マーク ザッカー バーグ 映画。 フェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグ、映画『ソーシャル・ネットワーク』にダメだし?

マーク・ザッカーバーグ:モチベーションの上がる言葉84選

マーク ザッカー バーグ 映画

解説 世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。 2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネットワーキング・サービスを開発する。 そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。 主演は「イカとクジラ」のジェシー・アイゼンバーグ。 共演にジャスティン・ティンバーレイク、新スパイダーマンに抜擢されたアンドリュー・ガーフィルドら。 2010年製作/120分/PG12/アメリカ 原題:The Social Network 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント スタッフ・キャスト 冒頭のマーク(ジェシー・アイゼンバーグ)とエリカ(ルーニー・マーラ)とのバーでの何気ない会話からのマークの知性ヒケラカシとも取れる数々の言葉による破局シーン(マークはハーバード大学、エリカはボストン大学)から、一気に物語に引き込まれる。 見事なイントロである。 - ・ここからは、彼の才能に付いていけなかった人々 1.ウィンクルボス双子兄弟(アーミー・ハマー) 2.親友だったエドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールド) ・彼の才能に気付き、影響を与えた 1.ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク:ナップ・スターを作り、音楽業界を震撼させた男を好演。 ) とマークとの学生時代とマークを訴え、訴訟交渉とのシーンが重層的に描かれる。 ーそもそも、マークとのブレインレベルが違うのだよ・・。 - <何度も観ていると、ジェシー・アイゼンバーグの無機質に思える高速モノローグとセリフが、マーク・ザッカーバーグのシナプス伝達スピードと同調しているように思えてしまう作品でもある。 > Facebookの誕生と、その創業者マーク・ザッカーバーグに対する訴訟を描いた作品が、事実から大幅に脚色されているとはいえ、ここまで面白くなるとは!! アーロン・ソーキンによって緻密に組み立てられた脚本は、当然のようにアカデミー脚色賞を受賞。 120分の超高速会話劇は、一切テンポを落とすことなく最後まで走り抜け、思いもしなかった切ない余韻を残してくれます。 彼の脳内は一体どうなってるんだと言いたくなるほどの完成度と切れ味。 字幕で追いかけるのは結構大変なので、吹き替えでの視聴がオススメです。 また、一度では全てを把握しきれない、多層的な演出が大きな魅力なので、見返すたびに新たな発見を与えてくれると思います。 ハーバードの社交クラブには認められず、承認欲求を肥大化させていた主人公マークが自らのスキルのみで成功を果たす展開には大きなカタルシスを覚えるとともに、友情の終わり・青春の終わりを迎えざるを得なかった彼の喪失感が痛いほど伝わってきます。 あの「F5キー連打」の哀しさと言ったら… キャストは皆素晴らしいのですが、特筆すべきはショーン・パーカーを演じたジャスティン・ティンバーレイク。 中盤では物語のギアを入れ直す役割を果たし、その後「ある人物」の居場所を徐々に奪っていくクソ野郎っぷりは見事なはまり役です。 「その人物」の顛末は、あれだけの天才集団ならそうなって当然だと感じる一方、最後まで友情を信じ続けた彼の独白には、彼が確固たる才能もない凡人サイドの人間だからこそ、心の底から共感してしまいました。 いや、実際のところ、どうしてそんなに儲かるのか映画を観てもわからなかった。 というか、フェイスブックほとんど使ってないからや~と、たまに開いてみるのが怖い。 誰かが死んでたりしたら、気づきませんでしたとしか謝るほかない。 親友やウィンクルボスに訴えられても平然としているザッカーバーグ。 そして時系列通りに進むサクセスストーリーが交互に描かれていて、どうして6億ドルも?!という疑問を追っていくのがメインとなる。 ジェシー・アイゼンバーグの早口と、話題をすっ飛ばしてまた戻るといった独特な会話術が面白いけど、対するガーフィールドの真面目っぷりも何とか報われないかとハラハラするばかり。 普通に考えれば広告収入メインの方がまともだし・・・ 個人的には同窓会目的でしか使ってないけど、匿名性のあるSNSの方が気楽でいいな。

