとした瞬間にいきなりハンターが現れて何が起きたか一瞬理解できない状態が上記のようなシーンです。 写真家ジョゼフは存在感レベル2になると一瞬でワープできる 写真家ジョゼフは存在感レベル2になると、15秒前までにいた自分の場所へスキルボタンの長押し具合によって自由にワープすることが可能です。 この写真家ジョゼフの能力を使えば、「耳鳴り」をしているときに応用が利きます。 ロケットチェアに座らされた仲間を救出にきたサバイバーをワンパンすることも可能です。 たとえば、ロケットチェアにサバイバーを座らせて「耳鳴り」が発生していたら、椅子の前で15秒ほど写真家ジョゼフを待機させます。 それから、 わざとロケットチェアから離れていき、サバイバーがロケットチェアに来たと同時に写真家ジョゼフを椅子の前にワープさせて攻撃するという方法です。 これによって、ロケットチェアから仲間を助けている最中に写真家ジョゼフの攻撃がヒットして恐怖の一撃が発生するとうこともできます。 以上が、第五人格の写真家ジョゼフの立ち回りとちょっとしたワンパンラッシュを行うコツとなります。 これ以外には、写真家ジョゼフは最大15秒前までのワープ能力を活用して窓だらけの建物でのサバイバー優勢となる強ポジションであっても攻撃をヒットさせることが可能です。 サバイバーに建物を使ったチェイスをされたとしても、建物内に足跡を残しておいてチェイス中にサバイバーが建物回りから建物内に入った瞬間に写真家ジョゼフを建物内にワープさせると簡単に攻撃がヒットします。

次の

【第五人格】ハンター強さランキング(※6月22日更新)【Identity V】

第五人格 ルキノ 立ち回り

【identity】【第五人格】【ハンター】 サベタイ以上 出来れば高ランクすぎる方は鯖が上手すぎるのでなしで の方で、1吊り目直後の立ち回りを教えて下さい。 大雑把でもいいです。 いろいろ な方の意見があれば喜びます。 むっじょかルキノ使いの方であればより喜びます。 瞬間移動・遊園地コントロパターン込みでお願いします。 今シーズンはジョゼでやってますが、 たまに白黒も使います。 まず現環境右下安定+アルファ 凶暴、獲物を追う、獣の檻など もしくは工場などではたまに上下ですが、 基本右下です。 閉鎖空間使うくらいなら先回りワープしましょう。 補助人格は鬼没です。 現環境、監視者はきついです。 瞬間移動は使いません。 相手は現環境 4段2ぐらいから殿堂級マッチします サベ帯上位は地獄ですが、サベ帯までは比較的楽な地獄です。 相手は占い師、技師、オフェンス、傭兵、調香師、心眼、カウボーイ大体この7鯖が敵です。 前提ですが、白黒で勝つには即死させなければきついです。 120秒チェイスされてるようでは無理です。 サベ帯諦めてください。 初手一撃入れてから鬼没でもう一撃ダウンさせた時点で大体暗号機5割から残り3台です。 ダウンさせた瞬間に暗号機確認。 チェイスがうまい人の時は残り2になりますが、この時点で負けかくです。 吊った時点で動かなくなったのが傭兵、オフェンスがその方向からきます。 遠ければ中距離向かって一撃もしくは吸魂で5割越えもしくは救助狩り狙います。 傭兵救助基本1回目くるのでDD狙います。 吊った瞬間耳鳴りの場合は即救助させましょう。 全体負荷からトンネルに切り替えます。 白黒は地下があまりに強いので出来れば地下吊りですが、 地下でダウンするサバは稀です。 とりあえず解読ずっと回ってるなら圧かけに行って救助急かします。 この立ち回りで引き分けれます。 運よけば勝ちです。

