トヨタ ヤリス クロス。 新型トヨタ『ヤリスクロス』デザイン、燃費、価格はどうなる?ミニRAV4の登場!

トヨタ 新型「ヤリスクロス」世界初公開! ライズとC

トヨタ ヤリス クロス

トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」が、世界に先駆けて、今秋、日本で発売開始されることが判明した(2020年4月23日公開)。 ベースである新型ヤリスの燃費や走行性能の評判が高いだけに、ヤリスクロスの実力にも十二分に期待ができる。 しかし、ヤリスクロスのボディサイズやキャラクターを考えると、同社のC-HRやライズとの競合が容易に想像できる。 果たしてヤリスクロスは売れるのだろうか。 そして、C-HRとライズ、そしてヤリスクロスで、キャラクターの棲み分けはできているのか、また、喰い合うことが想定されるのに、トヨタはなぜヤリスクロスを出すのか。 本企画では、元エンジニアの自動車ジャーナリストの吉川賢一氏に、ヤリスクロスとそのライバルたちのポジション、「喰い合い」の状況を分析していただいた。 全幅1695㎜の5ナンバーサイズとは思えないドシッとした外装、チープに見えがちなプラスチック素材を使いつつも先進的な雰囲気でまとめられた内装。 ボディが四角いために視界が良く、980kgと軽量であるのに加えて1. 0L直列3気筒ターボエンジンのパワフルなトルクによって、強い加速が得られる。 高速道路でも安心感が高く、低燃費も両立させており、WLTCモード燃費は18. また、大径タイヤを装着するコンパクトSUVなのに、小さな最小回転半径 5. 16インチは4. 9m)であるのも、ライズの長所だ。 2019年11月に発売したトヨタライズ。 発売1カ月で受注台数が月販目標(4,100台)の約8倍となる約32,000台となったことが発表された あえてライズの短所をあげれば、4WD設定はあるが(ダイナミックトルクコントロール4WD搭載)、フルタイム4WDではないので、オフロードや悪路をガシガシ走るほどの走破力はないことだ。 とはいえ、「オフロード走行までこなせるSUVなんて不要」と言う方にはベストな一台だ。 いっぽうC-HRは、2016年に登場したコンパクトなクロスオーバーSUVであり、現在は2019年10月にマイナーチェンジを受けたモデルが販売されている。 ワイド&ローを徹底したボディスタイルをもち、高いホールド性と仕立てのよさにこだわったスポーツシートや、統一感のある洗練されたインテリアなど、遊び心と上質感が融合されている。 トヨタC-HR。 2016年12月発売。 2017年上半期(2017年1月~6月)には、販売台数が79,303台を記録し、SUV部門の新車販売台数で第1位を獲得した また、走行性能の高さがC-HRの強みだ。 滑らかで静かな走行フィーリングは、ワインディングでも、高速道路でも、気持ちのいい走行ができ、「走りの質感」が非常に高い。 パワートレインは1. 8Lのハイブリッドと、1. 2Lガソリンターボの2仕様。 燃費も優れており、1. 2L直4ターボ(2WD G-T)はWLTCモード15. 短所は、後席の居住性と、斜め右後方の視界の悪さ、であろう。 ただし、流麗なデザインありきのクロスオーバーSUVであるため、多少の犠牲は仕方のないところである。 欧州市場にも2021年以降に投入予定だそうだ。 また、使い勝手がよさそうな2分割できる荷室デッキボードも良い点だ。 ヤリスクロスに関しては、現時点では詳細がわかっていないので、短所については想像となるが、気になるのは、ホイールベースが短く、かつ傾斜したリアウィンドウによって、後席を後方に配置できず、ヤリスと同様に狭く感じるのでは、という点だ。 ヤリスクロスには1. ライズよりももう少ししっかりとした走りのコンパクトSUVが欲しい、と感じていたユーザーがヤリスクロスに飛びつく可能性は大いにあるだろう。 デザインも流行のRAV4チックであるし、若干割高なC-HRと比較して、「こちらの方がいいかも」となる可能性も考えられる。 期待が持てる一台であることは間違いない。 ヤリスクロスを加えると、その数なんと12車種。 まさにSUVのフルラインアップだ。 2019年4月に日本仕様が登場した現行型RAV4。 オフロードに寄せたスタイルと走行性能、かなりお買い得な価格設定が功を奏して販売的には絶好調 国内全体の新車販売台数が伸びているわけではないので、今年秋にヤリスクロスがデビューすれば、サイズ感が似通っているライズやC-HRは、多少は販売台数を減らすことになるだろう。 「喰い合い」が起きるのは想定しながらも、トヨタがヤリスクロスを開発したのは、真の目的が「他社車からの乗り換えを促進すること」、つまり国内のトヨタのシェアをじりじりと押し上げることにあるからだ。 トヨタの販売会社は、この2020年5月から、全店で全車併売を開始する。 顧客側からすると、一店舗でトヨタ車全車のクルマの比較ができるようになるわけだ。 ライズを見に来た顧客が、横に飾ってある新型「ヤリスクロス」を見て、心映りして検討してくれるかもしれないし、はたまた、もうちょっと高級なC-HRを検討してくれるかもしれない。 トヨタ販売店にいって、これだけの選択肢があれば、顧客側は「お腹いっぱい」状態となり、他メーカーの販売店に足を運ぶことを、極端に減らすことができる。 さらにトヨタは、出したモデルへ定期的にマイナーチェンジを行い、商品力維持を続けている。 他の自動車メーカーは、トヨタのこのスピード感についていけず、国内への消極的な商品投入も相まって、国内シェアが奪われていっている(表2参照)。 このままでは、この流れはさらに加速していき、「2台に1台がトヨタ車」となる日もそう遠くない。 孫子の兵法には「我は専(あつま)りて一と為(な)り、敵は分かれて十と為らば、是(こ)れ、十を以て其の一を攻むるなり」とある。 強者が兵力を分散させているとき、弱者は総力を得意分野で一点に集中させれば、弱者であっても強者を打ち負かすことができる、ということだ。 それは、ホンダの軽を作る技術や日産の進化型e-POWER、三菱の次世代PHEV、スバルのシンメトリカルAWD進化版、マツダの次のSKYACTIV技術などかもしれないが、ヤリスクロスの登場は、他メーカーにとって脅威には変わりない。 コンパクトSUVでいうと、日産のキックスが2020年6月頃発売される、という情報がある。 トヨタ車が素晴らしいのは確かであるが、このままトヨタ一強では、面白くない。 日産のみならず、ホンダ、マツダ、スバル等、他メーカーの反撃を心待ちにしている。