次の

映画でマーク・ザッカーバーグを演じた俳優と、偽ザッカーバーグと本物ザッカーバーグがテレビに出て大混乱(動画)

マーク ザッカー バーグ 映画

マークザッカーバーグの生い立ち のことは皆さんもご存知ですよね。 現在、世界最大級を誇るSNSである「フェイスブック」を作った方です。 本記事では、そんな世界的有名なマークザッカーバーグ氏の生い立ちについてご紹介していきます。 子供の頃 マーク氏は1984年5月14日生まれ。 エリート家庭に生まれたマーク氏は父親が歯科医に母親は元精神科医に4人姉弟の第2子で唯一の男の子でした。 そのために、両親からは「プリンス」と呼ばれて甘やかされて育ったそうです。 ですが、そんなマーク氏に甘い父親エドワード氏でも甘くない部分がありました。 それは、「 頼みごとをする」ときです。 そんなエドワード氏はマーク氏が自分自身が自らやりたいと思わなければ、頼み事は聞かなかったそうです。 そのため、エドワード氏は頼み事をされた時には「どうしてやりたいんだ?」と理由を問うようにしていました。 周りの友達がやっているからや流行っているからといった、周囲に流されるような人間になってほしくなかったからだということでした。 ですが、その反面、マーク氏が自らが目標を持って頼みごとをした時には、素直に聞き、すぐにその準備を整えました。 マーク氏は強くなりたいという気持ちをエドワード氏に伝え、「フェンシング」をやり始めました。 スポンサーリンク 12歳に頃 父エドワードは最先端機器がとても好きでした。 その頃まだ普段の家庭にパソコンが普及していなかったとき、町で一番早くパソコン手に入れて使っていたそうです。 そんな最先端に触れる父の姿をみて、マーク氏の好奇心に火が付き、父以上にパソコンに夢中になりました。 その夢中になっているマーク氏をみて、エドワードはパソコンの専門家を家庭教師に連れてきました。 そして、「何か人のためになるようなソフトを自分で作ってみるんだ」と課題を出したのです。 それからというもの、効率的な勉強が可能になったことに加えて、モチベーションが高まったことで、みるみるパソコンの技術力を身につけていきました。 マーク氏は12歳で初めて作ったソフト「ザックネット」が完成したのです。 そのザックネットは父親のために作ったソフトです。 父エドワード氏が個人経営する歯科医院に使える、受付に自分がいなくても来客が分かるようにというソフトでした。 もっと具体的に説明すると、歯科医院に来られたお客様が自分の名前を受付のパソコンに打ち込むと、それが診察室にいる父に知らせてくれるというシステムです。 これがなかった頃は、エドワード氏が診察中の際は、受付の留守にしてしまうため、来客された患者さんが「誰かいませんか」と困ってしまっていたのです。 その対応をするために、診察をストップして、受付に行かなければいけない状況でした。 このように「父」と「患者」と繋げ、スムーズな診察ができるようになったそうです。 それから、1年後にはパソコンの専門家の家庭教師が「もう教えることはありません」と言わせるまでに成長していたのです。 高校時代 マーク氏はパソコンの技術に加え、学校の成績がとても優秀でした。 それどころか、学校の勉強に飽き足らない思いを抱いていました。 