ベイカー 農場。 バイオ7のベイカー家での犠牲者リスト|バイオハザード7

【バイオハザード7】イーサンは何者?その正体に迫る。

ベイカー 農場

廃屋地下室で発見するベイカー家による犠牲者リスト バイオハザード7の舞台、ルイジアナ州ダルウェイのベイカー農場に、3年前に失踪した妻ミア・ウィンタースを探しに行った夫イーサンが、廃屋の地下牢で目にした犠牲者と思われるリスト 写真下参照。 これをテキストに起こしました。 まずは1ページ目 表側• 表記なし• ヘイディ• クライド• リンゼー• スティーブン• ナサニエル• エドワード• ナディーン• アレックス• レイド• スーザン• ジョセフ• デイビッド• 死亡 次に2ページ目 裏側• ハロルド• アーサー• タマラ• クレイグ• レイラ• ショーン• ウィリアム• トラヴィス• ピーター• アンドレ• クランシー• 2ページ目が12人。 合計が26人。 分類 死亡となっているのは、1ページ目が8人。 2ページ目が7人。 合計15人。 転化となっているのは、1ページ目が5人。 2ページ目が4人。 合計9人。 男女比 男女比では女性が少なく、推定ではミア、リンゼー、スーザン、タマラ、レイラ、の5名です。 26人中の5名ですから約19%。 ミアを除くと25人中4名で16%です。 ミアとクランシー このなかで特殊表記はミアとクランシーですが、ミアはエブリンの母親役として生かされている状態なので特別としても、変わっているのはクランシーです。 のBedroomとNightmareにおいてプレイヤーキャラクターとして登場します。 プレイヤー次第ではありますが、マーガレットの寝室を逃れた後、ジャックに捕まり地下室につれていかれ、朝までの5時間を生き延びて、ついに館から生還するということになります。 しかしゲーム本編では、ベイカー家の倅ルーカス Lucas に捕まっており、おもちゃにされた挙句に殺されます ビデオ「ハッピーバースデイ」において。 しかしミアも生存しているのに表記なしであることを考えると、ルーカス送りであることを表しているのでしょう。 ちなみにクランシーのフルネームは、ビデオ「ハッピーバースデー」のタイトル画面において判明している。 フルネームはクランシー・ジェイビス/Clansy Javisです。 ここに載っていない不明者がいる  ヘレン・ミッドギフ ゲーム本編にあるアリッサ・アシュクロフトによる新聞記事 写真下参照 で、「ルイジアナ南部で失踪相次ぐ 2年間で20人以上?」しているとの描写がある。 この記事では、ノースカロライナの大学生ヘレン・ミッドキフさんが消息不明と書かれている。 しかし、この廃屋の地下牢でのリストには、ヘレンもミッドキフもいない。 ヘレン・ミッドキフはベイカー家に関係しているのだろうか。 この新聞記事の日付2016年1月19日は、ゲーム本編当日の2017年7月19日から1年半前である。 あの「下水道ゲーターズ」の3人、ピーター、アンドレ、クランシーもリストに入っているのだから、犠牲者は全員リスト化されているように思える。 だからこのリストにヘレン・ミッドギフがいないということは、彼女はベイカー家とは無関係の可能性もある。 単に地元に関する記事に目が留まり新聞を購入しただけと。 アリッサ・アシュクロフトの記事1 アリッサ・アシュクロフトの記事2 もう一人の不明者コートニー 本館1階西のセーブポイントがある部屋の引き出しの中に、リストにある犠牲者のひとりトラヴィスの書き置きがある。 この書き置きの宛名がコートニーである 写真下参照。 リストによると、どうやらトラヴィスは捕まって転化させられてしまったようだが、コートニーの名前はリストにはない。 コートニー Courtney は、もともとは男性名だそうですが、現在では男女両方使う名前だそうです。 書き主であるトラヴィスの文面からも、相手は彼女や妻に宛てたように感じられます。 コートニー:もう一人の生存者か 1 コートニー:もう一人の生存者か 2 ジャックのメモにある夫婦 本館2階の娯楽室にあるジャックのメモには、日付と犠牲者のことが書いてある。 嫁は駄目だった。 」とあり、この2人がトラヴィスとコートニー。 13人目」と記されているので、このカウントは転化した人数だと判断できる。 上で述べたリストには、トラヴィスは転化したとされているので、このメモの2人はトラヴィスとコートニーと判断できる。 コートニーは廃棄されたとあるが、廃棄とは具体的にどういうことなのか。 焼却炉で荼毘に付したということか。 それとも湿地にでも破棄したのかよくわからない。 この夫婦と判断できる バイオ7の不思議のひとつ イーサンが廃屋でリストを発見した時点では、まだクランシーは生きていたのでしょうか。 それともとっくに死んでいたのでしょうか。 ビデオ『ハッピーバースデイ』は時系列として、いつ撮影されたのでしょうか。 ビデオのスタート画面では2017年6月2日になっていますが、これはルーカスが編集した日付とも考えられますので、撮影日とは別とも考えられます。 2017年2月20日 2020年3月31日.

