おっ パイ の 痛み ズキズキ。 この乳首の痛みは? このしこりは? 気になる胸の症状を専門医が解説

左胸の下の骨の所が痛い時があるのですが、その部分は何でしょうか?何...

おっ パイ の 痛み ズキズキ

胸、乳房の痛み・・それって乳腺症の症状かも なんとなく胸が痛い、おっぱい 乳房 が痛い、しこりがある・・もしかして私、悪い病気じゃないの?と不安に思っている方、少なからずいらっしゃるでしょう。 いたずらに不安んになったりせずにぜひ女性の胸(ここでは乳房と呼びます)に起こる特有の症状について知識を増やしてくださいね。 今まで感じたことがない 乳房の症状であわてたり心配になることも多いでしょう。 いわゆる中年と呼ばれる年代に多くみられる症状ではありますが、女性が年齢を重ねていくうちに30代の若い年齢でも起こりうるものです。 知ってほしいのはあなたひとりではなく、多くの女性が感じている症状だということです。 痛みの大部分が安心なもの 痛み、しこり、その他の乳房にあらわれる症状、「乳がんでは?」と悲観的になってクヨクヨしたり、怖くて病院を訪れることすらできないのではありませんか? まずこれを知ってください。 乳房の痛みやしこりの大部分、およそ8割から9割は良性なものです。 「乳腺症」または「慢性乳腺症」と呼ばれ、比較的若い世代から閉経前の女性に見られる一種の乳腺の老化現象ともいえます。 「乳腺症」の名のとおり病気ではないとされることが多く、授乳期の母乳のつまりや細菌感染が原因で起こる「乳腺炎」とは全く別のものです。 「乳腺症」はホルモンバランスの崩れなどから起こる現象なのです。 特に治療なども必要ないとされています。 どんな症状があるの 乳腺症では主に以下のような症状があげられます。 乳房に痛みを感じる。 症状が重い場合は胸やワキが痛いような感覚もある。 生理前に特に乳房が痛みを生じる。 生理が終わると痛みが治まることが多い• 乳房の表面がなめらかでなくでこぼこに見える、感じる• 乳首(乳頭)から液体が分泌される。 この分泌物は透明やミルク色、黄色っぽく見えるものもある 乳腺症の多くは両側の乳房の外側の上部に境目がはっきりしないような硬いしこりができます。 触ったり指でつまむと痛みがあります。 乳房に痛みがあり、乳房を触るとでこぼこに感じる場合は、乳腺の腫れを示していますので、乳腺症であることが濃厚です。 生理前から生理中にかけて痛みが増して生理が終わると収まるとさらに乳腺症の可能性が高いと言えるでしょう。 乳がんとの違い 乳房のしこり、乳頭からの分泌物などは乳がんの症状でもあるのでとても不安になりますよね。 では乳がんと乳腺症は何が違うのでしょうか? まず、生理周期と関係なく常に触れるしこりや乳房にできたえくぼ状のへこみは乳がんが疑われます。 これに反して明らかに乳腺の腫れたでこぼこや、生理が終わると痛みやしこりが消失する場合は乳腺症の可能性大です。 乳腺症では妊娠中や授乳中でもないのに乳首から透明、ミルク色、黄色の分泌物が出ることがあり、これは「乳頭異常分泌」と呼ばれます。 また、分泌物が茶褐色であったり血液のようなものであることもあり、「出血乳房」と呼ばれる症状です。 ただし、これらの症状は乳がんの場合でも呈する症状ですので自己判断せずまずは 専門医の診断を仰ぎましょう。 乳房のトラブルで外来受診すると医師はまず乳がんから疑って診察を進めますが、これが普通の順序なので不安にならないでください。 医師の問診、触診、視診を受け、必要に応じてその後エコー(超音波)検査や、、マンモグラフィー(乳房X線撮影)と検査が進められます。 その結果で疑わしい部分がある場合は細い注射の針を刺してしこりの中から細胞を採取する生検などに進みます。 