トイレトレーニング 3歳 進まない。 3歳のトイレトレーニングのやり方とコツ。オムツがまだ取れてないのは遅い?|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

3歳のトイレトレーニングのやり方とコツ。オムツがまだ取れてないのは遅い?|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

トイレトレーニング 3歳 進まない

トイレトレーニングを成功させるには、子どもの身体的な発達やトイレに興味があるかということが大切です。 子どもの膀胱の発達具合によっては、頻尿に悩まされる場合があります。 また、おしっこやうんちのたまる感覚がわかるようになるためには、脳の発達も必要です。 この発達が未熟で、おしっこやうんちが出るタイミングがわからない子どももいるでしょう。 いずれにしても自己判断は避け、心配なことはかかりつけ医や育児相談で尋ねて、不安を解決していく方法がおすすめです。 子どもがおしっこやうんちのたまった感覚をわかるようになったら、次は周囲の大人に伝えられるかどうかということがポイントになります。 トイレトレーニング中は、子どもの様子を見守りながら、トイレに行きたい旨を伝えやすい環境を整えてあげましょう。 3歳からのトイレトレーニングは、意思の疎通がひとつのポイントになります。 トイレトレーニングがうまく進まない場合、大人から声を掛けてトイレに誘うよう心がけましょう。 トイレに行くのを嫌がる場合は、おまるを使用しても大丈夫ですよ。 まずは安心して排泄ができる環境を整えてあげることが大切です。 思い切って、トレーニングパンツや布パンツに切り替える方法もおすすめです。 失敗して床を汚す場合がありますが、怒らずに後始末をしてあげることで、子どもは服が冷たい・服や床が汚れる・着替えないといけないなど、おむつでは実感しづらかったことを感じ取るのではないでしょうか。 失敗した際は「次はトイレでしようね」「おしっこが出そうなときは教えてね」と伝えましょう。 決して怒ったり責めたりしないでくださいね。 一度でも自己申告ができたら、トイレでおしっこが出ない場合でもたくさんほめてあげてくださいね。 女の子は、トイレやおまるに座ったときにおしっこが出なくても、トイレットペーパーで拭くことを教えてあげましょう。 おしっこやうんちの拭き残りがあると、かぶれの原因になります。 スムーズに排泄するためにも、デリケートな部分を清潔に保つことは大切なポイントです。 トイレットペーパーを使用する際は、おしっこは手を前に持ってきてふき、うんちは後ろから手を持ってきて拭くように教えてあげてください。 おしっこは、前から後ろに拭きます。 後ろから前だと、おしりの汚れや細菌が外陰部や膣、尿道についてしまう可能性があります。 3歳児はまだひとりで拭けないことがほとんどですが、後々のために今から習慣として身に付けておくと安心です。 3歳を過ぎてからおむつがはずれました 我が家には長男・次男・長女と3人の子どもがいます。 みんなトイレトレーニングは2歳頃から始めましたが、完全におむつがはずれたのは3歳を過ぎてからでした。 特に幼稚園に入園予定だった長男は、3歳を過ぎてもおむつがはずれずに少し焦りました。 しかし、幼稚園の先生に「トイレでおしっこができなくても子どもを叱らないでね。 大丈夫だから」と言われ、安心した記憶があります。 入園するまでおむつがはずれず不安でいっぱいでしたが、幼稚園に通い出して友達の刺激もあってかスムーズにパンツに移行できましたよ。 トイレトレーニングに時間がかかったこともあり、家の床や布団を汚したり、きょうだいの排泄物を踏んでしまったりと大変なことがありましたが、今となれば懐かしい思い出だなと感じています。 保育園と連携して進めました 2歳過ぎたころに補助便座を購入しましたが、なかなかうまくトイレトレーニングができませんでした。 あまり頑張りすぎるのも親子ともにストレスになるので、言葉がわかるようになって本人にやる気が出たらトイレトレーニングをやろうと思い、自然に任せることにしました。 周りの友達はトイレトレーニングが完了してパンツで過ごす子がいたり、親には「まだおむつ外れないの」などと言われたりしましたが、保育園の先生の「焦らなくて大丈夫」という言葉に励まされました。 年少クラスになってからは保育園でトイレトレーニングが始まり、保育園の幼児用便器ではトイレがしやすかったようで、スムーズにおしっこができるようになりました。 家では自分で身体を支えて、大人用の便器でおしっこをしていました。 自然に任せてのんびりトイレに慣れさせて、結局トイレでうんちができるようになったのは3歳半を過ぎてからです。 完全におむつがはずれたのは、4歳の年中さんの春でした。 時間はかかったけれども、子どものペースに任せたので、親子ともにトイレトレーニングが負担にならなかったのは良かったです。 補助便座はほとんど使わなかったので、今思うと買わなくて良かったかなと思います。 子どもが3歳を過ぎてもおむつがはずれていないと、周りの子どもたちと比べてしまって焦ったり落ち込んだりすることもあるでしょう。 3歳頃はトイレトレーニングが完了しやすい時期といわれていますが、おむつがはずれていない子どもはたくさんいます。 どのようなときも子どものペースに合わせ、焦らず取り組むことが大切ですよ。 3歳頃になると意思の疎通ができるようになることから、声掛けや説明を取り入れてトイレトレーニングを進めていきましょう。 うまくいかないことがあっても怒らずできたことをほめることで、子どものやる気を引き出すことができるかもしれません。 トイレトレーニングは、成功と失敗を繰り返して徐々に成功の回数が増えるというケースがほとんどです。 3歳児が楽しく取り組めるようなグッズを活用したり声掛けをしたりして、親子で焦らず無理のないトイレトレーニングを進めていけると良いですね。

