ディス トラクション 意味。 ディストラクション・ベイビーズ

車の記事でよく見るトラクションって何?馬力とは違うの?わかりやすく解説します!

ディス トラクション 意味

映画「ディストラクションベイビーズ」を観たんですが、なにが良いのかさっぱり理解できませんでした。 ネット上のレビューでは高評価が散見しております。 これは情報操作なのかな? 内容は終始、喧嘩シーンばかりだったし、中身はスッカスカもいいとこでした。 皆さんはどう思いましたか? 補足ちなみに暴力描写をただただ否定しているわけではなく、画一的でつまらない脚本そのものに対する評価であって、表現のために暴力描写を使うことを歓迎しています。 なにより鬼才として知られている園子温監督を敬愛してやまないこと、そして、ファイトクラブを引き合いに出すほど素晴らしい脚本だったのかと純粋な疑問が沸いた。 つまり、この映画をファイトクラブと肩を並べるほど素晴らしい脚本だったのかと問いたいのです。 ネタバレ この映画は、頭の悪い「ファイト・クラブ」または「時計じかけのオレンジ」だと思います。 頭が悪いというのは悪口ではなくて、間接的にテーマを表現しようとした上の2作に対し、非常にメッセージがストレートだという意味です。 テーマはずばり、「暴力の連鎖」だと思います。 主人公の柳楽君には全くリアリティがありません。 このキャラクターは完全に「異物」です。 人間じゃないです。 「暴力」または「暴力衝動」というもののシンボルだと思います。 柳楽君はそういうメタファーでもあり、また触媒でもあって、菅田君はその触媒に触れて暴力的な行動を共にします。 ただ菅田君は徹底的なクズなので、暴力を明らかに自分より弱い人間(女性など)にしか行使しません。 それに対し柳楽君は相手が誰かれ構わず向ってゆきます。 完全にマトモではないです。 菅田君は小松菜奈のキャバ嬢(「溺れるナイフ」の女子高生などよりずっと似合ってました)を誘拐しますが、結局彼女に殺されます。 暴力とは無縁だったキャバ嬢に、最終的には柳楽君の暴力性が連鎖してゆくわけです。 だからこの映画は、ケンカがカッコいいという事は描いていません。 描いていないのですが、この映画が危険なのは、そう見えてきてしまう人がいるかもしれない、というところです。 「ファイト・クラブ」や「時計じかけのオレンジ」がオブラートに包んで提示していた問題を、この映画は包み隠さずストレートにぶつけてきてるわけです。 だから「よっしゃ。 おれもやったろ。 」と思ってしまう人間を生み出す可能性がより高いと思うのです。 作者は多分、そうした「危険さ」をあえて映画に取り入れているのだと思います。 「ファイト・クラブ」も「時計じかけのオレンジ」もそういう意味では危険な映画なのですが(実際に映画の影響を受けた事件も起きているみたいですし)、「ディストラクション・ベイビーズ」の方が直接的な分、危険度がずっと高いと思うのです。 映画ファンには私を含めそうした「メッセージの危険さ・凶暴性」を好む人も多いと思うので、情報操作ということはないでしょう。 この映画がすごいのは、ケンカのシーンにおけるむき出しの暴力性を描くために、カット割りなどを行わず、常に「引きの絵」で全体像を描こうとしたところです。 普通ケンカの場面などはカット割りを細かくしたりアップにしたりすることで実際に「やっていない」事を誤魔化すものですが、この映画はそれをしていません。 街でケンカなどを見かけることがありますが、その感覚なのですね。 だから結構な割合でパンチが実際に当たっているのではないかと思います。 賛否の分かれる映画なので質問者さんのような感想を持たれる人は多いと思いますし、この映画を不快と取るのは当然だと思います。 自分は基本映画なんかなんでもありだと思っていて、ホラー映画などでどんな残酷な殺害シーンがあろうがそんなものに目くじら立てんなよという主義なのですが、正直この映画の危険さは限度を超えているのでは、と思いました。 映倫はつまらないことを規制していないので、こういうところをきちんと見ておくべきでしょう。 面白いか面白くないかは人それぞれだと思いますが、すごい映画ではあると思います。

次の

敵は死角からやってくる!ディスラプターとは?

