ユニクロ ハイライズ スーパー ワイド ジーンズ。 「これは可愛い」ユニクロの“ワイドデニム”が、トレンド感抜群なんです…!

ユニクロ2990円ハイライズスーパーワイドジーンズが今っぽい!|mamagirl [ママガール]

ユニクロ ハイライズ スーパー ワイド ジーンズ

ユニクロの定番商品のひとつといえばズバリ「ジーンズ」です。 ユニクロのジーンズは、毎年同じように見えても実は毎年しっかりレベルアップされており、履き心地や機能性の高さからもリピーターが多いのが特徴です。 価格もリーズナブルなので愛用者も多いのですが、やはりおしゃれも楽しめて体型カバーもしてくれる優秀なデニムということもあり、人気の理由は価格だけではありません。 ) 目次• 2020年ユニクロの新作ジーンズは3種類 ・ベルテッドプリーツジーンズ ・ハイライズスーパーワイドジーンズ ・スラウチテーパードアンクルジーンズ の、3種類です。 まずは、この3種類からそれぞれご紹介していきます。 UNIQLO「ベルテッドプリーツジーンズ」 ベルテッドプリーツジーンズは、共布ベルトがついている股上が深いタイプのジーンズです。 ) ウエストのベルトはもちろん、取り外しが可能なのでお好きなベルトを使っても楽しめますし、ベルトを締めずに腰で履けばサルエルパンツのような印象にもなります。 素材はコットン100%で肌触りがよく、腰回りがゆったりしたデザインなので履き心地が抜群です。 股上が深いのでタイトなトップスを合わせがちですが、丈の短いオーバーサイズのニットなどを合わせるのもおしゃれですし、1~2サイズ大きめのサイズを選ぶと程よく着崩せますし、細めにロールアップすれば丸みのあるシルエットになりますが足首が見えるので見た目が重くならずスッキリとした着こなしが出来ます。 ユニクロ「ベルテッドプリーツジーンズ」 価格:¥3,990+消費税 ベルテッドプリーツジーンズ詳細 UNIQLO「ハイライズスーパーワイドジーンズ」 ハイライズスーパーワイドジーンズは、股上が「スーパーハイライズ」なので、ウエストの位置が上の方になるので足長効果が抜群で、シルエットがワイドなのにシンプルなシルエットが身体のラインをスッキリ見せてくれます。 何よりも嬉しいのは、身長が小さい人でもこのジーンズを楽しめることです! 補正をしても補正前と同じようなきれいなAラインが出来る仕様になっているので、身長に関係なくワイドパンツを楽しめる嬉しいジーンズなのです。 トップスにオーバーサイズのものを持ってくることで、今季のトレンドのルーズシルエットを楽しめます。 もちろん、タイトめのトップスと合わせても、脚長効果は抜群ですし、丈のあるロングシャツやゆるいシルエットのワンピースと合わせるのもおすすめです。 ユニクロの2020年の新作デニムの中でも、このスラウチテーパードアンクルジーンズが一番バリエーションに富んでいます。 ウォッシュ加工やダメージ加工といったヴィンテージ加工で実際に長年履き続けたかのような質感があるなど、とても細部にこだわって作られているジーンズです。 また、デザインはもちろん上質なコットン100%のジーンズなので履き心地も抜群です! 少し腰を落としてはけば、足の付け根の辺りから裾にかけてゆったりとしたラインが出るのでウエストをシャープに見せてくれます。 サイズをウエストに合わせてはくと緩く感じますが、腰にサイズを合わせて選ぶのがおすすめです! ユニクロ「スラウチテーパードアンクルジーンズ」 価格:¥3,990+消費税 スラウチテーパードアンクルジーンズ詳細 UNIQLO「ハイライズスキニーアンクルジーンズ」(ビューティーコンプレッション) ハイライズスキニーアンクルジーンズは、着圧機能のあるジーンズです。 カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、ネイビーの3色。 着圧機能は、骨盤周りはもちろん、ふくらはぎから太ももにもしっかりストレッチが利いています。 