次の

3歳のトイレトレーニング方法~声かけや進め方~|ベネッセ教育情報サイト

トイレトレーニング 3歳 進まない

子育てをする中での共通の悩みの1つであるトイレトレーニング。 保育園の保育士として、現場の意見の1つとしては、「あまり焦らずにその子その子の成長に合わせてのんびりと進めていきましょう」とアドバイスするのが一般的ですね。 しかしご自身の子どものこととなると、「おむつが外れるのが遅いんじゃないか」と他のお友達と比べてしまったり、「トイレトレーニングが進まない」「進め方がわからない」「トイレトレーニングを嫌がる」育児雑誌や、周知されている目安の年齢など色んな情報も飛び交い、あまりトイレトレーニングが進んでいないなと感じていたら、焦ってしまいますよね。 そこで今回は3歳さん。 幼稚園で言う年少さんになり、トイレトレーニングの途中で悩んでいるママ、パパにむけてこの時期ならではの配慮を含めたトレーニング方法を提案させていただきたいと思います。 小さい頃にはパンツが濡れていても気にせず遊んでいたのが、手が止まったり、部屋の隅に移動したりと大人が察することで確認をします。 3歳を超えているのであれば、子どもに聞いてみると良いでしょう。 もしトイレに失敗してしまったら、「オシッコ(ウンチ)が出そうな時に、出そうだなって分かった?」と優しく聞いてみてください。 「分かった」という答えが返ってきたら「出そうだなって思ったら次はトイレ行こうね」と約束をしましょう。 しかる必要はありません。 (パパママの顔色を伺って「分かった」と言えない様子の場合は尿意などを感じていると見なします) もし「分かんなかった」、反応がない場合にはトレーニングを焦っても逆効果にもなりえます。 濡れる度に「パンツが濡れちゃって気持ち悪かったね。 次はトイレでしようね」と根気強く、優しい声かけを続けてみましょう。 色々な原因でお子さんがストレスを感じているのかもしれません トイレトレーニングで見落としがちなのが実はストレス。 え、うちの子まだ3歳、4歳ですよ?ストレスなんて・・・という考えは少し危険かもしれません。 子どもたち、赤ちゃんでさえストレスを感じています。 産声が出る理由は胎内でママからもらっていた酸素がなくなり、大きなストレスがかかることで自発的な呼吸を始めるのです。 これは私たちが普段の会話で使う気疲れのような意味ではありませんが、生きている限りたくさんのストレスがあるのですね。 トイレトレーニングにおいては、実はその気疲れのようなストレスが原因になってトレーニングの進展にストップをかけていることがあります。 以下の項目で当てはまるものがあれば注意が必要です。 ・パンツを濡らすと叱る ・過剰に(子どもがでないと言っているのに)オシッコに誘う ・お友達はできるのに、兄弟はこのくらいの時にはできていたのに、どうしてできないの!?など子どもの自信が無くなってしまう言葉をかけてしまう ・トイレトレーニングについて悩んだり、焦ったり、不安になっている姿を見せてしまっている など。 この様なことに心当たりがある場合。 子どもはトイレトレーニングに過剰なストレスを感じることでオシッコ(ウンチ)を調節出来なくなってしまったり、排泄に嫌悪感を抱いてしまったり、トイレトレーニング自体を嫌になってしまっている可能性があります。 こうした心理的なストレスが原因の場合にはストレスのもととなる行動や状況を無くしていくことで、劇的にトレーニングが進むこともあるのです。 大きな目標だけではなく足元の小さな成功を見つけましょう ちょっとかたくなりそうですが、心理学の言葉でいい言葉があったのでご紹介しますね。 