ヤフオク ツール。 【出品】自動化・効率化!ヤフオク!役立ちサイト・ツールまとめ(オークション・フリマ)

オークション出品テンプレートやヤフオク支援ツールを無料配布

ヤフオク ツール

ヤフオクでツールを使うメリットとは ヤフオクでツールを使う一番のメリットは やはり 大量出品や落札相場のチェックが 非常に簡単にできることです。 一般の方がちょっと使う分には メルカリもヤフオクも 手間としてはあまり変わらないのですが ビジネスとして、または 引っ越しなどで大量に出品したい場合は ツールが充実しているヤフオクが一番です。 逆に、ツールを使うデメリットとは? ヤフオクでシステム変更がされて、 ツールが使えなくなる可能性があるのが 一番のデメリットといえるでしょう。 これは各ツールが ヤフオクのシステムを解析して作成されているためです。 たとえばメルカリの場合では、 以前、パソコンで使用できるツールがたくさんあったのですが、 システムの修正やツールの規制により ほぼすべて使えなくなりました。 あまりにツールに頼りすぎると危険かもしれない、 というのがデメリットといえるでしょう。 ただし、こちらで紹介している ヤフオクのツールはどれも 10年程度かそれ以上の歴史があります。 安心してお使いください。 また、 ツールの中には課金しないと 使えないものもあります。 大抵は無料プランも用意されているのですが 使いたい機能が有料プランにしか 含まれない場合もあるので、注意が必要です。 ヤフオクで使えるおススメなツール3選 メリットとデメリットを 理解していただいたところで、 ヤフオクで無料で使える とっておきのツールを3点ご紹介しましょう。 オークタウン(月額税別980円〜、無料プランあり)• AppTool(無料)• オークファン(月額税込み980円、無料プランあり) これらのツールはソフトをダウンロードすることなく あなたの使っているブラウザから使用できます。 無料で使う分には出品件数など 多少の制限がありますが、 今日から使えるスグレモノばかりです。 一括処理で時短• かんたん操作設計• いつでもどこでも• 安心のセキュリティ• 10年を超える実績• 無料 落札相場のチェックと自動入札をするなら「オークファン Aucfan 」 こちらのツール、は 国内のオークションやショッピングサイトを まとめて検索できるものです。 落札相場を調べて商品の相場が把握できるため、 自分で商品を出品する際の値付けには 欠かせないツールとなっています。 せどりや価格調査に非常に便利なツールですね。 まとめて出品できるわけではないのですが ツール内でも出品することが可能です。 また、 入札予約ツールも利用できるので 複数の商品の入札を予約することも簡単です。 主な特徴 次に、それぞれのツールをどのように活用していったら良いか?利用シーン別に見ていきましょう。 価格調査• 仕入れ、入札• 商品を出品する• 品中の管理• 売れなかった商品を再出品する 価格調査 なにをするにあたっても 大事なのは価格調査です。 リサイクルショップで見つけた商品も どれだけの利益があげられそうか 確認するのは非常に大事です。 また、ラクマのような フリマアプリのほうが 落札価格が低い傾向にあります。 フリマで仕入れて ヤフオクで販売するときも オークファンのような 価格の横断検索サイトは有効です。 仕入れ、入札 仕入れたいけれど販売していない場合、 オークファンを使えば 販売が開始されたら メールでお知らせしてくれます。 これで欠品の可能性もぐっと減ります。 またオークファンであれば 仕入れたい商品を ブックマークできるので まずは気になる商品をチェックして それからじっくり検討することも可能です。 商品を出品する 大量の商品を出品する際に 役に立つヤフオクツールが オークタウンやAppToolです。 例えば、オークタウンだと CSVを使って、ヤフオクに一括で新規出品できます。 いつも出品している商品であれば オークタウンとAppToolを利用して、 出品済みの商品データを使い 再出品することができます。 出品中の管理 開催中のオークションの管理は 数が多くなればなるほど大変です。 オークタウン、AppToolともども 商品への関心度を追跡できます。 アクセス数やウォッチ数が少ない商品には AppToolで「 注目」をさせることが可能です。 複数商品を「 注目」させることもできるので あまり目立っていない商材の販促になります。 落札後の評価 数品だと落札者の評価は簡単にできますが たくさん落札された場合は 意外と面倒なもの。 評価漏れがあると 落札者にも自分にも不利益です。 オークタウン、AppToolを利用すれば 評価もまとめてつけられます。 しかもテンプレートを使えますので 手間も最小限です。 売れなかった商品を再出品する 出品のタイミングが悪かった 商品の注目度が低かったなど どうしても売れ残ってしまう場合もあります。 そんなときでも、 オークタウンやAppToolを利用すれば 再出品もらくらく。 ヤフオクで在庫を抱えないためにも ツールを使っての再出品は とても有効ですよ。 ツールを使うときに気をつけるべき事、注意点とは 注意して欲しいのが、 ツールとヤフオクには取引関係はない ということです。 つまり、ヤフオクが仕様を変更し ツールが使えなくなったり利用が禁止されても 一切文句はいえないのです。 とはいえ、 オークタウンは8年 AppToolは10年 オークファンについては 前身の個人サイトから数えると 18年の歴史がありますので そうそう使えなくなることはないでしょう。 もちろんヤフオクの仕様変更に対応するため 一時的に使えなくなることはあるかもしれません。 【まとめ】 今回、紹介した3つの ヤフオクで使えるツールの機能をまとめると 以下の表のようになります。

