アドセンス 収益。 YouTube収益化はアドセンスとは別物!知っておくべき違いやルール

【アドセンス】1日1000円の収益達成!PV数・クリック数公開【月収10万円へ上げる方法】

アドセンス 収益

アドセンスとは アドセンスはグーグルのサービスの一つで正確にはと言います。 多くのブログやウェブサイトの記事を見ていると「スポンサーリンク」として下のような広告を見かけます。 これがアドセンス広告です。 みなさんも見たことあると思います。 サイトを訪問した人がその広告をクリックすると、グーグルからサイト運営者に報酬が支払われる仕組みになっています。 アドセンスで表示される広告はグーグルが自動で選択しますので、サイト運営者は広告の表示位置を指定するだけでよいです。 なおアドセンス広告は、本来はサイトの内容に沿ったものが表示されることになっています。 しかし最近は、訪問者個人がこれまでによく見てきたサイトの内容に沿った広告が表示されることが多いです。 アドセンスで期待できる収益 アドセンスを導入すると、どの程度の収益を期待できるのでしょうか? アドセンスはクリック報酬 アドセンスは、上にも書きましたようにサイトの訪問者が広告をクリックすると、グーグルからサイト運営者に報酬が支払われるクリック報酬の広告です。 ですから1クリックで何円の収入になるかが1つのキーになります。 実際には広告によって千差万別で、およそ1クリックで1円~数百円とされています。 中には1クリックで数千円またはそれ以上の金額になる場合もあるようです。 一般的には金融関係や転職などの分野が高額になりやすいと言われています。 1ヶ月のおおよその報酬は? 上で1クリックの単価を説明しましたが、1ヶ月の収入となると、これに1ヶ月間のクリック数をかける必要があります。 広告が貼られているページが訪問されても必ずしも広告がクリックされるとは限りません。 そもそも、そのページが1ヶ月に何回見られるかに影響されます。 不確定要素が多くて正確な予測値を出すのは不可能ですが経験則はあります。 経験的には月間ページビューの0. 3~0. 7ぐらいになると言われています。 つまり広告の貼ってあるページが例えば1ヶ月に10万回見られれば、アドセンス収入は3~7万円程度になることが多いということです。 月間ページビューが数千回とか少ない場合はこの幅から外れることもありますが、ページビューが多くなれば、おおよそこの範囲に入ってくるようです。 副業としてのアドセンスのメリット・デメリット ここで副業という観点から主にアフィリエイトと比較してのアドセンスのメリット、デメリットを整理しておきます。 アドセンスのメリット アドセンスはとにかく手軽なのがメリットです。 好きな分野で記事が書ける アフィリエイトで収入を得ようとすると必然的にアフィリエイト案件がある分野を選んで記事を書くことになります。 しかしアドセンスの場合は、どんな分野の記事を書いても自動的に記事の内容に合った広告や、訪問者が今までに見てきたサイトの内容に沿った広告が表示されます。 よって自分な好きな分野でサイトを作って記事を書くことができます。 自由に記事が書ける ページの中で広告を表示したい場所を前もって設定しておけば、広告そのものはグーグルが自動的に表示します。 したがってどんな内容の広告が表示されるのか、サイト運営者には分かりません。 またアドセンスのルールで、広告へのクリックを誘導するような文言をページに記載することは禁じられています。 よって逆に言えば、広告のことは気にせず自分が書きたいように記事を書くことができます。 広告をクリックしてもらうために、誘導する文を書かなくてはならないアフィリエイトとは大きな違いです。 安定性 アフィリエイトの場合は広告主の都合によって突然、案件が終了となる、つまりその後は収益がゼロになることがあります。 一方、アドセンスには非常に多くの広告主が参加していますので、一部の広告主が撤退することがあってもサイトの収益には影響しません。 アドセンスのデメリット アドセンスにもアフィリエイトと比べていくつかのデメリットがあります。 収益が低い アドセンスとアフィリエイトとでは「クリック」と「購入」など収益化の条件は異なり、単純に比較はできません。 しかし同じページビュー数なら報酬の高いアフィリエイト広告を貼っているサイトの方が収益が高いケースが多いです。 ルールが厳しい アドセンスには広告を掲載するにあたって細かいルールがたくさんあります。 (詳しくは後で書きます) 広告を掲載した後も、日々、このルールに従って自動的にあるいは人の目によって、サイトがチェックされています。 これに違反するとグーグルから警告のメールが届き、すぐに対処すれば問題ないことも多いですが、最悪の場合はアカウント停止になることもあります。 アドセンスの始め方 アドセンスを始めるにはグーグルに審査を申請して承認される必要があります。 ただ自分でブログなどを運営していれば、あまり手間をかけずに始めることができます。 申請・審査までの流れ グーグルにアドセンスを承認されて広告が有効になるまでの流れは以下のようになります。 サイト(ブログなど)を作る• 記事を書いていく• AdSenseアカウントを作成する(から「お申し込みはこちら」をクリック)• アドセンスの広告コードを取得する• 広告コードをサイトに掲載する• グーグルに承認される(アドセンスアカウントが有効になる)• アドセンス広告が有効になる 申請にあたっての注意点 人によってはAdSenseアカウントが有効にならない(審査が通らない)ことがあるようです。 AdSenseアカウントを作成する(申請する)前にAdSenseヘルプでサイトの条件を確認しておくようにしましょう。 まず「AdSense コンテンツ ポリシーの詳細」として次のようなコンテンツが「禁止コンテンツ」として記載されています。 ・アダルト コンテンツ ・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ ・危険または中傷的なコンテンツ ・危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ ・アルコールに関連するコンテンツ ・タバコに関連するコンテンツ ・ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ ・ヘルスケアに関連するコンテンツ ・ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ ・報酬プログラムを提供するページ ・不適切な表示に関連するコンテンツ ・衝撃的なコンテンツ ・武器および兵器に関連するコンテンツ ・不正行為を助長するコンテンツ ・違法なコンテンツ またサイトのプライバシー ポリシーは必須コンテンツとしています。 このほかにもAdSenseヘルプには多くの情報が掲載されていますので事前に目を通しておきます。