要は乳がんをまず疑って診察し、がん細胞が発見されなければ「乳腺症」という診断が下されるという 「消去法」で確定される症状なのです。 乳房の症状で受診すると沢山の検査を経て、なおかつ組織検査などまで進む場合もあり、とても不安になりますが、それほど乳がんと紛らわしい「乳腺症」の症状も存在することも覚えておいてください。 受診する科は基本的には「外科」です。 「乳腺外科」「内分泌外科」などのように乳腺を専門に診察するところを見つけましょう。 もし産後であるならば出産した産婦人科で相談してみても良いでしょう。 このまま乳がんにならない? 乳腺の病気になったということは乳がんの発生リスクが高まらない? 結果から述べると限りなく「NO」であると言って良いでしょう。 一説によると乳腺症がある場合は乳がんの発生リスクが高まるといわれていますが、その一方ほとんどの乳がんは乳腺症の発症とは全く因果関係がなく発生していることから、そのリスクについてはあいまいです。 そして近年では乳腺症から乳がんに移行することはまれであり、乳腺症の女性が乳がんになりやすいという見方は否定されてきています。 そもそも乳がんについては 乳腺症の有無にかかわらず日ごろからの自己触診でしこりの有無に気をつけることが一番の良い方法です。 定期的に医師による乳がん検診 触診やマンモグラフィー を受けて早期発見をすることで乳がん自体も予後が悪くない場合が多いのですから必要以上に怖がることはないでしょう。 生理前の乳房が痛みを感じたり張りやすいなどで正しい触診が難しい時期以外は、横になり乳房を丸くまんべんなく指の腹で押しながららせんの円状に触ってみてしこりの有無を確かめましょう。 お風呂の時に石けんで滑りやすくした手で乳房を丸く丁寧に触りながら洗う習慣をつけるのもしこりを早く発見するのに効果的です。 どんな治療法がある? 乳腺症の診断がされれば、 原則的には経過観察となります。 つまり乳腺症には治療の必要がないということなのです。 ただしつらい症状を抑えるための対症療法は存在します。 痛みがあまりに強い場合は鎮痛剤や乳腺に働きかけるホルモンをブロックする薬が使われます。 痛みやしこりは周期的なもので、症状が軽い場合はおよそ3~6か月で自然に緩和されていきます。 乳腺症の症状は強く出たり治まったりを繰り返すことが多いのですが、閉経を迎えるとこの乳腺症の頻度は急激に減少します。 乳腺症の症状を和らげよう 乳がんを疑って毎日恐怖におびえていた女性が「乳腺症です」と医師に診断を受けたとたんに痛みが軽減されてしまうこともあるようです。 必要以上に恐れを抱くことは症状を重くしますので クヨクヨ心配するのは禁物です。 しかし痛みや腫れなどの自覚する不快な症状が続く場合、なんとか自分でも症状を和らげたいものですね。 乳腺症とうまく付き合いながら生活するために日々の習慣を見直して乳腺症の症状を和らげましょう。 医師が紹介する乳腺症の症状を和らげる方法をご紹介します。 脂っこい食事を避ける。 脂肪の摂取量を減らす• 海藻類などヨードを心がけて摂取できる食事メニューにする• カフェインをなるべくとらないようにする• ストレスをためない、必要以上に心配したり痛みに意識を向けない• 夜は早めに寝て睡眠と休息をたっぷりとる あたりまえのことですが 規則正しく、健康的な生活を送ることが乳腺症を遠ざける一番の良薬のようです。 特に食生活と睡眠には気を配って快適に乳腺症のつらい症状を乗り越えてください。 どうしても耐えられないほどの症状であれば投薬などの方法もありますので、気楽に構えてください。 いずれは必ず治る、必ずおさまる乳腺症の症状ですから気にやまず毎日を女性らしくイキイキと楽しみましょう。

