池袋 imax レーザー。 【IMAXレーザーGT】違いと感想。大阪エキスポシティで次世代を体感!

IMAX®レーザー

池袋 imax レーザー

CHECK! 下記に他のシネコンと 同タイプである109シネマズ大阪エキスポシティのIMAX鑑賞料金をまとめてみました。 ・ 通常料金 + ¥500 ・ 通常料金 + ¥900 ・ 通常料金 + ¥500 ・ 通常料金 + ¥900 ・ 通常料金 + ¥600 ・ 通常料金 + ¥1000 100~200円高く設定されています。 IMAXレーザーは追加料金600円でしたが、同タイプの大阪エキスポシティの料金よりも100円高く設定されているのは意外。 今回比較するドルビーシネマの料金設定は CHECK! 映像・スクリーンを比較した感想 ・ドルビーシネマの優れている点 映像・スクリーンの点で比較してみた感想としては ドルビーシネマのほうが圧倒的に映像がクリアで綺麗でした! どちらも2台の4Kプロジェクターで映し出していますが、ドルビーシネマの高コントラストと高輝度が凄かったです。 ドルビーシネマで天気の子を鑑賞できていないのですが、おそらくドルビーシネマでならこのブラックアウトのシーンは本当にシアター内を真っ暗にする表現が可能だったと思います。 音のクオリティなどは素人のボクには区別がつきません 笑 どちらも迫力のある綺麗な音だと思います! 音響を比較した感想 IMAXもIMAXレーザーになる際に天井の音響が追加され3D音響の側面が強くなりました。 今回ボクが注目していたのは『スパイダーマン』でピーターが敵の技術によって、現実世界と仮想世界とがごちゃごちゃになる錯乱シーンでの音響です。 先にドルビーシネマで聴いたときは、チャンネル数の多さから多方向から音を感じ、映像で表現している 『混乱』を音響面でもとてもリアルに表現していました。 正直あまり期待していなかったですが、予想以上のクオリティでした 笑 また同じシーンでピーターが電車に 真横から引かれるシーン。 ドルビーシネマでは本当に真横から『ドン!』という音がして、今まで体感したことのない 『真横』からの音を感じました。 大雑把な範囲でなら両者ともハイクオリティな音響だと思います。 シートについてですが、ドルビーシネマは席数を減らしているため 1人あたりのスペースが広く確保されています。 その為通常シートでも、肘掛がドリンクホルダーが1人に2つずつ提供されています。 グランドシネマサンシャインの通常シートは従来の映画館と同じで、肘掛が隣の人と共有になっており、ドリンクホルダーも片方しか利用できません。 シートを比較した感想 これは追加料金のかからない同価格帯のシート同士で比較すると、ドルビーシネマに軍配が上がります。 やはりデフォルトの席で十分に個人のスペースが確保されているので、ゆったりと鑑賞が出来ます。 通常IMAXよりもグラス部分がしっかりとしていて重みを感じますが、ドルビーシネマのよりは軽量に作られていました。 形状としても耳にかける部分が真っすぐに近い形で設計されています。 ドルビーシネマは頭を動かしてもぶれません。 ただ ドルビーシネマはとにかく重い…。。 笑 3Dメガネでは特に優劣はないかなと思います! スポンサーリンク 基本はドルビーシネマ! 個人的な考えですが、基本的にはやはり 『ドルビーシネマ』で鑑賞したいと思います! ドルビーシネマの輪郭の綺麗さ・明るさがもたらす映像美は見ていて引き込まれます。 今でもIMAXで見えていなかったものが、物凄いクリアに見えた『ゴジラ』を鑑賞した時の感動が強烈に残っています! 音響面においても、ドルビーアトモスの表現の広さと音に包まれる感覚はドルビーアトモスでしか感じることができないかなと思います。 シート面においてもドルビーシネマのほうが快適です。 またドルビーシネマの『暗闇』表現は、もう少し堪能したい 笑 ただ今後『ダンケルク』のような 【1. 悩みどころは『アベンジャーズ・エンドゲーム』のようなアスペクト比 【1. 9:1】で鑑賞できる作品ですね。 ここはどちらにしようか迷いますが『ドルビーシネマ』のハイクオリティな体験を選ぶかな。。

