動悸 が する 原因。 動悸で目が覚めてしまう

動悸の原因・考えられる病気一覧……安静時の動悸は特に注意を [心臓・血管・血液の病気] All About

動悸 が する 原因

「胸がドキドキする」「脈が速い気がする」といった症状が気になるとき、どのように対処したらいいと思いますか? いつもなんとなく安静にしている、病院に行った方がいいのかどうか迷っている、という方ももしかしたらいるかもしれません。 しかし、動悸は心臓などの病気が原因で起こっている場合もあり、安静にするだけでは心配になることもあるのではないでしょうか? そこで今回は、一般内科医、循環器内科医、心療内科医549人に動悸が起きた場合の対処法について聞いてみました。 動悸に対して有用な対処法は、ストレス発散と禁酒・禁煙、安静 「動悸に対して有用だと思われる対処法は何だと思いますか」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 アルコールやタバコをやめる• ストレスを発散する• 安静にする• 水分補給を心がける• 早めに医療機関を受診する• その他 以下のグラフが結果となります。 集計では、 動悸が起きた際の対処法として「ストレスを発散する」を挙げた医師が最も多く、その後を「アルコールやタバコをやめる」「安静にする」「早めに医療機関を受診する」と続きました。 動悸の対処には、医療機関の受診以外にストレス発散や安静、生活習慣の見直しも大事なようです。 それぞれの回答をした医師のコメントを見ていきましょう。 動悸はストレス発散・安静で落ち着くことも多い• 40代男性 一般内科 まずは安静にするだけで落ち着くことも多いです。 50代男性 一般内科 精神的に落ち着くことが大事です。 30代男性 一般内科 ストレスの誘因を排除することです。 40代男性 心療内科 ストレスを軽減して不安を抑えることです。 30代男性 一般内科 ストレス解消や安静にて改善するかどうか対応します。 40代男性 一般内科 不安にならないよう指導しています。 50代男性 一般内科 家庭医療 多くはストレスを解消したり、気にしないようにすると自然に消退します。 60代男性 一般内科 深呼吸をします。 一時的には、そこそこ効きます。 30代男性 一般内科 頻度や強さにもよりますが、大部分は安静・ストレス発散で何とかなります。 50代男性 一般内科 総合診療 安静にして経過観察で良いと思います。 50代男性 一般内科 安静にしていても軽減しなければ受診した方が良いです。 30代男性 一般内科 リラックスや認知行動療法的なアプロ-チですね。 動悸への対処法に関して「ストレスを発散する」「安静にする」と回答した医師のコメントを見ると、• ストレス発散や安静で軽減することが多い• まずは安静にして様子をみる• 安静にして軽減しなければ受診を勧める という内容がみられました。 精神的なストレスが原因で動悸を感じているケースも多いようで、まずはストレスの原因になっているものを取り除いたり、リラックスしたりすることで軽減する場合もあるようです。 ただし、人によって動悸の原因は違っており、対処法としてストレス発散や安静が有用であるとは限りません。 もしも、これらの対処法で軽減しないのであれば、受診した方が良さそうです。 動悸の軽減のためには、生活習慣の改善も必要• 40代男性 一般内科 禁煙は重要だと思います。 40代男性 心療内科 アルコ-ルは有害だとおもわれます。 60代男性 老年内科 心療内科 タバコが特によくないので絶対に禁止させます。 30代女性 一般内科 アルコ-ル類やタバコなど明らかな場合は、まずそれをやめてもらいます。 