次の

バイオ7のベイカー家での犠牲者リスト|バイオハザード7

ベイカー 農場

直近都市 座標 面積 250エーカー 100 ha 建設 1845年 NRHP登録番号 指定日 1966年10月15日 1 岸の長さは厳密な測定によるものではない。 ウォールデン池()は、、にある水深31mのである。 7 2. 7 km に及ぶ。 ()と呼ばれる堆積氷河が溶けた後にできた穴の有名な例で、10,000~12,000年前のによって作られたとされる。 作家で超越論主義者で哲学者のが、1845年の夏から2年間に渡りこの池の北側の岸辺に居住した。 彼の経験の叙述は、『』に記録されている。 その区画の土地は、彼の友人で師でもあったの所有地で、彼がソローにそこで実験的に暮らして見ることを示唆した。 コンコード博物館には、ソローの小屋にあったベッド、椅子、そして書き物机が展示されている。 ボストンの「氷王」フレデリック・チューダーは、ウォールデン池で毎年採取された氷を、ヨーロッパ、そしてインドに輸出していた。 ソローは彼の日記の中に、チューダーの氷の輸出について冷めた視点で哲学的な思いを綴っている。 歴史 [ ] 池の西側の方にが作られていたことがある。 しかし、それは1902年に火災で消失し、その後再建されることはなかった。 1961年にはこの地区の行政管轄権を持つの長官が、保護地区の重要な一部を駐車場やその他の「改良事業」のために更地にしようとしたことがある。 彼らは公共のへのアクセスのためにかなりの森林部分を更地にした後だった。 長官は、現存する自然環境の破壊を止めるように訴えられた。 マサチューセッツ州高等裁判所のデビット・A・ローズ判事は、ウォールデン池の州の財産への多大の貢献と寄与を考慮すると、この土地の保護と今後の開発の禁止が望ましいと判決した。 この判決は国民的な賞賛を博し、ローズ判事は、国中の子どもたちからこの土地を守ったことへの感謝の手紙を数100通も受け取る事になった。 1977年、マサチューセッツ州は、最新の交通手段のプロジェクトとしてウォールデン池周辺の駐車場に透水性の舗道を設置した。 これはアメリカ合衆国の環境保護プロジェクトから1972年に最優秀の技術として受賞した技術を用いたものである。 透水性の舗道は、今でもまだ機能しているし、世界中のこの技術を活用したほとんどの地域よりもここは凍結と融解のサイクルが厳しいにもかかわらず、まだ数10年は耐用するとみられる。 保護活動 [ ]• 9 July 2010. National Park Service. これはソローによって測られたもので、実際の水深は5程度の範囲で変動がある。 詳細は、ソローのを参照のこと。 『ウォールデン森の生活 上』、2016年、8頁。 Sullivan, Ronald 1995年5月5日. 2008年10月28日閲覧。 Accessed August 2011. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 by Austin Meredith• from 's.

次の

宝は、すべての人の中にある。

ベイカー 農場

徹底したミニマムさ。 「とある屋敷での猟奇的な出来事」に的を絞り、主要な登場人物も主人公を含めて10名もおらず、カットシーンや台詞も必要最低限に抑えられている。 また、主人公のアクションは基本動作のみであり、体術やプロレス技も存在しない。 一点豪華主義的なデザイン その一方で、「必要な部分」には一切の妥協がない。 例えば【RE ENGINE】で描かれるゲーム世界は「まるで本物」。 また、フェイシャルアニメーションも非常に優秀。 今作は狭く濃いミニマムな内容• まず、 今作は言わば「総合お化け屋敷」に近い。 背筋も凍る猟奇的な怖さ、思わず目を背けたくなるスプラッター的な恐さ、夢にまで出て来そうな生理的嫌悪感を覚える恐さなど、非常に守備範囲の広いホラー作品になっている。 守備範囲の広いホラー作品 なので、常に違ったホラー体験が楽しめる。 バイオ的なアイテム欄は今作でも健在。 冒頭は本当に怖い。 冒頭の荒廃した屋敷の探索は、小島秀夫監督の『P. 』がイヤでも頭に浮かび、後ろを振り返るのが本当に恐ろしい。 冒頭は本当に怖い ただ、 少しずつ「バイオハザード」になっていく。 エリア内を往復して「パズル」を解くお馴染みの流れもそうだし、アイテム同士を合体させて別のアイテムを作成する「クラフト」もそうだし、時には逃げることも大切な戦闘も、まさに「バイオハザード」という感じ。 特に銃を入手した辺りからいつもの調子が出てくるので、そこまでたどり着ければ「これは間違いなくバイオハザードの一部」だと感じられるはず。 終盤はサブマシンガンが大活躍。 正直、終盤の展開にはガッカリした。 終盤はホラー系シューター 特に最終盤は「パズル」要素は姿を消し、アイテムも十分に入手できるので「リソース管理」する面白さも無くなってしまい、非常に単調な印象を受ける。 』を想起させるゲームプレイが展開される。 すぐにリスタートできない 基本的にボス戦は「死にゲー」的な面を持つ。

次の