次の

macユーザー必見!ヤフオク出品ツールまとめ

ヤフオク ツール

ヤフオクでツールを使うメリットとは ヤフオクでツールを使う一番のメリットは やはり 大量出品や落札相場のチェックが 非常に簡単にできることです。 一般の方がちょっと使う分には メルカリもヤフオクも 手間としてはあまり変わらないのですが ビジネスとして、または 引っ越しなどで大量に出品したい場合は ツールが充実しているヤフオクが一番です。 逆に、ツールを使うデメリットとは? ヤフオクでシステム変更がされて、 ツールが使えなくなる可能性があるのが 一番のデメリットといえるでしょう。 これは各ツールが ヤフオクのシステムを解析して作成されているためです。 たとえばメルカリの場合では、 以前、パソコンで使用できるツールがたくさんあったのですが、 システムの修正やツールの規制により ほぼすべて使えなくなりました。 あまりにツールに頼りすぎると危険かもしれない、 というのがデメリットといえるでしょう。 ただし、こちらで紹介している ヤフオクのツールはどれも 10年程度かそれ以上の歴史があります。 安心してお使いください。 また、 ツールの中には課金しないと 使えないものもあります。 大抵は無料プランも用意されているのですが 使いたい機能が有料プランにしか 含まれない場合もあるので、注意が必要です。 ヤフオクで使えるおススメなツール3選 メリットとデメリットを 理解していただいたところで、 ヤフオクで無料で使える とっておきのツールを3点ご紹介しましょう。 オークタウン(月額税別980円〜、無料プランあり)• AppTool(無料)• オークファン(月額税込み980円、無料プランあり) これらのツールはソフトをダウンロードすることなく あなたの使っているブラウザから使用できます。 無料で使う分には出品件数など 多少の制限がありますが、 今日から使えるスグレモノばかりです。 一括処理で時短• かんたん操作設計• いつでもどこでも• 安心のセキュリティ• 10年を超える実績• 無料 落札相場のチェックと自動入札をするなら「オークファン Aucfan 」 こちらのツール、は 国内のオークションやショッピングサイトを まとめて検索できるものです。 落札相場を調べて商品の相場が把握できるため、 自分で商品を出品する際の値付けには 欠かせないツールとなっています。 せどりや価格調査に非常に便利なツールですね。 まとめて出品できるわけではないのですが ツール内でも出品することが可能です。 また、 入札予約ツールも利用できるので 複数の商品の入札を予約することも簡単です。 主な特徴 次に、それぞれのツールをどのように活用していったら良いか?利用シーン別に見ていきましょう。 価格調査• 仕入れ、入札• 商品を出品する• 品中の管理• 売れなかった商品を再出品する 価格調査 なにをするにあたっても 大事なのは価格調査です。 リサイクルショップで見つけた商品も どれだけの利益があげられそうか 確認するのは非常に大事です。 また、ラクマのような フリマアプリのほうが 落札価格が低い傾向にあります。 フリマで仕入れて ヤフオクで販売するときも オークファンのような 価格の横断検索サイトは有効です。 仕入れ、入札 仕入れたいけれど販売していない場合、 オークファンを使えば 販売が開始されたら メールでお知らせしてくれます。 これで欠品の可能性もぐっと減ります。 またオークファンであれば 仕入れたい商品を ブックマークできるので まずは気になる商品をチェックして それからじっくり検討することも可能です。 商品を出品する 大量の商品を出品する際に 役に立つヤフオクツールが オークタウンやAppToolです。 例えば、オークタウンだと CSVを使って、ヤフオクに一括で新規出品できます。 いつも出品している商品であれば オークタウンとAppToolを利用して、 出品済みの商品データを使い 再出品することができます。 出品中の管理 開催中のオークションの管理は 数が多くなればなるほど大変です。 オークタウン、AppToolともども 商品への関心度を追跡できます。 アクセス数やウォッチ数が少ない商品には AppToolで「 注目」をさせることが可能です。 複数商品を「 注目」させることもできるので あまり目立っていない商材の販促になります。 落札後の評価 数品だと落札者の評価は簡単にできますが たくさん落札された場合は 意外と面倒なもの。 評価漏れがあると 落札者にも自分にも不利益です。 オークタウン、AppToolを利用すれば 評価もまとめてつけられます。 しかもテンプレートを使えますので 手間も最小限です。 売れなかった商品を再出品する 出品のタイミングが悪かった 商品の注目度が低かったなど どうしても売れ残ってしまう場合もあります。 そんなときでも、 オークタウンやAppToolを利用すれば 再出品もらくらく。 ヤフオクで在庫を抱えないためにも ツールを使っての再出品は とても有効ですよ。 ツールを使うときに気をつけるべき事、注意点とは 注意して欲しいのが、 ツールとヤフオクには取引関係はない ということです。 つまり、ヤフオクが仕様を変更し ツールが使えなくなったり利用が禁止されても 一切文句はいえないのです。 とはいえ、 オークタウンは8年 AppToolは10年 オークファンについては 前身の個人サイトから数えると 18年の歴史がありますので そうそう使えなくなることはないでしょう。 もちろんヤフオクの仕様変更に対応するため 一時的に使えなくなることはあるかもしれません。 【まとめ】 今回、紹介した3つの ヤフオクで使えるツールの機能をまとめると 以下の表のようになります。