その思いが積もり積もって、「学校で学ぶことはないから学校をやめたい」と父エドワードに伝えました。 そんなマーク氏の言葉に「違うんだ」とエドワード氏は返したそうです。 そして、学校は勉強が大切なのではなく、 人と人とのつながりが大切なんだと伝えました。 その言葉を聞いたマーク氏は、もといた学校に通うのはやめ、自宅から300km離れた超エリート校に転校しました。 そこで新たな繋がりができて、充実した日々を過ごしていたそうです。 そんな中、マーク氏が18歳の頃に「 シナプスメディアプレイヤー」というソフトを開発しました。 そのソフトはユーザーが聴く音楽の好みをコンピュータが自動的に学習し、おすすめの新たな曲を推薦してくれるというシステムです。 そのソフトをインターネットに公開し、誰でも使えるようにしたのです。 そうすると、わずか数日で何千人ものユーザーが使うようになりました。 それに加え、シナプスメディアプレイヤーのシステムを買い取りたいという会社が出てきました。 それは、2017年の現在でも世界長者番付で4年連続首位のビル・ゲイツ率いる「マイクロソフト社」でした。 無名の高校生であるマーク氏に約1億円という破格の金額を提示したのです。 にもかかわらず、マーク氏はシナプスメディアプレイヤーの売却を断るのです。 シナプスはお金儲けのために作ったものではないと考え、今まで通り、誰でも無料で使えるソフトにしたいと気持ちからでした。 スポンサーリンク 大学時代 マーク氏は世界大学ランキング1位のハーバード大学に進学しました。 大学生活をしていく中で、友人が「大学にいる気になる人の受講している講義を知らないか?」という質問にマーク氏はサイトを立ち上げました。 それが「コースマッチ」という大学内の学生の受講スケジュールを把握できるサイトです。 そのサイトを立ち上げると数百人の学生が使用するようになりました。 そして、大学内ではそのサイトを使用した学生の間で共有しあえる情報として使われるようになりました。 それの様子を見たマーク氏は父親が言っていた「大切なのは人と人との繋がりだ」という言葉の本当の意味で理解できたそうです。 そのことで新しいものを作って、人を繋げられるようになりたいと考えるようになったのです。 そんな気持ちから新しいサイト作りをはじめ、できたのがあの有名な「 フェイスブック」なのです。 もともとのフェイスブックはハーバード大学内専用のサイトでした。 そのフェイスブックを立ち上げてから、3週間で加入者が6000人を超えたのです。 その噂が広がり、他校の人からも「うちの大学でも使いたい」という問い合わせが殺到しました。 それにより、スタンフォード大学やコロンビア大学をはじめとする9つの大学まで拡大しました。 フェイスブックを立ち上げて以降 フェイスブックを立ち上げてからメディアなどに取り上げられるようになりました。 その後、フェイスブック社を設立し、一般にも使えるように開放しました。 そして、5年後には年商推定480億円ともいわれるようになりました。 その3年後には株式上場しました。 2017年現在では20億人以上までに利用者を増やし、現在でも世界最大のSNSとなっています。 <5万円から始める投資FX> スポンサーリンク 人気コンテンツ.

