ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー。 「OKサイン」海外で絶対に出してはならない理由

ジョゼフ・プラトー

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 家紋の意味「大一大万大吉」って何? 「大一大万大吉」を組み合わせた石田三成の紋ですが、やたら印象的ですよね。 ゲーム等で三成の陣羽織などに描かれる「大一大万大吉」の文字、この意味は何なのでしょうか。 読み方はそのまんま 「だいいち だいまん だいきち」ですね。 で、これ、よく家紋といわれますが、実は違います。 家の紋ではないのです。 当時の人は家紋というものはあまり認識していなかったで、いくつかあるのが普通です。 信長も家紋を7つ使っていましたね。 三成の「大一大万大吉」は、家紋ではなく、三成の理想を掲げた言葉です。 その 意味は、 「皆はひとりのために、ひとりはみんなのために!」 このセリフ、聞いたことがないですか。 意味はまさにそれなのです。 「大一大万大吉」も似たような思想があります。 ひとりが万民のためにつくし、万民がひとりのためにつくせば、全員が満足できるに違いないという意味です。 こちらの記事で、石田三成について、カンタンにわかり易く紹介しています。 子孫は続いてる? 石田三成の子孫は現在まで残っているのでしょうか。 関ヶ原では、最後まで逃げようと悪あがきをしていた石田三成。 彼の感覚では自分の命は、豊臣のために使うものと思っていました。 実は子孫は残っています。 三成の二男がかくまわれて、今もその血統を保っているのです。 家康は探して殺さなかったのでしょうか? おそらくは無理だったかと思われます。 当時彼の力が及ぶのは、東国だけでした。 まだ豊臣家は丸々残っています。 そして、西軍(豊臣)の残党は、西の方にうようよいました。 追いかけたらあっという間に囲まれて家康憎しということで、総攻撃にあいます。 一番恐ろしいのは、やっぱり島津さん、薩摩の島津義弘です。 西軍劣勢の中、陣中を突っ切って突破しようとしたその武勇、実は出てきていたのは弟の方で、九州には兄の軍が丸々残っています。 あと東軍も怖いですよ。 伊達政宗は天下を狙っていましたし、あまり信用が出来ない元秀吉家臣がどう出るか分かりません。 家康も馬鹿ではありません。 三成の二男をかくまってくれたのは彼を慕う津軽家だったといわれています。 ふつう、戦に負けると草の根分けても探してというのが武士の習いですが、三成は大名といっても、1代限りの秀吉がとりたてたから大きくなった家臣です。 小早川秀秋の裏切りによって亡くなった大谷吉継という友人や左近こと島清興は、戦場で死亡。 西軍についていた鍋島なども離反、そういう状態でひとり子供が生きていても当時の家康には痛くもかゆくもなかったのです。 関ヶ原では逃げてどこに行ったか分からない人も多いです。 西軍の明石全登というキリシタン大名は関ヶ原の後、行方不明になります。 大阪夏の陣、冬の陣でも行方不明になるというミステリアス武将ですね。 当時はインターネットも興信所もないので、探すのはムリでした。 まとめ 大一大万大吉の意味はつまり、 「皆はひとりのために、ひとりはみんなのために!」でした。 この言葉の意味を江戸時代の人は何となく避けていました。 家康は半ばぶんどるような形で政権を豊臣からとりましたから。 でも、少なくとも平和にはなりました。 三成の死後、徳川政権のもとで、全国に政治の力が及ぶようになって、大名同士の戦も消滅したのです。 家康も、三成も考えたことは基本は同じです。 国の政治がいかに安定するかです。 家康の政治は非常に合理的で、庶民のことも考えたものでした。 三成も長浜、彦根ではよい領主でした。 大一大万大吉を家紋と勘違いしている方が多くて呆れてしまいます。 石田三成の家紋は下がり藤に石が入っているのが家紋です。 他にも九曜紋との説もありますね 大一大万大吉は旗印です。 石田三成の大一大万大吉のステッカーを家紋と称して販売している会社も悪いと思います。 誤解されがちの関ヶ原の戦いは三成が悪者扱いをされてる人も多いですね 豊臣家に対して謀反人は家康であり、三成は謀反人を征討する為にした戦をしました。 三成の居城は外見だけで、内部は質素でした。 内部を節約して豊臣家の為には惜しまずにお金を使う事はに豊臣家の為に、より良い人材を探していたりしていたので豊臣家一の忠臣です。 欠点は、融通が利かない堅物だった事です。 『三成が主役の大河をやって欲しいです。