次の

アドセンス収益で月10万円稼ぐ目安は?PV数と記事数を解説!

アドセンス 収益

今回は アドセンスで月10万円稼ぐための20のTipsをまとめてみました。 ちなみに私は4年前にアドセンスブログを始め、4年間で 337万7813円のアドセンス収入となっています。 以下はアドセンスの収益レポートです。 今は 月15〜20万円がアベレージですね。 ちなみに今は アドセンスよりも特別単価のバナーの方が稼ぎやすいので、今はほとんど掲載していません。 最近のアフィリエイト収益については以下でまとめているのでぜひ。 また、他の記事でも クリック単価・クリック率の上げ方をまとめています。 グーグルアドセンスの収入を上げるための20のTips 本記事では 「アドセンス収入が全くない!」という人に向けて、私が月20万を超えたために使った 「稼ぐためのコツ」を20コにまとめました。 ブログアフィリエイトをやっている方は必ず収益がアップすると思うので、ぜひ活用あれ! 1)記事下には絶対にアドセンスを貼れ! 最もクリック率が高いのは記事の下です。 これが基本! サイトタイトルの近くなどヘッダー付近は訪問者の目に入りやすいのですが、基本的にクリック率がかなり低いため、あまりオススメできません。 訪問者はコンテンツを見にくるので 記事を読む前に広告をクリックすることは少ないです。 実際にアドセンスのレポートを見てみても コンテンツ前にあるバナーのクリック率はかなり低めです。 記事を読み終わった後はクリック率がかなり高くなるので、まずは 記事の直後にバナーを貼って成果を出しやすくしましょう。 2)アドセンスはとにかくデカいバナーを貼れ! アドセンスで 大きなサイズのバナーを貼るメリットは2つあります。 1つは単純に サイズが大きいほどクリック率が高くなること。 そしてもう1つが 広告単価が上がるということです。 Google社員が語っていたので間違いないのですが、 「大きい広告を貼ると残り2つの広告単価も上がる傾向にある」そうです。 これだけでも クリック単価とクリック率を両方上げることが可能です。 3)アドセンスはこんな位置には絶対貼るな! アドセンスを貼ってはいけない位置として、一番ダメなのは ヘッダーの右側です。 よくタイトルロゴを左、アドセンスを右に表示しているサイトがありますが、まず人の目線が行きにくい部分ですし、データとしてクリック率も非常に低い傾向にあります。 フッター部分も非常にクリック率が低いのであまり掲載しない方がいいかも。 4)アドセンスの掲載位置はここがおすすめ! まず、アドセンスブログで稼ぐなら 1ページに3つ貼ることが前提になります。 そして、おすすめの位置が 記事の上部・記事の下部・サイドバーです。 Google Adsenseの公式でも上記の位置がおすすめされていますが、 ・自分でクリックしてはいけない ・ユーザーにクリックを促してはいけない ・広告を分かりにくくしてはいけない ・アダルトコンテンツに載せてはいけない ・パクった記事に載せてはいけない ・違法なことに関する記事はダメ ・ポップアップや追尾させてはダメ ・1ページに4つ以上のコンテンツ向け広告はダメ ・お小遣いサイト・ポイントサイトの紹介はダメ 詳細はに載っているので、ガイドラインを読んでおくと安心ですよ。 6)誤クリック狙いはトータルで損になる! よくスマホの広告で誤クリック狙いの配置を見かけますが、実はこれ、 クリック単価を大きく下げる原因になるんです。 Googleでは クリック後のCVR(成果率)も計算されているので、同じクリック数でも成果が出るサイトの方がクリック単価が高くなります。 つまり、誤クリックばかりだと成果が全く出ないので、 そのドメイン自体のクリック単価を下げられてしまうんですね。 