ディス トラクション 意味

節電することによって使われなくなった(浮いた)電力を集めて販売することを「アグリゲーション」と呼び、そのようなプレイヤーを「アグリゲータ」と呼ぶことがあるが、ディスアグリゲーションとは、そのアグリゲーションに否定の意味を表す接頭辞dis-がついたものである。 つまり、「集める」ことの反対の「分離」という意味を表す言葉である。 ここでは、スマートハウスビジネスと密接に関係するこの用語について解説する。 ディスアグリゲーションとは? スマートメーターから収集したデータだけでは、家全体の電力の利用量はわかるが、例えばどの機器でどのくらいの電力を使っているのかを知りたいというニーズにはなかなか応えられなかった。 しかし、最近ではこれを満たす技術を利用したサービスが登場している。 それが「ディスアグリゲーション型」と呼ばれているサービスである。 」と解説されている。 要するにディスアグリゲートとは、家全体の電力の利用量データを分解し、各機器などの単位での利用状況を把握することができるようにする技術である。 同社は、2011年にカリフォルニア州でインド出身のAbhay Gupta(アブヘイ・グプタ)らによって設立された企業であり、Bidgelyという単語はヒンディー語で「電気」を意味している。 この実験の公式な結果として、全体で7. 7%のエネルギー利用量の節約ができたと発表している。 Bidgelyの実際のデモ画面 実際のBidgelyのデモ画面を見てみると、トップ画面は図のようになっている。 図 BidgelyのWebポータル デモ画面(トップ画面) 〔出所:〕 ここには24時間ビュー(1日ビュー、画面では前日午後12時から当日午前11時までの実績が表示されており、当日午後12時のデータは計測中)の画面だが、トップには24時間分の時間ごとの電力使用額が棒グラフで表示されている。 これによると、この24時間で3. 74セント(約4. 5円)分の電力を使っていることがわかる。 画面中段の一番左に表示されているのがディスアグリゲーションの数値である。 赤地に白抜きの文字で家全体(WHOLE HOUSE)の利用額3. 74セントが表示されている。 この金額は、当然、トップに出ている金額と同じものである。 WHOLE HOUSEの下を見ると、この3. 74セントの内訳として暖房関連(1. 49セント)、照明関連(0. 90セント)、調理関連(0. 45セント)、その他(0. 90セント)というディスアグリゲーションされた結果が表示されている。 この時点では、暖房などの空調に電気を多く使っていることがわかる。 画面の一番下を見ると、節約のためのヒント(Saving Tips)としてサーモスタットを導入することで、初期コストはかかるものの、利用者の手間はあまりかけずに利用量を削減することができると提案している。 さらに右下には、具体的な年間の削減額(75セント)も表示されている。 東京電力とインフォメティスによるディスアグリゲーション技術の共同実証実験 2013年にソニーから分離独立したスタートアップであるインフォメティス(東京都・港区)も、犬型ロボットAIBO(アイボ)などの研究で培った人工知能(AI)技術を応用したディスアグリゲーション(彼らは「機器分離」という訳語をあてている)を使ったサービスを開発している。 これは、データを測定し、そのデータをクラウドに集め、AI(Artificial Intelligence、人工知能)を使った用途分離を行い、その結果を分析し、レポートとして伝えるという一連のプロセスを実現している 注3。 2014年10月29日に発表されたNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)による「平成26年度 戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の公募において、同社の技術を利用した「ディスアグリゲーションHEMSの実用化開発 注4」というプロジェクトが採択されている。 インフォメティスの技術はNEDOのプログラムだけではなく、実際の企業での実証実験も行われている。 そのうちの1つは、2015年1月に発表された東京電力との共同実証実験である 注5。 この実験は、2015年3月から2016年3月までの1年をかけて行われるもので、一般家庭約300世帯、法人オフィス・商店など約20カ所に対して行われている。 SAPジャパン、情報通信総合研究所を経て、2013年よりプロダクトマネジメントに特化したコンサルティング会社である株式会社スタイリッシュ・アイデアを設立。 ICT分野におけるリサーチから得た最新の知見に基づき、企業に対するプロダクトマネジメント制度の導入や新規事業開発、製品開発の支援を行っている。

次の

スマートハウスにおけるディスアグリゲーション型サービスとは?