心理学の言葉(支援技法)から「スモールステップ法」という考え方です。 直訳すると「小さな一歩」ですね。 「スモールステップ法」とは大きな目標(トイレトレーニング完了)を達成する為に多くの小さな目標を達成が簡単なもの「トイレを嫌がらない」、「オシッコを30分溜める」、「尿意を感じる」、「汚れたら気持ち悪いと感じる」・・・から順に達成していき。 たくさんの小さな成功体験を重ねて、自信をつけながら大きな目標を達成していきましょう。 という方法です。 まさしくトイレトレーニングにぴったりな方法ですよね。 ですが実際には、その大きな目標を達成する為に数多くの小さな目標を達成していく必要があります。 今回この記事をご覧になられている方は3歳を超えても思うようなトイレトレーニングの進展が見られずに、大きな目標だけに目が向いてしまっているのではないかな?と思います。 個人差があることは分かっている。 まわりと比べる必要がないのも分かってる。 それでも焦ってしまって不安なんです!その気持ちはパパママが今とても真剣に子どもの為に何が出来るのかを考え、必死になっているから感じるものだと思うのです。 とても頑張っていますね。 パパもママもお子さんも。 そんな真剣なあなただからこそ一度、小さな一歩を振り返ってはみませんか?お子さんは何もできていない?いえいえ、たくさんの小さな成功があったはずです。 そして、これからもあります。 パパママ、先生は何もしていない?そんなことはありません、いっぱい調べて、お子さんとたくさんの努力をして、悩んで、調べて、悩んで、必死で考えているでしょう。 もう少しだけ悩んで考える日は続くかと思いますが、今までを振り返り、そして今この記事を見た瞬間から日々の小さな成功を見つけていきましょう。 きっと、どれだけお子さんが成長して、ゆっくりかもしれないけれどトイレトレーニングが進展していることを実感されると思います。 どうしてもトイレトレーニングに進展が見られないなら まずはお子さんの排泄状況の確認をして。 次にストレスの原因を取り除き、「スモールステップ」で焦りから抜け出し、小さな一歩を重ねていく大切さに気づき。 それでも一向に進展が見られない場合には、かかりつけの医師に相談するというのも1つの方法です。 かかりつけの医師に相談をして問題がなければ、またゆっくりと歩き出せば良いのです。 時間をかけてたくさん心配もしたからこそ達成したときのよろこびはとても大きなものとなるしょう。 もしもなにか問題があった場合には大きな不安や、治療をしていく困難もあるかもしれませんが、その時に少しだけでも良いのですが 「トイレトレーニングが進まなかったのは自分のせいでも、子どものせいでもなかったんだ。 私たちすごく頑張ったよね」とご自身とお子さんを褒めてあげてください。 そして、医師や周りとの協力をしながら、お子さんの身体に合う適切な治療と援助をしていきましょう。 まとめ 3歳以降のトイレトレーニングということで改めてチェックしたいポイントをあげ、子どものストレスや大人の心構えについても再確認できたらいいなと思っています。 何度も言いましたが何度でも言います。 トイレトレーニング含め、子どもの成長には個人差が大きくあります。 のんびり成長する子どもも決して成長していないわけではありません。 それはご家庭のみならず保育園でも同じです。 そして、もしトイレトレーニングが見える形で進んでいないとしてもそれは、子どものせいでも大人のせいでもないのです。 パパママも先生も子どもも皆が協力しあって、ゆっくりとでも一歩ずつ確実に「トイレトレーニング完了」という大きな目標に向かって進んでいきましょうね。

次の

3歳児のトイレトレーニング!やり方やコツは?