伸びた後に元に戻る「キックバック」力を高めるために、ストレッチ性の高い糸を横糸に使うことで、ただ足にフィットするだけでなく着圧効果も実感できます。 こちらのデニム生地は、世界的に有名なカイハラ社とユニクロが共同開発した特殊なデニム生地を使っているので、これまで体験したことのない履き心地です! 着圧機能が太ももやふくらはぎに適度に圧力をかけてくれるので、しっかりと足を下から上にググっと引き上げてくれるので、いつもより足が細く見えますし、骨盤周りにも特殊素材を採用しているのでしっかりとした履き心地です。 また、これまでよりもひざ下のフィット感をアップさせたことでスキニーでどうしても出てしまうひざ下の生地のたるみ感も解消されました。 Uniqlo U「ワイドフィットカーブジーンズ」 ユニクロから展開されている「Uniqlo U」の2020年の新作ジーンズの中でもぜひぜひおすすめしたいのが「ワイドフィットカーブジーンズ」です。 ワイドフィットカーブパンツは、裾が長いのが特徴で、裾をロールアップして足首を見せてスッキリとはくことも出来れば、かかと部分の裾を引きずってしまいそうなギリギリのラインまで伸ばしてロング丈ではくといった楽しみ方が出来るといった、ロールアップするか伸ばすかで、シルエットが全く異なるジーンズです。 女性が特に気になってしまう下半身の太ももやふくらはぎといった「太く見えてしまう」というコンプレックスを見事に解消してくれるのが最大の魅力です。 Uniqlo U「ワイドフィットカーブジーンズ」 ¥3,990 +消費税 ワイドフィットカーブジーンズ詳細 UNIQLOの定番!!「ウルトラストレッチジーンズ」 ユニクロのジーンズの中でも定番中の定番ジーンズといえばこの「ウルトラストレッチジーンズ」です! カラー展開は3色であることが多いですが、淡いブルーから濃いブルー、ブラックといったものがあるので、普段のお出かけ着としてだけではなく、通勤服にもOK! ストレッチジーンズながら、しっかりダメージ加工された種類もあり、レングスもロング丈やアンクル丈、足が細い人ならロールアップしてクロップド丈も楽しめます。 ユニクロのウルトラストレッチジーンズといえば、はいたことがある人ならご存知の通り、ストレッチ性がとにかく抜群で動きやすく、それでいて締め付ける感じがなく足にフィットする履き心地がクセになると好評で、毎年購入しているリピーターさんも多い人気のジーンズです。 デザインも、お尻の高めの位置にバックポケットがついており、脚長効果・ヒップアップ効果といった「視覚効果」も計算されているので、あらゆるトップスと合わせやすく・はく人がおしゃれを楽しめるように作られています。 また、素材は「伸張率が55%以上、そして回復率が89%以上」のデニムを使用していることから、ストレッチ性に富んでおり、伸ばした後に元に戻るキックバックも強いあるため、数回はいただけで膝が出てしまうといったこともなく、型崩れしにくい仕様になっています。 ユニクロ「ウルトラストレッチジーンズ」 価格:¥3,990+消費税 ウルトラストレッチジーンズ詳細 2. おすすめジーンズまとめ ユニクロの2020年のおすすめジーンズをご紹介しました。 ユニクロ公式サイトで購入する場合、期間限定価格で通常価格よりも1,000円安く購入できたり、土日・祝日やシーズンによって店舗でもセール価格で安く購入できることもあり、タイミングを狙って欲しいジーンズをゲットするのも賢い方法です。 一言で「ジーンズ」といっても、シルエットが少し違うだけで、全体の印象がガラッと変わります。 また、ワイドシルエットだからといって「返って下半身が太く見えてしまうのでは?」と心配になってしまう人もいるようですが、ワイドシルエットは、下半身が太く見えるというコンプレックスを解消し、脚長効果まで出してくれる優れものです! スキニージーンズも、足のラインは出ますが、トップスにボリュームを持ってくることで下半身をスッキリ見せることが出来るので、組み合わせ次第でいくらでもおしゃれなシルエットを作ることが出来るので、ぜひ色んな組み合わせを楽しんでください。