次の

この乳首の痛みは? このしこりは? 気になる胸の症状を専門医が解説

おっ パイ の 痛み ズキズキ

記事の内容• 骨折の痛みの原因は炎症だった! 骨には神経が通っていないため通常は痛み自体を感じることはありません。 では、なぜ骨が折れると痛みが生じるのでしょうか? それは、骨の周りを覆っている骨膜という膜や骨の周りにある筋肉やその他の組織が傷つくことで起こる炎症によるものなのです。 炎症の4大兆候と痛みが続く期間について 骨折にしても、擦り傷にしても、打撲にしても人間の体に外力が加わり、組織が傷つくと炎症と言われる症状が起こります。 炎症反応の特徴は4つあって、 「発赤(ホッセキ)」「疼痛(トウツウ)」「腫脹(シュチョウ)」「熱感(ネッカン)」 と言われる4症状です。 赤くなって、腫れ上がり、熱を持っていて、痛みが強くある場合は炎症症状が起こっていると理解しましょう。 炎症は急性症状であって直後から3週間ほど続く場合があります。 炎症反応がいつまでも続かないようにすることが主な治療法となるわけですが、こちらのケアの方法や処置の仕方は最後に解説します。 よくある、虫刺されなどで赤くなる原因も虫の毒素に対して起こる炎症反応によるもので、かゆみは軽い痛み症状で起こります。 痛みの種類と評価スケール 痛みの種類は実に様々です。 ズキーンと響くような「鈍痛」や、キヤッとする「鋭い痛み」、ズキズキする「疼くような痛み」などですね。 痛みや炎症を起こしている原因部分によってもその痛みの質というものが変わってきます。 痛みによって重症度を判断することができる簡易スケールなどもあるので紹介しますね。 seesaa. 10cmの0cmを無痛とし、10cmが今までの人生の中で想像できないほど壮絶な痛みとして、現在の痛みがどの辺りかを視覚的に捉えるためのスケールです。 「痛い痛い!」と騒いでも大袈裟に騒ぐ人もいるので、こう言った客観的な評価スケールが使われています。 この他にも、「numerical rating scales(NRS)」「マクギル疼痛質問表 McGill Pain Questionnaire(MPQ)」など痛みの質や量を評価するスケールが存在しています。 骨折の痛みを和らげる方法や緩和する方法は? 骨折後の痛みを和らげるためにまず処方されるのは鎮痛剤や痛み止めですが、それと同時に炎症を抑制してあげることが重要です。 下記に骨折後の正しい処置の仕方や対処法を記載しているので、このまま読み進めてください。 痛みを和らげるためには炎症を抑制してあげることが何よりも重要です。 スポンサーリンク 骨折!?正しい処置と対処法 ボキッ!コキッ!いたーい! となったら迷わず骨折を疑いましょう。 たとえ骨が折れてなくても、ヒビが入っていたり、打撲の場合でも基本的な対処の仕方は一緒です。 「安静」「冷却」「圧迫」「挙上」の4つの処置を直ちに行ってください。 これは先に述べた「炎症反応」に対する処置なのですが、とにかく患部を動かさないこと、すぐにアイシングを行い、包帯などで圧迫すること、そして横になったり(手の場合はバンザイ)して心臓よりも幹部を高く上げることが一番の対処の仕方になります。 この処置は非常に重要で、治りの速さや痛みの強弱にも影響を及ぼします。 自宅でできる簡単な救急処置 手がプラーン、足がプラーンと明らかに骨が折れているようなら、1秒でも早く前述した救急処置を行わなければいけないのですが自宅から病院に行くまでの時間も無駄にしてはいけませんよ! そこで具体的で簡単にできる対応方法をご紹介します。 ダンボールで添え木作成 骨折している骨の代わりとなる添え木は自宅にあるダンボールで簡単に作ることができます。 1枚で柔らかい場合は2枚、3枚と重ねて板の代わりになるように作成します。 もちろん硬い板やそれ以外に代用できるものがあれば何でも構いません。 包帯の代用にサランラップ! 包帯などのようなグルグルと巻きつけるものがなければサランラップで代用してしまいましょう! これは腫れを起こさないように圧迫固定するために使用します。 密着性も高く簡単に巻きつけることができるので、少しきつめにグルグルと巻きつけましょう。 氷嚢代わりにレジ袋! お次はアイシングです。 氷嚢がない場合はレジ袋で構いません。 冷凍庫の氷を9〜16個ぐらいを袋に詰めて空気が入らないように密閉して患部に当ててください。 これで、圧迫固定とアイシングの処置が完了です。 安静にしつつ患部をできるだけ高く上げて病院へ あとは、患部を動かさないようにしつつ、腫れを起こさないように心臓より高く上げて病院へ向かいましょう。

