踊る 顔 文字。 【話題】「踊る母」の漢字→後の展開が凄いことに

「イイネ」のかわいい顔文字

踊る 顔 文字

:::';;;;:. ,,,;;:. :;;;;;:. :;;,,.. ;;;;. : :;;'''. :';;;. :;;;;;':. ,,,,;,,... :;;;' :. :;;;;;. : ,,,;;;,,, ,. :;;;';;''' ''';;;;,,. ;;;;'. : ;;;;;;;;'''' ';;;:. ,;:. ''''''" ';;:;' '''';. ';;;;,,;;. ''' ,. ';:;. : ;;;;;;:. ____. :゜。:. ゜:: ゚。:. ゜:: ゚。:. :,。:. ゜:: ゚。:. :。:. \ L. ゜:: ゚。:. :, 〉 ) (. 、,、,.. ,、、. ,、,、、.. :、:, :,. : ::`゙:. :゙:`''':,'. : ,:. ) _ _. ' , .. /。 ゚ \. \\::::::::::::::::: \\ ゚. /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. \\::::::::::::::::: \\ \\::::::::::::::::: \. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::. ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.. ,;;;;;;:/. __ ゛ \. / // / \ イ.

次の

朝日新聞デジタル:文字が笑い踊る、魅力伝えたい

踊る 顔 文字

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 卒業後も韓国語を学びたいと、夫の理解を得て2006年5月から釜山に留学した。 釜山大の語学堂で韓国語を、文化センターで折り紙、料理学校では韓国の家庭料理を学び、多くの韓国人の友人知人にも恵まれて過去に経験したことのない充実した釜山生活。 9カ月たって帰国すると、逆ホームシック状態で何事にもやる気が起きない。 そんな時、韓国文化に関心ある人たちの集まりを知り、情報交換をして韓国語で会話をするうちに心が和んでいった。 韓国語の学習も続けた。 そして福岡韓国教育院(福岡市)の元院長先生から全羅南道・順天の高校での日本語補助教師の話を頂き、2010年から2年間、二つの公立高校に勤務。 今度は帰国しても逆ホームシックになるまいと、韓国と関わり続けられる何かを探した。 見つけたのが「美しい手描き文字POP」という講座。 週に2回、順天の女性文化センターに通い、様々な書体をサインペンや筆で描くハングルの世界にのめり込んだ。 最初は記号にしか見えなかったハングルが、まるで笑っている人の顔に見えたり、踊っている人の姿に見えたり。 文字のデザイン性だけでなく、描く名句や詩の内容を理解するとまた、感動して胸が詰まった。 こんな素晴らしい韓国文化を日本の人にも伝えたいと師匠に話すと、個人授業もしてくれ、日本で指導する許可もくれた。 現在、私は福岡市で、お店に韓国人観光客を呼び込むためのハングルPOPの作成のほか、ハングルPOPアートと称しての手書き文字の指導もしている。 POPを貼り出した小倉のお店の方は「韓国人とのコミュニケーションが取れ、接客が楽しくなった」と話してくれた。 受講生がハングルPOPアートで描いた誕生日カードや年賀状などを韓国人に贈ると、皆が驚くと言う。 「韓国人以上に上手なハングル、本当に日本人のあなたが描いたの?」などと。 そんな受講生の笑顔を見るのがやりがいを一番感じる時だ。 韓国人の友だちを思いながら、一文字一文字、筆を進めていくのはとても楽しい時間だ。 まだまだ知られていない手描きのハングルの魅力を多くの日本人に伝えていきたい。 今月末まで福岡市の韓国観光公社(博多区博多駅前2丁目)で作品を展示しているので、ぜひ見てほしい。 * ハングルPOPアート講師・福本美奈子(ななこ).

次の

ダンスを踊る時の表情ってどうしたらいいの?