次の

マーク・ザッカーバーグはビルゲイツのクローン人間!?

マーク ザッカー バーグ 映画

「フェイスブック 若き天才の野望」は、フォーチュン誌の元記者であるデビッド・カークパトリックが、フェイスブック全面協力のもと執筆したフェイスブックの歴史本です。 献本を頂いたので、を公開させて頂きます。 いや、この本はスゴイ本です。 内容ももちろんスゴイんですが、なんといってもデビッド・カークパトリックの綿密な取材ぶりがすごい。 まさにジャーナリストの鏡と言っていい充実度。 普通私は行き帰りの電車で1~2冊本を読んでしまうんですが、この本はあまりに内容が濃くて、読むのに一週間以上かかってしまいました。 なにしろ、マーク・ザッカーバーグが、ライバルのグーグルのラリーかセルゲイと食事をした際に無邪気に「フェイスブック使ってる?」と聞いて、使ってないといわれて露骨にがっかりした、という場面に普通に同席してたりするんです。 正直、映画の原作になったがただのノンフィクション本に思えるほど。 (まぁ、映画にするならあの脚本の方が面白くなるのは間違いないですが) ヤフーによるフェイスブック買収の内幕から、マイクロソフトとの逸話やCOOであるシェリル・サンドバーグの獲得話まで、自分自身当時はTechCrunchの記事や噂話をいろいろと見ていましたが、その辺の裏話は見事にカバー。 良くもまぁ現在進行形の会社の話をここまで丁寧にまとめたと本当に感心します。 2008年5月に、一度マーク・ザッカーバーグが日本に来日して、いよいよフェイスブックが日本市場に力を入れるんじゃないかと、日本でもプチフェイスブックブームが盛り上がった時がありましたが。 この本を読むと、実はあの来日はザッカーバーグにとっては長期休暇の世界旅行みたいなものだったというのが読み取れてしまい、何だか笑うに笑えなくなってしまったり。 詳細の内容はとにかく本を読んで欲しいと思いますが。 この本を読むと、映画「ソーシャルネットワーク」に描かれているような、メディアが報じているフェイスブック像やマーク・ザッカーバーグ像がかなり間違ったものであることを確信させられる羽目になります。 映画に描かれているような創業当初はどうだったのかは別として、現在のザッカーバーグは間違いなく、フェイスブックによってひらかれる透明性の高いインターネットの可能性を本気で信じているんですよね。 ザッカーバーグ自身は大学生からそのまま今の会社のCEOになったわけで、いわゆる一般的なサラリーマンがもとめているような二元的なアイデンティティ感には興味が無く、本書でも「2種類のアイデンティティーを持つことは、不誠実さの見本だ」とまで言い切っています。 現在は日本でもフェイスブックの匿名アカウント削除騒動が花盛りで、日本で実名インターネットが受け入れられるかどうかという議論がそこら中でされていますが。 この本を読むと、実はアメリカも元から実名インターネットだったわけではなく、日本と同じようにインターネット=匿名の世界、という価値観が中心だった世界から、フェイスブックが一波乱も二波乱も乗り越えながら、現在の実名中心の世界観を構築してきたことが良くわかります。 この辺りの話は、また別途ブログでまとめてみたいと思いますが。 先日書いた「」という記事も、この本に影響を受けたところが多々あります。 もう既に最近お会いした人には、フェイスブックの話題になった時に必ず勧めてますので耳にタコができた人も多いかもしれませんが(苦笑) この本はフェイスブックブームとは関係なく、間違いなくインターネットに携わっている全ての人が今年読むべき本のNo1筆頭と言える本では無いかと思います。 お勧めです。 匿名性は長らくウェブの常識だった。 たとえばAOLのハンドル名に実名を使うユーザーはほとんどいない。 しかしフェイスブックでは事情が違う。 フェイスブックでは架空の人物をつくり上げたり、自分を誇張したりしてもほとんど得るところはない。 このオプティミズムは霊感ともいうべき先見性だったことが後に判明する。 1ページを読み込むのに20秒もかかるようになった。 また「フェイクスター」とあだ名を付けられた一部ユーザーとの戦いがブランド・イメージを傷つけていた。 アンダーソンは「匿名であろうとアニメキャラであろうと自由なアイデンティティをつくってよい」ということをセールスポイントにした。 メンバーは現在の恋愛関係として女性に関心があるのか男性に関心があるのかを記入することになっていた。 その秘密は、ポークが公式にはなんら性的意味を含んでいなかったことにあった。 出ていくことなんか考えていない。 きみはぼくの生活の一部だ。 ザッカーバーグは、フェイスブックのユーザーが自分たちの友達の輪の外にいる人のことなど、大して気にしていないことを知っていた。 フェイスブックに対するメッセージでポジティブなものは100件に1件だけだった。 (反対グループがベン・パーにつくられ)約3時間のうちにメンバー数は1万3000人に達した。 その日の深夜2時には、10万人になっていた。 水曜日の昼までには28万人が参加し、金曜には70万人を超えた。 抗議グループの広がりがあまりに早いのである。 このこと自体がニュースフィードが有効であることの証であると彼らは確信した。 ところがニュースフィードはこのプロセスを逆転させた。 ザッカーバーグは常に反対した。 0 「オンラインでの生活が増えるにつれ、本来の形で人とつながるようになる。 しかし、もし地元の新聞の一面に載ったらショックを受けるようなことは、絶対に書かないようにしている。 これは道理にかなっている。 なぜなら、ゲームは基本的にソーシャルな行動だからだ。 人間がつくり出す多くの情報は本質的に商業的だ。 フェイスブックはそれ自身の上で、ニュースをつくるためのツールだった。 それは友だちが何をしているか、何に関心があるかに関する当たり前な日常の情報だった。 私たちは、いつの日かこの原理が企業にも当てはまることを歴史が示してくれると信じています。

次の