次の

ヤフオクに自動で入札するツールいろいろあるけど結局アレが最強!

ヤフオク ツール

入札率が大幅向上! @即売くんを使って出品されたオークションは、使用しないものに比べて入札率が大幅に向上することがあります。 【参考データ】 「液晶」をキーワードに調査した結果、6. 39%( 即売くんの使用あり)3. 58%(使用なし)となり、入札率は通常比178%となっています。 288パターンのデザイン! その時の気分や商品に応じて使い分けてみてください。 サンプルとして4つの作成イメージを掲載します。 タイプ:ノーマルA/カラー:パステルの作成イメージ タイプ:インデックス/カラー:ブルーの作成イメージ タイプ:タブA/カラー:ビッダーズカラーの作成イメージ タイプ:キューブD/カラー:パステルの作成イメージ 送料の自動計算機能 即売くんを使えば17種類の配送サービスの送料を自動計算できます。 対応配送サービス:ヤフネコ! パック(宅急便、ネコポス)ヤマト運輸(クロネコ宅急便)、佐川急便(宅配便、飛脚メール便)、ゆうパック おてがる版 、ゆうパック、カンガルー便、郵便局(クリックポスト、レターパック、ゆうメール、ゆうパケット、ゆうパケット おてがる版 、スマートレター、定形外、定形、ミニレター)17サービスです。 ネットバンクへ簡単ログイン 即売くんのマイリンク機能を使うと、ネットバンクへのログインが2クリックで行えます。 マイリンク対応銀行:ジャパンネット銀行、楽天銀行、新生銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、ソニー銀行、イオン銀行、じぶん銀行の14行です。 ネットバンキング以外にYahoo! 、楽天へのログインにも対応しています。 00 ヤフネコ!

次の