特別 支給 の 老齢 厚生 年金 繰り上げ。 特別支給の老齢厚生年金について|日本年金機構

高齢者雇用継続給付と老齢厚生年金の分岐点はどこか計算してみましょう

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 繰り上げ

特別支給の老齢厚生年金とは、昭和36年4月1日以前生まれ(女性は昭和41年4月1日以前生まれ)で厚生年金に1年以上加入しており、老齢基礎年金の受給資格期間である10年(平成29年8月1日から25年から10年に短縮)を満たしている方が65歳になる前から年金を受け取れる制度のことです。 生年月日により60歳~64歳の間で支給開始年齢が異なりますが、65歳よりも早い段階から年金を受け取れる制度が特別支給の老齢厚生年金です。 ですが、例えば62歳から受け取れる人がいて、その方が 「本当は65歳からの受け取りに決まっているはずなのに、こんな早い時期から貰えるのは繰り上げ受給になってしまっているからでは?」と勘違いしてしまったとします。 その人は「このまま受け取ったら年金が減額される・・」と思い込んでしまい、 年金請求書が来ても65歳になるまで請求しないのです。 このような誤解により、65歳になるまで年金をもらわないケースがあるのです。 ただ、このケースでは65歳に請求すれば62歳からの3年分は全額受け取れるので、金銭的なダメージは特にありません。 注意すべきなのは、繰り下げて年金を増額しようとしている方です。 このような方は5年の時効に気を付けなければいけません。 「特別支給の老齢厚生年金」を繰り下げれば年金が増額すると思ってしまっている 年金は繰り下げて受給することで増額されることができます。 その繰り下げ受給の制度を利用し、特別支給の老齢厚生年金を受け取らずに年金を増額させようと考える方もいます。 これが2つ目の勘違いです。 ですが、この方法には致命的な欠陥があります。 それは 「特別支給の老齢厚生年金については、繰り下げ支給制度は適用されない」からです。 例えば62歳から貰える年金を65歳まで受け取らなかったとしても、 65歳から受け取る年金は一切増額しないのです。 先ほども解説しましたが、62歳から65歳までの3年分の年金を受け取るだけです。 それだけでなく、確定申告も修正しないといけないケースが出てくるので、より面倒になってしまうことも考えられるのです。 【豆知識】年金は5年以内に受け取らないと時効によって消滅することに注意! また、 年金を受ける権利が発生してから5年を経過してしまうと、時効によって消滅してしまいます。 例えば62歳から特別支給の老齢厚生年金の受給権が発生したのに、繰り下げようと考えて67歳以降も放置した場合、5年を過ぎた分の年金に関しては受け取れなくなってしまうのです。 5年以上を過ぎる方は少ないとは思いますが、せっかくの年金受取の権利が無駄にならないようにしたいですね。 【まとめ】年金請求書が来たら素直に請求しておきましょう 特別支給の老齢厚生年金は繰り上げ受給ではありません。 また、繰り下げても意味がないため、年金請求書が来たら素直に請求しておくのが正解となります。 この記事を書いた人 人気記事• 262,907pv 一番新しい個人年金保険のお勧め情報を掲載しています。 保険選びで迷っている方は是非とも参考にしてください。 200,134pv こんにちは!このブログを運営しているtakaです。 これでご飯を食べていま... 191,751pv 一番新しい学資保険のお勧め情報を掲載しています。 学資保険選びで迷っている方は是非とも参考にしてください。 171,362pv 「ライト!」の中の商品の一つです。 損をすることがないので気軽に加入することができる積立保険です。 144,753pv 一番新しいがん保険のお勧め情報を掲載しています。 保険選びで迷っている方は是非とも参考にしてください。

次の

「年金を繰上げしていますが支給停止になっています。」という社長の勘違いとは?

