イバライガー ブラック。 イバライガーが81歳ファンの通夜に参列!本当はサプライズで見舞いに行く予定が・・・

イバライガーブラック: ぷいぷいのひとりごと

イバライガー ブラック

先週のピラメキーノ・キャラ1-GPでリングサイドに現れた、謎の黒いイバライガー。 今日はなんと、リングに乱入! いやぁ、これからどうなるんでしょうねぇ。 まだ何度か登場しそうではありますが、でも・・・でもねぇ・・・。 なんか・・・・・・違う。 公式でも実際の設定とは違うとの説明はありますが、それでもでもでも、うわぁぁぁーーーーーん。 私の好きなイバライガーじゃなーーーい!!! 違うのはしょうがないけど、見てて悲しくなってきちゃいました。 もしかして、どんどん有名になっちゃうことへの寂しさの裏返しなのかな。 どうなんだろう。 う〜ん。 というわけで、過去記事で使わなかったイバライガーブラックの画像です。 イバライガーブラックが、 「今日奴は来るのか?」と言ったので、 「誰?」としょうさん、 「ぷいぷいだ!!」 「どうだろうねえ?」と返した所、 「今日こそとどめを刺そうと思っていたが、運のいい奴め・・」 と、水戸を後にしました。 なんじゃこの文章は・・・ 一応、クールなブラック調にアレンジしてみました。 ほんとは「今日ぷいぷいさん来るかなぁ・・・」 3月27日 土 はイオンモール水戸内原でショーです。 昨日は家に引きこもって地味〜な作業をしていましたが、気分転換のパソコンタイムがやたらと長かったかも・・・。 おかげで今、かなりピンチです。 なかなか敷居が高いかも・・・。 限定ポストカードは魅力的ですが、コミケに参加するわけでもない親子連れは、かなり浮きそうですね。 あ、でも、下條村は行くことにしました! 私が一番好きなのは、いつだってイバライガーRですよ。 でも・・・。 つい・・・。 あの素敵なお方に心を動かされてしまいました・・・。 たった一度だけ・・・。 ごめんなさい・・・。 あのパンダちゃんに。 ヴぇです。 最近のテーマ、「テレビ出演」 悩ましいですね。 テレビとはいろいろな番組がありますが ニュースだったりドキュメントだったり ピラメキーノは完全に娯楽番組、 子供向けバラエティー番組で、 バラエティーとは完全に楽しめるか楽しめないか の単純な趣旨で作られてるわけで 当然子供たちに有害な情報を入れてはいけないわけで。 イバライガーRのキャラ1GPは僕は割り切って 楽しんで見ましたよ。 これはテレビの「エンターテイメントのひとつ」として。 ただやっぱりイバライガーがやられてしまうのは悔しい!! 土俵が違うから仕方ないですけど。。。 あと、子供たちには見せなければよかったかな と思ってるんです。 うちの子らはまだ小さいのでイバライガーが やられてしまった時は泣いちゃったんですよ。 「いばらいがぁ、しんじゃったぁ。。。 」って。 でもイバライガーのファンも僕に周りに確実に増えました。 その中で少しでも真のファンが育ってくれるとうれしい。 今年に入ってまだイバライガーにあってないですよねぇ。 だっていっつも自分の仕事と出動が丸かぶりなんだもん! でも常総市の千姫まつりでやっと会えるかもしれない!! 仕事が入らなければ!! 行って子供たちに 「ね。 イバライガーは無事だったでしょ」 って言ってあげなきゃ。 それは切ないですね。 今回は「語る」と言ってしまった手前、今更「やめます」とも言えずに勢いで語ってしまいましたが、こういう考え方もあるんだな、くらいにてきと〜に読んでください。 前にも書きましたが、私もブラックが登場したところまでは割り切って見てましたし、楽しんでましたよ。 私の場合は、「内容が」「設定が」ではなく、幾度にも渡る出演(準レギュラー?)というところにひっかかりを感じてしまって。 今までさんざん言ってきたので、この話はもういいですね。 確かに、イバライガーを知らない人に説明する時なんかにピラメキーノのことを話すと伝わりやすいというところはあります。 実際、なかなかわかってもらえなさそうな人に説明する時には、引き合いに出したりしますから。 なんだかんだ言って、利用してたりもするんですよね 一時的にではなく、真のファンになってくれる人が増えたらいいと、私も思います。 千姫まつりに出動するんですか!? 初めて聞きました! もっと早めに出動予定がわかるといいんですけどね〜。 週末の予定が立てにくくて・・・。 わが家のお出かけ予定は、イバライガーR中心ですから。