次の

【アイデンティティV第五人格】マップ別立ち回りと強ポジ

第五人格 ルキノ 立ち回り

しかし、彼と共に働いてた他の探鉱労働者は彼のような幸運に恵まれることはありませんでした。 その惨事は彼を殺しはしませんでしたが、彼の性格を暗く無口なものに変えてしまいました。 彼は鉱山災害時に入手した隕石磁石を使って、鉱山労働者から地質探査員へと転職しました。 スポンサードリンク 探鉱者の立ち回り方 磁石を投げて他のキャラにくっつける 探鉱者は「磁石」を携帯しており、極性をNかSに指定して好きな場所に投げることが可能です。 初期状態では、探鉱者自身も磁石も 両方N極 磁石が投げられると地面に落ちて、そこに他のサバイバーやハンターが近づくと、そのキャラクターにくっつきます。 磁石がついたキャラはN、またはSの極性を帯び、そのキャラと探鉱者が近づくことで「反発」、または「引き寄せ」の効果が発生します。 探鉱者自身に磁石はくっつきません。 探鉱者にはもともと極性が存在しており、いつでも好きなタイミングで自身の極性をNかSに切り替えることが可能です。 チェイスが得意なサバイバー 同じ極性 NとN,SとS が接近すると反発が発生 探鉱者は初期状態の極性がNのまま、ハンターにNの極性の磁石を投げつけてチェイスすれば、ハンターとの距離が一定範囲内になると自動的に「反発」が発生し、距離を離すことができます。 暗号機に近づくと移動速度1. この効果は80秒に1回使えます。 加速スピードは割れ窓理論発動時と同じです。 磁石でハンターを気絶させる 異なる極性 NとS で接近すると引き寄せが発生 「反発」や「引き寄せ」が発生した時にハンターがオブジェクトにぶつかると気絶します。 オブジェクトにぶつかるまでの移動距離が長ければ長いほど気絶時間は上昇します。 磁石は30秒経過するごとに1つ増加し、最大で3つまで所持できます。 探鉱者は磁石以外の道具を交換することも使用することもできません。 磁石の増え方やそれ以外の道具を使えない点は、祭司の「扉の鍵」と同じようなイメージですね。 負傷した仲間がいる時は、積極的に回復役に徹して治療してあげましょう。 自身の治療速度も上がっているので起死回生で早く起き上がれるのもメリットですね。 一方でスキルチェックが得意な人にとっては、完璧な調整を行うことで解読効率を上げることができるのでメリットになるかもしれませんね。 スポンサードリンク 探鉱者の外在特質 外在特質 効果 隕石磁石 探鉱者は磁石を携帯している。 タップかスワイプすることで、指定した場所に投げることができる。 磁石は周りにいるキャラクターにくっつき、対象の性質をプラス極かマイナス極にする。 持続時間20秒 同じ極性を持つ者は反発し合い、異なる極の性質を持つ者はお互いを引き寄せる。 一定距離の範囲内から離れると引力は切断される。 ハンターにも同極性の引力を切断することができる。 探鉱者は永久的に極性を持っており、自身には磁石を付けられない。 他のキャラクターの極性は、1回の反発や引き寄せの後に消える。 探鉱者はいつでも極性を切り替えることがきる。 30秒に1回、他のキャラと探鉱者の間で反発・引き寄せを発生させることができる。 磁石は探鉱者のための道具であり、他の道具は使用できない。 野外サバイバル 鉱山のトンネル内における過酷な労働環境により、探鉱者のサバイバルスキルが高まった。 磁界の強い磁力により、磁石の反発・引き寄せの最中にオブジェクトとぶつかると気絶する。 ぶつかるまでの距離が長ければ長い程気絶時間が増加する。 磁石吸引 携帯している磁石は鉄製品に引き寄せられる性質を持つ。 この効果は80秒に1回使用できる。 スポンサードリンク 探鉱者におすすめの内在人格(天賦) 危機一髪・中治り型 右下 味方と連携が取れる場合に、一番おすすめしたい内在人格です。 「危機一髪」は、救助さえ成功させればいかなる場合でも、最低20秒の時間を稼げるため非常に有用です。 「中治り」は、誰かが殴られたタイミングを見計らって終わらせることで、全員が脱出する確率をあげることができます。 割れ窓・中治り型 左右 暗号機やロッカーを利用した加速に加えて割れ窓を採用してチェイスに特化するのもおすすめです。 ハンター側から見た探鉱者の対策 現在調査中です。 対策方法がわかり次第追記します。

次の