次の

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトーってどんな人?何した?│れきし上の人物.com

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー

ラグビーW杯日本大会は9月20日、1次リーグの日本-ロシア戦(味スタ)で開幕する。 前回大会の15年イングランド大会では1次リーグ3勝1敗としながら、勝ち点差で8チームが出場する決勝トーナメント進出を逃した。 ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(49)は前回果たせなかった8強を目標に設定。 一生に一度の自国開催の舞台で、快挙の夢へ挑む選手たちを連載企画「桜の勇者たち」で紹介する。 第1回は日本が世界に誇る韋駄天(いだてん)、WTB福岡堅樹(26)=パナソニック=の魅力に迫る。 獲物を狙う猫のように、背を丸く収縮させる独特の姿勢。 そこから爆発的な加速力で瞬時にトップギアに入る。 それでいて、刻むステップはしなやか。 屈強なDF陣を鮮やかに突破する韋駄天ウイングが、福岡だ。 「基本的にかけっこは負けなしだった」。 50メートル5秒8。 サッカー元日本代表FW岡野雅行氏と同タイム。 「父と犬の散歩にいって、神社からの下り坂を一緒に駆け下りて勝負していました」。 野犬より速かったという岡野氏同様、犬にまつわる逸話も持っていた。 開業医の祖父、歯科医の父を持ち、福岡高時代に携わった医師の影響もあって、医師を志した。 そんな将来設計にラグビーが入り込む。 高校3年時の花園での勝利によって得た自信で「上を目指したいと思えた」と大学で続けることを決めた。 才能を見いだされて、大学で一区切りの予定も変わった。 13年に日本代表に初招集され「(19年)W杯までラグビーを続ける道を選ぶきっかけになった」。 後押しした祖父の言葉があった。 『才能を持って生まれてきた人間はそれを社会に還元する責任がある』-。 「文武両道でやってきたので、その言葉で両方を目指したいという思いをより強くした」。 全盛期を迎えつつある26歳。 「素晴らしいタイミングでW杯、五輪が日本で開催される。 ゴールが決まっているから、今、頑張れる」。 20年で引退。 その後は医師への道を歩むことを決めている。 W杯前回大会は敗れたスコットランド戦のみの出場。 「何も貢献できなかった」と振り返る。 今大会、1次リーグ最終戦でスコットランドと再戦する。 「4年前と一緒だったらこれまでやってきた意味はない」。 おそらく決勝トーナメントをかけた大一番。 韋駄天が、その先へ導く。

次の

「OKサイン」海外で絶対に出してはならない理由

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 家紋の意味「大一大万大吉」って何? 「大一大万大吉」を組み合わせた石田三成の紋ですが、やたら印象的ですよね。 ゲーム等で三成の陣羽織などに描かれる「大一大万大吉」の文字、この意味は何なのでしょうか。 読み方はそのまんま 「だいいち だいまん だいきち」ですね。 で、これ、よく家紋といわれますが、実は違います。 家の紋ではないのです。 当時の人は家紋というものはあまり認識していなかったで、いくつかあるのが普通です。 信長も家紋を7つ使っていましたね。 三成の「大一大万大吉」は、家紋ではなく、三成の理想を掲げた言葉です。 その 意味は、 「皆はひとりのために、ひとりはみんなのために!」 このセリフ、聞いたことがないですか。 意味はまさにそれなのです。 「大一大万大吉」も似たような思想があります。 ひとりが万民のためにつくし、万民がひとりのためにつくせば、全員が満足できるに違いないという意味です。 こちらの記事で、石田三成について、カンタンにわかり易く紹介しています。 子孫は続いてる? 石田三成の子孫は現在まで残っているのでしょうか。 関ヶ原では、最後まで逃げようと悪あがきをしていた石田三成。 彼の感覚では自分の命は、豊臣のために使うものと思っていました。 実は子孫は残っています。 三成の二男がかくまわれて、今もその血統を保っているのです。 家康は探して殺さなかったのでしょうか? おそらくは無理だったかと思われます。 当時彼の力が及ぶのは、東国だけでした。 まだ豊臣家は丸々残っています。 そして、西軍(豊臣)の残党は、西の方にうようよいました。 追いかけたらあっという間に囲まれて家康憎しということで、総攻撃にあいます。 一番恐ろしいのは、やっぱり島津さん、薩摩の島津義弘です。 西軍劣勢の中、陣中を突っ切って突破しようとしたその武勇、実は出てきていたのは弟の方で、九州には兄の軍が丸々残っています。 あと東軍も怖いですよ。 伊達政宗は天下を狙っていましたし、あまり信用が出来ない元秀吉家臣がどう出るか分かりません。 家康も馬鹿ではありません。 三成の二男をかくまってくれたのは彼を慕う津軽家だったといわれています。 ふつう、戦に負けると草の根分けても探してというのが武士の習いですが、三成は大名といっても、1代限りの秀吉がとりたてたから大きくなった家臣です。 小早川秀秋の裏切りによって亡くなった大谷吉継という友人や左近こと島清興は、戦場で死亡。 西軍についていた鍋島なども離反、そういう状態でひとり子供が生きていても当時の家康には痛くもかゆくもなかったのです。 関ヶ原では逃げてどこに行ったか分からない人も多いです。 西軍の明石全登というキリシタン大名は関ヶ原の後、行方不明になります。 大阪夏の陣、冬の陣でも行方不明になるというミステリアス武将ですね。 当時はインターネットも興信所もないので、探すのはムリでした。 まとめ 大一大万大吉の意味はつまり、 「皆はひとりのために、ひとりはみんなのために!」でした。 この言葉の意味を江戸時代の人は何となく避けていました。 家康は半ばぶんどるような形で政権を豊臣からとりましたから。 でも、少なくとも平和にはなりました。 三成の死後、徳川政権のもとで、全国に政治の力が及ぶようになって、大名同士の戦も消滅したのです。 家康も、三成も考えたことは基本は同じです。 国の政治がいかに安定するかです。 家康の政治は非常に合理的で、庶民のことも考えたものでした。 三成も長浜、彦根ではよい領主でした。 大一大万大吉を家紋と勘違いしている方が多くて呆れてしまいます。 石田三成の家紋は下がり藤に石が入っているのが家紋です。 他にも九曜紋との説もありますね 大一大万大吉は旗印です。 石田三成の大一大万大吉のステッカーを家紋と称して販売している会社も悪いと思います。 誤解されがちの関ヶ原の戦いは三成が悪者扱いをされてる人も多いですね 豊臣家に対して謀反人は家康であり、三成は謀反人を征討する為にした戦をしました。 三成の居城は外見だけで、内部は質素でした。 内部を節約して豊臣家の為には惜しまずにお金を使う事はに豊臣家の為に、より良い人材を探していたりしていたので豊臣家一の忠臣です。 欠点は、融通が利かない堅物だった事です。 『三成が主役の大河をやって欲しいです。

次の