次の

グランドシネマサンシャインのスクリーンと座席が予想以上に凄すぎた

池袋 imax レーザー

CHECK! 下記に他のシネコンと 同タイプである109シネマズ大阪エキスポシティのIMAX鑑賞料金をまとめてみました。 ・ 通常料金 + ¥500 ・ 通常料金 + ¥900 ・ 通常料金 + ¥500 ・ 通常料金 + ¥900 ・ 通常料金 + ¥600 ・ 通常料金 + ¥1000 100~200円高く設定されています。 IMAXレーザーは追加料金600円でしたが、同タイプの大阪エキスポシティの料金よりも100円高く設定されているのは意外。 今回比較するドルビーシネマの料金設定は CHECK! 映像・スクリーンを比較した感想 ・ドルビーシネマの優れている点 映像・スクリーンの点で比較してみた感想としては ドルビーシネマのほうが圧倒的に映像がクリアで綺麗でした! どちらも2台の4Kプロジェクターで映し出していますが、ドルビーシネマの高コントラストと高輝度が凄かったです。 ドルビーシネマで天気の子を鑑賞できていないのですが、おそらくドルビーシネマでならこのブラックアウトのシーンは本当にシアター内を真っ暗にする表現が可能だったと思います。 音のクオリティなどは素人のボクには区別がつきません 笑 どちらも迫力のある綺麗な音だと思います! 音響を比較した感想 IMAXもIMAXレーザーになる際に天井の音響が追加され3D音響の側面が強くなりました。 今回ボクが注目していたのは『スパイダーマン』でピーターが敵の技術によって、現実世界と仮想世界とがごちゃごちゃになる錯乱シーンでの音響です。 先にドルビーシネマで聴いたときは、チャンネル数の多さから多方向から音を感じ、映像で表現している 『混乱』を音響面でもとてもリアルに表現していました。 正直あまり期待していなかったですが、予想以上のクオリティでした 笑 また同じシーンでピーターが電車に 真横から引かれるシーン。 ドルビーシネマでは本当に真横から『ドン!』という音がして、今まで体感したことのない 『真横』からの音を感じました。 大雑把な範囲でなら両者ともハイクオリティな音響だと思います。 シートについてですが、ドルビーシネマは席数を減らしているため 1人あたりのスペースが広く確保されています。 その為通常シートでも、肘掛がドリンクホルダーが1人に2つずつ提供されています。 グランドシネマサンシャインの通常シートは従来の映画館と同じで、肘掛が隣の人と共有になっており、ドリンクホルダーも片方しか利用できません。 シートを比較した感想 これは追加料金のかからない同価格帯のシート同士で比較すると、ドルビーシネマに軍配が上がります。 やはりデフォルトの席で十分に個人のスペースが確保されているので、ゆったりと鑑賞が出来ます。 通常IMAXよりもグラス部分がしっかりとしていて重みを感じますが、ドルビーシネマのよりは軽量に作られていました。 形状としても耳にかける部分が真っすぐに近い形で設計されています。 ドルビーシネマは頭を動かしてもぶれません。 ただ ドルビーシネマはとにかく重い…。。 笑 3Dメガネでは特に優劣はないかなと思います! スポンサーリンク 基本はドルビーシネマ! 個人的な考えですが、基本的にはやはり 『ドルビーシネマ』で鑑賞したいと思います! ドルビーシネマの輪郭の綺麗さ・明るさがもたらす映像美は見ていて引き込まれます。 今でもIMAXで見えていなかったものが、物凄いクリアに見えた『ゴジラ』を鑑賞した時の感動が強烈に残っています! 音響面においても、ドルビーアトモスの表現の広さと音に包まれる感覚はドルビーアトモスでしか感じることができないかなと思います。 シート面においてもドルビーシネマのほうが快適です。 またドルビーシネマの『暗闇』表現は、もう少し堪能したい 笑 ただ今後『ダンケルク』のような 【1. 悩みどころは『アベンジャーズ・エンドゲーム』のようなアスペクト比 【1. 9:1】で鑑賞できる作品ですね。 ここはどちらにしようか迷いますが『ドルビーシネマ』のハイクオリティな体験を選ぶかな。。

