ブレザー イラスト。 Invigorating Boys! Boys in Blazers

女子高生の制服の描き方講座

ブレザー イラスト

この講座について アニメやマンガで描かれることが多い学園モノの世界観。 そういった作品に欠かせないがの女子高生の制服ですよね! みなさんは制服を描く時にどうすればうまく描けるのか悩んだことはありませんか? 今回はイラストレーターのやとみさんが担当する「女子高生の制服の描き方講座」です。 記事の最後にはこの記事の内容がグッと理解しやすくなるPalmieの動画講座もありますのでぜひチェックしてみましょう! 1. 着こなしの種類 皆さんよく知っているように、一番メジャーな制服はブレザーとセーラーがあります。 この他にもジャンパースカートやボレロ、ワンピースなど様々な種類の制服があり、これらをベースとして色や形、着こなし方を変える事で、自分オリジナルの制服を描くことができます。 次に制服の着こなしについてです。 まずはブレザー、リボン、カーディガン、ハイソックスの組み合わせです。 このタイプは様々な作品でもよく描かれているので目にする人も多いかと思いますが、スカートのデザインやブレザーの色を変えることで、全く違った印象を出すことができます。 セーター、ネクタイ、ニーハイソックスの組み合わせです。 制服といえばハイソックスというイメージが強いですが、あえてニーソックスを合わせることで、ハイソックスとは違った可愛らしさや女の子らしさを出すことができます。 パーカー、ネクタイ、ルーズソックスの組み合わせです。 パーカーやルーズソックスといったものを合わせることで、個性的な印象を出すことができます。 今ご紹介した3つの着こなしを並べてみるとこのようになります。 この他にもリボンやスカート、トップスの種類を変えることで、様々な組み合わせの制服を描くことができます。 実際の制服を参考にしながら、新しい組み合わせを作ってみたり、自分の好きな着こなし方を見つけてみるのもいいかもしれませんね! 2. Yシャツを着た女の子の描き方 次は制服の女の子の描き方を紹介していきますが、はじめにYシャツ姿の女の子を描いていきます。 まずはボタンが開いた状態の襟(えり)を描きます。 次に、胸のラインを意識しながら線をとっていきます。 半袖を描く場合は腕の部分にそこまで多くのシワはできないので、脇の下に少し線を入れるくらいでちょうど良いです。 続いてスカートを描いていきます。 外側に巻き込まれていくプリーツを意識しながら、単調になり過ぎないように気をつけて描いていきます。 最後に、体のラインを消して完成になります。 セーターを着た女の子の描き方 次はセーターを着た女の子の描き方を紹介していきます。 こちらも、まずはじめに襟の部分を描いていき、次にネックラインを描いていきます。 長さはだいたい胸の下あたりまでになることが多いです。 胸と腰のラインを意識してセーターを描いていきます。 セーターの長さは大体太ももの付け根くらいの長さにします。 腕のラインと脇に引っ張られてできるシワを意識しながらラインをとっていきます。 セーターを着ている女の子を描くときに気をつけていると良いポイントは、袖を少し長めに描くということです。 セーターの袖を手首より少し長く描くことで、大き目の服を着ているような可愛らしさを出すことができます。 最後に、手首、裾 (すそ)、ネックライン等の部分に細かい線を入れていきます。 こうすることでよりセーターっぽく見せることができます。 これでセーターの女の子は完成です! 4. ブレザーを着た女の子の描き方 次はブレザーの女の子を描いていきます。 まずシャツの襟を描き、合わせてリボンも描いていきます。 その次にブレザーの襟を描いていきますが、襟の長さは大体胸より下辺りにするとよいでしょう。 セーターの時と同じように、胸、腰のラインを意識して線をとっていきます。 長さは大体脚の付け根あたりまでの長さになります。 本来のブレザーは体のラインが見えずらい素材ですが、絵として描く場合はよりスタイルをよく見せるために、シワを増やしたりくびれを出したりします。 最後に袖とスカートを描いてブレザーの女の子は完成です! 5. セーラーを着た女の子の描き方 最後はセーラーの女の子を描いていきます。 まず服の厚みを意識しながら襟の部分を描いていきます。 セーラーの襟の長さも、だいたい胸のあたりまでにします。 セーラー服の長さは普通、腰あたりまでになりますが少し短めに描くことで脚をより長く見せることができます。 次にセーラー服に合わせて少し長めのスカートを描いていきます。 腰に沿って外側のラインを描きスカートの長さを決め、単調にならないよう気をつけながら裾を描いていきます。 プリーツの広がりを意識しながら線を足していきます。 次に三つ折ソックスを描きます。 普通のハイソックスよりも厚みをもたせましょう。 最後にセーラーのラインを描き、全体のバランスを修正して完成になります。 以上で女子高生の制服の描き方講座は終了になりますが、ここで紹介した内容は制服の一例になりますので、この動画をきっかけに、自分の好きな描き方を見つける手助けとなれば嬉しいです! 記事の内容を動画で詳しく見たい方はPalmieの動画講座をチェックしてみてくださいね! お絵描き講座Palmieは100本以上の講座が無料で見放題です!ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

