絶対に負けるオセロ。 最弱オセロとは:絶対に負けられない戦いが、そこにはある

オセロに勝つ為の簡単なコツ3選!コレを覚えるだけで勝率大幅アップ!

絶対に負けるオセロ

世界最弱のオセロAI作りました すでにたくさんの方にプレイされて、いまの戦績は5勝2110敗4引き分け! 負けられるなら負けてみてくれ!— 吉田 拓真 TakuAtCoder1 このAIを使ったゲームが、7月25日の夜に公開された「最弱オセロ」。 リリースされてから間もない、7月25日の22時52分時点では「5勝2110勝4引き分け」と、AIが圧倒的に負けている。 そして、公開されてから約7日経った、8月1日の19時00分時点では「1729勝465804敗73引き分け」と、勝ち数は増えたものの、圧倒的に負けている。 一体、何のために作ったのか? 「最弱オセロ」の開発者でAVILENのCTO、吉田拓真さんに開発した理由を聞いた。 当時、囲碁AI「アルファ碁」が出てきて、自分も同じようなものを作りたいと思い、興味を持ちました。 それに加え、ディープラーニング(深層学習)の勉強もしたかった、という面もあります。 その動画もAIを使っていて、そのAIは負けようとはしてくるのですが、それほど弱くはなかったため、もっと弱いAIを作ろうと考えました。 負けるコツはある? まず前提として、「最弱オセロ」が打つ手は、一手一手すべてに意味があるので、最初の一手から考えて打つ必要があります。 コツとしては、あくまでも私の予想ですが、相手の打てる場所を減らすように打っていくことです。 オセロは相手が打てる場所を減らすことが大事で、そうすると、終盤、自分が好きな場所に打てるようになるかもしれません。 あとは、相手になるべく角をとらせることでしょうか。 「最弱オセロ」に人間では負けられないと思っていました。 理由は定かではありませんが、公開した日(7月25日)の夜から多くの人に広まり、オセロの有段者がプレーしていて、「最弱オセロ」がかなり研究されているようなんです。 有段者に何度もやって研究されると、人間が「最弱オセロ」の弱さを上回ってしまうということだと思います。 「最弱オセロ」が勝ってしまっていることについては、私はとても興奮していて、みなさんが楽しんでくれているとプラスに捉えています。 あくまでも一時的なので、今は元に戻しています。 2つ目は、AI自体を学習させたこと。 3つ目は、「何手先まで読む」という設定を変えたことです。 元々は7手先だったのを9手先にしました。 どんなことに応用しようと考えている? 正直なところ、あまり考えていません。 あくまでも会社全体での遊び、エンタメです。 ただ、「最弱オセロ」によって、AI時代の可能性を感じました。 「最弱オセロ」に負けるコツは教わったので頑張って負けてみよう。 そして、吉田さんの開発理由は「ディープラーニングの勉強」のためということだったので、今回の反響を糧に、世界を驚かすようなAIを開発してくれることを期待したい。

次の

負けられるもんなら負けてみろ!?絶対勝たないオセロAIが50万回負け更新中!!:放送と通信の地殻変動

絶対に負けるオセロ

世界最弱のオセロAI負けるのが難しすぎwwプレイはこちら! AVILEN社CTOである吉田拓真さんという方が作ったオセロAIが弱すぎると話題になっています! こちらがその本人のツイートになりこちらからその最弱AIとのオセロ対戦が楽しめます! 僕もやって見ましたがまったく負けることができなくて難しかったです。 逆転の発想。 【画像で見る:最弱オセロの遊び方】 今回公開された「最弱オセロ」は、PC・スマホを問わずに楽しめるゲーム。 通常は「盤面の石を1つでも多く自分の色に染めた方が勝ち」というルールですが、最弱オセロはその真逆。 盤面上に1つでも自分の石を残さないことで勝ち、つまり負ければ勝ちというルールが採用されています。 ゲームのリリースから間もなく、TwitterではAVILEN社CTOの吉田 拓真( TakuAtCoder1)さんが「負けられるなら負けてみてくれ!」とツイートし、4000件以上のリツイートされるなど話題に。 「AIが負けるように駒を配置してくるから勝つのと同じくらい難しい…」「10回以上やりましたが絶対負けること出来ないですね。 まいりました」「負けようとしても勝ってしまう!強い(いや、弱い!か?)」など、AIにどうしても負けられない人たちからの悲鳴が上がっています。 ねとらぼ編集部でもこのゲームをプレイしてみたところ5戦5勝。 何とか角を取らないでおこうと思っても、どんどん追い詰められて4つ角を取ってしまい、AI相手にボロ勝ちの状態が繰り返されました。 なお記事執筆時点(7月28日12時時点)でのAI戦績は120勝101795敗26引分となっています。 yahoo. 逆に負けた人は誇って良いのがおもしろいですねww 逆に本気で負けてみた!っていう動画が話題に!.