次の

新型ヤリスクロスが飛び込むSUV最激戦区の新戦略 生き残るのは誰だ!?

トヨタ ヤリス クロス

トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」が、世界に先駆けて、今秋、日本で発売開始されることが判明した(2020年4月23日公開)。 ベースである新型ヤリスの燃費や走行性能の評判が高いだけに、ヤリスクロスの実力にも十二分に期待ができる。 しかし、ヤリスクロスのボディサイズやキャラクターを考えると、同社のC-HRやライズとの競合が容易に想像できる。 果たしてヤリスクロスは売れるのだろうか。 そして、C-HRとライズ、そしてヤリスクロスで、キャラクターの棲み分けはできているのか、また、喰い合うことが想定されるのに、トヨタはなぜヤリスクロスを出すのか。 本企画では、元エンジニアの自動車ジャーナリストの吉川賢一氏に、ヤリスクロスとそのライバルたちのポジション、「喰い合い」の状況を分析していただいた。 全幅1695㎜の5ナンバーサイズとは思えないドシッとした外装、チープに見えがちなプラスチック素材を使いつつも先進的な雰囲気でまとめられた内装。 ボディが四角いために視界が良く、980kgと軽量であるのに加えて1. 0L直列3気筒ターボエンジンのパワフルなトルクによって、強い加速が得られる。 高速道路でも安心感が高く、低燃費も両立させており、WLTCモード燃費は18. また、大径タイヤを装着するコンパクトSUVなのに、小さな最小回転半径 5. 16インチは4. 9m)であるのも、ライズの長所だ。 2019年11月に発売したトヨタライズ。 発売1カ月で受注台数が月販目標(4,100台)の約8倍となる約32,000台となったことが発表された あえてライズの短所をあげれば、4WD設定はあるが(ダイナミックトルクコントロール4WD搭載)、フルタイム4WDではないので、オフロードや悪路をガシガシ走るほどの走破力はないことだ。 とはいえ、「オフロード走行までこなせるSUVなんて不要」と言う方にはベストな一台だ。 いっぽうC-HRは、2016年に登場したコンパクトなクロスオーバーSUVであり、現在は2019年10月にマイナーチェンジを受けたモデルが販売されている。 ワイド&ローを徹底したボディスタイルをもち、高いホールド性と仕立てのよさにこだわったスポーツシートや、統一感のある洗練されたインテリアなど、遊び心と上質感が融合されている。 トヨタC-HR。 2016年12月発売。 2017年上半期(2017年1月~6月)には、販売台数が79,303台を記録し、SUV部門の新車販売台数で第1位を獲得した また、走行性能の高さがC-HRの強みだ。 滑らかで静かな走行フィーリングは、ワインディングでも、高速道路でも、気持ちのいい走行ができ、「走りの質感」が非常に高い。 パワートレインは1. 8Lのハイブリッドと、1. 2Lガソリンターボの2仕様。 燃費も優れており、1. 2L直4ターボ(2WD G-T)はWLTCモード15. 短所は、後席の居住性と、斜め右後方の視界の悪さ、であろう。 ただし、流麗なデザインありきのクロスオーバーSUVであるため、多少の犠牲は仕方のないところである。 欧州市場にも2021年以降に投入予定だそうだ。 また、使い勝手がよさそうな2分割できる荷室デッキボードも良い点だ。 ヤリスクロスに関しては、現時点では詳細がわかっていないので、短所については想像となるが、気になるのは、ホイールベースが短く、かつ傾斜したリアウィンドウによって、後席を後方に配置できず、ヤリスと同様に狭く感じるのでは、という点だ。 ヤリスクロスには1. ライズよりももう少ししっかりとした走りのコンパクトSUVが欲しい、と感じていたユーザーがヤリスクロスに飛びつく可能性は大いにあるだろう。 デザインも流行のRAV4チックであるし、若干割高なC-HRと比較して、「こちらの方がいいかも」となる可能性も考えられる。 期待が持てる一台であることは間違いない。 