Googleアドセンスも広告主あってのサービスなので、クリック後のことも考えて、紛らわしい部分への掲載はやめた方がいいでしょう。 7)ホットな話題はアクセスを集めやすいが、賞味期限は短い! テレビや芸能人関連のホットな話題はアクセスが集めやすく、アドセンスでの収入を一気に増やします。 しかし、キーワードの鮮度がすぐになくなってしまいますし、ブログに関係のないホットワードは成果率も低いので、 話題のキーワードは長い目で見るとあまり狙わない方がいいとも言えるでしょう。 ただ、 自分のブログジャンルに関連したホットなニュースに限っては、被リンクを稼ぐのに最適です。 ニュースをすばやく扱うためにも、関連ブログなどをRSS登録してアンテナを張っておくとよいでしょう。 8)ホットな話題を狙うなら先読みしろ! 通常、ホットな記事を書いても Googleに拾われるまで時間がかかるので、ほとんどの場合、ニュースが落ちついてからGoogleに拾われてしまいます。 そのため、 あなたのブログジャンルに関連したニュースが出そうな場合は先読みして記事で取り上げましょう。 新作映画・人気コミックの新刊情報など、先読みだけでアクセスを集めて稼いでいるアドセンスブログもたくさん存在します。 自分のジャンルのニュースを先読みすることで、ユーザーを前もって自分のブログに誘導できるでしょう。 9)狙うならどのジャンルがいいの? 単純にアドセンスブログで考えるなら クリック単価が高いジャンルを狙うのもいいでしょう。 具体的にクリック単価が高いジャンルとして、 不動産・クレジットカード・キャッシング・就職や転職サイト系・投資関連がクリック単価が高くなっています。 これらは広告主もたくさんいることが多いので成果アフィリエイトに誘導することも出来るのも大きな利点ですね。 基本的にパソコンと違ってディスプレイが狭いので、縦長や横長の広告はクリックされづらい傾向にあります。 スマホからのアクセスが多いのであれば、サイドバーには 縦長ではなく四角いサイズを使った方がいいでしょう。 11)狙うキーワードから派生するワードをリスト化しろ! 狙うキーワードをなどで決めたら、次は狙っているワードから派生するキーワードも狙いましょう。 関連キーワードはで探せるので、リスト化しておいてブログ記事を書くときに使うと効果的です。 12)キーワードは詰め込まないように2つずつ狙え! 狙うキーワードをリスト化すると、ついタイトルにキーワードを詰め込みすぎてしまう人も多いです。 しかし、 キーワードの詰め込みはスパムになりやすく、ユーザーにとって良いタイトルにもなりません。 1ページにつき1つ〜2つのキーワードを狙って書いた方が結果的に上位表示しやすいですね。 検索エンジン向けに書くのではなく、 あくまで人に読みやすいタイトルをつけるのが大事です。 13)12月と3月はクリック単価が上がるよ! 実はアドセンスでは クリック単価が上がる時期があり、それが 年末の12月と 年度末の3月です。 12月と3月は広告代理店の予算が最後に使われるのと、Googleの営業ノルマもこの時期で追い込むため、クリック単価が高い傾向にあります。 この時期は何もしなくても若干、収入が増えることが多いので覚えておくと混乱しませんね。 14)Googleアドセンスで稼ぐにはPVを増やすこと! クリック単価は基本的には大きく上げることができないので、アドセンスの収入は PV数と クリック率で決まります。 クリック率を上げるのにも限度があるので、アドセンスで稼ぐには とにかくPVを稼ぐしかありません。 100クリックされれば単価30円で3000円の収入になるので、 月間30万PVで月9万円の収入を稼ぐことが可能です。 コンテンツの数と被リンクを稼ぐことが基本ではありますが、記事の下に 「関連コンテンツ」を表示したり、 サイドバーに人気ページを掲載するなどで、1ユーザーあたりのPV数を稼ぐのも大事です。 