次の

イバライガーブラック: ぷいぷいのひとりごと

イバライガー ブラック

「イバライガー」は茨城のご当地ヒーローですが、「卯都木睦」さんによって製作されたヒーローです。 卯都木睦さんについては一回著作権違反で問題になってご存知の方もいると思いますが、再度卯都木睦さんの動きのかいもあって商標権を取り戻され、「茨城元気計画」となりパワーアップしてイバライガーが再活動しています。 しかし、実質は卯都木睦さんによる個人活動のようなもので、市町村や県からは支援を受けていないです。 そのため、現在も著しい資金不足の中でも卯都木睦さんをはじめとした「茨城元気計画」に参加している人たちや無償支援している人たちによって「イバライガー」成り立っています。 ぜひ、イバライガーが好きな人は卯都木睦さんをはじめとした「茨城元気計画」に協力いただけたらと思います。 このイバライガーブラックの葬式の件を知らない方は画像を見てなんでスーツアクターが葬式に参列しているのだろうと疑問に思う人も多いと思います。 しかし、これには事情があったのです。 というのも、イバライガーブラックはイバライガーブラックの事が大好きな女性、ファンの間でも有名な81歳のご長寿の女性がいました。 そのこともファンだけでなく、イバライガーブラックも知っていて81歳の女性にハグなどのサービスもしていたそうです。 ですが、81歳の女性は末期がんであることから入院することが多く、イバライガーブラックに会いたいがために、頑張ってご飯なども食べていたそうです。 そこで、家族と話し合ってイバライガーブラックはサプライズとして81歳の女性に会いに行こうという計画を27日に立てていたそうです。 しかし、その願いも叶わず、81歳の女性は25日に息を引き取ってしまったそうです。 このことを悲しんだ卯都木睦さんが葬式に参加することを希望したそうです。 葬式ではいつもと同じスーツアクター姿でイバライガーブラックが登場したそうです。 イバライガーブラックは静かに焼香をを挙げ、棺桶に入っている自分の写真と81歳の女性の顔を見て帰りました。 葬式に参列したイバライガーブラックは自身のツイッターでもコメントし、他の方からの葬式の参列についての質問は「ファンの元へ駆けつけるのは当然。 当たり前のことをしただけ」というコメントを残しています。 このコメントや姿がSNS上で広まり、真のヒーローとして人気になっています。

次の

小説版イバライガー/第16話:時空突破

イバライガー ブラック

スポンサードリンク 茨城県のご当地ヒーローが先月27日、81歳で亡くなった女性ファンの通夜に参列しました。 もともと、入院中だった彼女をサプライズでお見舞いするはずだった日のことです。 棺の中にはグッズや写真が多数納められ、遺影はショーのときに撮影した写真が使われていました。 無言で焼香する後ろ姿の写真がツイッターに投稿されると、「真のヒーローだ」と称える声が上がりました。 運営団体である「茨城元気計画」に複数いるイバライガーの一人です。 公式ホームページのプロフィールには以下のように書かれています。 「タイムスリップ事故の影響で、イバライガーRのエネルギーコアが分裂し、もう一人のイバライガーとして実体化した孤高の戦士。 恐るべき戦闘力とクールな判断力でイバライガーたちの危機を度々救うが、常に『環境が破壊された未来を変える』という使命を優先しているため、時に人間やイバライガーRにも牙をむくことがある」 クールな性格ですが、握手会に並んでいる列に近づいてちょっかいを出すなど、おちゃめで優しい面も。 女性からの人気が高く、グッズは他のメンバーの倍近く売れるそうです。 81歳で亡くなったのは、ブラックの大ファンだった茨城県桜川市の女性です。 今年2月に体調を崩して入退院を繰り返し、9月末に末期がんと診断されました。 入院中も「ブラックに会うために元気にならなきゃ」と言って、多少無理をしながら食事をとっていたそうです。 体調を崩してからも家族と一緒にイバライガーのショーに何度も足を運び、今年7月の81回目の誕生日には群馬県まで出かけました。 終了後、女性がいることに気付いたブラックが駆け寄ってきて、ハグをしてくれたそうです。 女性が入院していることを聞いたブラック。 家族や病院と打ち合わせた上で先月27日にサプライズでお見舞いに行く予定でした。 ところがその前々日の25日、亡くなったという知らせが届きました。 「せっかく企画していただいたのですが……」と話す家族に、運営団体の代表・卯都木睦さんは「通夜に参列させてください」と申し出ました。 27日に開かれた通夜の会場には、ショーの時に撮影した写真が加工され、遺影として飾られていました。 一般の人たちが焼香を済ませた後に現れたのは、卯都木さんではなく、いつもと同じ姿のブラックでした。 棺の前に立って中を見ると、サイン色紙やタオルなど自分のグッズや、一緒に撮った写真がたくさん納められていました。 無言で焼香を終えたブラック。 その後ろ姿を撮影した写真がツイッターに投稿されると、多くの人が反応しました。 yahoo.

次の