60代男性 一般内科 カフェイン多量摂取が多いと思います。 40代男性 一般内科 健診・予防医学 日常生活の見直しが大切です。 50代男性 一般内科 水分をとって、安静にすることですね。 40代女性 一般内科 産業医 これからの季節は熱中症が心配です。 50代男性 循環器内科 睡眠不足・疲労の蓄積も要因です。 40代女性 心療内科 自分の生活習慣など様々なことが重なって症状が出ることも多いです。 動悸の有用な対処法として「アルコールやタバコをやめる」と回答した医師のコメントを見ると、 「アルコールやタバコは控えるべき」「明らかな原因があるならやめてもらう」というコメントが多数ありました。 カフェイン、アルコール、タバコなど動悸を起こす要因があるのであれば、まずはそれを排除した方がいいようです。 また、「水分補給を心がける」と回答した医師のコメントには、「脱水であることが多い」「熱中症の季節は特に注意が必要」との意見もありました。 そのほか、睡眠不足・疲労を原因として指摘するコメントや、さまざまな要因が重なって動悸を引き起こすこともあるとのコメントもみられました。 病気かどうか調べるためにも受診は大切• 50代男性 一般内科 循環器内科 心配なら、病院に行った方がいいのではないでしょうか。 70代男性 一般内科 循環器内科 症状が持続すれば受診すべきです。 50代男性 心療内科 まずは医療機関を受診して鑑別診断を受けるべきです。 50代男性 一般内科 重症感があれば受診を勧めます。 60代男性 一般内科 まずは、精査して、危険な状態を否定したいですね。 50代男性 一般内科 受診して安心感を得たほうがいいでしょう。 60代男性 一般内科 とにかく除外診断が大切だと思います。 50代男性 一般内科 自覚症状が強いときは循環器内科への受診を勧めます。 60代女性 一般内科 気になるほどの動悸なら受診すべきでしょう。 50代男性 一般内科 1回は治療の必要な病気が原因でないかどうか見た方が良いでしょう。 50代男性 一般内科 原因を見つけないと対応もできません。 60代男性 一般内科 症状が続くようなら医療機関を受診したほうが良いと思います。 40代男性 一般内科 医療機関を受診した上で検査や処置があり、投薬があるかないか、そして指導があるものと思います。 また医療機関を早めに受診すれば他の選択肢が生活指導として出くわす場合もあるでしょうし、受診が必要な動悸に対して指導のみ行って終わりということもありません。 「早めに医療機関を受診する」と回答した医師のコメントには、「治療が必要かどうか、1度は精査した方がよい」との意見が多数みられました。 原因がわからないと適切な対処方法も提示できないため、気になる症状があるのであれば受診をした方がよいとのことです。 また、受診することで原因がはっきりすれば安心感も得られるので、そのためにも受診した方がよいのではないかとのことでした。 動悸の原因はストレスが多いとしても、状況に応じて医療機関の受診も大切といえそうですね。 動悸の対処法は、医療機関の受診も視野に 今回の調査では、動悸に対して有用だと考えられる対処法は何かという質問に対し、「ストレスを発散する」を挙げた医師が最も多く、その後を「アルコールやタバコをやめる」「安静にする」「早めに医療機関を受診する」と続きました。 コメントでは、動悸の原因は、ストレスなど自分で対処できるものもあるようです。 しかし、治療が必要な病気が原因となっている場合もあり、それを見逃さないようにするためにも、気になるようであれば一度医療機関の受診する方がよさそうです。