15)初心者ははてなブログかWordpressがおすすめ! アドセンスブログを作るなら、なるべく有料のブログサービスやレンタルサーバーを使いましょう。 無料の場合は アドセンスの掲載が禁止の場合が多いですし、そもそもサービス側の広告が表示されていることも多いです。 WordPressであれば アドセンスを特定の位置に貼ってくれるプラグインもありますし、PVを増やすための 関連記事を表示するプラグインなども充実しています。 はてなブログであればWordpressよりも簡単にブログを作ることができますし、有料アカウントを1つ持てば 10サイトまで作ることが出来るのでオススメ。 16)アドセンス狩りはこう予防しろ! たくさん稼いでいるとアドセンス狩りに合う可能性も上がるので対策をまとめておきます。 アドセンス狩りとは同一IPからクリックをくり返すことで、Google Adsense側に不正クリックだと思わせてアカウントを抹消させることです。 ただ、今ではすぐにアカウント停止にはなりませんし、もあるので、不自然なクリックがあったら報告してしまえばOKです。 ちなみに予防策として 「サイトの認証」で「特定のサイトだけに広告を表示する」にしておくのも大事です。 アダルトサイトや掲示板に広告タグを貼られても非表示にすることができますよ。 詳しくは以下の記事でもまとめているのでぜひ。 17)アドセンスアカウントが停止したらこう対処しろ! もし、あなたのアドセンスアカウントが停止されてしまったら、まずは原因を考えましょう。 ・自分でクリックを繰り返していないか ・アドセンス狩りにあっていないか ・不適切なページにアドセンスを載せていないか ・誤クリックを狙うような位置にアドセンスを載せていないか ・クリックを促すような文言を入れてないか 上記で掲載した違反項目を確認してから、原因を取り除き、もう大丈夫だと確信できたら Googleで再審査をお願いしましょう。 あまりに悪質な場合を除けば、アカウント停止は免れますのでしっかりとガイドラインに沿ったブログ作りを心がけましょう。 18)アドセンスの平均クリック率はどれくらい? アドセンスの平均クリック率はアドセンスのみで稼いでいるブログの場合は 0. 成果広告メインで、サブとしてアドセンスを使っている人は0. 2〜0. アドセンスブログをやるのならば 最低でも1. 0〜1. クリック率の上げ方はこちらでまとめています。 19)アドセンスの平均クリック単価ってどれくらい? 単価についてはジャンルによって大きく変わり、パソコンとモバイルでもクリック単価が変わってくるので一概には言えません。 ただ、平均では1クリックあたり35円となっており、 パソコンでは1クリック40円・モバイルでは平均30円となっています。 モバイルの場合はバナーサイズの大きい広告が表示できないため、単価もサイズと比例して下がるようになっています。 クリック単価の上げ方についてはこちら。 20)月10万円稼ぐためにどれくらいの記事数がいるの? これはジャンルにも記事のクオリティにもよるので難しいのですが、私の場合、新規ブログを作って 5記事のみで月4万円まで到達したこともあります。 うまくバズると少ない記事でも稼ぐことは可能ですが、通常はロングテールコンテンツを増やしていき、 100記事以上はないと多くの人は月10万円に到達しないでしょう。 闇雲に記事数を増やしても効率が悪いので、 有益かつロングテールの記事を書いていくことをオススメします。 結局、ユーザーに役立つコンテンツこそ、最短の道ですので。 以上、アドセンスで稼ぐための20のTipsまとめでした! ブログアフィリエイターの方はこれらの方法だけでも、収益をグっと増やすことが出来ますので、ぜひお試し下さいませ。