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 繰り上げ

支給開始年齢引き上げにともないできた年金 男性は1961年4月1日より前に生まれた人、女性は1966年4月1日より前に生まれた人が対象で、60代前半から65歳になるまでの期間に、厚生年金の一部が受け取れます。 一部とはいえ、65歳より前に年金がもらえるのはありがたいことですが、3つ問題があります。 ・年金事務所から送られてくる書類を提出していないともらえない ・もらい忘れていて、5年過ぎると「時効」になってもらえなくなる ・働いている場合、「65歳未満の在職老齢年金」のために金額が減らされることがある この記事では、3つの問題点について、注意すべきことを紹介します。 老齢厚生年金は2種類ある 老齢年金を受け取り始める年齢は原則65歳からですが、老齢厚生年金には60歳から64歳に受け取るものもあります。 つまり、老齢厚生年金には、「60歳代前半の老齢厚生年金 特別支給の老齢厚生年金 」と「65歳からの老齢厚生年金」の2種類があるのです。 ただし「60歳代前半の老齢厚生年金 特別支給の老齢厚生年金 」は、全ての厚生年金受給者が受け取れるものではありません。 この制度は年金制度の支給年齢引き上げの際にできた年金制度で対象となる年齢が決まっています。 60歳代前半にもらえる厚生年金とは 60歳代前半の老齢厚生年金 特別支給の老齢厚生年金 は、サラリーマンや公務員などの厚生年金、共済組合に加入した期間が合算して1年以上ある人に、60歳台前半から支給されます。 ただし、支給開始年齢は決められた生年月日の対象者のみになります。 「特別支給の老齢厚生年金」をもらうためには、次の5つの条件があります。 対象年齢以外は、もらえません。 65歳からもらえる厚生年金 65歳からの老齢厚生年金厚生年金に1か月以上加入すれば、65歳からは、老齢基礎年金に加えて厚生年金が支給されます。 この場合も当然、前提となる受給資格要件を満たしていなければ支給されません。 年金をもらう世代の大半は65歳 今回は、老齢厚生年金の受給についてご紹介いたしました。 制度の改定により、60代前半から厚生年金を受け取ることができる人はいますが、これから年金を受け取る世代の大半は65歳からしか年金は受け取れません。 過去に支給年齢が60歳から65歳に変更があったように、これからも年金制度は改定する可能性はあります。 現在の法律では、ほとんどの世代が65歳から年金を受けとることになっていますが、制度が変わることで、自分の年金の金額、支給開始年齢も変更される可能性があるということを覚えておきましょう。

次の

老齢厚生年金はいくらもらえる?繰り上げ・繰り下げすると支給額は?