ヤリスクロスを加えると、その数なんと12車種。 まさにSUVのフルラインアップだ。 2019年4月に日本仕様が登場した現行型RAV4。 オフロードに寄せたスタイルと走行性能、かなりお買い得な価格設定が功を奏して販売的には絶好調 国内全体の新車販売台数が伸びているわけではないので、今年秋にヤリスクロスがデビューすれば、サイズ感が似通っているライズやC-HRは、多少は販売台数を減らすことになるだろう。 「喰い合い」が起きるのは想定しながらも、トヨタがヤリスクロスを開発したのは、真の目的が「他社車からの乗り換えを促進すること」、つまり国内のトヨタのシェアをじりじりと押し上げることにあるからだ。 トヨタの販売会社は、この2020年5月から、全店で全車併売を開始する。 顧客側からすると、一店舗でトヨタ車全車のクルマの比較ができるようになるわけだ。 ライズを見に来た顧客が、横に飾ってある新型「ヤリスクロス」を見て、心映りして検討してくれるかもしれないし、はたまた、もうちょっと高級なC-HRを検討してくれるかもしれない。 トヨタ販売店にいって、これだけの選択肢があれば、顧客側は「お腹いっぱい」状態となり、他メーカーの販売店に足を運ぶことを、極端に減らすことができる。 さらにトヨタは、出したモデルへ定期的にマイナーチェンジを行い、商品力維持を続けている。 他の自動車メーカーは、トヨタのこのスピード感についていけず、国内への消極的な商品投入も相まって、国内シェアが奪われていっている(表2参照)。 このままでは、この流れはさらに加速していき、「2台に1台がトヨタ車」となる日もそう遠くない。 孫子の兵法には「我は専(あつま)りて一と為(な)り、敵は分かれて十と為らば、是(こ)れ、十を以て其の一を攻むるなり」とある。 強者が兵力を分散させているとき、弱者は総力を得意分野で一点に集中させれば、弱者であっても強者を打ち負かすことができる、ということだ。 それは、ホンダの軽を作る技術や日産の進化型e-POWER、三菱の次世代PHEV、スバルのシンメトリカルAWD進化版、マツダの次のSKYACTIV技術などかもしれないが、ヤリスクロスの登場は、他メーカーにとって脅威には変わりない。 コンパクトSUVでいうと、日産のキックスが2020年6月頃発売される、という情報がある。 トヨタ車が素晴らしいのは確かであるが、このままトヨタ一強では、面白くない。 日産のみならず、ホンダ、マツダ、スバル等、他メーカーの反撃を心待ちにしている。

次の

【トヨタ ヤリスクロス】ついに発表! BセグメントのSUV

トヨタ ヤリス クロス

概要 発売のヤリスに続き、採用車種の第二弾。 開発はデザイン、設計ともにトヨタ自動車のヨーロッパ拠点が手がけた。 後部座席が最小限でドライバーズカーとしての性格が強いヤリスに比べると、本車両は居住性や荷室空間といったSUVらしいユーティリティ性能を重視して開発されており 、ボディーサイズをヤリスと比較すると全長・全幅・全高がそれぞれ240mm・20mm・90mmずつ拡大されている。 これによってヤリスより広い室内スペースが確保されている。 パワートレインは1. 5リッター直3エンジンに発進用ギア付きCVT Direct Shift-CVT の組み合わせ、またはそのエンジンをベースとしたの2種類。 駆動方式はそれぞれに・の2種類がラインナップされる。 また、の全輪駆動システムは電気式の『AWD-i』である。 『AWD-i』は通常走行時はで走行し、濡れた路面や悪路などの低グリップ路面で加速やスリップを検知した際、駆動トルクを後輪に送り、4WDに切り替わる。 第90回にて披露する予定であったが、感染拡大防止のため開催中止となったため、オンラインでの世界初公開となった。 日本では2020年秋、欧州では2021年半ばの発売が予定されている。 また、タイ市場でトヨタはヤリス に 『ヤリスクロス』という名のパッケージオプションをラインナップしている が本車両とは関係のない別モデルである。 関連項目• 脚注 [] 注釈.

次の