ディス トラクション 意味

ディスラプター3つの例と未来におきること この「ディスラプター」という言葉を知って、この20年くらいの間、日本市場で起きてきたことの多くの説明がつくと感じました。 例えば・・・• (1)iモードでケータイ王国を築き上げたユーザーを、パソコン業界のアップルが突然iPhoneというスマートフォンを発明して奪っていった• (2)同じくスマートフォンのハードを販売しているアップルによって、ソフト業界であるCD販売業界の顧客が奪われた• (3)コンビニが100円コーヒーや、ドーナッツを販売してドトールコーヒーや、ミスタードナッツの顧客が奪われた などがすぐに思い浮かびます。 これらはリアルの世界での事例ですが、これからインターネットの世界でディスラプターが増えることが予測されています。 つまり自社の商材とは全く違ったものを売っている企業が突然、競争力の高い練りに練った販売戦略で、こちらの市場に入ってくることが予想されます。 何故このようなことが増えて来ているのかというと、日本経済新聞の記事で山川氏はこう言及しています。 「背景には、(1)全てのものがつながることで業界の壁がなくなったこと(2)情報レイヤーと物理的な人のレイヤーの両方のつながりが生まれたこと--この2つがある。 」 つまり、ITの普及とクラウドや低コスト、高速ネット接続が可能になったことで、顧客リストさえあれば誰でも何でも売れる時代になったというのはチャンスが増えて良いことでありますが、何も手を打たずに静観する企業にとっては怖い時代が訪れているのです。 特に、国内というある意味「身内」ばかりを見ていると、突然海外からディスラプターが入ってきて顧客を奪い去ることがあります。 そうした意味で今最も多くの業界にとって脅威なのが、ウーバー(UBER)というインターネットアプリを利用したタクシー配車サービスだと言えます。 なぜ私達はこの会社に気をつけなければならないのでしょうか? この会社の恐ろしいところは、彼らがただのタクシー配車の専門会社というわけではなく、実現しようとしている未来へのビジョンがあらゆる業種に影響を与えるからです。 ビジネスの形態には色々とありますが、特に余っているものを蓄えて、情報格差を利用し、最も高値で売れる時に高く売るという形態を取る業態を取っている方にとってウーバーは今後脅威となります。 彼らは今後は空いているリソースを、それを必要とするユーザーにコンピューターとネットの力で最安値で紹介する、シェアリングエコノミーを実現しようとしているからです。 ITが普及していなかった時代は確かにそうしたことが可能でしたが、今後はそれが難しくなるはずです。 何故なら情報を蓄えて隠そうとしても、競合他社がその情報をいち早くネットに放出することにより、ユーザーは余分な出費をしないで、最適な購買決定をほとんどリアルタイムで実施することが出来るからです。 かつてはコンピューターの出現によりたくさんの情報を蓄えて、その情報を活用して高値で商品やサービスを販売することが可能でした。 しかしディスラプターの登場により、情報は今までより更に加速度的に早く出回ることになり、企業ではなく消費者が得をする時代が来るようになったのです。 ディスラプターには質で勝負するしかない それでは私達はどのようにディスラプターと対峙するべきなのでしょうか? まず現在の業績が安定している企業ほど、ディスラプターには気をつけなくてはなりません。 何故ならそうした業界に魅力を感じたディスラプターが予想外のアングルからこちらの市場に侵入してくるからです。 その時業界が破壊されて過去のやり方が通用しなくなっても、時既に遅しです。 いつディスラプターが入ってくるのかを考えていても意味はありません。 入ってくるということを前提としてこちらも動いて、手を打たなくてはなりません。 防御策は、ディスラプターが入ってきても全く問題が無いように現在のサービス、商品のクオリティーを高め、競争力を圧倒的に高めることしかありません。 積極策としては、自社の顧客基盤を拡大するために自らがディスラプターになることが挙げられるでしょう。 一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事 鈴木 将司 MASASHI SUZUKI 1968年 東京生まれ ヤフー・Google・Bing等検索エンジンでの上位表示対策とネット集客に成功するために全国の企業様、個人様が結集する一般社団法人 全日本SEO協会 2007年6月設立 の代表です。 会員様のアクセスアップの為、奮闘の日々です。 最終学歴 オハイオ州立アクロン大学経営学部マーケティング学科、クイーンズランド州立大学教育学部卒業 経歴 オーストラリア クイーンズランド教員、現地法人Digital Land社を経て、現職。 1996年よりウェブ製作に携わる。 企画・製作した日米豪のホームページは多数。

次の