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 繰り上げ

老齢厚生年金って何?受給資格や計算方法についてわかりやすく解説! 老齢厚生年金とは? 厚生年金に加入していた会社員や公務員が、65歳から 老齢基礎年金に上乗せして貰える年金が 老齢厚生年金です。 そう言われてもピンと来ない人が多いのではないでしょうか。 そこで今回はこの老齢厚生年金について詳しくご紹介していきましょう。 老齢厚生年金の受給資格と必要な加入期間について 老齢厚生年金って何? 老齢厚生年金は、基本的にサラリーマンなどの会社員が加入するもので、 国民年金よりも高額の保険料を納付することになっています。 つまりその分65歳からは 「老齢基礎年金+老齢厚生年金」の2本立てで貰うことができるようになるということです。 実は65歳以前から貰える!?今だけ適用される特別支給の老齢厚生年金って? 実は 「特別支給の老齢厚生年金」という制度があるのをご存知ですか? これは 60歳から64歳までの間も老齢厚生年金が特別に支給される制度です。 ただし特別支給の老齢厚生年金には 3つの受給要件があり、それを満たす人のみ受給することができます。 男性は昭和36年4月1日以前生まれ、 女性は昭和41年4月1日以前生まれの人• 老齢基礎年金の支給要件を満たしていること• 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上あること 老齢基礎年金って何? 通常の国民年金保険料のみを納付している人が、将来65歳から受け取れる年金のことを 「老齢基礎年金」と言います。 これは自営業やアルバイト、無職の方などが対象ですね。 「国民年金の保険料のみを支払っている」ということになりますので、将来は老齢基礎年金だけしか貰うことはできません。 老齢厚生年金の受給年齢は何歳から? 老齢厚生年金は、 生年月日や男女別で受け取れる年齢が異なります。 65歳前に受け取る厚生年金には 「報酬比例部分」と 「定額部分」とがありますが、生年月日によって下記のように変動します。 【60歳から「報酬比例部分」が受け取れる世代】 【60歳時点では「何も受け取れない」世代】 老齢厚生年金の受給資格と必要な加入期間について 老齢基礎年金の支給要件とは? 老齢基礎年金の支給要件ですが、これは 平成29年8月からその要件が変わりました。 今は 国民年金と厚生年金を合わせて「10年間の納付期間」があれば支給要件を満たしたことになります。 ちなみに 平成29年7月31日までは、2つ合わせて25年の期間が必要だったんですよ。 大幅な短縮ということになりますね。 ここで重要なのは 「国民年金と厚生年金の加入期間を合わせて」という点です。 つまり 「国民年金の加入期間が5年間」あったとしましょう。 そこから 「厚生年金に加入した期間が5年以上」ある場合は 5年+5年=10年となるため、受給資格期間を満たすことになります。 極端に言うと、 国民年金9年+厚生年金1年の組み合わせでも大丈夫なのです。 厚生年金に1カ月でも加入してると貰える これは 「会社に入って1ヶ月間だけでも厚生年金に加入している期間がある」のであれば受給資格を満たしているということです。 会社員として勤めた経験がある人は、おのずとクリアしている支給要件になるでしょう。 ただし1ヶ月だけ厚生年金に加入したとしても、貰える老齢厚生年金の額は 月給40万円あったとしても2,000円程度にしかなりません。 将来より多くの老齢厚生年金を受け取りたいのであれば、 継続的に会社員として働き、厚生年金保険に出来るだけ長く加入しておくことが必要になってくるのです。 反対に 一度も厚生年金に加入していない場合は老齢厚生年金は受給できません。 国民年金の老齢基礎年金のみの受給になります。 その者によって生計を維持している65歳未満の配偶者・一定の年齢未満の子がある場合• 配偶者・第1子・第2子1人につき:22万4300円• その者によって生計を維持している65歳未満の配偶者・一定の年齢未満の子がある場合• 配偶者・第1子・第2子1人につき:22万4300円• 第3子以降1人につき:7万4800円 60歳台前半の在職老齢年金の計算式• 60歳台後半の在職老齢年金の計算式• 早見表ですぐわかる!老齢厚生年金の金額をシミュレーション 受給額の早見表 法の改正により、時期によって貰える金額が違います。 平成15年3月までと平成15年4月以降の期間で異なりますので、下記の画像を参考に2つの表の数字を足してみましょう。 受給額をシミュレーションしてみよう もし「上記の画像でもよくわからないわ」という方は、下記のページで 受給額をシミュレーションしてみると良いでしょう。 60歳から64歳がもらえる在職老齢年金の支給停止額について 60歳から64歳までの在職老齢年金のしくみについて 65歳未満でまだ在職し、なおかつ厚生年金の被保険者となっている場合は、標準報酬相当額に応じて年金額が支給停止となる場合があります。 年齢の計算は「年齢計算に関する法律」に基づいて行われており、 「60歳に達した日」は、60歳の誕生日の前日になります。 例えば4月1日生まれの方が60歳に達する(した)日は、誕生日の前日の3月31日です。 請求時の年齢 増額率 66歳0ヵ月~66歳11ヵ月 8. 繰上げ支給の老齢厚生年金の年金額は、60歳から65歳に達するまでの請求時の年齢に応じて変わります。 本来の老齢厚生年金の年金額から、政令で定める額が減じられた額になるのです。 ただし 加給年金額は、受給権者が65歳に達するまでは加算されません。 保険料が高い厚生年金だからこそしっかり内容を把握しておこう! なんともややこしい仕組みである年金ですが、今回の記事でその仕組みを知ることが出来たのではないでしょうか。 国民年金だけを払っている場合: 老齢基礎年金• 厚生年金だけを支払っている場合: 老齢厚生年金• 両方支払っている場合: 老齢基礎年金+老齢厚生年金 これを把握しておくだけでも、将来貰える年金受給額を計算したりするのにとても便利ですよ。 自分の将来に関わる大事なお金の話ですので、ぜひ年金については知識を深めておきましょう。 関連する記事•

次の