次の

ユニクロ最新デニムがさらにパワーアップ 【SNSで話題】細見え・はき心地・コスパ◎

ユニクロ ハイライズ スーパー ワイド ジーンズ

ユニクロ2020年春夏新作デニム• ベルテッドプリーツジーンズ 同じデニム素材のベルト付きで丸みのある女性らしいシルエットに ウエスト部分を、紙袋を絞ったようなフォルムから名付けられた、「 ペーパーバックデザイン」のデニムはトレンドの1本。 海外セレブからも注目を浴びるこのフォルムを取り入れたのが「 ベルテッドプリーツジーンズ」。 ユニクロのデニムの中では ややワイドよりのレギュラーフィット。 アンクル丈でハイライズがお好みの方にはぴったりです。 テーパードのシルエットなので、 腰回りの丸みがシルエットの美しさを際立たせます。 Front• Side• Back 「普段のサイズに比べてちょっと大きいかも?と思ってもベルトをぎゅっと絞るとちょうどいいサイズ感」「トップスインして夏場に使えそう」「ウェストマークが効いて足が細く見える」などの声が聞かれました。 「サイズの大きさが気になるようであれば、普段より落としてもいいかも」とのことでした。 スラウチテーパードアンクルジーンズ ゆったりとした腰回りが足のラインを拾わない洗練デニム 脚のラインをキレイに見せてくれる、という印象を持った「 スラウチテーパードアンクルジーンズ」。 やや細めのレギュラーフィットで、レングスはアンクル丈。 股上は浅すぎず深すぎず、膝下は テーパードという万人に似合いやすいシルエットです。 すっきりと洗練された1本で、きれいめ派もカジュアル派もどちらも使いやすいこのデニムは、ダメージが入ったモデルもあり、 カラバリも豊富です。 Front• Side• Back 「腰履きのような感じで、ゆるく履く方が今っぽいかも」「薄くはなく、生地に厚みがあるけど動きやすいので重さをあまり感じない」「とにかく動きやすい、夏でも軽く履けそう」と、しっかりした生地感と比べての動きやすさに関するコメントが目立ちました。 ハイライズスーパーワイドジーンズ 軽く柔らかい素材で超ワイド!真夏でも履けるのが嬉しい、大活躍の予感の1本 今回発表された新作の中でも最もワイドシルエットなのが「 ハイライズスーパーワイドジーンズ」。 ハイライズぎみの股上で、レングスも ジャスト丈と比較的長めです。 注目すべきはそのゆったりしたシルエットと、 薄くて軽い素材を使っていること。 真夏でも問題なく履けるデニムです。

次の

ユニクロジーンズが神♡オトナ女子でもサマになる&ずっと使えるBEST10

ユニクロ ハイライズ スーパー ワイド ジーンズ

似合わないデザインなのに、流行に負けて買ってしまった服はありませんか? 私の場合はワイドパンツ。 それもハイウエストのワイドジーンズは、自分が履いたのを見ると、カッコ悪いの一言に尽きるのです。 お気に入りのドゥクラッセ( )「14番リネン・バックコンシャスブラウス」は、リネンの風合いがデニムとしっくりくるはず。 なのにワイドジーンズを履くと、垢抜けないおばさんになります。 このジーンズはユニクロで2年前に買った「ハイライズワイドジーンズ」。 それほど古いものじゃないのに、昭和の名残りに見えてしまうのは、バランスが合っていないのでしょう。 ウエストが太く、短足に見えます。 ワイドジーンズは今年のGUでも売っていますが、「ハイウエストスーパーワイドジーンズ」はなんと980円に値下がり。 トレンドの終わりを感じます。 Domaniに「危険!デニムこそダサさがバレる!? 2019年のデニムのシルエット、丈感をお伝えします? 【デニムこそコンサ婆さん注意報】」という記事があって、今の流行はすっきりとしたストレートデニムだと書いてありました。 このブログで私はたびたびの「ジャパンメイド701」を履いています。 リーバイスはトレンドなんて関係なく、長くカッコよく履ける、ストレートデニムの王道を行っていると思います。 くるぶしが見えるように裾をロールアップすると、レングスは縮まっているのに、スタイルにメリハリがつくのはリーバイスマジックでしょう。 ワイドよりストレートが主流になった今、他の形はどうでしょう。 デニムが大好きすぎる私は、昔流行したローライズも捨てられず、いつか履けるのでは?と淡い期待を抱いております。 20年ほど前、爆発的な人気を誇った 7 For All Mankind (セブン・フォー・オール・マンカインド)のデニムを履いてみました。 形はまた人気が出てきたフレアタイプです。 でもトップスをウエストインしたら時代遅れが一目瞭然。 こんなローライズを履いていたとは、今ならとても外に出られません。 同じフレアタイプでも、今だったらハイライズ。 お尻の割れ目まで見えそうだったローライズに比べると、品がありますね。 GU「セミフレアジーンズ」 ちなみに大ブレイク間違いなしのデニムは、ユニクロの「ワイドフィットカーブジーンズ」。 足が長く見えると評判ですが、それは股下が長くて、裾をカットしなければの話だと思います。 小柄な方が裾をカットして履いたら、計算し尽くしたカーブのシルエットが無くなってしまい、2年前のワイドジーンズになります。 モデルさんに釣られてはいけません。 ユニクロ「ワイドフィットカーブジーンズ」 長いあいだデニムを履き続けてきた経験から言って、トレンドのジーンズは年齢と体形を選びます。 自分の容姿を正視して、しっくりと馴染むタイプを選ぶのが賢明じゃないでしょうか。 ワイドデニムはやめました。 40代50代女性のジーンズコーデについては、下記のブログにまとめてあります。 otona12.

次の