トイレトレーニング 3歳 進まない

トイレトレーニングを成功させるには、子どもの身体的な発達やトイレに興味があるかということが大切です。 子どもの膀胱の発達具合によっては、頻尿に悩まされる場合があります。 また、おしっこやうんちのたまる感覚がわかるようになるためには、脳の発達も必要です。 この発達が未熟で、おしっこやうんちが出るタイミングがわからない子どももいるでしょう。 いずれにしても自己判断は避け、心配なことはかかりつけ医や育児相談で尋ねて、不安を解決していく方法がおすすめです。 子どもがおしっこやうんちのたまった感覚をわかるようになったら、次は周囲の大人に伝えられるかどうかということがポイントになります。 トイレトレーニング中は、子どもの様子を見守りながら、トイレに行きたい旨を伝えやすい環境を整えてあげましょう。 3歳からのトイレトレーニングは、意思の疎通がひとつのポイントになります。 トイレトレーニングがうまく進まない場合、大人から声を掛けてトイレに誘うよう心がけましょう。 トイレに行くのを嫌がる場合は、おまるを使用しても大丈夫ですよ。 まずは安心して排泄ができる環境を整えてあげることが大切です。 思い切って、トレーニングパンツや布パンツに切り替える方法もおすすめです。 失敗して床を汚す場合がありますが、怒らずに後始末をしてあげることで、子どもは服が冷たい・服や床が汚れる・着替えないといけないなど、おむつでは実感しづらかったことを感じ取るのではないでしょうか。 失敗した際は「次はトイレでしようね」「おしっこが出そうなときは教えてね」と伝えましょう。 決して怒ったり責めたりしないでくださいね。 一度でも自己申告ができたら、トイレでおしっこが出ない場合でもたくさんほめてあげてくださいね。 女の子は、トイレやおまるに座ったときにおしっこが出なくても、トイレットペーパーで拭くことを教えてあげましょう。 おしっこやうんちの拭き残りがあると、かぶれの原因になります。 スムーズに排泄するためにも、デリケートな部分を清潔に保つことは大切なポイントです。 トイレットペーパーを使用する際は、おしっこは手を前に持ってきてふき、うんちは後ろから手を持ってきて拭くように教えてあげてください。 おしっこは、前から後ろに拭きます。 後ろから前だと、おしりの汚れや細菌が外陰部や膣、尿道についてしまう可能性があります。 3歳児はまだひとりで拭けないことがほとんどですが、後々のために今から習慣として身に付けておくと安心です。 3歳を過ぎてからおむつがはずれました 我が家には長男・次男・長女と3人の子どもがいます。 みんなトイレトレーニングは2歳頃から始めましたが、完全におむつがはずれたのは3歳を過ぎてからでした。 特に幼稚園に入園予定だった長男は、3歳を過ぎてもおむつがはずれずに少し焦りました。 しかし、幼稚園の先生に「トイレでおしっこができなくても子どもを叱らないでね。 大丈夫だから」と言われ、安心した記憶があります。 入園するまでおむつがはずれず不安でいっぱいでしたが、幼稚園に通い出して友達の刺激もあってかスムーズにパンツに移行できましたよ。 トイレトレーニングに時間がかかったこともあり、家の床や布団を汚したり、きょうだいの排泄物を踏んでしまったりと大変なことがありましたが、今となれば懐かしい思い出だなと感じています。 保育園と連携して進めました 2歳過ぎたころに補助便座を購入しましたが、なかなかうまくトイレトレーニングができませんでした。 あまり頑張りすぎるのも親子ともにストレスになるので、言葉がわかるようになって本人にやる気が出たらトイレトレーニングをやろうと思い、自然に任せることにしました。 周りの友達はトイレトレーニングが完了してパンツで過ごす子がいたり、親には「まだおむつ外れないの」などと言われたりしましたが、保育園の先生の「焦らなくて大丈夫」という言葉に励まされました。 年少クラスになってからは保育園でトイレトレーニングが始まり、保育園の幼児用便器ではトイレがしやすかったようで、スムーズにおしっこができるようになりました。 家では自分で身体を支えて、大人用の便器でおしっこをしていました。 自然に任せてのんびりトイレに慣れさせて、結局トイレでうんちができるようになったのは3歳半を過ぎてからです。 完全におむつがはずれたのは、4歳の年中さんの春でした。 時間はかかったけれども、子どものペースに任せたので、親子ともにトイレトレーニングが負担にならなかったのは良かったです。 補助便座はほとんど使わなかったので、今思うと買わなくて良かったかなと思います。 子どもが3歳を過ぎてもおむつがはずれていないと、周りの子どもたちと比べてしまって焦ったり落ち込んだりすることもあるでしょう。 3歳頃はトイレトレーニングが完了しやすい時期といわれていますが、おむつがはずれていない子どもはたくさんいます。 どのようなときも子どものペースに合わせ、焦らず取り組むことが大切ですよ。 3歳頃になると意思の疎通ができるようになることから、声掛けや説明を取り入れてトイレトレーニングを進めていきましょう。 うまくいかないことがあっても怒らずできたことをほめることで、子どものやる気を引き出すことができるかもしれません。 トイレトレーニングは、成功と失敗を繰り返して徐々に成功の回数が増えるというケースがほとんどです。 3歳児が楽しく取り組めるようなグッズを活用したり声掛けをしたりして、親子で焦らず無理のないトイレトレーニングを進めていけると良いですね。

次の