踊る 顔 文字

2019年01月05日 15時00分 世界にはさまざまな文字が使われていて「人類すごい」と感動すら覚える 「H」はエイチ、あるいはエッチと読むと思っていましたが、ウズベキスタンの警官が私のパスポートの番号をメモしていたとき、顔色一つ変えることなく「エヌ」と言っていました。 これまでの常識は覆され、世界は拡張されました。 ロシア語で使われるキリル文字だとHは「エヌ」なのです。 ウズベキスタンはロシアと同じくソビエト連邦の構成国だったこともあって、日常的にキリル文字が使われていました。 こんにちは、です。 キリル文字は鍛えたら解読できるようなりますが、タイ文字やアラビア文字はさっぱりでした。 文字が読めないと目から情報が入ってこないので語学の習得もはかどりません。 そういう私たちが使っているひらがな、カタカナ、漢字も外国の人にとっては奇妙なものでしょう。 世界にはこれだけの文字がありました。 日本ではローマ字とも呼んでいます。 世界中に普及した文字という利便性からアラビア文字だったトルコ語や漢字だったベトナム語にも採用されています。 そもそもは古代ローマ帝国の公用語であるを表記するための文字でした。 ギリシャ文字が元になっています。 世界の標準と化したラテン文字は日本人の生活でも当たり前の存在ではないでしょうか。 ・キリル文字 ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、ブルガリア、セルビア他 キリル文字誕生にはが深く影響しています。 まず、スラブ語圏 スラブ人地域 にギリシャ正教を布教するためが作られました。 このグラゴル文字はスラブ諸語の表記に適していましたが複雑でした。 そのため、のちにギリシャ文字に近づける改良が加えられキリル文字となりました。 そのままスラブ語圏で普及したキリル文字は現在もロシア、カザフスタンといった旧ソ連圏やブルガリア、マケドニア、セルビアといったバルカン半島で使われています。 難しそうに見えるキリル文字ですが文字数は限られています。 漢字には到底及びません。 解読できるとスラブ諸語の語彙が増えますので、覚えてしまうことをおすすめします。 ・ギリシャ文字 ギリシャ、キプロス ラテン文字、キリル文字の元になった文字がギリシャ文字です。 ギリシャ語を使うギリシャやキプロスの文字。 今はジョージアと呼ばれています。 この国のグルジア文字も独特でした。 柔らかな丸みを帯びたかわいらしい文字となっています。 ・アルメニア文字 アルメニア グルジアと同じカフカス地方にあるアルメニアにも独自の文字がありました。 グルジア文字と似ていますが、横幅はなくスタイリッシュな形です。 ヨーロッパ、カフカスの文字はという文字体系の分類があります。 一見するとミミズが這ったような字。 そうなってしまうのは英語の筆記体や漢字の草書体のように、現在のアラビア文字における表記の原則が続け書きとなるため。 しかし、基本は1字1字が独立しています。 また、アラビア文字は右から左に進める表記 右横書き が標準。 イランのペルシア文字やパキスタンのウルドゥー文字もアラビア文字が元になっています。 ・ヘブライ文字 イスラエル ヘブライ文字はイスラエルのヘブライ語の表記に使われています。 こちらもアラビア文字と同じ右横書きが標準。 ゴツゴツと角ばった文字でした。 世界の文字の中ではかなりシンプルな形です。 アラビア文字、ヘブライ文字はという文字体系の分類があります。 シャーロック・ホームズの小説に出てくる踊る人形に似た文字もあったりとかなり独特。 かつてはが栄えたりと、エチオピア一帯は世界史を学ぶ上では重要な場所で、アフリカでは珍しい独自の文字が今なお日常的に使われていました。 ・デーヴァナーガリー インド、ネパール デーヴァナーガリーは北インドの主要言語であるヒンディー語やネパールのネパール語の表記に用いられる文字です。 文字の上部が横線で繋がっているのが特徴。 普通の人がイメージするインドっぽい文字ではないでしょうか。 しかし、実際のインドはいくつもの言葉が話され、さまざまな文字が使われています。 ・ベンガル文字 バングラデシュ、インド そのインドっぽい文字ですが、ベンガル文字はデーヴァナーガリーよりは線が複雑でした。 の言葉となるベンガル語に使用される文字です。 ベンガル人の国がバングラデシュになります。 また、コルカタ カルカッタ のあるインドの西ベンガル州でもベンガル文字は使われています。 インド北東部のアッサム州のもベンガル文字とほぼ同一になるそうです。 ・マラヤーラム文字 インド ドバイのあるアラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタールといった湾岸諸国にはインドやパキスタンといった南アジアの国々の出稼ぎ先となっています。 オマーンのホテルのレセプションも南アジアの人でした。 そこにあった新聞が読めないと写真を撮ったのですが、どうやらインド南部ケーララ州で使われるマラヤーラム文字です。 