次の

オセロで、負ける方法。ネットでオセロをやってるんですが、ほ...

絶対に負けるオセロ

オセロで 「序盤は少なく取る」と言うことを意識するようになって、 それまでに比べて勝率が上がりました。 ですが 別の問題が発生しました。 相手が最初から沢山取ってくる人は今でも多いのですが、 序盤から常に全滅を狙って打ってくる人が怖いです。 実際に全滅してしまったこともあります。 やっぱり全滅をしないためにも沢山取った方が良いのでしょうか? と言った趣旨の質問を結構頂きました。 やっぱりオセロ上達における最初の壁なのかも知れませんね。 実は相手が大量取り型の場合、 ある程度実力付いてくると、 先まで読んで全滅しない打ち方が出来るのですが・・・ 「初心者卒業!そして初級者の仲間入り」ぐらいの時期って、まだ数手先を読むのは難しいんです。 だから、 打ってしまってから、「あ、やっちまった\(^o^)/」 なんてケースが意外と多い。 大丈夫! いくつか対応方法がありますのでここで紹介しますね。 自分の石を貫通させる。 では、実際の流れみたいなものを… 白が大量取り型だとしますね。 「>>」で8手進めて、次の黒を考えてください。 これでも、 次黒e3やg4に打てば貫通状態になるので大丈夫なんだけどね。 (ちなみに、c4 or g6に打つと死にます。 ) ただ、 あまり貫通するような手を連発する必要はないです。 石数少なくなりすぎて、 ちょと怖いと感じた時くらいで十分です。 あまり取り過ぎると、本当に不利になってしまうからね。 一辺だけでも確保しておく 初心者の打ち方の特徴で、 と言う項目を紹介しました。 後ほど詳しく紹介しますが、 基本的に辺の取り過ぎは不利になりやすいです。 じゃあ、 辺は一切取らない方が良いのか? と聞かれると、そうとも限らないです。 寧ろ相手が序盤から沢山取る人だと、辺も沢山取りたがる傾向にあります。 なので、ある程度辺のやり取りが出来るくらいまで手数が進んできたら、 1辺だけでも良いので取っておこう。 それだけで全滅の危険はほぼ無くなります。 ちょと盤面でも軽く紹介。 貴方は黒の立場です。 次どこに打ちましょうか? 「>>」で1手進めると、正解が出ます。 黒d7と打てば、2方向返したことになります。 もし次の白が黒の石を沢山取る目的でd8に打った場合を考えると、 e6の黒は残りましたね。 (分かりづらかったら巻き戻して見てみて下さい。 ) このように 2方向に石を取れば、その全てを次の相手の番で全部取り返せる手というものは中々ありません。 結果全滅のリスクを減らせます。 ただし、 2方向返しである以上、最低でも2石は取ります。 場合によっては3石、4石と大量に取ることも多いです。 よってあまり乱用すると、今度は自分の石が序盤から増えすぎて、ここまで繰り返し述べているように、終盤に掛けて撃てる場所がなくなって負ける運命になります。 あくまで、全滅させられそうで少し危機感を感じた時に少し多めに取り、 安定してきたら再び少な目に取っていく、と言う意識を持っておこう。 結局のところは…慣れましょうw.

次の