次の

動悸

動悸 が する 原因

動悸とは、普段よりも心臓の鼓動を強く、もしくは速く感じたり、脈が乱れているように感じたりする症状です。 最近胸がドキドキする、もしかして心臓の病気……? 手が震えていつもより脈も速く感じる……。 脈がバラバラでもする……。 このような症状を感じた時、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 動悸を引き起こす病気 動悸は心臓そのものに原因があることが一般的ですが、精神的な原因がある場合や、そのほかにも甲状腺や、薬物などが原因となることもあります。 心臓が原因となる動悸 動悸の原因となる心臓の病気には、以下のようなものがあります。 不整脈 にはさまざまな種類がありますが、脈が速すぎる・遅すぎる、リズムが規則正しくなく乱れているなど、脈の異常を動悸として自覚する場合があります。 脈が極端に速かったり遅かったりすると血圧が低下し、や吐き気、冷や汗などの症状を伴うこともあります。 心不全 とは、血液を送り出す心臓の機能が低下した状態です。 症状は多岐に渡りますが、動悸や息苦しさ、疲れやすさ、急激な体重の増加、足のむくみといった症状が代表的です。 心臓以外の原因による動悸 心臓以外の身体的原因がある場合もあり、下記のような原因で脈が速くなって動悸を感じることがあります。 貧血 とは、なんらかの原因により体中に十分な酸素を届けるために血液や血液の成分(赤血球やヘモグロビン)が不足している状態です。 動悸の他に、、、息切れ、疲れやすい、顔色が悪いなどのさまざまな症状が現れます。 低血糖 が下がりすぎた状態であるは、極端なダイエットや治療薬などの副作用で引き起こされます。 動悸のほかに現れる症状としては、空腹感、あくび、手の震え、発汗(冷や汗)、などがあります。 の薬を飲んでいる人にこのような症状がある場合や、意識がぼうっとしているような場合は速やかに診察を受けましょう。 甲状腺機能亢進症 こうじょうせんきのうこうしんしょう は甲状腺の働きが過剰になり、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまう状態です。 は女性に多く、10人から20人に1人程度の割合で発症するといわれています。 症状としては、脈が速い(頻脈)、、手の震え、食欲が増えるにもかかわらず体重は減少する、大量発汗、息切れなどが見られます。 脱水 体の中の水分が足りていない状態である脱水になると、動悸、口の渇きや喉の渇き、トイレの回数が極端に減る、熱のこもった感じがするなどの症状が現れます。 このような症状があり、自分で水分を取ることが難しいような場合には早めの受診を検討しましょう。 受診の目安とポイント 動悸を感じることが長く続いたり、動悸以外の症状も現れたりする場合には、一度受診を検討しましょう。 原因がどこにあるのかを自分で判断することは難しいこともありますので、まずはかかりやすい近くの内科やかかりつけなどで相談してみてもよいでしょう。 受診時には、動悸が出るときの具体的な状況(人前に出るとき、会社や学校に向かうときなど)、どのくらいの時間続くか、動悸以外の症状の有無(息苦しさ、むくみ、痛み)、脈のリズム(規則正しいか不規則か、速いか遅いか)などを医師に伝えるとよいでしょう。 日常生活上の原因と対処法 緊張や怒りなどの精神的な影響 心拍(脈の数)は交感神経と副交感神経によってコントロールされています。 そのため、緊張や怒りなどの精神的な影響で交感神経の働きが優勢になると、心拍数は多くなります。 緊張や怒りを感じたときは 副交感神経が活発になると、体はリラックスし心拍も下がります。 副交感神経を活発にさせるため、緊張や怒りを感じたときはゆっくりと深呼吸をするとよいでしょう。 十分な睡眠を取り、疲労をためないように心掛け、ストレスを上手に発散しましょう。 カフェインの取りすぎ コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、自律神経を刺激して脈を速くする作用があります。 そのため、カフェインの取りすぎは動悸や胸苦しさを引き起こすことがあります。 カフェインだけでなく、アルコールなどにも同様の効果があるので注意が必要です。 取りすぎないために注意すること コーヒーなどはついたくさん飲んでしまう人も多いため、1日何杯までと飲む量を決めて、それを守るようにするとよいでしょう。 アルコールも、自分の限界を知り適量に留めるようにすることが重要です。 たばこの吸いすぎ たばこに含まれるニコチンも、自律神経に作用して脈を速めます。 たばこを減らす、止めるためには たばこは動悸だけでなく、さまざまな病気の原因になります。 自分の意思だけでが難しい場合には、外来などで専門的な指導を受けることを検討しましょう。 運動などによるもの 激しい運動をすれば脈が速くなりますが、これは正常な反応です。 注意が必要な場合 激しい運動後の動悸は心配ありませんが、歩いたり少し動いたりしただけで動悸がする場合には上記のような病気が隠れている可能性もあるため注意が必要です。 よくならないときには 日常生活での対処法を試しても症状がよくならない場合や、いつもと違う激しい症状を自覚した場合には一度病院を受診するようにしましょう。