次の

池袋IMAXレーザー(グランドシネマサンシャイン)感想

池袋 imax レーザー

レーザーIMAXとは? ついに都内にも出来た、とは何でしょうか? 以前記事にも書いたんですけど、1番最新の映画設備のこと。 画質とスクリーンサイズが段違いなんですよね。 例えば、池袋キュープラザのグランドシネマサンシャインに出来たのスクリーンサイズは、高さ18. 8mの巨大スクリーン 今までの映画館・都内最大スクリーンサイズは、ユナイテッドシネマ豊洲の高さ9. 6m 横幅も明らかに大きくなっていますし、縦幅は比べるまでもありません。 そして、それだけ大きなスクリーンに移してもボヤけないくらいの超高精細プロジェクターを使っています。 レーザーIMAXで、3D作品とか見たらどうなってしまうでしょうね笑。 ちょっと分かりにくいんですけど、どれくらい大きいのかという写真を載せておきます。 前にいる人の頭と比較して貰えれば、圧倒的な大きさに度肝を抜かれますよね笑。 気になるレーザーIMAXのお値段は、2500円 通常の映画よりも、700円も高いですが、それくらいの価値はあります。 大葉せんせい的には、2500円は安いなと感じました。 都内初!どこに出来たのか? ついにを導入した映画館が、東京の池袋にできました! 商業施設キュープラザの中の4階から12階が、映画館になっています。 レーザーIMAXは、その中でもシアター12の最上階。 所在地は、シャンシャイン通りの東急ハンズのところを西に1本横に入ったところ。 実際に見てみると、意外と小さい建物でビックリします。 商業施設と言っていますが、映画館にちょっとオマケがついたくらいの出店数ですね。 レーザーIMAXどうだったか? 池袋グランシネマシャンシャイン は、スゴイですよ。 もう全部の映画鑑賞をでしたいなと思いました。 大葉せんせいが観た映画は『』だったんですけど、映像美ももちろんスゴイですし、音響もスゴかった。 映像は、あんなに大スクリーンなのにボヤけてるところ一切なし。 普通の映画館って、よく見るとボヤけてるんですよね。 あれだけクッキリした映像で観てると、映画へ没入していくっていうのがハッキリ分かります。 さらに音響も良かった。 さすがIMAX。 『』の劇中は、雨の降るシーンが多いんですけど、その音が本当に雨が降ってきたのかっていうくらいのリアルな音。 その辺の映画館とは、格がちがうなーと、同じ映画を観ても全く違う映像体験になります。 もう全部レーザーIMAXでいいんじゃないかと。 グランドシネマサンシャインのレーザーIMAX劇場の感想 映像がスゴイってことは、当たり前だったんですけど、それ以外の劇場の設備についても報告していきます。 座席のイスは、背もたれも直角じゃないし、シートの固さも固すぎず、かなり観やすい設計でした。 劇場自体も扇型に配置されているので、横の席に座ったのですが、気にならないくらいでしたね。 あと前の座席と、かなり傾斜がついてるので、スクリーンを下の方まで観ることでできます。 IMAXは、縦にスクリーンが大きいので重要な要素です。 グランドシネマサンシャインのレーザーIMAXは、かなり優れた劇場と設備だという話でした! 大阪エキスポシティのレーザーIMAXと比べて… 日本には、レーザーIMAXの設備が2つあります。 池袋と大阪エキスポシティですね。 じゃあどっちがスクリーンとしては大きいのでしょう? レーザーIMAXのスクリーンサイズ• 東京 高さ18. 8mの巨大スクリーン• 高さは、池袋の方が大きい。 横幅は、大阪の方が大きい。 って感じですね。 どちらも同じくらいなんですね。 どちらも初めてみると、スクリーンのデカさにビビりますよ! グランドシネマサンシャインの不満点 グランドシネマサンシャインの不満点は、いくつかありますが、1番の不満点は、キャパシティに対して通路が狭いってこと。 エスカレーターなんて1列しかないので、最上階のレーザーIMAXの劇場に行くのに、ものすごい時間がかかります。 なぜ1列なんだ! そして、レーザーIMAXの劇場から出ると、混雑のため退場を階段でお願いしますと言われたので、階段を降り始めると……12階から4階まで入るとこ無し。 これには驚きました。 オススメされた移動口を使ったら、階段8階分も降りなきゃいけないなんて笑。 正直、そういった客の誘導は最悪な映画館と言っても良いでしょう。 映画館内をウロウロしていたので、耳にしてしまったんですけど、社員の偉そうな人が、キャパシティオーバーな現状を見て話していました「大丈夫なの、これ?」 大葉せんせいは、心の中でつぶやきました「ダメだと思う…」 それくらい混んでいたし、考えられてない導線でした笑! まとめ、早く観に行った方がいいよ 施設の導線は最悪ですが、映画を観るという体験に関しては最高でしたね。 さすがレーザーIMAX。 みなさんも早く見た方が良いですよ。 大葉せんせいは、本当に観たい映画だったら、レーザーIMAXが5000円でも観に行きますね。 それくらい、普通の映画と違うってこと! とにかく観て確かめた方が良いので、観てください! それでは、大葉せんせいでした。

次の