高校生のイラスト 男子 男 中学生 ブレザー マンガ アニメのイラスト素材 [62557167]

ブレザー イラスト

この講座について アニメやマンガで描かれることが多い学園モノの世界観。 そういった作品に欠かせないがの女子高生の制服ですよね! みなさんは制服を描く時にどうすればうまく描けるのか悩んだことはありませんか? 今回はイラストレーターのやとみさんが担当する「女子高生の制服の描き方講座」です。 記事の最後にはこの記事の内容がグッと理解しやすくなるPalmieの動画講座もありますのでぜひチェックしてみましょう! 1. 着こなしの種類 皆さんよく知っているように、一番メジャーな制服はブレザーとセーラーがあります。 この他にもジャンパースカートやボレロ、ワンピースなど様々な種類の制服があり、これらをベースとして色や形、着こなし方を変える事で、自分オリジナルの制服を描くことができます。 次に制服の着こなしについてです。 まずはブレザー、リボン、カーディガン、ハイソックスの組み合わせです。 このタイプは様々な作品でもよく描かれているので目にする人も多いかと思いますが、スカートのデザインやブレザーの色を変えることで、全く違った印象を出すことができます。 セーター、ネクタイ、ニーハイソックスの組み合わせです。 制服といえばハイソックスというイメージが強いですが、あえてニーソックスを合わせることで、ハイソックスとは違った可愛らしさや女の子らしさを出すことができます。 パーカー、ネクタイ、ルーズソックスの組み合わせです。 パーカーやルーズソックスといったものを合わせることで、個性的な印象を出すことができます。 今ご紹介した3つの着こなしを並べてみるとこのようになります。 この他にもリボンやスカート、トップスの種類を変えることで、様々な組み合わせの制服を描くことができます。 実際の制服を参考にしながら、新しい組み合わせを作ってみたり、自分の好きな着こなし方を見つけてみるのもいいかもしれませんね! 2. Yシャツを着た女の子の描き方 次は制服の女の子の描き方を紹介していきますが、はじめにYシャツ姿の女の子を描いていきます。 まずはボタンが開いた状態の襟(えり)を描きます。 次に、胸のラインを意識しながら線をとっていきます。 半袖を描く場合は腕の部分にそこまで多くのシワはできないので、脇の下に少し線を入れるくらいでちょうど良いです。 続いてスカートを描いていきます。 外側に巻き込まれていくプリーツを意識しながら、単調になり過ぎないように気をつけて描いていきます。 最後に、体のラインを消して完成になります。 セーターを着た女の子の描き方 次はセーターを着た女の子の描き方を紹介していきます。 こちらも、まずはじめに襟の部分を描いていき、次にネックラインを描いていきます。 長さはだいたい胸の下あたりまでになることが多いです。 胸と腰のラインを意識してセーターを描いていきます。 セーターの長さは大体太ももの付け根くらいの長さにします。 腕のラインと脇に引っ張られてできるシワを意識しながらラインをとっていきます。 セーターを着ている女の子を描くときに気をつけていると良いポイントは、袖を少し長めに描くということです。 セーターの袖を手首より少し長く描くことで、大き目の服を着ているような可愛らしさを出すことができます。 最後に、手首、裾 (すそ)、ネックライン等の部分に細かい線を入れていきます。 こうすることでよりセーターっぽく見せることができます。 これでセーターの女の子は完成です! 4. ブレザーを着た女の子の描き方 次はブレザーの女の子を描いていきます。 まずシャツの襟を描き、合わせてリボンも描いていきます。 その次にブレザーの襟を描いていきますが、襟の長さは大体胸より下辺りにするとよいでしょう。 セーターの時と同じように、胸、腰のラインを意識して線をとっていきます。 長さは大体脚の付け根あたりまでの長さになります。 本来のブレザーは体のラインが見えずらい素材ですが、絵として描く場合はよりスタイルをよく見せるために、シワを増やしたりくびれを出したりします。 最後に袖とスカートを描いてブレザーの女の子は完成です! 5. セーラーを着た女の子の描き方 最後はセーラーの女の子を描いていきます。 まず服の厚みを意識しながら襟の部分を描いていきます。 セーラーの襟の長さも、だいたい胸のあたりまでにします。 セーラー服の長さは普通、腰あたりまでになりますが少し短めに描くことで脚をより長く見せることができます。 次にセーラー服に合わせて少し長めのスカートを描いていきます。 腰に沿って外側のラインを描きスカートの長さを決め、単調にならないよう気をつけながら裾を描いていきます。 プリーツの広がりを意識しながら線を足していきます。 次に三つ折ソックスを描きます。 普通のハイソックスよりも厚みをもたせましょう。 最後にセーラーのラインを描き、全体のバランスを修正して完成になります。 以上で女子高生の制服の描き方講座は終了になりますが、ここで紹介した内容は制服の一例になりますので、この動画をきっかけに、自分の好きな描き方を見つける手助けとなれば嬉しいです! 記事の内容を動画で詳しく見たい方はPalmieの動画講座をチェックしてみてくださいね! お絵描き講座Palmieは100本以上の講座が無料で見放題です!ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