文字が繋がらず丸みを帯びていました。 ・シンハラ文字 スリランカ インド洋の島国スリランカの大多数を占めるのシンハラ語の表記がシンハラ文字です。 アットマーク やカエルの顔に似た文字がありました。 ・タミル文字 インド、スリランカ、マレーシア、シンガポール 同じくスリランカで少数派であるのタミル語の表記はタミル文字でした。 タミル人は南インドの主要な民族で、インドはもちろん移民となったマレーシアやシンガポールでもタミル文字は使われています。 ・ターナ文字 モルディブ インド洋に浮かぶ島国モルディブにも独自の文字がありました。 一文字一文字が2階建となるなんとも不思議な文字でした。 ・タイ文字 タイ 物は安いが不便はない。 タイという国は物価と経済発展のバランスが取れたバックパッカーの楽園でした。 ただ一つタイ文字という壁があって、乗り越えないとタイ語の習得がおぼつきません。 目から情報が入ってきません。 そのせいで、私は滞在した期間の割には、タイ語はさっぱりでした。 ・クメール文字 カンボジア 現地では隣国のタイ文字と一緒で解読できずほとんど気にしませんでしたが、改めて写真を見直すと別の文字でした。 タイ文字より線がアグレッシブな印象。 ・ビルマ文字 ミャンマー ミャンマーのビルマ文字は横一列に並べたコーヒー豆のようでした。 全体的に丸みを帯びた文字です。 エチオピア、南アジア、東南アジアの文字はという文字体系の分類があります。 地理的な問題や歴史を省みても仕方ないでしょう。 しかし、そんな私たちは漢字を扱えるので中国語習は有利になります。 実際の中国語と日本語の発音もまた別系統で一筋縄とはいきませんが、それでも中国語の漢字の発音は日本語の漢字の音読みが鍵になっていますので、やはり勉強しやすい言葉だと思います。 中国語の表記は全部漢字です。 ・繁体字の漢字 台湾・香港 台湾、香港で使われている漢字は繁体字、正体字と呼ばれます。 簡略化されていない伝統的な漢字で、日本の旧字体に近い形をしています。 画数が多く複雑な字体には戸惑いますが、日本の常用漢字の枠外にある漢字は簡略化されていないので、そういった漢字が応用できます。 図の繁体字は圖ですが、部首くにがまえの中は辺鄙 ヘンピ の鄙の左側と共通といった具合。 ・簡体字の漢字 中国、マレーシア、シンガポール 一方で中国大陸の漢字は思い切った簡略化がなされました。 簡体字と呼ばれます。 大幅に画数を減らすためにダイエットした漢字というイメージ。 華人の方々が多いシンガポール、マレーシアの公教育やマスメディアでも簡体字が標準になっているようです。 ・ハングル 韓国 日本や中国と同じ漢字の国でしたが、韓国の文字はハングルへと切り替わっています。 隣国ですので似ている言葉は聞こえるのですが文字は解読できず。 でも、このハングルも面白くて金 キム という韓国の姓ではkとiとmにあたるハングルをあわせて「김」という1つの文字を完成させます。 ベースは漢字でした ・モンゴル文字 モンゴル モンゴルは旧ソ連の影響下だったこともあって、国内ではロシアと同じキリル文字が一般化しています。 しかし、モンゴルにもモンゴル文字という独自の文字がありました。 アラビア文字を縦書きにしたような文字です。 なかなか見かけない文字ですが、見つけたら足を止めてみてください。 一応、モンゴルの紙幣にはモンゴル文字の表記あり。 キリル文字によるセルビア語のアルファベット一覧。 日本語のあいうえお50音表のようなものでした。 同じように、こちらはグルジア文字のアルファベット一覧。 多民族国家シンガポールには4つの公用語があります。 危険の注意書きも「英語のラテン文字」「中国語の漢字」「タミル語のタミル文字」「マレー語のラテン文字」で4つの公用語に3つの文字でした。 同じようにスリランカも英語、シンハラ語、タミル語という3つの公用語に沿った「ラテン文字」「シンハラ文字」「タミル文字」と3つの文字が使われています。 日本人は「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「ラテン文字」と、4つの文字を使いこなしていました。 世界のさまざまな言語と文字で書かれたお別れの挨拶。 日本語は「さよなら」じゃなくて「バイバイ、またね」と。 世界一の超高層ビル、の出口でした。 記事を書くにあたって、各文字についていろいろ調べましたが頭がパンクしそうでした。 実際の旅では珍しい文字があるので集めていたというだけで、記事も単なる紹介で済ませるなら簡単でしたが、自身の勉強もかねていろいろ書かせていただきました。 おかげさまで、これまでスルーしていたタイ文字の子音字の周囲を母音符号が飾るというアブギダの仕組みは理解。 その道の方には物足りない内容かもしれませんが、世界の文字に興味を持つきっかけとして、さらなる勉強へと繋がるものになればと思っています。 沼は際限なく深そうでした。

次の