次の

この乳首の痛みは? このしこりは? 気になる胸の症状を専門医が解説

おっ パイ の 痛み ズキズキ

概要 外陰炎とは、女性の外陰部である大陰唇やその周辺の陰部に炎症が起きる疾患をまとめて指すものです。 炎症とは、その部分が赤くなる、ヒリヒリとした熱感がある、などを特徴とする状態で、外陰炎ではこのような状態を含めたさまざまな症状が現れます。 どの年代の女性にも起きることがありますが、20歳~40歳では感染性の外陰炎が比較的多く、後では接触性の外陰炎が増加してくると考えられます。 感染性の外陰炎は、何らかの微生物による感染が原因となります。 一方で接触性の外陰炎は、外陰部の皮膚に接触するものによる刺激が原因となります。 原因が感染性かそれ以外かで対応や治療が異なるため、診断がとても重要となります。 なかには、外陰炎と非常に似た炎症を起こす怖い疾患(など)も存在するため、自覚症状を生じるような炎症が外陰部にあり、改善する様子がなければ早めに医療機関を受診することが大切です。 原因 外陰炎は大きく、感染性と非感染性にわかれます。 感染性の外陰炎 カンジダなどの真菌(カビの仲間)や大腸菌などの細菌、などのウイルス、またトリコモナスやケジラミといった微生物による外陰部の感染が原因となります。 感染が起こるきっかけとしてはさまざまなことが考えられます。 性感染症として性交渉によりパートナーから移されて発症する場合もありますし、自身の免疫力の低下によってもともと自分の体内に住み着いている大腸菌などの細菌が活性化して、症状が現れてしまうこともあります。 非感染性の外陰炎 非感染性の外陰炎として、接触性外陰炎があります。 ナプキンやおりものシート、月経血、石鹸などが皮膚への刺激となることで発症する場合や、通気性の悪い下着によるや細かな傷がきっかけとなって発症する場合があります。 このような非感染性外陰炎は、抗生物質を使用しても治らないため、初期の診断と生活習慣の改善が重要となります。 症状 外陰炎は、外陰部に炎症が起こる状態であるため、基本的には炎症に伴う症状が現れます。 まず、多くの場合で外陰部の皮膚が赤くなります。 ただれたような見え方になる場合もあります。 次に、や痛みを感じます。 かゆみの程度は原因と重症度によってさまざまで、なんとなく気になる程度であることもありますが、日常生活がままならないほど強いケースもあります。 また、皮膚の表面に炎症が起こると皮膚の表面がもろくなり、さらに、かゆみなどで掻いてしまうことで外陰部の表面に細かな傷ができてしまうことがあります。 傷ができると皮膚のバリア機能が正常にはたらかなくなってしまうため、炎症がより悪化したり、皮膚の奥まで原因微生物が入り込んでしまったりする可能性が出てきます。 傷から少量の出血を認める場合もあります。 外陰炎では(腟に起こる炎症)が同時に発症するケースが少なくありません。 腟炎を合併している場合にはおりものの変化や増量が起きたり、臭いの変化が起きたりします。 治療 原因によってさまざまです。 感染性の外陰炎 原因微生物に有効な治療薬を使用します。 ほとんどのケースでは外陰部に塗る外用薬(軟膏やクリームなど)だけで済みますが、を合併している場合には腟錠も使用されます。 カンジダが原因の場合には生活習慣の改善も必要であることが多く、たとえば外陰部の清潔を保つ、刺激性石鹸の使用をやめる、といったことが検討されます。 ケジラミ症では、外陰部の陰毛を剃ることが治療になります。 これに加え、治療薬が配合されたパウダーまたはシャンプーが使用されます。 非感染性の外陰炎 原因となっている物質を避けることや、環境(ナプキンやおりものシート、月経血や石鹸など)を変えることで治療します。 そのうえで、や痛みなどの症状に対してステロイド剤などの外用薬が処方されることがあります。

次の