知ってるだけで上手く描ける!制服のコツ ~ブレザー編~

ブレザー イラスト

アニメやマンガで描かれることが多い学園モノの世界観。 そういった作品に欠かせないのが 女子高生の 制服ですよね!みなさんは制服を描く時に、どうすればうまく描けるのか悩んだことはありませんか? この講座では制服の着こなしの種類や、セーター、 セーラー服、 ブレザーなどの描き方について解説していきます! 女子高生の制服の着こなしと種類 一番メジャーな制服はブレザーと セーラーがあります。 この他にも、ジャンパースカートやボレロ、ワンピースなど様々な種類の制服があります。 これらをベースとして、色や形、着こなし方を変える事で、自分のオリジナルの制服を描くことができます。 ちなみに、パルミーには別の記事で「女子高生のカバンやスクールバッグ講座」を公開していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。 次に、制服の着こなしについてです。 まず一つ目は、ブレザー、リボン、カーディガン、ハイソックスの組み合わせです。 このタイプは様々な作品でもよく描かれているので目にする人も多いかと思いますが、スカートのデザインやブレザーの色を変えることで、全く違った印象を出すことができます。 次に二つ目は、セーター、ネクタイ、ニーハイソックスの組み合わせです。 制服といえばハイソックスというイメージが強いですが、あえてニーソックスを合わせることで、ハイソックスとは違った可愛らしさや女の子らしさを出すことができます。 最後の三つ目は、パーカー、ネクタイ、ルーズソックスの組み合わせです。 パーカーやルーズソックスといったものを合わせることで、個性的な印象を出すことができます。 これら3つの着こなしを並べてみると以下のようになります。 この他にもリボンやスカート、トップスの種類を変えることで、様々な組み合わせの制服を描くことができます。 実際の制服を参考にしながら、新しい組み合わせを作ってみたり、自分の好きな着こなし方を見つけてみるのもいいかもしれませんね! 女子高生の制服の描き方 Yシャツを着た女の子の描き方 次に、制服の女の子の描き方を紹介していきます。 はじめに、Yシャツ姿の女の子を描いていきます。 まずは、ボタンが開いた状態の襟(えり)を描きます。 次に、胸のラインを意識しながら線をとっていきます。 半袖を描く場合は腕の部分にそこまで多くのシワはできないので、脇の下に少し線を入れるくらいでちょうど良いです。 続いてスカートを描いていきます。 外側に巻き込まれていくプリーツを意識しながら、単調になり過ぎないように気をつけて描いていきます。 最後に体のラインを消して完成です。 セーターを着た女の子の描き方 次はセーターを着た女の子の描き方を紹介していきます。 Yシャツの時と同様に、まず襟の部分を描きます。 そして次にネックラインを描いていきます。 長さはだいたい胸の下あたりまでになることが多いです。 胸と腰のラインを意識してセーターを描いていきます。 セーターの長さは大体太ももの付け根くらいの長さにします。 次に、腕のラインと脇に引っ張られてできるシワを意識しながらラインをとっていきます。 セーターを着ている女の子を描くときに気をつけるべきポイントは、袖を少し長めに描くということです。 また、セーターの袖を手首より少し長く描くことで、大きめの服を着ているような可愛らしさを出すことができます。 最後に、手首、裾(すそ)、ネックライン等の部分に細かい線を入れていきます。 こうすることで、よりセーターらしく見せることができます。 これでセーターを着た女の子は完成です! ブレザーを着た女の子の描き方 次はブレザーを着た女の子を描いていきます。 まずシャツの襟を描き、合わせてリボンも描いていきます。 その次にブレザーの襟を描いていきますが、襟の長さは大体胸より下辺りにするとよいでしょう。 セーターの時と同じように、胸、腰のラインを意識して線をとっていきます。 長さは大体脚の付け根あたりまでにすると良いでしょう。 本来のブレザーは体のラインが見えづらい素材ですが、絵として描く場合はよりスタイルをよく見せるために、シワを増やしたりくびれを出したりします。 最後に袖とスカートを描いてブレザーを着た女の子は完成です! セーラーを着た女の子の描き方 最後はセーラーを着た女の子を描いていきます。 まず服の厚みを意識しながら襟の部分を描いていきます。 セーラーの襟の長さも、だいたい胸のあたりまでにします。 セーラーの長さは普通、腰あたりまでになりますが、少し短めに描くことで脚をより長く見せることができます。 次にセーラーに合わせて少し長めのスカートを描いていきます。 腰に沿って外側のラインを描きスカートの長さを決め、単調にならないよう気をつけながら裾を描いていきます。 さらに、プリーツの広がりを意識しながら線を加えていきます。 次に、三つ折ソックスを描きます。 普通のハイソックスよりも厚みをもたせましょう。 最後にセーラーのラインを描き、全体のバランスを修正して完成です。 まとめ 女子高生の制服の描き方講座はいかがでしたか? パルミーには「男子高校生の制服」を紹介する講座もあるので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね!.

次の