次の

アドセンス収益の公開【OKか違反か?】直接質問してみた!

アドセンス 収益

10倍にすれば1万回表示された時、100倍にすれば10万回表示された時にいくらぐらい稼げるのかを簡単に予想することができます。 インプレッション収益(RPM)は、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額を表します。 インプレッション収益は実際の収益額ではありません。 見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。 参考: インプレッション収益の計算例と平均値 あなたのサイトのデータが以下の場合だった時のインプレッション収益を算出してみましょう。 インプレッション収益(RPM)・・・広告の表示回数に対する見積もり収益額• ページRPM・・・PV数に対する見積もり収益額 Googleアドセンスで稼ぎたい場合、重要になるのはページRPMの方です。 アドセンス広告は1ページに複数個貼っているはずですし、ページやサイトによっても広告の数は異なります。 1,000ページあたりの収益がわかれば、その後PV数が伸びた時にいくら稼げるのか予測が立てやすいのです。 インプレッション収益とページRPMは、Google Adsenseのレポート画面でチェックすることができますので自分で計算することはありません。 1万PV・・・6,500円• 10万PV・・・・65,000円• 30万PV・・・195,000円• 100万PV・・・650,000円 インプレッション収益を上げるためには? ご自身の1ヶ月のCPCとCTRを見ていただくとわかると思いますが、CTRが高くCPCが高いものほどページのRPMは高くなっています。 たまにCPCが高い広告をクリックされた時などはRPMが高額になっているのを確認されたことがある方も多いでしょう。 このインプレッション収益の値が低くなっているとPV数が上がっても中々報酬が伸びてきません。 僕のサイトでもいい感じに稼げているものは 300円近くになっていることが多いです。 問題なのは、僕の手持ちのサイトの中にページRPMが62円というサイトがありますが、1万pv獲得したところで620円にしかならないんですよね・・・。 これくらいのインプレッション収益だとやはりアクセスを集めたところでそこまでの収益は期待できません。 こういったサイトの場合はアドセンス以外のキャッシュポイントを作っていかないと実際厳しいです。 インプレッション収益を高くするために一番重要なのは ジャンル選びということです。 広告の位置が最適化されていないのでしたら、貼り直せばどうにかなると思いますが、最適化されている場合はどうしようもありませんからね。

次の