次の

動悸・めまい|身体面の症状|症状から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

動悸 が する 原因

第39回 教えてリス太くん 緊張してドキドキすることって みんなあると思うけど・・・ 大勢の人の前で話すとき胸がドキドキする 緊張して息があがるといったことはよく経験することですが、 これは身を守るために人間に備わった反応です。 心拍は、交感神経と副交感神経からなる 自律神経によってコントロールされています。 不安や緊張など、ストレス状態にあるとき 交感神経の働きが高まります。 交感神経が活発になると、筋肉が緊張し、血圧や心拍があがり、 呼吸は浅くなります。 逆に副交感神経が活発になると、体は緩み、血圧や心拍もさがり、 リラックスした状態になります。 とくに緊張するような場面でもないのに、頻繁に動悸がする、 呼吸が苦しいという場合は、何らかの病気が原因になっているのかもしれません。 心臓がドキドキする場合、考えられる身体疾患には 不整脈をはじめとする心疾患や甲状腺機能亢進症などがあります。 息苦しさの場合にもやはり不整脈をはじめとする心疾患、 また呼吸器疾患などが考えられます。 こういった症状が長く続く、気になる場合には、 まずは循環器内科や呼吸器内科などで検査をしてみることが大切です。 めまいの5つの原因 (1)耳の疾患 メニエール病など耳の疾患からくるめまいは自分の体や地面が 回っているように感じることが多いです。 (2)脳疾患 脳腫瘍をはじめとする脳疾患が原因となっているめまいは 揺れるようなふらふらする感じのめまいことがあります。 (3)精神疾患 体の検査をしても異常が見つからず、原因が精神疾患だったことがわかる場合があります。 動悸や息切れ、めまいを感じる代表的な精神疾患には、パニック障害があります。 激しい動悸がして、息ができないように感じ、死んでしまうのではないかと思えるほどの 発作が起きます。 全般性不安障害でも動悸やめまいを感じことがありますが、 これは極度の緊張によるバランス感覚の過剰反応から、 めまいやふらつきを引き起こすと言われています。 (4)その他の身体症状 うつ病、適応障害、心気症などでも、動悸やめまいといった身体症状が表れることがあります。 うつ病の場合は、身体症状でめまいやふらつきが憂うつ気分などの精神症状よりつよい訴えの 「仮面うつ病」ということもあります。 (5)更年期障害 更年期障害でも動悸や息切れは起こります。 安静時でも動悸を感じたり、思うように呼吸ができなくなるような呼吸困難になったりします。 心臓や呼吸をコントロールする働きする自律神経が、女性ホルモンの減少に伴い 乱れてしまうことが大きな原因です。 更年期の症状に伴った精神的ストレスも原因のひとつと考えられています。 動悸とめまいが同時に起こる理由 動悸とめまいは、非常に関連の深い症状です。 めまいは、急に立ち上がった時など目がまわるように感じるなどの症状で、 比較的日常で発生しやすい症状です。 めまいが発生すると、足もとの地面が回転しているような感覚に陥り、 目の前が真っ暗になってしまう。 安静にしていれば治まる事が多いです。 めまいが発生する原因として 三半規管という身体のバランスを調節している器官に異常が発生し、 脳が異常信号を受けめまいを感じるとされています。 (1)血行の異常 血行の異常がめまいを起こしている可能性もあります。 椎骨脳低動脈循環不全症と言われ、脳の内の動脈が詰まったりする事で、 脳が酸素と栄養不足になりめまいがおきます。 血管が詰まったことで血圧が高くなり動悸が生じる事があるとされています。 (2)不整脈 不整脈の症状がある時に動悸の症状に伴ってめまいの症状が現れやすいとされています。 めまいは割と頻繁に現れる症状なので、あまり重要に考えない人が多いですが、 動悸とめまいの症状があらわれた場合は、早めに原因を検査して貰いましょう。 動悸とめまいに対する対処法 (1)高血圧による動機やめまいの対処法 高血圧症は、症状が現れるのは血圧が高くなりはじめた初期段階で、 頭痛、めまい、肩こり、手足のしびれ、動悸、耳鳴り、疲れやすいなど 自覚するまでに時間がかかります。 急に血圧が上昇して激しい頭痛や吐き気、嘔吐が起こることもあり脳梗塞や脳出血、 狭心症、心筋梗塞、腎疾患などの病気を起こしやすくなります。 「食生活を改善する」「睡眠時間などを改善する」、 「禁煙をする」などの生活習慣を見直すことがとても大切です。 (2)更年期障害による動悸の場合の対処法 女性ホルモンの急激な減少によって起こる様々な症状を改善するため、 食生活の改善から症状を軽減することも選択肢のひとつです。 ホルモンバランスを整えるために大豆イソフラボンの代謝物である エクオール含有食品などを多く取り入れてるのも有効です。 (3)パニック障害による対処法 パニック障害による発作の対処法は最初のうちは気が動転してしまい、うまく出来ないこともあります。 何度も繰り返すことによって発作を止めることが出来ることが自分の中で認知できるようになります。 パニック障害の症状は特定の場所や状況で不安な気持ちが起きてしまうことで、 興奮状態になり呼吸数が増えて過呼吸になっていまい、 めまいや吐き気の症状が出てしまうという病気です。 パニック障害による発作が起きてしまう前に抗不安薬を服用して 不安を取り除くことも有効な発作の対処法です。 薬に頼らない発作の対処法としては深呼吸や腹式呼吸などの 方法があり、呼吸法によって呼吸の回数を減らし、 過呼吸の状態を改善して動悸などの 発作を緩和させることが出来ます。 様々な症状 自律神経失調症 めまいや動悸を訴えて病院で検査をしても異常が認められない場合、 自律神経失調症の可能性が疑われます。 交感神経と副症状神経のバランスが崩れることで起こると言われています。 その症状には、不眠や寝汗といった睡眠に関するものから、肩こりや頭痛といったもの、 手足が冷えたりむくんだりしたり、体のだるさや食欲不振などなど、さまざまなものがあります。 こういった自律神経失調症特有の訴えのことを「不定愁訴」といいます。 日によって症状の出方や現れる場所が違ったりと、一定しないのが特徴です。 不安障害 パニック障害、外傷後ストレス障害や急性ストレス障害、薬物の副作用による不安障害や、 強迫性障害など様々なものがあります。 そもそも不安とは病気ではなく、人間が生きていくうえで危機回避などに必要な能力でもあるのですが、 あまりにも過剰に働いて、日常生活に支障をきたすような場合には、障害とみなされます。 狭心症 狭心症とは心臓の血管が収縮して、急に痛くなる病気のことです。 労作性狭心症と不安定狭窄症があり、背中の痛みや、動悸、息切れなどが現れるのが特徴です。 めまいや動悸に加えて手の震えもともなっているような場合には、ストレスの存在が疑われます。 深刻な事態に陥らないうちに、早めに医療機関を受診しましょう。 眠気 めまいや動悸にともなって眠気もある場合には、 ストレスや自律神経失調症、うつ病や不安障害、外傷後ストレス障害、 急性ストレス障害、物質誘発性のストレス障害などの可能性が考えられます。 肩こり・背中の痛み めまいや動悸にともなって、肩こりや背中の痛みが見られるような場合には、 ストレスの存在と、狭心症という心臓の疾患の可能性が考えられます。 *耳鼻科 めまいが起きた時には耳の疾患も疑われますが、 メニエール病や良性発作性頭位めまい症が考えられる場合には、 耳鼻科を受診するようにしましょう。 おおくの原因が自律神経や血行、ホルモンバランスなどの生活習慣や肉体的、 精神的なストレスがその要因となっています。 病気にならないためには、何よりも日頃からの良い生活習慣が大事です。 体の回復力を高めるためにもストレスを解消して 栄養バランスよい食事を摂りしっかり睡眠をとるようにしましょう。 そして普段から、無理のない程度で良いので、 深呼吸や腹式呼吸を生活の中に取り入れてみるのもよい方法です。

次の